げんちゃんの発達障害プロジェクト

行動が意識をゆさぶる・・・

a0184225_01545358.jpg
パン切りは、多くのトレーニング要素をもっています。これは、意識を、多面に持っていく必要があります。平面はわかるけど、立体はわからないという子たちは、一度ににいくつかの面を意識することが難しいようです。

 げんちゃんの”マイルール”が炸裂した計算事件の翌日、相当きつく指導した効果が出てました。
マイルールでやった計算の結果が、いかにでたらめか、げんちゃんの自分の状態がいかにまずいか、こんこんと検証したのです。

 翌日、学校で、”リベンジ”と書いて挑戦させられた10問計算は、9点とれました。

「ご家庭での特訓の成果が出てますよ~」と書いてありました。支援の女性教諭は、しっかり指導してくださっているようで、げんちゃんも、昔のように、支援クラスをいやがりません。進ちょくもほぼ、普通クラスと同時進行のようです。小さい支援のお子さんと同じように扱われることをすごくきらっていたげんちゃん、中学1年生として、ちゃんと扱われてる感覚があるんでしょうね。

 げんちゃんに、意識を入れるための儀式を教えました。
机においた消しゴムに左手をそえて、プラスの数字ならば、向こうににすっと動かす。そして、マイナスなら今度は手前に動かす。動かす長さも、数字の大きさをイメージします。でもなかなか自分からはしませんでした。それが、次の日から、自ら消しゴムを動かし、正解を出していました。

 その時わかったのですが、げんちゃんは、数字の実体感覚がないから、そうやると正解できるのではない。消しゴムを動かすために、符号と数に、意識を向けなければならないので、ちゃんとできると言うことなのだと思います。

 マイルールでやっているげんちゃんは、計算が体のコアな部分を通らず、表層をかすってまた出て行くような感じがします。意識をすると、体の中の空間をちゃんと通っているような感じがあるんじゃないかな、と思います。体の中の空間に、昔よりずいぶん育ってきた数の感覚があって、意識をすれば、そこと結びつけることができるようになってるのではないか、と推察します。そして、意識を動かすのは、経験や感覚であり、消しゴム動作は、意識をゆさぶって、体の中にあるものと、外の問題をつなぐきっかけ作りをしている。そう思いました。

 未熟ではあるけれど、数字の感覚を、消しゴムの移動量と方向で表現できてるげんちゃんは、昔よりずっと数の感覚が入っているんだな、と思いました。”半分”という感覚さえ、何年もかかって入れたような子です。
Sさんが、
「げんちゃんはわかっているんだけどね。」
というのも、まんざらうそじゃないのかもしれませんね。わかってなければ、消しゴムは動かせないのだと思います。意識をして、できてきた感覚としっかり、リンクすることを覚えれば、算数地獄からは抜け出ることができるのかもしれません・・・

放課後K先生のところで、げんちゃんは、
「ぼくは、こうやってやるんだ。」
と言いながら消しゴムを動かしていたそうです。また、プラスとマイナスに、自分から○をつけて抽出していたそうです。

「すごいことがおこりました~。」
とK先生が報告してくれました。たったそれだけのことでも、げんちゃんにとって、生まれて初めてのできごとなんじゃないかな、と思います。算数地獄・・・底を打って、はい上がってほしい物です。

 さて、げんちゃんの意識障害をチェックするユニークな方法をやっています。我が家は、毎週、コープから切ってない食パンが届きます。直方体のそのパンを切るのは、げんちゃんの仕事です。数ヶ月前からやらせ始めたのですが、げんちゃんときたら、6等分にすることができませんでした。まず、どう切り目を入れたらいいかわからなかったし、切り始めても、まっすぐに切れず、そこそこいいとこに包丁を入れても、軌跡がねじ曲がり、途中で上の方だけ切り落としてしまいます。そんなに、これって、難しかったっけ?と、私の方がびっくりします。

 やりたくな~い、と思ってやってるときは、もう、でたらめです。真剣に意識入れてるときは、ましですが、それでも始めた頃はうまくいきません。やっとこの頃、四苦八苦しながら、なんとかできるようになりました。このパン切りは、上の面、前面、後ろの面、どこにも、意識をはりめぐらさねばなりません。直方体は、長方形とは違うということが、体でわかるというものです。

意識が入り、どの面もつかめてくると、できるようです。げんちゃんの意識の広がりと集中度を測るちょっとした指標になっています。まだまだ、必死でやらなければできないげんちゃんです。

また、制服のシャツのアイロンかけも時々させています。もちろん、あぜんとする手の動かし方だし、左手は、すぐにお休みになります。げんちゃんには、シンデレラみたいに家事をさせることが大切だ、と思っています。なかなかしませんが、家事から体得できることは多いと感じます。

# by glow-gen | 2018-05-26 01:55 | 中学数学 | Trackback | Comments(5)

マイルール暴走

  日曜日は運動会でした。クラス対抗リレーで、完全に差がついた状態で、バトンをもらったので、昨年のように、抜かされることもなく、目立つことなく終えることができました。
先日の運動能力テストで、げんちゃんは50メートル8秒3、と報告があったので、まあ、特別遅くはないんだな、とちょっとほっとしました。たぶん、スタートは誰よりも下手だろうから、その状態でこのタイムが出ると考えたら、彼の低い運動能力の中では、走るのは得意な方なのかもしれませんね。

 それにしても、運動会なんて、毎年、周りの子の高い能力を見せつけられるだけで、何の楽しいこともありません。トラウマもたくさんあるし・・・

「今日はできましたね~。がんばりました。練習の時は、自分の場所がなかなかつかめなかったんですよ~。」

と支援の先生が言われました。団体競技のフォーメーションは、去年同様つかめないようです。周りの子がしっかり誘導してくれたようです。
クラブ対抗リレーが始まりました。生徒席に座っている帰宅部の子は、30人くらいでしょうか。中学のクラブ熱はすごいものですね。どの子も、学業とクラブと、毎日くたくたになっているのでしょう。げんちゃんも、毎日、ほんとにくたくたになりながら生きている感じですが、クラブに入っている中学生なら、特別げんちゃんに限ったことではないようです。(げんちゃんは入ってませんが)

 さて、今週になって、げんちゃんは、いいとこなしになってます。

「体育祭の疲れがでてきたんだよ。」
とS先生が言いました。意識を使った後の疲れは、翌日より、2日目~4日目、あたりに出てくるそうです。
「今のステージは、あまり、疲れさせることをさせるのは、効率が悪いんだけどね。回復するまで動けなくなっちゃうから。」

確かに、あれほど、+-の加減をやったのに、とんでもない間違いだらけ・・・というか、意識を入れないげんちゃんになっているようです。一見そうは見えませんが、生活も抜けだらけ、指示も入らず。今までできていたわけではないけれど、だんだん良くなっていく感触があっただけに、がっかりというかんじ。
昔と違うのは、ちょっと見、意識が入っているように見えることも多い。ほんとにたちが悪い。

プラスが出てくれば、大きなストレスとともにプラスを生じさせただけなので、水面下にたくさんのマイナスがたまっているんだよね。

S先生はそう言います。


一見机に座っているし、なんか、やっているような感じに見えるけれど、認知症状態のメンタルなんでしょうね。魂が抜けている・・・

たぶん、正負の加減も、学校や家で、200問はやって、できるようになったと感じているのに、簡単な10問の正答率は1問・・・ふざけんな!

-3+6なんて問題をどうするか、と見ていたら、3+6とやって、9にマイナスをつけています。-3+6=-9
もう、すごいな、としか言いようがありません。意識が入っているときは、前の記号の意味を考えますが、入らないときは、”マイルール”が出てきて、平気で数字の遊びだけやっています。

マイルールを出してくるシフトチェンジというのがあって、そういうときのげんちゃんは
「これで、何が悪い!」

なんか、そういうおごりを感じます。実際、こういうやりかたをするのも、本人の曲がった理解のしかたであって、こういう風にならったとか、言い出して、最後は教え方が悪いとか言うありさまですからね。発達障害特有のある種の頑固さが、マイナスに突っ走っているというか、なんか、末恐ろしい。まわりの人を振り回す、あのオーラ・・・

 これに関してはもう、何度も何度も修正しています。S先生も「彼は、わかっているよね。」とお墨付き・・・


 算数は、意識を入れないで、数字を適当に計算するものだ。げんちゃんは、そう決めているんでしょうね。

我が子ながら、ほんとにうんざりします。

 運動会のあと、それもあるかもしれないけれど、ほんとにいい加減にしてほしい。
多くの発達ママが、さじを投げるのもよくわかります。ほんとに、こういうの相手に、よくがんばっていると思う。われながら。


# by glow-gen | 2018-05-24 17:34 | 中学数学 | Trackback | Comments(18)

親への甘えと反抗、周りの人の助け

少し上がったな~という感触があったあとは、お決まりのどかんと落ちるパターンがやってきます。そういうものだ、と認識していないと、ほんとに感情を振り回されます。当然今回もその通りです。

 日曜日の9時半から、所属しているプロテスタント教会で、月に一度の子供の礼拝があり、げんちゃんは、教会に私より先に出かけなければなりません。教会は自転車で5分くらいのところにあるので、9時15分くらいに出れば余裕です。が、しかし、9時から仮面ライダーがあります。
 上学年になってから、仮面ライダーにはまって今にいたります。予定がかぶるので、録画をしています。
げんちゃんは、テレビを消して出かけなければならないのですが、げんちゃんはできません。礼拝には喜んで行くので、決していやがっているわけではないのですが、9時から30分を、どう配分するか、ということに、意識を使おうとしません。必要性さえ感じてないようなそぶりです。やれやれ・・・ちょっとは意識をむけられそうだ、と思ったばかりなのに・・・

 例によって、バトルになりました。げんちゃんは、
「あ~、わかった~。ちゃんとやるから!」(まあ、訳せばうるさい、ということですね。いつものことながら。)と言いながら、結局、何もできず、テレビの前に座って、25分になって、私にせかされて、わけわからず飛び出していきました。テレビが見たくて、行きたくない・・・という、一見普通の子のパターンのようですが、そうではないので、がっかりします。


 どうも、9時30分から、というと、9時30分に用意する・・・つもりだったのでしょうか。いや、つもり、というのも、不正確かもしれません。何分前に何を始める、などということは、彼の意識の中に、少しも存在していないようでした。

ためしに、
「学校に何時についた?」「何分かかった?」
と聞いても、まだまだしどろもどろのことが多いです。・・・・やれやれ、まだまだ時間のない空間に住んでいるのでしょうかね~・・・

怒っても、行動と怒られた事象とが、ぜんぜん結び付けられないのかもしれません。以前は、とにかく、目的の時間より、異常に早く行くか、遅れるか、のどちらかが多かったです。時計も、読めますが、あと何分とか、何分後は、いつだ、とか、そういうのは、まだまだ苦手です。

 牧師先生に相談したら、
「来月からは、30分前にげんちゃんに、電話してあげる。」
と言われました。げんちゃんに、一つのサインを与えようということでしょう。電話がかかれば、意識を入れて、準備の気持ちにオン。案外、1か月後には、ずいぶん改善しているかもしれないけれど・・・・
 
 私は、教会でげんちゃんをつかまえて、今日の検証をしようと思いました。図を書いて、なぜ、今日トラブったかを教えようとしたのです。すると
「あ~あ~・・!わかってるって。」

とうるさそうに叫びました。すると、すかさず、先生が

「げんちゃん、お母さんにそういう態度をするのは、よくないよ!
ちゃんと、おかあさんに教えてもらわなきゃ、わからないんでしょ!」
と、げんちゃんにぴしゃっと言いました。

げんちゃんは、他人の前なら、私は、あまり叱れない、と踏んでいたのが、きつめに他人に言われて、ちょっとびっくりしたようでした、。
彼の勢いは、がくんと弱って、そのあと、私のアドバイスをおとなしく聞きました。

 げんちゃんは、中学生ショックから、ずいぶん、私へのなめた態度は良くなりました。自分の立ち位置も少しはわかってきて、反抗している場合じゃない、と感じ始めたのでしょうね。

 でも、時々、こうやって、甘えが爆発します。母親への甘えの裏返しの反抗は、多少はしかたのないことだとしても、ほんとに、そういうことにエネルギーを使っていては、先へは進めないことを、彼自身も、しっかりつかんでほしいです。

 そういう時は、他人から、しっかり矯めてもらうことも大事だな、と、改めて思う事件でした。

 でも、ここにいたるまで、教会のスタッフでさえ、最初のころは、げんちゃんに対して、私プロジェクトは、そこまでやらなくても・・・という雰囲気がありました。一般の人は、障害は、治せる可能性もある、高血圧だとか、糖尿病などと同じ感覚ではなく、人格である、的なとらえ方をしているのだと思います。

 私の格闘のすべてをわかってもらったわけではないけれど、障害のあるなし関係なく、ちゃんと矯めるべきところは矯める、という点はしっかり協力してもらえるようになりました。毎日会っているわけではないので、その都度、今のステージがどういうところで、周りの人には、どういう態度をとってほしいか、というのは、簡単にでも、説明するようにしています。
 たとえ、牧師先生でも、私自身が神様にもらった、げんちゃんのミッションを、すべては理解できるものではありませんから、必要があれば、根気よく場合場合において、説明する必要があるな、と感じます。

 ”あなたは、ちゃんとできる子なんだよ。”
という、普通の基準をくずさない、立ち位置で、周りの方に協力してもらっています。育児とは、やはり、多くの人たちのおかげで成り立っているのです。
感謝することも多くなります。

どかんと落ちる日がやってきて、また、少し立て直して、・・・
げんちゃんは、日々、こうして、まわりの人の力を借りながら、少しずつ、振幅を繰り返し、それでも、右肩あがりになっていっていくんだ、と期待したいです。

# by glow-gen | 2018-05-16 16:47 | 中学入学 | Trackback | Comments(17)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて7年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
未分類
以前の記事
最新のコメント
意識を入れるための儀式、..
by ゆうママ at 17:04
ロボママさん 研修旅行..
by glow-gen at 15:36
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 15:30
それにしても、げんちゃん..
by robo_223 at 10:14
げんちゃん、体育祭の疲れ..
by robo_223 at 10:06
ゆうママさん 運動会が..
by glow-gen at 17:10
ゆうママさん 普通クラ..
by glow-gen at 17:09
とんままさん 駅で、一..
by glow-gen at 16:21
とんままさん チャレン..
by glow-gen at 16:16
あつぞーパパさん ほん..
by glow-gen at 16:02
体育大会お疲れ様でした。..
by ゆうママ at 14:53
連投すみません。 ..
by とんまま at 14:52
以前のことで恐縮ですが…..
by とんまま at 14:51
こちらのブログを拝見して..
by あつぞーパパ at 14:38
とんままさん 運動会っ..
by glow-gen at 14:32
みかんママさん そうで..
by glow-gen at 14:21
OH! ロボママさんが..
by glow-gen at 12:33
体育祭だったのですね、お..
by とんまま at 11:31
体育祭、お疲れ様でしたー..
by みかんママ at 08:02
でも、脱け殻になるまで、..
by robo_223 at 20:22
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧