人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

尾倉繁雄先生のところに通ったパパの話 その3

  尾倉先生のところに半信半疑で行った同級生は、言葉が出ない子にされた先生のやり方を話してくれました。
 これは、私もなるほどと思いました。
 言葉が出ない、ということはどういうことでしょう。もちろん、脳の言葉に関する部分の遅れがあるのは当然だと思うのですが、もうひとつ大事なことがあります。
 つまり、言葉が普通に出てきた子供たちと、出なかった子供たちには大きな違いがあるのです。

 それは、普通の子は、まず、泣くことで、全身の筋肉を使い、声帯をふるわせ、口の周りの筋肉を鍛えていきます。やがて、言葉をしゃべりだせば、口の周りの筋肉は、巧妙な技を獲得していきます。
 脳が命令中枢とすれば、口の周りに関する器官や筋肉、感覚はいわば、指令を受けて動くマシーンなのです。

 発語しない子供たちは、中枢のトラブルをかかえてますが、マシーンの異常はそもそもないのです。しかし、命令が来ないので、初歩的な起動もしてないし、高度に進化して動くこともできないできてしまいます。

 つまり、大人が脳卒中になった時の様に、別に口の周りの筋肉に異常はないのに、そのマシーンは起動をとめてしまうのです。そして、時間がたってしまうと、完全に、マシーン自体もだめになってしまいます。筋肉は衰え、感覚も鈍ってしまいます。そうすると、活発だった末梢血管の循環も衰えてしまい、神経も萎縮します。
 
 そうなのです。発語しない子供たちは、そもそも、マシーンの調子も悪いのです。というより、マシーン自体が進化していないのです。でも、主にやる訓練は、脳の開発に偏ってしまいます。
 マシーン自体に働きかけるトレーニングが足りないのです。

  げんママは、すごいと思いました。
 脳卒中のリハビリを考えたら同じです。病状が安定したら、まずリハビリしますが、最初はつらいですよね。だって、動かなくて固まっている部分を、まずは、延ばしたり曲げたりマッサージ。とにかく動かしちゃうのですから。
 そうかー。あれなんだ。

 とにかく、がちがちになっている筋肉をほぐすため、まずは、動かす、ということなのだと思います。
 細かくどうやったのか、ということになると彼もうまく説明できないようでしたが、要は、口を開け、叫びでも何でもいいから発声させる。
 あの脳卒中で動かなくなった手足を思い出せば納得がいきます。
 そういう風になっている筋肉に、脳が司令を出しても、なかなか言うことをきかないでしょう。

 そして、少し声が出てくるようになってくると、次にした訓練は、「あ」、とか「い」、とか、言いながら、子供さんの口をひねったりこねたりして、実際に、口をその形に無理やりして教え込むんだそうです。
 

 げんママは、自分の得意分野である口に関することと多いにかぶります。
 尾倉先生の実際のやり方はわかりませんが、とにかく、体のマッサージだけではなく、口の中、周りもマッサージすべきなんじゃないかと思います。
 マッサージの実際は、げんママは色々思うところあるんだけど、うまく書けないので、とりあえず、口を開かせて、自分が口の中に手を入れて、気持ちよい指の動きをしてあげたらいいんじゃないか、と思います。
 噛まれると痛いので。まずは、歯茎の付け根、ほほの粘膜との境をゆっくり指で押していくのはいいと思います。
 気持ちがいいので、そのうち、口をあずけてくれて、リラックスしてくれたら、べろのうえとか、そういうとこも触ってあげる。

 いやだーって、声をあげることも、マシーンにはとてもいいはずです。

 げんちゃんも、言葉は出てますが、やはり、発音がだめです。そして、食事もパクパク口をあけて噛みます。
 そもそも、これも、口の周りの筋肉ができていないのです。

 げんママ的には、食事をよく噛んで食べる訓練も良いはずだと思います。
 かむトレーニング用のガムを、また今日からげんちゃんに与えました。このガムは、私でもずっと噛んでると疲れます。
 しゃべることより、食べることが原始的な行為です。しゃべれない子供さんは、そこからやるのです。

 どうでしょう。
 かねがね、げんママ、マシーンのチューニンが何とかできないかなー、と思っていましたが、尾倉先生の話を聞いて、マシーンのチューニングの必要性を確信しました。

 まだ、言葉が出ていない子供さんのママ是非やってみて。発語早くなるんじゃないかと思います。


 ところで、げんちゃんは、なんと進歩してます。う、書く場所なくなってしまった。また今度

 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

by glow-gen | 2012-02-23 00:38 | 発達障害改善プログラム | Comments(21)
Commented by じゃはん at 2012-02-23 02:05 x
素晴らしい!私の尊敬する歯科医師も、口の中は全身のつぼが集まっている、租借することによってそれが刺激される、と言っていました。
Commented by かいすみ at 2012-02-23 09:08 x
海斗も最近は口を閉じてそしゃくができるようになりましたが、気を抜くとすぐ戻ってしまいます。
仕上げ歯磨きの時も『イー』の口の持続ができません。
イの口は一瞬できますが、ふにゃふにゃ~と力の抜けた口周りになってしまいます。
本当にやり方が解らない感じだったので、イをしたときにほっぺが少し盛り上がるのを指で触らせて

ほっぺのここが動くでしょ。ここにずっと力を入れるとイーの口になるよ
この指をほっぺで押すのよ

と言うと、何となく力の入れかたがわかったようで、ずーっと力を入れ続ける『イー』の口の練習をしています。

力を入れ続ける
その状態で止める
課題です。

ありがとうございました!
Commented by かけママ at 2012-02-23 12:47 x
かけちゃんが3歳で全くしゃべらない頃、母が帰省した時に口の周りや舌が全く筋肉がないみたい。だからしゃべれないんじゃない?固い物を食べさせてみたら?というのでせんべいとかフランスパンを食べさせてた時がありました。後、舌を思いっきりださせたり、口の中で舌をぐるぐる回したり。(この二つは元々私のほうれい線の体操でやってたら真似をしたものです)それまでのどちんこが大きいし舌が長いとは思っていましたがそのことがしゃべらない事と関係ないと思ってました。話すようになった今、どちらも気にならなくなってます。引き締まったんですよね。きっと。発音がもう一歩なので復活しないといけないと思いました。げんちゃんもジャンプしていたんですね!!げんちゃんの進歩も聞きたいです。
Commented by まなママ at 2012-02-23 17:05 x
すごい話だねぇ。うーん、まなの口に手つっこめないなぁ。プロの仕事だよね。うちは話はできるけど滑舌わるいし、食べ方の問題もおもいあたるし。あと知人の子どもが自閉症で、勉強はそこそこできるのに話せないって不思議だな。と思ってた。話す部分のマシーンの調子が悪くてそのままにしてるから退化してってことだよね。なんか。よその子ながら不思議だよな。と思ってて。その子は滑舌わるくないけど、単語だけしゃべるの。CMのコメントいってみたり、ポニョの台詞いってみたり、でもそれじゃコミュニケーションはとれないよね。でも勉強はできると。不思議だな。と。尾倉先生はノウハウあるんだよね。HPも客商売とは思えない。きたいヤツだけこいっ。てかんじで本気な人だけ募集してるかんじだよね。職人っぽい。これはすごい話よ。こんな世界もあるとは
Commented at 2012-02-24 02:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2012-02-24 09:20
じゃはん様。口の機能は、いずれ、しっかりとしたノウハウを開発したいと思っています。
 
Commented by glow-gen at 2012-02-24 09:22
かいすみ様、たしかに、発達も問題を持つ子は、みんな共通して、口の周りの筋肉が弱いですよね。脳と口って、ほんとリンクしているようです。
 歯ブラシの仕上げ磨きの時にチェックするのっていい方法ですね。なるほどです。

 歯ブラシの時、遊びながら、お口の体操するのっていい考えですね。すごい。
Commented by glow-gen at 2012-02-24 09:25
かけちゃんの観察すごいです。ほうれい線延ばしの舌の体操なかなか高度ですよね。
あの舌の先をあてるところを、指でゆっくりおさえていくのが好きです。筋肉がゆるんでリラックスできます。
しかし、なかなかやること多すぎですね~。ながらでやらないといけませんね。
トイレから出るときは、べろをまわす・・・とか。
 良いことはたくさんあるけど、時間は有限ですよね~。
Commented by glow-gen at 2012-02-24 10:24
まなママの言うとおり、勉強はとってもできるのに、人と会話ができない、なんていう子供さんは、私も不思議に思ってしまいます。どこかに突破口があるんでしょうね。つきとめたいですね。
 まなちゃんの口に手を入れる、って、そうですね。ちょっと難しいかな。ガムかみはいいですよ。口をとじて、奥歯でかみかみ。げんちゃんは、力がないからか、嫌います。なるほどねー、と思います。
 尾倉先生のホームページ、まなママの書いてる通りですね。笑ってしまった。
Commented by glow-gen at 2012-02-24 10:25
A様。そうですかー。ときどき遊びに来てくださいね。げんちゃんも5歳でスタートでしたが、ちゃくちゃくと進んでます。
 普通の子にとどまらず、才能にあふれる素晴らしい子にしましょうね。
Commented by かいすみ at 2012-02-24 10:38 x
しかし尾倉先生。本当にスパルタですね。
お電話でお話したときに
いまどきのお母さんは私のやり方についてこられないと思うよ。
と、おっしゃっていました。
私、とっくにいまどきではないのですが・・・
でも子供が鼻血だしちゃうと流石にビビりそうです。
ついて行ったご友人夫妻、素晴らしい。
それくらい真剣に向き合うってことですよね。

ガムの話。またまたヒントをありがとうございます。
噛むトレーニング用のガムがあるんですね。
身近なお店だとちょうどいいものが見あてらなくて。
ネットで探してみます。
ゲンちゃんはどんな成長したのでしょう♪
Commented by glow-gen at 2012-02-24 19:48
かいすみ様。尾倉先生の新情報ありがとうございます。
私も、いまどきのお母さんというには、老けてますね~。(笑)
ガム、ライオンのトレーニングガムです。

http://item.rakuten.co.jp/okuchi/b-00002600/

ガムは、最初硬すぎて難しかったら、半分から始めるといいですよ。大事なことは、片方の奥歯にきちんと乗せて、口を閉じてかむということです。口をあけてかむと、口の周りの筋肉や、べろのトレーニング効果はありません。



 ふふふ。げんちゃんでしょう。記事書きますよ~。ステージ2はぶっちぎりたいな~・・(笑)
  
Commented by かいすみ at 2012-02-24 22:00 x
ライオンのHP見てたら、口周りの筋肉を鍛えるアイテム発見!かっちゃいました。
口周りは本当に敏感で拒否られるかもしれませんが、どういう意味でこれを使うのか説明をしてみたいと思います。
ダメだったら、私の法令線解消に…サイズあうかなぁ。

お風呂上がりに、ベロの動きチェックしてみたら、べーと出す事も難しいみたいです。上に上げて鼻をなめるなんて、すごく時間がかかりそうですが、そーか。そーか。やはりここか。と、強化部位を特定できて嬉しいです。
ありがとうございました。
Commented by げんママ at 2012-02-25 01:55 x
おー。なんて早い。
そう、発達も、美容も、健康も、いっしょなんですよ。きっと。
だから、発達やってるといろんなことが見えてきますね。
良い結果が出たら教えてくださいね。

 みんな進化してるよね~。すてき!
Commented by かいすみ at 2012-02-28 19:17 x
ライオンのHPで見つけた、口周りの筋肉を鍛えるアイテム
パタカラ
届きましたー!
早速試してみましたが
すごい!
海斗、思ってた以上に口周りの筋肉がない事を発見!
3歳の娘は最初こそ口の中に入れるのに手間取りましたが、すぐにくわえる事をマスター。
海斗8歳はくわえる事もできず…
上唇が意識しても下ろせないようです。
これができるようになったらすごいんじゃない?!
ワクワクします。
舌の運動と併用してやってみます。
Commented by glow-gen at 2012-02-28 21:22
やっぱりパタカラだったのですね。子供には大きすぎるのでどうかなと思ってました。
でも、あれは絶対いいですよ。
大きなボタンに糸を通して、唇にはさんで(パタカラみたいに)引っ張りあいこする遊びは、安上がりで楽しいかも。

でも、すごいすごい、パタカラ見つけたんですね。~
大きさどうでした?たしか子供用なかったでしょう・・あるのかな?
Commented by かいすみ at 2012-02-29 09:12 x
子供用パタカラありました!
メディカルパタカラS
です。
3歳の健常の娘お口にギリギリ入る大きさ。
8歳の障害の息子には入るものの、唇の動かしかたが分からず、口が閉じない状態。
今思うに、初体験でパニックにならなくてエライ!と思ったけど、パニックの形が暴れるから固まるに変化しただけだったのかしら…というくらい、口周りの動かしかたが分からなくなってた感じでした。
でもまずは、やってくれた事がエライ!
昨日の一回のパタカラチャレンジで、見えてきた事がいくつかありました。
私にはかなりの収穫です!
Commented by かいすみ at 2012-02-29 09:26 x
大きめボタンにヒモを結び、引っ張りあう

最高に面白そう♪
きっとパタカラより抵抗なく二人同時に遊べて(下の子がすねるので、うちはこれ重要です)知らないうちに訓練になりそう!!

ちなみにパタカラで発見。
海斗の口周り。
筋肉がない上に、その筋肉が凝り固まってる事に気づきました。パニックでいつも以上に固まってたのかもしれませんが。
今まで、筋肉がなく、口周りが緩いのかと思っていましたが、逆に硬いのかもしれません。
私の腰痛も腰周りの筋肉が古い(涙)ゴムのように凝り固まっている、まずこれをほぐしましょうと鍼灸の先生や友人のヨガの先生卵が言ってたのを思いだしました。
Commented by げんママ at 2012-02-29 12:10 x
かいすみママ。発達やると、健康オタクみたいになっちゃうよね~。
いろいろ達人になってますねー。
こういうノウハウがどんどんたまるので、エジソンママ達は、カウンセラーへと旅立っていくのかもしれませんね。
 私も、げんちゃんアイテムが自分にやくだってるのがたくさんです。
 ゆるいのに、固まっている。これよくわかります。げんちゃんは、くいしばって寝ます。それなのに、食べるときはだらーです。これが不思議でしょうがなくて、解明したいと思っています。
 
Commented by とこ at 2017-10-22 23:43 x
 この記事はとても危険です。実際、受けていないのに安易に効果や成果が出たという記事に藁をつかむ思いで悩まれている父兄が引っかからないことを祈るばかりです。

 血が出る、あざができる指導なんてありえません。
 そして大きい金額の前金制。キャンセルなんてできない。

 実際指導を受けている方は信者のようです。「良い」と思い込んでいるわけですから・・・。
Commented by glow-gen at 2017-10-23 12:58
とこさん
なるほど、私と友達の前提のある状態でかわした会話をそのままのせていたので、確かに、そこだけ見ると、私の意図する方向じゃない方向に取られることがあるかもですね。
削除しました。
この先生は、もう引退されているので、新たにクライアントがおこされることはありません。そこは大丈夫と思います。
しかし、ほんとに、友達はお子さんが改善して、とても、先生に感謝されてましたよ~。それは事実です。
<< げんちゃんの手触りがかわった!  尾倉繁雄先生のセミナーを受けた... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧