げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:発達障害 ( 357 ) タグの人気記事

5才の1年は大人の何年にも値するんだよ!と言われました

 仕事の研究発表のデューティーがあって、寝る間も惜しんで原稿を作って、やっと終わったと思ったら、インフルエンザ。ここんとこ、げんママは、ママの役目をになっていません。とほほ。

 鈴木メソッドの電話相談、発達検査表をファックスする、などということも、遅滞、遅滞・・・
2日職場に泊まり込んで、げんちゃんお久しぶり・・・なんてこともありました。

 そして、とどめのインフルエンザ。家でうなっていると、エジソンアインシュタインのカウンセラーから電話をいただきました。
「どうですか?」
「はあ、仕事仕事でなかなか、フラッシュできなくて~・・・」
病気も手伝って、かなり情けない声をあげたママ。電話のむこうのAさんは、やさしくなぐさめてくれました。私は、とりあえず質問します。
 「あの、質問なんですけど。げんちゃん、たとえば、今会った初対面の人や、初めての場所の名前を、なかなか覚えないんです。これって、記憶力の障害なんでしょうか~」
 私は、今悩んでいることを伝えました。げんちゃんときたら、友達の名前もあまり覚えないし、初めて連れて行った動物園の名前も、覚えるのにかなり何度も反復がいるのです。子供って、覚えがいいんだと思っている私は、頭の衰えたママより、覚えが悪いげんちゃんに不安を覚えます。

 Aさんは、少し考えてから、
「もしかしたら、ママが、答えを引き出そうとして、聞いているってわかると、げんちゃんは、緊張するんじゃないでしょうか。確認作業って思われてしまうと、子供は引いてしまう場合がありますよ」

 なるほど、そう言えば、覚えていないので、しばらくしてまた聞いて、聞いて、というプレッシャーをかけていたことに気づきました。

 自分がなかなかトレーニングができないので、気持ちだけがあせり、成果を求めているところがありました。
「 とにかく、右脳に働きかけるっていうことは、ひたすら入力するってことですよ。確認作業はあとでいいんです。ある時から出てきますよ。」

Aさんは付け加え、静かにとっても優しく
「おかあさん、5才6才はとても大切ですよ。5才の1年は大人の何年分にも値します。なかなか忙しくて大変ですが、がんばってくださいね」
と言われました。

 いつも、エジソンアインシュタイン(鈴メソッド)からの電話は、またやるぞって気にならせていただけますね。
 何ごとも、孤軍奮闘はいけません。
 かわいいげんちゃんにまた、気持ちをリセットして、昨日は、2時間近く、知育遊びができて楽しかったです。
 
 あ~しかし。げんちゃんプログラムは、大変だけど面白いです。すごい未来をイメージしてる親ばかだからそうなんですけど・・・もっと時間をとりたいなー、やりたいことがいっぱいです。

ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-01 14:15 | Trackback | Comments(4)

鈴木昭平メソッドのカウンセリング 糖鎖

 さて、「子供の脳に良いこと」をお書きになった、鈴木昭平先生のメソッドを初めて、3回目の電話相談をうけました。
 もちろん、先日の参観日での、げんちゃんのふるまいを詳細にご報告しました。
 まず、じっと座ってられなくて、一人体を動かしているげんちゃん。なんだか目立つな~なんてことです。・・・
 それに対して、カウンセリングの女性は、何の迷いもなく、
「それは、脳の機能の問題もありますね。糖鎖(鈴木メソッドの大きな特徴であるサプリのひとつです。)をどれくらい飲ませてあげてますか?」
と聞かれました。そういえば、毎日ティースプーンに半分が良いとこでした。
「糖鎖ふやしてみてください。少なくとも、毎日ティースプーン1杯は必要です」

 私は、きっと、「お母さん、大丈夫、毎日少しずつトレーニングしていきましょう。少しずつ、きっと治っていきますよ。」的な気休めか何かわからないような回答が来ると思っていたので、きっぱりと、解決法を言い切られたのになんだか、衝撃を受けました。

 「糖鎖ふやしてみてください。きっと加速度的によくなっていくはずです!」

 何というか、そう、主治医が、「血糖値下がりませんか~。それなら、薬を増やしてみましょう。」と言ったのに似ています。生活習慣ちゃんとしてます?カロリー控えて運動して、そのうち治りますよ、なんて言われるより、患者にとって希望が明確です。

 そう、鈴木先生のすごいとこは、発達障害、すなわち知的障害だって、脳の器質的なものにアプローチせずして、トレーニングだけ行ってもなかなか成果があがらない、と結論を出している所なんだよね。

 もちろん、その日から、糖鎖ふやしました。
 
 それから、昨日、早く帰ったのをいいことに、げんちゃんに、またカードをしました。ついでに、カルタもやってみました。驚いたことに、げんちゃんは、人並みにカルタをこなしたのです。ほとんど初めてするカルタです。昨年暮れは、ゲームになっていなかったので、一度やってしまってました。うれしい誤算でした。

 カウンセリングの女性が、落ち込まずに、日々少しずつ改善するのを見守ってください。もう少ししたら、加速度がついて進歩します。と断言されたのは、信じるに値します。いや、私は信じてみたくなりました。

 ここんところの、げんちゃんの進歩も、やはり、サプリ抜きでは考えられないと言っていいのだと思っています。もちろん、それだけではないと思いますが。

 あ、ちなみに、糖鎖は、メイプルシロップにも豊富なのだそうですよ。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-06-14 23:36 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(0)

コミュニケーションスキルができてきた

 げんちゃんプロジェクトは、ままの仕事がてんぱってきて、すっかりご無沙汰です。やれやれ。
げんちゃんが、少し進歩してきたので、ままが少し安心しているのかもしれません。
 まず、一番この半年改善したのが、コミュニケーションスキルです。1月幼稚園に通い始めた頃は、友達できるのかな?というマイペースぶり。相手がつまらなく感じるだろうな、と思うほど、ピントはずれのことばかりでした。げんちゃんがかわいそうになってくるくらい、空気読めてない、という表現がぴったりでした。

 でも、最近は、コミュニケーションに関しては、前ほど心配ではなくなってきています。でも普通の子供たちが、かなり賢い子に見えますから、平均値よりまだちょっと難ありです。集団行動の時も、ちょっと浮いてます。
 コミュニケーションは特別教えていませんが、とにかく体を使った遊びを多くして、できるだけ、色んな刺激を与えることでのびてきているのかもしれません。

 鈴木メソッドのサプリも絶対きいてると思っています。
フィッシュオイルというのがあるのですが、それは、ダウン症のお嬢さんが、飲み始めてすっかり知的な表情になった、という実績のあるものらしいです。カプセルになっています。あまり飲みやすいとも思えないのですが、げんちゃんはよく飲み続けてくれました。

 まず、コミュニケーションがそこそこできてくれば、とりあえず、ほっとしてます。
げんちゃん、「危ないから気をつけてね!」などと、いいタイミングでお友達や先生に声かけをします。半年前なら考えられなかったな~。

 それに、ちょっと驚いたのは、先週私の誕生日に
「まま誕生日おめでとう」
と言った後に、
「まま、いくつになった?」
と聞いたのです。いくつに・・・なんてわかっているんだろうか?数字がまるっきりだめなげんちゃんは、ただ、人からよく聞かれる質問をまんま、私にしたのかも・・・とも思いますが、それでも、うれしいではありませんか。

 他の子なら当たり前のことかもしれないけれど、パパとびっくりしてしまいました。

 まだ、カレンダーの意味がわかっていない。さいころのドットを見ても、数がいまいちわからない・・・何をして、それから何をする・・・といった命令がいまいちわからない・・など、課題山積だけど、仕事忙しいのも手伝って、悩む暇がない状態です。

 げんちゃんのこと仕事ですっかりわすれちゃってたりするだめママなんだけど、仕事でも、幼児教育といいますか、こういう子供たちのことがとってもいとおしくなりました。
 あれこれどうやったら、この子の良いところが出てくるのかな?なんて・・・
げんちゃんとともに、発達障害は、私のライフワークになったりして。
 人生おもしろいね。
もうすぐげんちゃん6歳です。

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


 

 
by glow-gen | 2011-06-10 12:16 | Trackback | Comments(2)

光が見えたぞ、ピアノレッスン!まずはパーカッションから

 げんちゃんに無理やりならわせているピアノは、早5ヶ月になるのに、まったく、先生の言うとおりにならず、ピアノの前にも座らない、という困った状態でしたが、少し光が見えました。
 鈴木メソッドの電話相談で、ピアノの鍵盤をたたくということは、まだ少し早いのでは?と言われ、パーカッションから入ってみてください、とアドバイスされたのです。

 家で、怖い顔で、ここがドだよ。ひいてごらん!、と私がすごむのはやめて、キーボードの自動演奏でも何でも、げんちゃんの好きなモードにして、目の前に、音の出る空き瓶や、たいこをならべました。お箸を渡して、たたいていいよ、とやさしくにっこり。

 げんちゃんは、ピアノの自動演奏にあわせて、ビンや太鼓をたたいてご機嫌です。
 「あ、これだったのか~」 と思うままです。
げんちゃんは、なんとしばらくすると、鍵盤を指で押すようになりました。でたらめだけど、色々な指を使って押してます。自動演奏にあわせて、おさえるべきキーに電気がつくと、げんちゃんは、一生懸命おっかけて、
「まま、つかまえた~」
とうれしそうです。

 20分くらい遊んだら、なんと、げんちゃんは、音楽モードになっていたようで、映画「天使にラブソング」を見ると言い出しました。
 これは、ウーピーゴールドバーグのヒット作で、すばらしい合唱に満ちた音楽映画なのです。

 ほー・・・・ママはおどろいたのは言うまでもありません。

 翌日、ハンディキャップ教育に興味をもってがんばっている、ピアノの先生の友人に、この話をすると、(彼女は地理的にげんちゃんを担当することが難しいので残念なんだけどね。)
「楽譜を見て、ハイここがドで、・・・みたいな教え方は、かんぜん、左脳教育だもんね。耳から聞いて、体で表現、というのがいいんだよ」

と説明してくれました。
それで、ママは、これだ、と思いました。早速家に帰って、大きなテレビにネットをつないで、ユーチューブが見れるようにしました。私の大好きな、乗りの良い曲を、ミュージシャンの映像付でげんちゃんに見せようと思います。
 耳だけより、絶対に入っていけるし、クラッシックだけではなく、ビートルズもビージーズも、何でも見せながら聞かせられます。


 げんちゃんは、どんなことに興味をしめして、どんな能力があるのかまだわかりませんが、音楽は、時に人をいやし、人をはげますので、絶対に、げんちゃんの体に浸透させてあげたいな、と思います。

 ま、しかし、ここ1週間、職場へお泊りしたり、深夜まで仕事したり、げんちゃん教育はほんと、ぼちぼちですね~。

  でも、なんか、最近、げんちゃんが個性的で面白いという長所ばかりに目がいく前向きなママです。いい傾向です。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-05-26 01:34 | ピアノレッスン | Trackback | Comments(0)

はっきり言ってげんちゃん進歩してる!

 げんちゃんの遠足についていきました。公園でお弁当を食べて、レクリエーションをするというたあいないものですが、久々のげんちゃん見学となりました。

 はっきり言って、げんちゃん進歩してます。
まず、周りの子としっかりコミュニケーションとってる。それに、極端に浮いているのが目立った数ヶ月前としたら、結構普通じゃん、と思える、まぎれぶり。

 先生にお聞きすると、最近、昔みたいに、めちゃくちゃ浮いてる感じはありませんよ。とおっしゃる。
ま、よくよく観察すれば、彼は、自分が今何をしないといけないか、把握がいまいちできていないことがわかります。ドッチボールも、ボールがこわいらしく、完全にコートの外に出てましたし。並ぶ時も、微妙に周りの子が並ばせてくれてる感じです。

 でも、前よりは確実に普通っぽい!たぶん、この場面だけ見ると、どこが発達障害なの?と言う人もいるかもしれません。

 それで、すっかり気をよくしたママは、カードをさぼって、普通に遊んでしまいました。

でも、今日、体育教室で、げんちゃんは、やっぱり、浮いていました。まず、カードを出して印鑑をもらう、なんてことは、前々に言い聞かせてもできず、みんながカードをもって並んでいても、何の問題意識もない。やれやれ。
先生は、「お母さん、ここで、カードどうしたの?」ってこっちから言うのはやめましょう。自分はなんかおかしいぞ、って気づくのが大切なんです。たとえば、スケジュールとか、時間の管理とか、その頃の年齢に見合った把握の仕方をしないといけないのですが、げんちゃんは、そのあたりがとってもすっこ抜けています。

 「とにかく、体操教室の前日から、暗示と段取りを言い聞かせ、自分で、できてないことの問題意識に気づくように仕向けてみましょう。これを課題にしましょうね、おかあさん」
 とアドバイスされました。
 なかなかの先生です。 教えられます。でも、しっかり発達障害、と他人が認識しているのがわかると、親としてはちょっと複雑だな~。先生のゼスチャーが、げんちゃんのふらふらしているさま、とか、バカっぽいしぐさとかまねするし。(先生はまったく悪気はなく、げんちゃんのことを報告するのに、一生懸命やってるだけなんですけどね)ま、でもそんなことは気にしない。事実は素直に受け入れる!

 ま、事実は事実。傷つくレベルではないけれど。今まで知らなかったハンディキャップの母の気持ちがわかります。

 家に帰って、また散歩です。やっぱり、カードもいいけど、体を使うことは、カードと同じくらい脳の発達に良い気がします。キックボードができてきたげんちゃん。がけのぼりも、前より度胸がついています。

 ふふふ、楽しみです。

 でも、先日鈴木先生のセミナーで、とても大変な知的障害の子をもつお母さんもたくさんいました。たぶん、げんちゃんなんか、いいよね、って言われそうなくらい。
みなさん!げんちゃんが改善し、もっと大変だったこどさんも改善し・・・という前歴がどんどんできれば楽しいですね。
 いや改善だけではつまらない。鈴木先生が言われるように、すごい才能に特化した天才君を生み出しましょう!


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-05-19 00:32 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(2)

エジソンアインシュタインメソッド、電話相談1回目

 いよいよ電話相談を受けました。なんか、契約中の4ヶ月はいつでも、何でも電話相談していいですよ。と言われると、帰って電話しにくい私でしたが、ただかけてくださっただけでもいいんです、と理事の井上さんがおっしゃったので、先日電話しました。

 まず、相談というからには、お悩みじゃないと、ということで、げんちゃんが、いっこうに足し算がわからないことを相談しました。

 そう、あんまり期待してなかったのですが・・・実際電話口の向こうの相談員の女性は、とってもやさしく明るい声で、こっちの気持ちによりそってくれて、静かに聞いてくれて、痛いところに手が届くと言いましょうか、すごく活力をもらえる結果になりました。

 私が、一つ疑問だったのは、右脳のトレーニングをすることで、左脳のだめなところが働いてくるのなら、いやがる算数トレーニングをしなくても、彼の好きなトレーニングを速習すれば、やがて計算も突然できてくるのかな?ということです。
 で、お答えはというと、やはり、だめな所は、しっかりトレーニングしましょうということでした。ただし、発達障害の子は、自分が興味のないところは、まったく無視して、そのことに疑問さえもたない、そう言うところが、特徴らしいので、トレーニングは、苦痛をあたえず、様々な工夫をこらし、あの手この手でやらねばならないそうでした。数カードは、目と耳をしっかり同時に使って入力。足し算CDなどは、カードを使い、CDは、イヤホンなどで、脳に直接語りかけるのもいいです、ということでした。なるほど・・・イヤホンかあ。確かに、脳に直結してるような気がする。

 げんちゃんは、あかちゃんの時、あまり反応が激しくなく、育てやすかったと言うと、そこも解説していただいて、こういう子は、自閉症スペクトラム(だったっけ)に入るわけで、実は普通の子より敏感らしいです。それで、人の目を見ることを嫌う。目には情報がありすぎるかららしく、げんちゃんが、人と目を合わせなかったのも、そういう性質によるものだったようです。

 色々げんちゃんのユニークなところも話していると、彼女は、朗らかに笑って、
「さあ、神様が、げんちゃんママのおうちに、ついに、こんな天才性を秘める子供をよこしてくれましたね! 楽しみです。げんちゃん発したユニークな発言はメモって、語録を作ってくださいよ~。」
と言われました。電話を切ったあとは、私の気持ちは晴れ晴れ。やるぞ~って感じです。
まあ、私は単純ですから、すぐのせられちゃいますね。でも、げんちゃんの能力開発こそ愉快だって思うこと、これは、げんちゃんトレーニングの原点だと思うのですよね。

 現実には、忙しくて、何やってんだか・・・という感じですが、その程度でも、げんちゃんは良くなっていることは間違いない。周りにおいついてはいないけど・・・電話相談イケテました。一人でもんもんと試行錯誤するより、とっても効率いいですよ。
 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-05-13 22:35 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(1)

親ばか力の中だるみ

 時間がない、こまねずみのような暮らしの中で、ママのげんちゃんへの取り組みは、最初、すごいペースで始まりました。我ながら勉強もよくしたし、げんちゃんが、発達障害一転、オンリーワンのすごい才能の持ち主になる、という楽しい空想にも身をゆだね、楽しんでいました。

 さてそろそろ、ハイペースと言う物には、一転かげりといいますか、ペースダウンというものがおそってくるのは世の常と思われます。

 週末、日曜の主婦の仕事が山積する中で、げんちゃんのフラッシュカードトレーニングをはじめ、なかなかできない足し算トレーニングなど、自分を鼓舞しながらやっておりました。
 ところが、有効な右脳トレーニングだって、数週間で、いきなり、普通の子をごぼう抜きなんて奇跡はおこるわけもなく、げんちゃん、”ばかっぷり”頻発。

 ママは、すっかり切れてしまいました。
「げんちゃん、なんで、言うても、言うてもわからんの?2と2をあわせたら、いくつなの!
もう、だから、あんたは、ばかって言われるのよ」

 もう、ママのほとんどヒステリー・・・わかっちゃいるけど止まらない。やれやれ、虐待ママという心理はこんな感じなのかな~。どんどんエスカレートしていきます。

 パパがなだめに入っても、やがて今度はパパと言い争いになり、もう完全、人格破壊的です。

 げんちゃんと言うと、普通の子のように、おろおろとか、泣くとかもなく、どこかへらへら。これも障害のひとつなのかな~。

 とりあえず、スパルタトレーニング、ま、最も鈴木メソッドではやってはいけないトレーニングをひなが一日やってしまいました。

 ママの精神もずたぼろです。
翌日、げんちゃんは、その反動で、幼稚園に行かないと言い、育児担当のおばあちゃんのところへ逃げ込むように、おばあちゃんの家の前でぐずりまくってしまいました。

 完全に、これは昨日のせいだよね、とわかっているだけに、無理強いもできず、おばあちゃんちで春休みの一日を過ごすことになりました。

 ま、良いママを演じ続けると、時々こうやって破裂するんでしょう。突進型のママには実はありがちかもしれません。翌日仕事場に行くと、すべてをリセット。仕事をしているのも、まあ、切り替えにはなっているかもね。

 しかし、翌日、新たな気持ちで家に帰ると、微妙に昨日の格闘の成果も、どことなくあるような気もします。げんちゃん、昨日とは打って変わって猫なで声のママに、けげんな顔をすることもなく、たんたんとしています。
 そこに救われて、また今日もママはゆく~!
みなさん、がんばろー!


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-04-05 19:52 | 障害児の親 | Trackback | Comments(0)

まだまだ足し算すらできないげんちゃんに、ままはあせっ!

 ママの仕事は、忙しすぎるし、げんちゃんは、あいかわらず、2と1をたすと?みたいな簡単な足し算すらできず、お着替えも、いまいち3歳児なみ・・・・
 気持ちだけあせるママです。
 鈴木メソッドが届いて、まるで、フォアグラあひるに無理矢理えさをつめこむみたいにして、サプリを飲ませて、ばたばたと、高速学習をしているウィークデー・・・なんだか限界を感じる今日この頃・・・・ちょっとブルーな気持ちになっています。

 鈴木先生の事務所のカウンセリングを受けることにしました。仕事中電話・・・
「あの、帰りがいつも9時なんです。それで、子供を寝かせるのは、つい11時になったりするんです。気持ちが焦ってしまいます・・・」
 電話の向こう側で、
「大丈夫です。少しずつやっていかないとだめです。あせるのはだめです・・・・」
ま、当たり前のことを当たり前にカウンセリングしていただきました。
 別に言われなくてもわかっているし、みたいな内容ですが、やっぱり、第三者がはげましてくれると、気持ちが楽になります。

 やはり、横にわかった人がついていてくれることは大きいのです。

 でも、げんちゃん、鈴木先生のところから届いたサプリを始めた翌日から、毎朝、きちんとうんちが出るのです。
 ひどい便秘があったわけではないけれど、うんちは気まぐれでした。
 これにはびっくり。やはり、体質は確実に改善されようとしているようです。

 ゲルマニウムをうめこんだ高い毛布が届き、これだけで3万ちょっと、パパは思いっきりひいていましたが、数日使って、げんちゃんが、毛布をあまり蹴飛ばさずに、よく眠っているので、疑い深いパパが、
「案外いのかもな・・・」
なんて言う始末。やると決めたからには、信じてだまされてみましょう。だってやるしかない。

 教科書通りサプリを飲ませることもできてないけれど、初めてそろそろ1週間。げんちゃんは、ゴミジュース(粉っぽいのでげんちゃんが銘々)にも慣れてきています。毎日大量のうんちは継続中。なんせ、腸内の健康は、脳の代謝の上でもとても大切と、鈴木昭平先生は言われていました。

 これだけを見たら、確実に効果はあがっています。

 早く、計算ができたり、絵が描けたり、みんなと同じように、身の回りもことができる、素敵なげんちゃんにならないかな==~~~~。あせるなって言われても、やっぱり期待してしまいますよね。ついつい、思うようにならないと、げんちゃんをどなってしまっただめママです。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-18 20:16 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(2)

発達障害カミングアウト。けっこうまわりにいます

 近所の信ちゃんと遊ぶのが好きなげんちゃん。家も近くなので、日曜日、げんちゃんご訪問となりました。
 しばらくして、げんちゃんを迎えに行くと、信ちゃん家に、6歳の信ちゃんと、4歳のまあくんが作った象の粘土細工がありました。思わず、
「いいわね~。こんなに上手に形を作れて・・・げんちゃんなんか、発達に問題があるみたいで、まだ形がうまく再現できないのよね~。ま、今、市の発達のサークルに時々通っているんだけどね」

ママは、ため息まじりに、象さんを見つめました。すると、まりさんが、
「え、?うちもよ。信ちゃんは、何でも遅くて、幼稚園で心配されて、たぶん同じとこ行ってる。象も、弟の方がうまいでしょう。やっとかっとそれらしいものを作ってるだけ。げんちゃんの年の時は、まったくだめだったと思うよ。」

え~~。そうなのお?! やれやれびっくりです。お付き合いは、そう深くはないけれど、子供をご近所同士遊ばせる仲。かれこれ数年のつきあいなのです。

私のカミングアウト(と言うほどのことでもないけど。単に無防備なママ)に、まりさんが、信ちゃんの心配を、話してくれました。

 かなりびっくりしたママです。普通はそういうことは、軽々しく人に話さないもののようです。今までまりさんは、うちあけませんでした。でも、信ちゃんをたまに見る範囲において、気になるところを発見できなかったので、げんちゃんより軽いのかもしれません。

 ママは、まりさんに自信をもって言いました。
「心配したり、くよくよしたりする暇はないわよ! 脳、特に子供の脳は無限の可能性を秘めているんだから、早期に、色々な取り組みをすれば、結果は変わってくるのよ。まずは、親が情報を集めて、1に勉強2に勉強。信ちゃんの運命はママにかかっているんだよ。いっしょにがんばろう!やりだすと、けっこう楽しいよ。」

 視機能が悪い子がいて、そういう子も、運動が苦手だったり、図形が認識できなかったりするという、私が勉強してゲットした情報なども、まりさんはまったく知りませんでした。

 公の機関で、チェックされただけで何の情報も与えられないまま、不安だけを募らせていたようです。
とりあえず、「ギフティッド天才は偏っている」という本を貸してあげました。入門としては、とても夢がありますからね。それから、ビジョントレーニングの本もお貸ししました。

 信ちゃんのパパが、「少し様子を見ていこうと思っているんですよ」と言ったので、ノーノー。8歳までが勝負という脳学者もいるんです。やれることはどんどんやらなきゃだめだよ。と叱咤激励しました。

 パパも、だんだん、元気になって、勉強することを決心したようです。
 そう、くよくよしてる暇ない、前に行くだけ。げんちゃんの発達のトラブルを知った日から、ママはそう思っています。

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-02-08 01:28 | 障害児の親 | Trackback | Comments(2)

ワーキングママの問題

 げんちゃんプロジェクトを初めて、一番進化したのはママかもしれません。ハンディキャップについて、今まで相当な誤解、偏見、無知、をもって生きてきていたことがわかりました
 
 進化を遂げて(いや、まさにまだ遂げ中です)いろんなげんちゃんプロジェクトをプログラムしてみていますが、ここにきて、大きな障害にぶちあたっています。

 それは、ママがワーキングウーマンで、平日帰りは9時。げんちゃんにかかわれる時間が本当に少ないことなのです。 げんちゃんは、やさしいおばあちゃんのところで、幼稚園から帰ってきたあとの時間を過ごします。おばあちゃんは、もう70を過ぎていて、とっても健康なんですが、夕食の準備も担当してくれているので、なんとか、人並みの生活習慣を、げんちゃんにしつけるだけで精一杯。最近、おじいちゃんの具合も悪く、寝たきり一歩寸前なので、なんとか一日のやらなきゃいけない仕事をこなすだけで、本当にくたくたになってしまっています。

 それでも、夕食を準備してくれたり、げんちゃんのバスのお迎えに出てくれたり、頭が下がるような献身ぶりで、ママは本当に感謝しています。

 でも、なかなか、良いとされるトレーニングを、毎日少しずつでもやっていくことが難しいのです。

 公文の初歩用教材も買ったし、タングラムや、お手玉、果てはピアノ・・・と遊びながら、やっていきたいのですが、なかなか時間がとれません。

 結局ここんところ、土日に少しだけやる、といった程度になってしまっています。

 頼みは、幼稚園での刺激。・・・
以前の保育園より、だんぜん、大きいので、遊具でダイナミックに遊ぶこともできるので、なんとなく、前よりは、体のきれは良くなっているような気もしますが、プロジェクト遂行はなかなかです。

 働くママは、なかなか時間がとれない。これは、大きな障害ですね~。

 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。

 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-01-24 12:13 | ワーキングママ | Trackback | Comments(0)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
Nさん感謝します。 M..
by glow-gen at 10:21
MTパパさん すみませ..
by glow-gen at 10:16
Gさん ほんと、発達障..
by glow-gen at 20:31
Gさん そうですか、N..
by glow-gen at 00:04
ここあさん ヘルパーさ..
by glow-gen at 23:51
明日熊本へ行ってきます。..
by ここあ at 19:43
roboママさん あり..
by glow-gen at 17:16
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 17:05
穴埋めって大事ですよね。..
by robo223 at 16:56
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 16:56
会社の同僚の息子さんが ..
by アドバイス下さい at 15:31
情報ありがとうございます..
by ゆうママ at 13:22
発達育児ママさん ほん..
by glow-gen at 14:06
こんにちは。 いつも、..
by 発達育児ママ at 10:29
アドバイスくださいさん ..
by glow-gen at 00:14
roboママさん そう..
by glow-gen at 23:53
ゆうママさん やっぱり..
by glow-gen at 23:45
げんままさん、こんにちは..
by アドバイス下さい at 18:29
たった1つの療法で万能と..
by robo223 at 16:16
算数の文章題は手こずりま..
by ゆうママ at 15:11
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧