げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害児の視覚処理能力、見え方。漢字フラッシュ

WISKⅢも、遠い昔のことのように、日々どんどん過ぎてます。夏休みも前半が終わって、気分も新たに、戦略をたてなおし、前進、という気分です。
 それも、ここ二日、げんちゃんの調子がすこぶる良かったので、ママの方もあっさりけろっと持ち直してるわけ。
 発達育児を楽しむコツは、1にも2にも結果を出す・・・・もうこれしかないと、思ってます。どんなに、大変でも、苦しくても、結果が出れば、それは、楽しみでしかありませんから。結果が出ないと感じるとき・・・これはつらい、苦しい・・・修行です。
 
 研究して、方向性を定めて、地道にやって、スランプが来て、それを抜けたら、上っていって、またその繰り返し・・・スランプが大きく、長過ぎたりしたら、やっぱり、方向性というか、戦略を見直して、一気に、せめかたを変えるのも大事なんだよね。

 げんちゃんは、とにかく、やっぱり、進歩してます。ウィスクがどうだろうと、進むとこは進んでるのだ。

 夏休みの初めの、げんちゃんは、漢字の壁にぶつかりました。地道に書き取らせる手作りプリントをさせようとして、うまくいかず、真っ青になってました。

 でも、コメントにヒントをいただいて、フラッシュカードを作りました。それから、時間がある時には、漢字ドリルの読みのページを、ざっと流して読ませる。書き取りプリントをさせる。という3つの柱に切り替えました。明らかに、フラッシュを入れてしばらくして、彼の漢字アレルギーのようなものが、だんだん薄れていくようでした。
 昨日今日なんて、お手本見ながら、見よう見まねで、学研の先生が横につかず、漢字を書き込んでいたようです。 2年生の漢字は、1年生に較べて、かなり、ランクアップしてますが、その難易度になれてしまったようにさえ見えます。
 字もきれいになってる・・・・

a0184225_135631.jpg

文字の色は茶です。サイズは、A4に四つパワーポイントで書いて、印刷して切り離してます。私は、手書きより、パソコンで作った方が、ずっと早いです。字もきれいだしね・・・エクセルだと、フォントサイズが小さすぎでした。紙は”、コクヨ カラーレーザー& カラーコピー用紙 厚紙用紙 A4 白100枚”です。 画用紙より、しっかりしてます。

a0184225_13594037.jpg

まあ、この漢字、上二つは、たどってます。去年漢字がはじまった頃、四角のマスに、どうやっておさめたらいいかかいもくわからなかったげんちゃん。すごい進歩です。とにかく形を認識する力も、指先能力もあがってるよ。げんちゃんは、ほんと底から浮上してきたので、どんな子も可能性あるってことだよね。
 

 夏休みになって、色んな気づきがありました。
げんちゃんの視覚処理のことについて、私は、理解しているようであまり理解できてなかったな~・・・と思います。げんちゃんは、本が読める。それに、絵も昔よりずっと描けるようになってる。
 だから、げんちゃんの、脳における見え方の処理というのは、まあ普通になってきてるんだ・・・ただ形態認識の出力がイマイチなんだな、・・・・げんママ、そういう感じで大雑把に把握してました。

 でも、げんちゃんは、なぜか、黒白のくっきりとしたピグマリオンのカモシカパズルは、何度やっても、白黒が反対になったり、斜めの線がイマイチ再現できなかったりと、回数を重ねても、思うようにすっといきません。
 点つなぎも、立体の形をとった複雑なものに今入りはじめましたが、なんだか、まだまだあやしげです。

a0184225_14103780.jpg

 このパズル、ほんとすばらしいですけどね。

 ちょうど、ゆうゆうさんにアドバイスをいただくチャンスがありました。その時、ゆうゆうさんが、びっくりするようなことを云うではありませんか

「あ~・・・このパズルだめだ。・・・光沢のある黒白がきついコントラストは、黒と白が、くるくる回るんだよね。あ~だめだ・・グレーに見えたり・・・」

ゆうゆうさんは、カモシカパズルから、ついに視線をそらしてしまいました。
(かもしかパズルは、お手本をパステルカラーの紙にコピーてください。だそうです。)

 さらに、げんママが作った漢字フラッシュを見ながら。

「なんか、これとっても見えやすい・・・」
とポツリ・・・
「だって、これ、茶色で書いてるもん。」
とげんママ
「あ~それでね~。何で、見えやすいんだろう・・・と思って見てた・・。」

 そして、げんちゃんが、ビーチボールで壁バスケットごっこを始めると、ゆうゆうさんは、すっと逃げる・・・
「あたし、ボールが飛んでくるのだめなの。」

「え?話には聞いてたけど、ビーチボールくらいでもだめなの?」

げんママは不思議になります。ちなみに、ゆうゆうさんは、すこぶる絵がお上手ですから、今では、視覚処理能力の問題は、あまりないくらいに、認識してました。

 このことがあって、げんちゃんをあらためて観察すると、複雑な点つなぎも、黒点に、色鉛筆の赤でお手本を書いてあげるほうが、正解率が高いこともわかりました。さらに、公文の図形モザイクパズルも、今でも、色がシャッフルすることもあります。それに、まだまだ、模写させた図形の、大きさバランスがでたらめです。

 つまり、彼は、「形が認識できない」と、げんママはひとくくりにしてたけど、そういうくくりじゃ、網の目が大きすぎるのではないか。と感じました
 エッジ(物の区切り)が認識できないでいるのか、色が判別できてないのか、大きさが違って見えるのか、遠近が狂うのか・・・子供によって、様々な見え方に苦しんでいるんじゃないかな~って、思ったのです。
 
 彼の場合、目の機能検査を網羅したけど、大きな異常はないと言われました。
 でも、脳の処理能力は、色々不具合をきたしているのは間違いないです。

 つまり、、視覚処理のための脳の機能は、スーパーコンピューター以上に複雑で、細かく、色んな能力が細分化されているのだろうと考えられます。
 たとえば、一度、振り返って何かを見たときに、活性化された脳の細胞と、2回目に見た時に活性化された細胞は、別の所だった・・・という話も聞いたことがあります。同じように、動いて、こっちに近づいてくる物に反応する回路と、静止しているものを見てるところの回路も別系統だったりもする・・・まあ、そんな感じです。

だから、絵が上手なゆうゆうさんが、せまってくるボールが怖い・・となるのも、別段不思議ではないのです。
もう少し言えば、読字障害と十把ひとからげに言っても、ある子においては、読んでるそばから、字が消える子もいるし、ゆがむ子もいる・・・といった具合なんだと思う。
 なんだか、そういうとてつもなく複雑な脳に対して、すこぶる単純な考察だけ加えていたような気がしてきました。

 じゃあ、そうだったら、どういうアプローチをするわけ?・・・というと、げんママまだまだ考察中なんだけど、
 とにかく、頭わる~い、とか怒りまくってたら、本人単に、まともに見えてないだけ、なんて可能性も、かなり高いというわけです。
 そして、そこを治すためには、何をしたらいいか・・・げんママは、今プロジェクトを進めましょう。

 そして、次なるステップに駒を進めなければ・・・
a0184225_1423208.jpg
 
やりはじめると、いつもパニックをおこす、同じ物探し、これより10組少ないもには、あまりパニックをおこさないげんちゃん。これも、見え方じゃないかな~。最初ママが作った漢字ドリルだめだったのも、字の配分とかの問題があったと、今思えばわかる。
 プリントは、とにかく、ぎっちり、見えにくいのはだめですね。

a0184225_14251199.jpg

塗り絵をつめるには、指先能力の他に、根気と情熱がいるらしい。げんちゃん、うながすと、それらが、出てくるようになってます。これも、すごい進歩だよ。みなさん安心して~、って言いたいです。げんちゃんは、1年生の頃、まともに塗り絵できませんでしたからね~。なんせ、お習字持ち鉛筆で、ぐちゃぐちゃっと、同色で絵の上に線を描きなぐってました。色分けるとか、まっさか~、できませんよ、という感じ。

 
by glow-gen | 2013-08-10 14:41 | ビジョントレーニング | Comments(17)
Commented by ふーみん at 2013-08-10 16:38 x
げんママさん、お忙しいのに、私あてのコメントいただきありがとうございます。

息子は板書はたぶん促されて写してるって感じみたいです。
現在、音楽や図工、生活の時間は普通クラスですが、時々、先生の方を見ていない時は、加配の先生が促してくれてるみたいで。
でも普通クラスが好きだそうです。支援クラスの子は「話しかけても返事してくれないし、俺に話しかけてくれない」ので、物足りないみたいです。今はお友達を追いかけたい時期なのかな? 変な子って言われても。

げんママさんの今日のブログ、興味深くてとにかくビックリしました。
色々やらせてるプリントの中で、すんなり出来るものと、とにかくごねてやりたがらないものとあるし、
ぬりえは線からはみ出すし、
自己流ビジョントレーニングをやってますが、行き詰まってます。
これでいいのか、専門家に聞きたい感じです。
Commented by げんママ at 2013-08-10 22:37 x
ふーみんさん。
板書を、比較的、写して授業に参加できるんだったら、普通クラスでもいいですね。加配の先生が、かなりの割合でついてくれるならもっといいですね。

 とにかく、子供さんがつまらない時間、もったいない時間を作るのは無駄です。

げんちゃんの場合は、ついていけない授業、ただ机に拘束されている時間になってるだけの授業だと、結局疲れて、家のトレーニングにも支障をきたします。
 だから、支援クラスの方が効率いいし、支援から普通クラスにもどってくるときは、すかっとした顔してるらしいです。

でも、当の子供さんが、普通クラスの方がすかっとできるんだったら、もちろんそっちのほうがいいですよね。

 プリントごねてやらない・・・よくわかります。同じもの探し・・・みたいなもので、間違い探しってのもあるけど、そこまでいやがらない・・・でも、入り組んだ模様だとどうかな~・・・難しいからくいつかないのか、目が疲れてやる前から、ぐらぐらしてやりたくないのか・・・本人が、見え方を相談してくれればわかりやすいんだけどね。

 
 
Commented by げんママ at 2013-08-10 22:38 x
ふーみんさん その2
 絵がかけてきたら、スケッチがいいなーと思います。スケッチは、手元を見ずに、対象物をおっかけるのがいいですね。りんごとか、そういう単純なものからですが。ゆうゆうさんおすすめのレッスンです。



塗り絵は、げんちゃん、1年の時、年中さんか、年商さんみたいなかんじでしたよ。はみ出すのはもちろんだけど、落書きみたいで、塗ってない、という感じでした。指先は、まず、腕から鍛えることをやりました。ピアノも改善に一役買ってると思います。

自己流ビジョントレーニングってどんなのかな?
私は、また書こうと思ってるんだけど、脳の働き自体を改善するプログラムをもっと研究したほうがいいなー・・・なんて思ってます。
Commented at 2013-08-11 14:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2013-08-11 20:18
Mさん。めまい・・・わかります。私は、げんちゃんの算数が吐き気です。(笑)
漢字は、思うに、点つなぎとか、上腕を鍛えるとか、基礎力をやってきた上で、漢字に着たので、なんとkなってきたのだろうな~と思います。
 Mさんの子供さんも、きっとそのあたりができてきてるから、普通のドリル練習できっちり上がっていてるのかな?

 なんか、普通の子供さんでも、そのあたりの基礎がなくて、ひたすら、ドリル練習だけやらせている先生とかみることがあるけど、漢字は、色々基礎能力がいるような気がします。

 言葉ですか~。ゆうゆうさんは、算数の計算式のように文章を教えておられるそうです。言葉を分解して、式のように。
 国語って、日ごろ、こっちは、いちいち分析してないので、教えるの難しいですよね、
そこを、あえて、国語じゃないみたいに、数式のように教えていくのかな~。
ここの分は、ここにかかる構造になっている・・・・みたいな感じで、外国人に教えるみたいなのだろうか。
Commented by glow-gen at 2013-08-11 20:21
Mさん、その2
 あ、そうそう、中国語を習ってた人の話で、はじめ、中国人に習っていたらまるでだめで、日本人の先生にならった方が基礎はわかった、と言ってました。
 英語の先生も、外人はまったく文法が教えられない・・・と怒ってました。
なんか、これ、国語齢人の教育に通じる話のような気がしました。
Commented at 2013-08-11 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2013-08-11 22:47
Mさん。
国語がだめな子に、算数のように教えるというのは、こんな感じらしいよ。

「すごくて、きれいで、美しくて、赤くて、良いにおいがする花があります。」
というのがあると、
花のことを説明する言葉が、5個上につくのは、ちょっとしつこく聞こえます。
2つくらいに減らします。・・・

って感じでしょうか。

これは、どの言葉をさしますか?
という問いがあると、
これとか、あれとか、いうことは、前に出てきたお話の中のことをさしてます。

う~ん、わかりきってるじゃないの・・・ということも、外人におしえるみたいに教えるかんじでしたよ。もうわかりきってるでしょうよ・・・というのは、ネイティブに教えるときの話で、外人に教えるとなると、一からでしょう。
そういうことじゃないか、って思います。

Commented by glow-gen at 2013-08-11 22:47
Mさん その2
この人は、外人で日本語一から教えるんだ・・・と思ってやるしかないのかもしれないです。
でもね、感覚でわかるのではなくて、きっちり理論的にわかるから、マスターすると、言葉を算数のように理性で組み立ててしゃべる、また普通とは違う国語のマイスターになったりするようです。
実際。ゆうゆうさんは、ソーシャル苦手といいながら、きっちり理論的に、相手のことを読んでいくので、とても好かれています。フィーリングでやってない、ところが、強みになってたりするらしいです。
Commented by glow-gen at 2013-08-11 22:56
Mさん その3
子供さんの筋力なく運動だめ、ということですが・・・
私の今までの取り組みの中では、やっぱり、そこ大事ですよね。
私は、ひたすらスパルタで体作りましたが、体できてくると、色んなことが、自分でコントロールできるので、やっぱり、なんとか、そこをのばしたいですよね。

 まず、歩くこと、とか、走ること、とか、腕立てかならず毎日20回でもやるとか、少しずつでもやると、最後は、できてきますよ。勉強のあいまに、マット運動とか入れてますが、これも、マット運動がうまくなるノウハウ本とか研究して指導してます。やっぱり、適当にやるのとぜんぜん違います。へ~と思います。今度は逆上がりの本を借りてくる予定です。すべてにノウハウがあるんだよね。

勉強のノウハウだけじゃなく、からだ作りにも、ちゃんと本が出てるのでうれしいです。ちあみに、マット運動のやつは、小学校のカリスマ先生のものでした。前転うまくなりmしたよ。倒立は今練習中です。
Commented by ふーみん at 2013-08-12 00:12 x
げんママさんがおっしゃるとおりですね。お友達や普通クラスの空気は、私は代わりが出来ない、けれど、学校でも息子にムダな時間は作りたくないですね。いろんな角度から検討する必要がありますね。

ビジョントレーニングは、点描写、ジオボードで輪ゴムの絵をまねする、ペンを見せて寄り目離し目左右上下などを目で追わせる、などなど療育センターで指導うけたもの他に、音読で私が指ではさんだとこだけを読ませる、なども。ボール遊びも。また毎晩、整体ストレッチを施してます。目は肩甲骨と関連があるそうです。また肩甲骨は運動力、脳力アップにもつながるそうで、せっせとモミモミしてます。

スケッチはさせた事なかったです!楽しかった事を思い出して一気に紙に描く、といった感じで絵は描いているので、観察して描くスケッチは次のステップにいいですね。さっそく息子を誘ってみます。

Mさんへのコメントを読んでて「ゆうゆうさんは、算数の計算式のように文章を教えておられるそうです。言葉を分解して、式のように。」というのが気になりました。
ブログに書かれていますでしょうか?
息子は音読をはじめ、国語にてこずってます....。
Commented by glow-gen at 2013-08-12 18:03
ふーみんさん。
子供さんのために、よく検討して、良い2年生ライフがすごせるといいですね。
でも、おうちですごく取り組まれてるから、どっちにしても、援護射撃できるから、そう悩まなくて、やってみたい方にすれば良いと思いますよ。

ビジョントレーニングすごいです。マッサージも・・・ほんと、ブログに書き込んでくださるママたち、すごいです・・・

 スケッチは、立体視にもいいですよね。どうも、彼らは、遠近がだめな子が多いようです。だから、プリント学習の他に、視野の広い、野原、しかも、階段とかあって、三次元の自然環境が、立体視を養うそうです。足下おぼつかないとこを気をつけて歩くと、両目の相互作用もつくし・・・
 そう、ついつい、プリント学習ばかりやらせちゃったりするんですが、野外も大事なんだよね・・・とこれは、最近の気づきです。

 
Commented by glow-gen at 2013-08-12 18:03
ふーみんさん その2
ゆうゆうさんは、個人的にブログ書かれてないです。
ただ、ゆうゆうさん流にすると、いっきに、わかるようになる・・・というわけでもなさそうで、やっぱり地道みたいです。
ゆうゆうさんも、地道に、近所の子供さんを教えておられるみたいです。
げんちゃんは、言語のボキャとか、あまり苦労がないので、私は、そのあたりが弱いです。
ゆうゆうさんにもっと聞いて紹介できるようにがんばるね~。

でも、読字に問題があるのなら、見え方、やっぱり鍵ですよね。
今言ってる、頭蓋仙骨療法は、読字障害の子がたくさん治ってるらしいです。そういう根本的な脳へのアプローチも今研究中です。
Commented by さくちゃんママ at 2013-08-12 20:14 x
げんちゃんママ
施設に預けてるダウン症のけんちゃんと今日は自宅で沢山遊びましたよ(^O^)

マンガ本 一気に読みました。
成長してる我が子を見て泣いてしまいました。
普通は当たり前なんでしょうが必死に読んでる姿に感動しました。

有難うございました。

母親は些細な事で喜べるって素晴らしいですね。

沢山 難題はあるけども、げんちゃんママがいつも言ってる前向きにいきます
Commented by glow-gen at 2013-08-13 12:11
さくちゃんママ
 けんちゃんは、やっぱり右脳読みなんだね。色んな能力が、施設で開発されることは少ないような気がします。
 色々やってみたいね~。
未開発なすごい力があるような気がします。
がんばれ~けんちゃん。
でも、親子でゆっくりよかったですね。
Commented at 2013-08-13 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2013-08-13 21:52
Hさん。是非コメント欄使ってください。
コメント欄に、みんなの知恵が集まるので、私も、含めて参考になります。
メルありがとうございます。
わ~・・・広島ですか。福岡そう遠くないですね。明日、チンジンさんとかいすみさんと福岡で会いますよ。
 それから、頭蓋仙骨療法・・・予約されたんですか。げんちゃんは、また明日、2時間受けることになってます。なんせ、おしっこもチックも、まだまったく変化ないので、効果のほどはわからないけど、今週は、よく勉強してたみたいです。学研の先生のもと・・・多少はきいてるのかな~・・
と思います。

あ、それから、このエキサイトのブログは、コメント欄の字数制限があってめんどくさいですよね。たくさん書いていただくの大歓迎ですが、いくつかに分けなくていけないので、すみません。
<< 脳のはたらきのすべてがわかる本... ウィスクⅢ知能検査、発達障害の... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて7年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
自己中心
ほめるということ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧