げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:市の発達支援 ( 2 ) タグの人気記事

療育の日

  今日は療育でした。
療育の日はとてもうれしいげんママです。なぜなら、仕事を早退して、療育のあとで、げんちゃんトレーニングができるからです。
療育はというと、30分遊具で遊びながら、運動能力をチェックして、あと30分は、普通のドリル的お勉強です。一月に2~3回これをやってくださいますが、特別なものではないので、療育がげんちゃんの発達育児に役にたっているとはあまり思えません。ただ、ママの確認作業にはなっています。パブリックな場所で、どれだけ日ごろの成果が出せるか。

 私は、エジソンの鈴木昭平先生がおっしゃるように、療育とは、まず、親次第だと思います。どんな療育のトレーニングだって、親が毎日するよりまさることはありません。親が、その道のプロになるとこ。知的障害は圧倒的に進歩する、ということを、ちゃんと親が認識できること。この二つができれば、子供の改善のための半分以上は終わってます。
 そして、高速学習を中心にしたトレーニングのノウハウ。サプリや体質改善による、脳の疾病としての改善。これが加わります。
しかし、市の療育にはこれらの明確な指針が感じられません。子供が遅れているので、幼稚園で教える以外に、少し時間をとりましょう。というくらいの感じなのかな?と思います。

 知的障害は治るといわないまでも、かなり改善する。という、親への意識改革と、ノウハウの伝授。これが大切だと思いますが、あまり伝わってきませんから、療育は違うところに、目標設定されているのかもしれません。良くわかりません。
 子供へのトレーニング方も、鈴木先生の個人指導で見せていただくような、「ノウハウ」というようなものではなくて、誰もができるようなことをしています。左脳的な確認作業です。

 なんだか、素人、です。(ごめんなさい)
いつも、行く度にサプリの効果や鈴木先生の本なども渡すのですが、手ごたえはありません。私としては、げんちゃんがこれだけ改善しているのだから、ぜひ、同じような子供さんのおかあさん方と情報を共有したいのですが、なかなか難しいようです。
 
 ま、しかたないですね。自ら探しましょう。さらば与えられん。行動する親は鈴木先生のメソッドに必ずぶちあたるはずだし。鈴木先生にかぎらず、子供の改善策を見出していけるはずです。良い方法に出会うのも、やはり、親次第なんです。

 でも、げんちゃんみたいな子を持って、うっかりうつ病になってしまったり、家族不和をおこしてしまったりしている家族もいるはずです。
 療育は、唯一の窓口ですから、もう少しプロになってもらいたいです。プロとは、確実に成果を出すことです。確実に知的障害を改善させるプログラムをもってほしい。
 もし、彼らが、私的機関で、クライアントからお月謝なりをもらっているのであれば、もっと、色んな意味で成果を求められるはずですから、プロになっていくのでしょうが、なんせ、公的機関ですから、質は問われないのです。ま、万人に無難なことをしなきゃいけないっていう制約もありましょうね。やれやれ。

 もし、このブログを担当者先生方が見られたら、とても申し訳ないのですが、(なんたって、個人てきには良い方ばかりですし、良くして頂いています。)げんママは批判をするのではなく、どうにかエジソンメソッドのように、成果をあげる機関になってほしいのです。なんたって、子供の一生がかかっているのです。ほんと、人の一生がかかっているんです!

 ま、ママは、先生がどうだろうが、療育がどうだろうが、人がなんと言おうが、自分でやっていきます。でも、そういう人ばかりではありません。早くげんちゃんを天才児にして、教育にかかわっている人に気づいてもらいたいな、と思うママです。

 げんちゃんといえば、今日、療育のあと、寒かったので、ジョギングを入れないで、トレーニングに入ったところ、明らかにジョギング後と違いを感じました。なんか、がまんが続かない。それで、ジョギングに繰り出しました。帰って、酸素ジュースのブレンドジュースを飲ませて、トレーニングをしたら、明らかにうまく進みました。
 やはり、有酸素運動。心拍数をあげて酸素ジュースを飲ませて・・・という流れは抜群に良いようです。
寒くなるので、これから、ママがちょっと大変ですが、ジョギングの優先順位はかなり高いと感じます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-25 02:10 | 自治体の発達支援部署 | Trackback | Comments(4)

ちょいとストレス。市の発達支援部署

 明日は、ママがストレスに感じている、市の発達支援センターに予約を入れている日です。

 やれやれ、あそこは、なんと言うか、
たとえば、私が育てるのが難しい花を育てているとしましょう。私は、専門書を読みながら、日照時間を考え、水加減を考え、苦労しながら、でもわくわくしながら、幻の花を育てています。
 そこへ、時々やってくる誰かさんが、「どらどら、どれくらい育ったかな?」といって、茎を握って、鉢から引っこ抜き、根っこを確認しているような感じです。


 ま、げんちゃんのことがあるまで、だいたい市にそういう部署があるのも知らなかったし、そういうとこで、どういうメンバーが、子供の発達を支援するのか、そんなこと考えたことさえなかったママだったですけどね。

 市がうたい上げるには

 発達に悩みがある乳幼児(小学校にあがる前のお子さん)とその保護者を対象に、相談や発達支援(個別・集団)を行います。発達支援では、こども達の心身の発達をうながし、社会生活、集団生活などへの適応能力の向上などを図ります。

スタッフ
臨床心理士 言語聴覚士 作業療法士 保育士 保健師 管理栄養士 医師


だそうです。たぶん、トップで色々指導してくれるのは、臨床心理士という人なのか??

 げんちゃんは、知能検査を受けて、ボーダーと言われ、彼女が私に告げたことは、
「時々ここへ来て、いっしょに遊びながら見て行きましょう」
 ということだけでした。

 つまり、問題は、私がげんちゃんプロジェクトを立ち上げ、ビジョントレーニングや、さまざまな有効なトレーニングや考え方を学んで行ったニュースソースは、すべてここからではなかったと言うことなのです。

 私は、少なくとも、医学関係に身をおき、無知だったとは言え、普通の方より、自分で色々判断する条件や知識の基礎があると思います。
 でも、もしかしたら、先生の言われることだけに頼り、子供の可能性やトレーニングのことをあまり知らされないお母さんだったら、やはり子供も、家族も不幸なのではないかと思いました。
 自治体のこういう部署の方は、人一倍勉強してほしいと思いました。

 少なくとも、げんちゃんの知能検査は、図形などの認識がきわだって悪く、目の焦点がうつろな子供だったはずです。今の私が、先生の立場なら、おうちでできる追視の指導くらいはしていたと思います。

 ま、明日、北勝先生のビジョントレーニングの本を、もし彼女がご存知でなくば、寄付してくる予定です。

 明日はまたどんな気になるのでしょう。報告しま~す。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-01-18 23:48 | 自治体の発達支援部署 | Trackback | Comments(0)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧