人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

天才とバカは紙一重ということは、こういうこと?

  S先生は、いつもすごいことを言います。私はげんちゃんのこと以外にもよくいろんなことを質問します。
「脳は、仮置きの本箱みたいなものだよ。意識を働かせたときだけ、どこの本箱からどの本を取り出す、ということができるんだよ。げんちゃんは、意識を入れないから、取り出せないんだよね。本がないわけじゃない。」

こんな話をしているときに、天才の話になりました。私が中学のとき、学年に天才と思いたくなるような才女が2人いました。どうあがいても、彼女たちより良い成績をとることができないので、上を目指す友達は、3位を狙いました。1,2は不動の王座でかわれない・・・
そのうちの一人は、テニス部で、あまり勉強をしてる風でもないのに、軽く、2番。それに対して1番の子は、がり勉もするから1番。さらに、2番のその子は、なんか、性格はいたって普通、肩に力が入っていないようなありさまでした。

Sさんは、その話をすると、こんなことを言いました。

「IQ130以上の人は、脳に仮置きもせず、意識にいきなり入れちゃう人も多いです。そうすると、すごい天才能力ということになるよ。記憶は、最終的には、意識に入るんだよ。みんな脳だと思っているけど、あそこは、仮置き本棚。」

へ~。そうか~。意識を科学できているSさんしか言えないことだろうけど、私なんて、がんばって勉強していたけど、本棚に並べて、取り出せず撃沈してたんだろうね・・・
Sさんは、すごくおもしろいことを続けて発します。

「すらっと脳の本棚から取り出せる、とか、すすすっと意識に入れちゃう、とかいうのは、3つの影響を受けますよ」

1、こだわりがない。こうあらねばならない、とかいう小さな世界でとらえてしまう人は、吸収力がない
2、精神的な余裕がある
3、肉体的な余裕がある。

なるほどね~。自分の学生時代を考えたら、けっこうこだわりはない方だったけど、精神的にも、肉体的にも、確かに余裕がなかった。むしろ今の方が余裕があるくらいだよね~。私の成績がぱっとしなかったのもそういうことだったのね。なんて、妙に納得してしまいました。

IQの低いげんちゃんも、この天才談議に無関係ではありません。げんちゃんが、意識を一からしっかりものにできれば、いきなり、本棚スルーして、いきなり意識にインプットする世界だって夢じゃないかもしれませんよね。IQは、意識世界を知らない限界に満ちた判定基準なのかもです。意識、つまり心世界の方が大事なんでしょう。もし、げんちゃんが劇伸びしたら、楽しいよね~・・・

でも、そうやすやすとはいきません。意識を起こそうとすると、げんちゃんはすごく圧がかかるらしく、つらいからすぐに逃げてしまうのです。あ~あ!
さらに、圧は、自然世界からも来るそうで、気圧、気候でも、圧が増えることがあるそうな。

その圧をはねのける武器が一つあるらしいです。それは、謙虚な思考、感謝の気持ちなんだそうです。

う~ん。それが真実なら、そんなもの、ほんとに希薄すぎるげんちゃんの成功は、まだまだ遠い先だと言えますね。なんか、不思議なSさんの話は、不思議な真実味があっておもしろいです。

つまり、圧をはねのけるのは、プラスの気持ちから出るエネルギーってことなのかもしれませんね。
自分を創られた神を信じ、チャレンジが乗り越えられる、っていう強い思い、そういうものが必要だということなのかもしれませんね~。げんちゃんは、確かに、まだまだだな・・・・プラスどころか、ゼロにも来てない。笑

げんちゃんは、昔はぼ~っとしていただけだったけど、意識がちょいと出てきた今は、逃げるか立ち向かうか、の二者択一になっている模様です。立ち向かう・・・は、10パーセント程度。まあ、出てきただけでも御の字かもしれません。

この10パーセントは、2~3週間前にちょっと出ました。興奮して、突き抜けた~みたいなブログ書きましたっけ。
出たということはあるんだから、がんばってほしいです。天才もげんちゃんも、もしかしたら、紙一重・・・かも。

そういうことにしときましょう!

# by glow-gen | 2019-06-18 17:37 | 意識のこと | Comments(5)

草原のグループホーム

  期末テストが終わって、私もすっかり疲れました。まだまだ頑張ろう、というのが、表面的な部分だけで、意識の深いところから腑に落ちていないげんちゃんは、表は、すごくがんばってやっているように見えても、結局いつものマイルールの中だけにとどまろうとしてます。

 それでも、小さな部分では成長は見られます。たとえば、テストの二日目、私は、表面だけつくろってやってるふりをするげんちゃんに嫌気がさして、ほったらかして寝てしまいました。でも、げんちゃんは、自分なりにがんばっていたり。

 まあ、内容はまったく無意味に近かったけど。・・・気持ちはあるんでしょう。がんばりたい、頑張らねばならない・・・
自分が心のどこかに、逃げと拒否の金字塔を作って、絶対そこから出ようとしない、ということに、自分さえ気づいていないげんちゃん。
そこは握って、表面だけ、がむしゃらに突入しているようなげんちゃん。無意味なことでも、疲れだけは膨大なようです。

ほんと、そこに早く気づいてほしいよ! 

 さて、先日、私は、地域の支援クラスのお母さん方で作るサークルの会合に出てみました。なかなか時間がないのと、会の内容が、どう福祉に乗せていくか、どういうサポートが受けられるか、とか、福祉をテーマにしているような感じだったので、忙しさも手伝って、出たことはありませんでした。

 まあ、でも、中学卒業に向けて、公的機関とも情報交換しながらやっているサークルの情報を聞くのもいいかな、と思いました。

 さて、30人くらいが出席して、年の活動報告を発表していました。そのあと、福祉施設の方が、スライドで、施設案内をされていました。

高校を出てから、グループホームというのに行く子もいるようで、その説明がありました。また、放課後デイの説明・・・ママが補助できないときのショートステイというのもあるようです。プレゼンされていたのは、郊外の我が家からさらに離れた美しい草原の中。(たまたま)

 今どきは、いろいろ発達障害の方の施設が充実しているんだな~と、ちょっと感心しました。

 でも、ずっと聞いていると、会のどこの場面でも、子供を改善させる、というところに重点をおいた話はありませんでした。
「この子たちは、知的障害で、普通の社会活動は無理だから、どう支援するか。」
というところに軸足をおいているのがわかりました。

 げんちゃん育児を始めた時から、私には、そういう視点があんまりなくて、どんな困ったも、治せるから、治したい。ひたすら、その情報がほしい・・・・というスタンスでやってきたので、ものすごく別世界に感じました。

 また、もし、私がげんちゃんプロジェクトに取り組んでいなければ、今更ながら、ほんとに重症で変えにくいげんちゃんは、すさまじい思春期を迎えていたと思います。
 今回のショートステイ、なんて、利用したくなっていたかもしれません。

「お母様は、一番何を望んでいらっしゃるでしょう。と、私たちは考えました。」
と施設長の方が、プレゼンの前に口火を切りました。そしてこう続けました。

「時には休みたい、子供を誰かにたくして休養したい、ということかな、と思ったんです。」

私は、それを聞いて、苦笑しました。

(いやいや、お母さんの一番の本音は、この子が普通になってほしい、と思っていると思うよ~。それが可能なら、休みなんていらない。どんどん改善していけば、休みどころか、もっともっと子供にかかわりたいよ。結果がどんどん出れば、楽しいんだから! 

 でもならないから、せめて、たまには休みたい・・・ってことなわけで、それが一番願っていること・・・ではないよ!)



まあ、でもよい情報を手に入れさせていただきました。げんちゃんが、自分をかえなければ、草原の中のグループホームということもあるわけで、・・・げんちゃんに具体的に説明してあげられるな!
 げんちゃん、そんなことでは、悪いけど、君は、普通に社会には出れないよ。と言ったって、ママのたわごとくらいにしか感じてないのでしょうから、手帳ももらうことだし、具体的に教えてあげられるというものです。

 休みを使ってせっかく来たんだもの、ただで帰るのももったいない、と思って、隣にたまたま座ったママとお茶しました。

「なんか、つまんない会だね。お子さん2年生なら、将来、ここに行きますよ~なんてことだけの会って、つまんないでしょう。」

ママは、静かにうなづきました。やはりご縁って神様が作るんでしょうね。子供さんの改善を願っていろいろがんばっているママで、ちょっといきづまっていらしたみたいでした。私は、1時間くらいかけて、げんちゃんの今までをお話して、はげまして帰ってきました。

勉強は、げんちゃんよりできるお子さんみたいで、放課後デーで、学習に取り組ませてほしい、と頼んだら、先生に、
「○○君は、勉強できてますから、しなくていいです。」
なんて言われたそうです。

「いやいやいや。勉強は、手っ取り早いリハビリだよ。普通の子よりもっとさせないと、って、私は思ってるよ~。」

好きなことしかやろうとしないんです。とも言ってました。

「そうそうそう。そこよ。発達君の困ったとこ。自分が大事と思っているところが、普通からずれまくっているのを認識しようとしないの。自分の大切しか見ようとしない。まあ、それは、発達障害が意識障害だから・・・・・・云々・・・」

げんちゃん小学校の低学年の頃の自分を思い出します。あの頃は、ほんとに大変でした。何一つできないし、周りにも迷惑かけっぱなし。日々行き詰まりとの戦い。(あ、今もか~ 笑)

最後は、この会で紹介してくれたようなサポートが用意されてるんなら、安心して、やるだけのことやったらいいじゃない・・・子供のためだけじゃないよ。自分のためだよ。

草原のグループホームでひっそり暮らすより、才能を発揮して、社会に貢献する息子の方が楽しいじゃない。

その若いママは、なんか、明るく帰っていきました。がんばってね。今日は、来てよかった。誰かの役にたったみたい。


さあ、この情報、げんちゃんにどう料理して伝えましょうか・・・・笑

# by glow-gen | 2019-06-17 13:18 | 自治体の発達支援部署 | Comments(16)

今日もクズっぷり連発 ママたち線引きしっかりしないと自分が危ないよ

げんちゃんのクズっぷりは、例えていうなら、自分でうんこして、私を呼んで、お尻をふかせるみたいなもんです。
理科の問題をやっていて、図のaの、とあれば、aくらい見ればいいのに、ただぼ~っと読んで、時間が経って、私がちょっと圧をかけると、
「え~?教えてください。」

と独特のふてぶてしい感じで言い出します。または、ただ、ぼ~っと考えているふりをします。

しかたないので、私が細かく教え始めると、自分はぼ~っと私にさせて
「うん、うん。」
と、さも、わかっているような返事をします。そして、次のまったく同じパターンの問題に移行したら、まったく反対の答えを選んだりする。
私が悲鳴をあげて怒ってしまうと、

「は~? 」
と上から目線でうざい母親、みたいな態度になります。

隣で聴いていた主人が、さすがに見かねて、
「いいかげんにしろよ。」

と言いにきました。げんちゃんは、めんどくさくなったのか、さらに、ぼけ~っとした目をして宙を見ます。主人が私に代わっておしえても、とうとう切れてしまう。

「こいつ、クズ!」

やれやれ、だれだってそう言うよな~・・・・
考えられるのに、考えようとしない。おしりくらいふけるでしょ、と言っても、
「はあ?そうなの?・・・」
とごろんと寝っ転がるような感じです。

よくいろんなサイトで、発達障害のパートナーをもつ人が、相手のせいでカサンドラ症候群になる、とありますが、それは、こういう、とりつくしまのない自己中ぶりにあてられて、すっかり心をぼろぼろにするさまを言うのでしょうね。げんちゃんのそれは、勉強だけにとどまりません。

やばい。自分でやんなきゃかっこ悪い、とか、自分は変かも、とか、少しでも思う子は、おしりくらい自分で拭かなくちゃ、となるけれど、げんちゃんは、そういうあたりは、ずるく、するすると保身を図るので、なかなか外からの圧もかかりにくいです。

この、自分でおしりさえ拭こうしない現象。そのことさえ、悪いと思わずに、とにかく、お前何おこってんの? と心をみじんも動かさないさまは、悪魔とさえ思います。

できないのならしかたないけれど、やろうとせず、すべて人にさせておいて、自分は別に何も悪くないけど、こいつら何怒ってんの?くらいの態度に出る。

まあね~。これがずっと続くなら、おまえ生きてる価値ないよ!


私は、そこまであんたのこと担ってやる義務はありませんから。社会に迷惑をかけて、とんでもないことになる前に、どうぞ神様お召しください。そこから先は、あなたの采配です!

親子だからといって、そこまでのくずを助ける力は私にはありません! そうなりゃもうしかたないというものだよ。

今日はたまらず、そんな風に神様に文句言ってしまいました。前向きにがんばる人生なら手伝いもするけれど、人になんでもさせて、それでいて、一番偉いくらいの態度は、神の前にも許されるわけない。そこまで母親が担おうとすれば、母親まで崩壊してしまう。

それは、人格の線引きというものだよ。

それぞれ、神にあたえられた課題があります。げんちゃんは、げんちゃんの分をやれよ! それを人にやらせようとするな!

それまで人にやらせようなんて、間違っている! いずれ、神様に大目玉くらうってもんだよ!

げんちゃんには、ほんと心を入れ替えてほしいと願うばかりです。




# by glow-gen | 2019-06-08 12:49 | 自己中心 | Comments(20)

げんちゃんの見事な(?)クズっぷり。

げんちゃんの意識障害はほんとにひどくて、前回のように、ユニークなとこが出ることも、まれにあるけれど、意識がぬけてしまった日は、精神疾患患者として考えて、あきらめないと、こっちの身がもたないという感じです。

 先日、人生初の良いパフォーマンスを見せたので、ついつい、この調子で、期末試験を乗り切れる、とぬか喜びしたのもつかの間、またまた、すさまじく奈落の底へ落ちています。

 比較的安定的に進む発達障害のお子さんもいるのでしょうか。私は、げんちゃんのこの、激しく落ちる、つまり、意識が抜けて、つきものがついたみたいな状態になることに、毎回苦しんでいます。

 先日の、まるで普通の子のような学習パフォーマンスを知っているだけに、10回以上やった英語の単語は出てこない、文法なんか、あったものじゃない、朦朧としたような目で、でたらめを言うさまを前にして、万事休すみたいになります。。

 ただ、昔なら、その状態にはまり込めば、もう何をやっても形にもなりゃしなかったけど、そこそこ、表面だけはやってる感じに、装ってくるところが、成長ではありますが。

 先日、学校に行ってみたら、最後の英語の授業で、20問ほどの単語のテストをやったらしく、皆が提出していました。げんちゃんは、見るのもおぞましい汚い字で、3つくらい書き込んであとはほったらかしです。
 同じパターンのプリントを1年のいつだったか、きっちり全部書き込んでいて、花丸をもらっていたことがあったことを思い出します。

 あの時、きっと私は、は~、できるようになったのね。と大喜びしたと思いますが、どうどうめぐり!
居残りさせてやらせて提出させました。しかし、ありえな~いと思うくらいやった単語は出てこない。

 先生が寄ってこられて
「がんばったね。ほかにも出してない子が何人もいるよ~。げんちゃんがんばってるね。」

と声を掛けました。思わず私は、手のひらでさえぎってしまいました。

「先生。だめです。そんなこと言っては・・・」
私は、げんちゃんの意識障害と、げんちゃんの勘違いしまくる横柄な逃げ心・・・・まあ、手短に説明させていただきました。

”支援クラスなのにがんばっているね・”・・げんちゃんの場合、これだけは、ほんとに迷惑。もうほんとにやめてほしい!
先生方の朝の朝礼で、前に出て、説明とお願いをしたいくらいだわ!

知的障害児には、赤ちゃん言葉みたいなので、やさしく接すればいい、と、なんとなく思っている人はほんとに多いですよね~。

私だって、げんちゃんの親になっていなければ、漠然とそうしてたと思います。なんたって知らないのだからしょうがない・・・。こつこつ先生方にことあるごとにお話しするしかないですが、なかなか大変です。


さらに、その日、帰りに私がいっしょにいるのに、げんちゃんは、何も言わず、行先も告げず、ふらふら一人でどこかに行ってしまいました。普通なら行先を告げるでしょうが、そういうこともまったく頭に浮かぶことはなく、ただ、目の前のしなきゃいけない、と思ったことだけ。隣にいる人への配慮など考えることもない! しかたないので、玄関でぼ~っと待っていました。

 さて、その日は、帰ってからもひどくて、捨てるしかなく、翌日復活を祈るしかない。

しかし、朝げんちゃんは、早起きしたものの、ぼ~っとして、とうとう遅刻。Sさんに早起きすることが向上する第一歩だから、と言われれば、目的が早起きになって、起きたら終わり状態・・・・なんで、考えようとしないの??
とにかく、亡霊モードが来ると、手に負えません。  逆に良いモードは、打率3~4割・・・・おぞましい限り。(いや、打率は上がっているのか!
 遅刻するのがわかっていたので、先回りして先生に電話をかけて、もう一度今朝のひどい状態と遅刻に対する指導を、たたみかけて入力してほしいとお願いしたら、
「そうですか~。じゃあ、本人にどういう事情か聞いてみますね。」
と言う。私は、ちょっと切れかかりましたよ。

「だめですよ。もう事情はお話したでしょう。そのまま指導をしてほしいんです。意志を聴くとか、事情を聴いてみるなんて、もってのほかです。そういうことは、ある程度対等な関係の人にすることです。げんちゃんは、そういうステージからは程遠いんです。そんなことをすれば、自分が対等だ、自分は普通にできるんだ、くらいに勘違いするんです!
 もう事情はお話しましたから、指導してほしいんです。3歳児に指導する時に、本人の意思確認とか気持ちの確認なんてしますか? 何がだめだ、とトップダウンで指導するでしょう!」

いやあ・・・ほんと。久々に、先生に強い口調で言ってしまいました。

 普通の子には、その子の意志、事情を尊重する、なんてことも必要でしょうけど、げんちゃんの心の成長は、まったく低次元です。

 げんちゃんは、学校では、一見素直に見えて、先生の受けもいいですが、私にはわかります。担任の先生をなめています。
「あんな、先生やめさせればいいんだよ。」

このセリフは、私がげんちゃんに、
「先生がほめたのは、あなたが支援クラスのわりにはがんばったね、っていう意味だから。」

と言った時に、ぽんと帰ってきた言葉です。
自分ができないから、謙虚にがんばるぞ、なんて気持ち、みじんもないじゃん! よくそこまで、上から目線とれるよね。

げんちゃんの心の成長は、はなはだしく遅く、やっと自分が少し捉えられてきたくらい。そして、普通の感情はほんとに育ちにくいのに、
逃げたり、ズルしたり、めんどくさいこといやなことは切り捨てたり、相手を見くだしたり、そういう人間のサガみたいなところは、きっちりと野生のカンがビシバシ働く。

そうなると、たくみに逃げたり、横柄さだけ暴発させたり、そのクズっぷりは見事なものになります。

「げんちゃん、今日のクズっぷり、すごかったですよ~。」

今日もK先生の疲弊した電話の声・・・・。

 ほんと、Sさんが、ダイヤモンドの周りのごみさえまだ取れてない。と言った言葉が、頭の中でリフレインしちゃいましたよ~。
長いトンネルと、つかの間のまともな風景。それでも、少しずつは、上がってるよ。というSさんの言葉を信じるしかない私です。


# by glow-gen | 2019-06-07 02:06 | Comments(13)

げんちゃんの枕草子

 げんちゃんは、ダイヤモンド・・・・削りだすのに、ものすごくエネルギーがいる。研磨工具も、何個も何個もすり減らして磨いているのに、まだまだまわりのごみさえ取れない。

新しいステージにいったものの、先が見えない混とんぶりに、Sさんがこうはげましてくれました。

は~・・・・ダイヤモンドね~。

でも、このぱっとしなさすぎる息子を前に、私はどこかダイヤモンドと思っている節がある・・確かに、考えてみると私は、げんちゃんのことを周りに対して、低いものと思ったことがないようなところがあります。

 小学校からずっといっしょのクラスメートは、げんちゃんのことを、ものの数にも数えていないようです。支援クラスに所属しているし、”自分の所属する世界の外にいる子”の感覚なんでしょうね。
 まあ、当たり前と言えばあたりまえです。小学校の頃は、クラスに行くと、
「あ、げんちゃんのおばちゃん。」
と声をかけてくれてましたが、中学になったら、そういうこともなくなり、自分の住んでいる世界に没頭している様子。

 どの子も、げんちゃんより、ほーんとにできがいい!その子たちよりげんちゃんは、超見劣りするとこだらけなんだけど、私はどこか、そもそも彼らとは、種(しゅ)が違う、みたいな感覚があります。

醜いアヒルの子 という感じ。種が違うんだから、違っててあたりまえじゃん。 だからカミングアウトだって、別になんということもない。笑

 そもそも、普通の子とげんちゃんはすべてが違うんだから、比べてもしかたない。だからといって、周りの子が当たり前にできることができなくてどうする、とは思っていて、そこの能力がつかなければ、君の才能だって湖の下に沈んだまま、人生もかなり制約されるぞ! という危機感はある。

げんちゃんがご乱行の数々をしまくっているときでも、げんちゃんからごくたま~にこぼれてくる、とってもおもしろいものを、ちょっとわくわくして見ている自分がいるのに気づきます。確かに、このとんでもないヤツの中に、とんでもない光がある、勝手に確信しているから、発達育児が苦楽しいと思えるのかもしれません。

さて、日々苦労している私に、時々ちらっと神様の励ましか、げんちゃんの光がぽろっと漏れるときがあります。

今日は、支援の先生からげんちゃんの詩のコピーをいただきました。今学校でやっている枕草紙の、げんちゃんバージョンを書いたそうです。それがイケていたというのでわざわざ持たせてくれました。汚い字で一気に書いたというそれは、ほんとに、私のどこかにいつもあるけれど、普段は、すっかり忘れている ”わくわく” を、ひさびさに思い出させてくれました。(改行は私が適当にしました。ばばばっと書きなぐっていたので。)

げんちゃんの枕草子

春はお花見
下から見上げる桜が、
日に当たりますます美しくなる様子

夏はセミの声
聞こえてくると夏の合図だ

秋は紅葉
山がオレンジ色になってくる様子と
日が落ちる様子は
あわれなり。

冬は雪
草木が雪の下で寝て
次の日を待っている


すげ~・・・

んで、げんちゃんを家族でべた褒めしてしまった翌日、げんちゃんは、またどかんと落ちてました。立ち位置をぐんと高いところに持ってきた様子。やれやれ。ほんとほめるのは要注意でした~。でもね~、意識を入れたら、ちゃんとこんなにつなげられるのに、なんで、普段はしようとしないか~! (/・ω・)/

# by glow-gen | 2019-06-04 14:08 | コーヒーブレーク | Comments(4)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧