げんちゃんの発達障害プロジェクト

安曇野方式算数のセミナー開催しました その1

a0184225_245429.jpg

先日日曜日に、京都在住の矢ケ崎響先生による、安曇野方式という、算数の教え方教室を、福岡で開催させていただきました。
 素晴らしい講演でした。10名を超える参加があり、皆さん九州各県から集まっていただいたお母さん方とパパ一人、それから指導者の方が3名でした。(そのうち一人は、、げんちゃんの支援の先生です。ご招待させていただいたら、午前中だけ顔を出してくださいました。)

 会場に限りがあるので、出席が出来なかった方もいて、大変申し訳ありませんでした。

 実は、このセミナーを企画しておきながら言うのもなんだけど、ちっとも私は期待してませんでした。(響先生ごめんなさ~いね)
なぜって、もう、げんママは、算数の教え方うんぬんには、かなり食傷ぎみだったのね。私が、げんちゃんが算数がだめだ、計算がだめだ、って言うと、まわりの人は、あれこれ、教えてくださいました。
「そろばんがいいよ~。」
とか、お金で教えなさい・・・とか、どこどこの問題集が良い、とか、・・・・
私は、そのたびに、ありがとうございます。と、言うんだけど、心の中では、
そういうもので、できるようになるんだったら、別に悩まないよね。と思っていました。げんちゃんの数に関する学習障害は、まるで、ブラックホールのように、すべての光をすいこんでしまってなお、闇のようなものだったからです。

 たぶん、げんママは、普通の人がおもいつく方法はすべてやってみた、と言ってもいいほど、やりました。
 本も読みました。
「算数が好きになる本」
「算数が得意な子にするために」
 こういうかんじのタイトルは、拾い読みも含めて、何冊もあさったし、公文の積み木50個セットを3セット買って、10個ずつセロテープではりつけて棒にしてみたり、100玉を買ったり、10玉そろばんも、そのたぐいの、おもちゃも買いました。お風呂で、ゴムボール浮かべて数えさせたり、さいころ、すごろく、おはじき。水道方式が良いと言えば、5のかたまりと、1をわけた丸を、厚紙で切り出して作ったりもしました。もちろんドッツもやったし、暗記ででも入んないかな~と思って、足し算九九のCDをお風呂で何度も流したりもしました。ある時は、ぱっと見て、数えずに、9までの数が形で認識できるように、数あてカードを繰りかえし当てさせたこともあります。

 まわりは、無責任に、
「あたしだって、計算苦手だけど、なんとかなってるから、大丈夫よ~。」
とノー天気に、さも、私が、気にしすぎだよ、と言わんばかりにおっしゃる人もいました。そもそも、年長さんの療育の先生さえ、

「数は、1年生で習いますから、今から心配しなくても~。」
とにこにこおっしゃいましたっけ。
 でも、げんママは、げんちゃんの、光を吸い込むような、闇の算数地獄を知っていました。どんなやり方も通用しない、背筋が凍りそうになるほどの異常さです。
 たぶん、わが子の溝になっている部分は、ジャンルこそ違っても、同じ感覚が共有できるのではないでしょうか。それはそれは、おそろしい世界です。

結局、げんちゃんは、遅遅としてますが、多少でも、進んできてるのは、算数をやったからというより、運動能力や、国語能力、言語能力、リズム感、聞く力、指先能力などなどなど・・・そういう、周辺能力がアップしてきて、溝が押し上げられた、そういう感触でしかありません。それでも、彼の峰の能力と、差が同じで、あとを追っていたら、私も、ヒステリックにならないのですが、時に、まったく、上がっていかない、と感じることも多く、そういうときは、私も落ち込みます。

 げんちゃんプロジェクトのストレスはたくさんありますが、彼の算数の能力の低さを考えると、さすがの私も、どんよりとなります。


 まあ、これくらいの前置きにして、セミナーはどうだったでしょうか。

 一言、ブラボーでした。たぶん、私が、今まで、教えていただいた算数指南の中で、最も、望み多き方法ではなかったでしょうか。ほんとに素晴らしかったです。紹介してくださったココアさんありがとうございます。こういう出会いは、インターネットがこしらえてくれたものですね。ブログあってよかったと、今回も感謝したしだいです。

 できるだけ、お伝えできると良いです。まずはイントロということで・・・
ちなみに、安曇野方式というのは、安曇野というところで、算数の教え方をどうしたらよいか、研究会があっていて、そこで開発されたやりかただそうですよ~。

by glow-gen | 2015-05-15 02:06 | 安曇野方式算数 | Comments(6)
Commented by みかんママ at 2015-05-15 07:20 x
ひゃ〜、すごいげんママさん、頑張ってきたんですね‼️
様々なアプローチをやってきたげんママさんが素晴らしいと思えた安曇式ってさぞかしすごいんでしょうね。
げんちゃんにあうといいですね✨
Commented by glow-gen at 2015-05-15 19:27
みかんママさん
ほんとに、やってきましたよ。おかげで、算数の教え方は、あらゆるアプローチを考えられるようになってます。
普通の子の算数をつまづいている子なんて、あっというまに、こなせる自信ありますもんね~。
 でも、どのやり方も、結局は、同じグループのもの。つまり、教える、というとこから出てなかったです。でも、この方法は、本人が獲得していく、というそもそも論が違いますね。うまくまとめたいのですが、できるかな~。
Commented by ねこ母 at 2015-05-15 22:40 x
こんばんは。
きっと、私の母も時に徒労感を覚えつつ、私に算数を教えていただろうなぁ〜と思います。ついこの前、母が電話で「あんたが『なんでそんな風に解くの?』って言うんだけど、そんなのそうだからそうよ!って思ってたからねぇ〜。」と言っていました。なんで、なんでちゃんだったんでしょうね、私。面倒くさい子どもですわ。

それにしても、ほんとブラボーなひびき先生のセミナーでしたね。根気がいると思いますが、こちらも楽しみながら数の獲得の過程を楽しむつもりでがんばります。
Commented by glow-gen at 2015-05-15 23:27
ねこ母さん
なんで、げんちゃんがそんなことするのか、いらいらばかりつのってましたが、消しゴムドーナツで、色々やってたら、彼の理解してないところが、まるで、正体を現したみたいに、はっきりしてきました。実際のものを使って、作業させていくということを、普通はやらなくても、はいっていく定型の子たちは、どうやって、この抽象的な算数を理解していくのでしょうね。

 日曜から、一週間、3度安曇野のやりかたを自分でモディファイドしてやってみて、すごい気づきの連続です。
 げんちゃんには、まだ見え方のゆがみがあることも確信できました。
 書く作業は地道なので、すごい気付きの連続に、書くスピードがおいつきそうにないです。
 とにかく、これは、げんママのエポックメイキング的やりかたです!
 いつか、みんなで、再度集まり、それぞれのノウハウの情報交換ができるといいな、と思います。

Commented by とんママ at 2015-05-21 12:41 x
こんにちは。
私も数日前、地元で安曇野教室の勉強をしている会に参加させて頂きました。
すでに繰り下がりの引き算に入っていました。(59回目)

数の認識部分(計算に入る前)までで30回ほどの講義があったそうです。

その部分についてはテキストを購入し、先輩方や先生に指導を仰ぐことにしました。

とにかく、先生はこういう子どもたちに算数を教えるプロですから、つまづく箇所や指導法をご存知でした。

また、こういう子たちだから、ここまで教えればいい(たとえば足し算引き算だけ)と限定している指導者(学校教員など)にものすごく怒りを持っていました。

この子たちは、(無限とは言わないが)できるんだという目で見てくださっていました。

それが嬉しかったですね。


まずは計算前の段階をクリアすべく、頑張ります~

Commented by glow-gen at 2015-05-22 10:38
とんママさん
そうですか~。すご~い。60回のセミナーですか・・・
私は、安曇野の報告記事なんて書けないですね~。
実際、私なりの方法でやってますが、とてもよいです。
ただ、げんちゃんの算数地獄が、すぐになおるわけではないです。
そこはまったくかわらないです。ただ、教えやすい・・・です。とほほ。
 私は、算数そのものの頭を改善したいな~。
でもたしかに、支援の先生は、そういうとこありますよ。うちの先生も、ずっと、4年の習っているところの漢字を、毎回だしてください、といくら言っても、ぜんぜん脈絡なく3年のプリントだったり、適当なので、毎回、漢字ドリルをコピーして、今日はこれを加えて下さい・・・とお願いし始めました。
 漢字を、どれほど、毎日、一生懸命こつこつやって、今がある(とりあえず、なんとなく、書ける字もたくさんです。)ということをわかってないです。たまったら、どういうことになるか、もね。

 支援の先生は、産後明けとか、病気明けとかの先生がちょっと一息つくとこ、っていう人事も多く、どうせ、知的障害だから、教えても無駄・・という考えも横行してます。
 とは言っても、時に、げんちゃんの算数地獄には、時々、教えても無駄・・・って気になりはしますけどね。私も。
<< 安曇野方式げんママスタイル、ぼ... GW たまには右脳に振ってやる... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:14
こんにちは。 クリ..
by とんまま at 09:50
 ロボママさん、ほんとに..
by glow-gen at 23:40
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:47
ロボ君、バックミラーをつ..
by glow-gen at 23:05
げんちゃんの精神面の成長..
by robo_223 at 08:18
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 02:57
とんままさん 成長って..
by glow-gen at 02:30
そうこうしているうちに、..
by robo_223 at 09:03
げんちゃんは、自分という..
by robo_223 at 09:02
ママさんの引いた状態がげ..
by とんまま at 01:35
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 17:16
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 17:15
あつぞーパパさん ご返..
by glow-gen at 16:26
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 08:58
とんまま様 ご丁寧..
by あつぞーパパ at 23:42
とんママさん 感覚の過..
by glow-gen at 22:03
とんママさん 考えてみ..
by glow-gen at 18:42
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 18:29
あつぞーパパ様 先..
by とんまま at 13:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧