げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:書字障害の改善 ( 1 ) タグの人気記事

発達障害児の4月は、ほんとに難儀です。~6年生新学期

a0184225_02013132.jpg
公園で出会った、野球部の中学生に、野球練習の相手をしてもらいました。手前、かまえてるのがげんちゃん。写真効果で、すごく遠い距離に見えますが、そんなに遠くありません。げんちゃん、しっかり、お礼も言って、お~、体育会系の乗りかも・・・「中学になったら、野球部に入ってね。初心者も大丈夫だよ。」やさしいお兄ちゃんでした。初心者・・・ははは・・・習っているのだけれど

 すっかり仕事が忙しく、更新できずにいましたが、げんちゃんの6年生生活も、無事漕ぎ出しています。
 結局、支援も普通クラスも、先生は変わってしまいましたが、どちらとも、良い先生みたいで。げんちゃんも、今まででは、一番ましなげんちゃんなので、小学校生活で、もっともストレスの小さい4月です。

 3月の直前顔合わせの時も、仕事で参加できず、いまだ先生方とも顔を合わせておりませんが、支援の先生も、連絡帳のコメントから、人柄がうかがい知れ、気持ちおだやかでいるげんママです。
 まあ、振り返れば、それぞれ先生方は個性が違って、時に、やきもきしたり、こっちのつぼとちがったりもありましたが、学年を終わってみたら、皆、それぞれに、子供思いの親切な先生方でした。
 
 激務の小学校教諭のお仕事は、今なり手がいないとこもあると聞きますが、やっぱり、先生って、聖職なんだな~と思います。できのいい子ばかりもった親には理解できない気づきですね。笑

 いつも、やっと先生方とうまく意思疎通できていく頃には、次の学年になるので、今後の支援クラスの人事は、いろいろ申し入れしたい部分がありますね。でもまあ、げんちゃんへの神様の特別な采配を信じ、ふたをあければ、すべてベストと信じましょう。

 昨年の普通クラスの先生は、とても素敵な先生だったので、先生は6年にもちあがってるのに、なんで、わざわざほかの先生なんだろう、と、最初はいやな気分でした。考えてみると、支援の子を預かると、仕事が増えるから、1年で勘弁してあげよう、という人事の配慮なのかもしれませんね。なんかな~と思ってると、「げんちゃんの先生は、とってもいい先生だよ、」と、ママ友がおしえてくれたので、ぱっと切り替わって、ちょっとわくわくしています。

 振り返って、4年の3月に、担任の先生が、
「友達へのちょっかいが減りましたね~。」
 とコメントしてくださって、翌5年の4月、新しい担任の先生が、
「友達へのちょっかい? そういうのはありませんけど・・・」
と言われたのを思い出します。今年もこういうミラクル4月になったらいいな、と願います。

 残念ながら、連絡帳に、”宿題は、プリント2枚” と書いておきながら、平気で、1枚しか持ち帰ってない、とか、提出する宿題をそのまま持ち帰るとか、ぜんぜん変わらんじゃん・・・というありさまです。それでも、いろんなところが伸びているげんちゃんのようです。

 日課表をそろえながら、”大きな本を後ろにそろえて入れて、前に小さなサイズのノートをスペースの無駄なく、きれいに入れる。”なんてことが、やっと、自然にできたりしてます。でも行くときだけ、帰りはでたらめ 泣・・

 そして、算数も、げんちゃんが希望したらしく、普通クラスで受けているようです。3月に、担任の先生が、
「算数は支援で受けなくては、げんちゃんのためにならない」
と、アドバイスしてくれましたが、多少はましになっているのでしょうか。たぶん、普通クラスの先生が、一生懸命横に来てくれたりしてるみたいです。4月今だけスケジュールになるんじゃないでしょうかね~。

 前回のブログで、げんちゃんの書いた文をアップしました。あれは、たまたま出た、ぴくっとした峰だと思いましたが、どうも、あれがごく普通になっています。げんちゃんは、野球教室のお友達のジャンバーを間違えて着て帰り、ずいぶんたってお返ししました。
「家に帰ったら、確認して、」とか友達に言われても、重要なことと思わないようです。でも、私に言われて、お菓子をそえて、お詫びの手紙を書きました。

○○君へ
 ジャンバーをまちがえてしまってごめんね。おわびに、おかしを入れておきます。食べてください。句読点もきちんと入れて、字もきれいでした。
「ぼく、きれいに書いたよ。これでいい?」
と言ってきました。きれいに書く、ということに、多少楽しみを見出したような感じでした。
a0184225_02021193.jpg

 たとえば、この自主学習。なんと同じ字をひたすら1ページ書き続けたげんちゃん。意味不明ですが、この持続力。やはりここへきてのものです。書字がやはりかわってきているのでしょう。
 自主性が出てきたら、しばらく、泳がせてみたいけれど、とんちんかんは続出必至です。がみがみ言うのを、ぐっとがまんしたら、すごいストレスになりそうですね。

 4月しょっぱなにはこんなエピソードもありました。お世話になった支援の先生お二人が転出されて、げんちゃんは、花束までわたしたそうでした。それなのに、帰ってきて、まったく何も言わないのです。あとから、先生に聞いてびっくり。普通なら、そんなこと言いますよね~。
「げんちゃんに、こういうことは大切なことだから、ママに話すべきだよ。」と言って聞かせると、「え~、そうなの?」
ときょとんとしています。なんかこいつ異常だな、と思って職場の男の子のお母さんに話すと、口々に、男の子ってそんなもんだよ、と言われました。 でもね、それじゃあだめでしょ。ねえ。
げんちゃんにはぜひ、女子力をつけたいものだ、と思った次第です.
毎年この時期、げんちゃんみたいな子の親になると、心おだやかにいられないですね~。

 そうそう、うちのお姉は、案の定、花の浪人生になりました。ヤツはヤツで心配です。のんびりしてますから、当然の結果でした。でも、まあ、げんちゃんのために家にいてくれてありがたいです。げんちゃんは、おねえに一目おいているらしく、彼女の言うことはよく聞きます

 おねえは、浪人生活をうまく生かして、1年分いっぱい友達作るといいなと思います。人生何から駒が出るかわかりません。しかし、げんちゃんとは違った意味で、超マイペースなやつです。 でもさすがに、2浪しないでくれよ~。泣

こんな感じで、今年の春は、良くも悪くも、ちょっと違った感じの春です。

by glow-gen | 2017-04-15 02:30 | Trackback | Comments(2)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧