げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:全体が見えない ( 1 ) タグの人気記事

セルから組織へ・・・コーディネートする力

   先日、普通クラスの面談がありました。げんママは、最近のげんちゃんの伸びに、満足感を感じていたのですが、先生の話を聞いて、またまた、やらなくちゃね~と思いました。

 先生は、とても、親切で、笑顔をたやさない、かなり、ポイントの高い先生です。
 彼女が話すのは、げんちゃんが、普通クラスで、とても良い感じに、みんなのサポートを受けている・・・ということでした。
「まわりの子も、げんちゃんは、こういう子なんだ。って、普通に認めて受け入れてるようです。幾人かの子が、うまくリードしてあげたり、横で、ちょっと言葉をそえてあげたり、学習や、共同作業の時も、げんちゃんが、うまくできるように、手助けしてあげてます。だから、げんちゃんも、あまり、大きなトラブルなく、教室での生活をすごしてますよ。」
と言われました。

 げんママは、お礼を言いましたが、なるほど・・・げんちゃんは、やっぱり、サポートの対象なんだ、と思いました。すごく伸びてて、そこそこやってます。というのとは違ってました。

 よく考えてみれば、T先生は、3年で初めて、げんちゃんを見るわけで、げんちゃんが、幼稚園の時、、1年の時どうだったかなんて、知るわけではありません。少々げんちゃんが伸びてても、時系列で、彼を、分析できるわけではないんですよね。だから、目の前のげんちゃんは、単純に、支援から来る、支援を要する、子どもさんなわけです。
 
いかに、普通クラスで、ストレスなく過ごし、うまく、彼が、生活できるように、サポートしてあげるか、ということが、先生の課題なのだと思います。それを、上手に遂行して下さって、クラスも、とても良い感じにまとめていらして、その結果、げんちゃんの、優雅な学校での日々があるのだと思います。感謝なことです。

 でも、げんママは、この面談で、次にげんちゃんが必要な学校生活での課題が見えてきました。げんママは、早速、今までのげんちゃんの伸びとと、家庭での取り組みを、手短に話し、先生にお願いしました。

「先生、げんちゃんは、一つ一つの能力の、つまり、細胞の一つ一つは、まあまあできてきたんです。これからは、その一つ一つをどうアレンジして使っていくか、ということの、コーディネート力を伸ばすのが課題です。
 たとえば、プリントにしても、能力に見合ったものなら、100パーセントではないけど、指示すれば、指導者が席をたっても、言われたとこまで、やれるようになってきました。
 でも、自分は、今日、これをやらなきゃいけない・・・とか、自分でアレンジして、何かを段取りつけて取り組んでいく、ということは、まだまだ高峰の花です。

 これからは、そういう、生きた能力にをつけることが課題なのです。
 だから、先生にはお願いなんですが、普通クラスで、たまには、支援員の先生が、手を出さず、自分で気づかせて、ただ見守る中で、課題に取り組ませる、ということを、あえてやってほしいのです。

 テストも、普通クラスで、たまにはやらせる。花丸と、丸しか、今はもらってないけど、(自分でできたら花丸、やりかえや、教えてもらったとこは丸、にしてもらってます。×は、もらわないです。)げんちゃんが、少しは取り組める内容なら、ハンデなしで、取り組ませる。たぶん、それをやると、課題がまったく進んでない・・・という悲惨な時間も出てくるとは思いますが、それは、もう気にしないで下さい。
 内容をしっかりやらせる時と、自分でアレンジしてチャレンジする時・・・これらをはっきり分けて、取り組んでいこうと思うので、バックアップしていきます。
 普通クラスでは、主に、自分で気づいて、何をするのかアレンジする、というのを学ぶ。それを、主体にやっていただきたいのです。それは、普通クラスで、一番学べるものだと思っています。
 
 以前は、まだ、そういう学びが、時期尚早のステージもありました。その時は、ひたすら、取り出して、一つ一つの能力をアップすることに専念してました。でも、今、やっとその時期が来たと思っています。
 もちろん、その場の状況で、そうしない方が良いこともあると思いますし、まわりに迷惑がかかるようなこともあるので、すべては、先生の判断でやっていただきたいのですが、そういう課題を意識してもらいたいのです。

 もしかしたら、先生の目から見て、私の判断は、まだ早い、と思われるかもしれません。場合によっては、そうしない方が良い時もあるかもしれません。それも、すべて含めて、そういう視点で見て、コーディネートしていただけませんか?」

 このような、お話を先生にさせていただきました。

 先生は、なるほど、という顔をされて、げんちゃんの現状について、理解されたように見えました。

 そのあと、夏休みに入って行われた、サッカーの合宿の様子を、サッカーの先生にお聞きしました。げんちゃんは、前日、ちゃんと、お着替えや、あとの汚れ物の始末の仕方、荷造りなど、しっかり教えたにもかかわらず、下着は、前日の同じものを着て、荷造りは、ぐちゃぐちゃ。行って、そのまま帰ってきたようなありさまで、合宿からもどりました。

 先生のお話は、
 「前の日の練習着を着ようとしたので、僕が、注意して、新しいのを着るようにし向けました。それから、一つのことに入ると、周りが見えなくなるので、他のチームについて行こうとしたりしてましたね。」

ということでした。やはり、そうです。げんちゃんの、一つ一つの能力を考えると、もうちょっとできてもいいんじゃない、と思うのですが、だめです。
 本人が、そういう意識をまったく持ってない、ということもあるし、ワンウェイで、一つの道のみ掘り下げる脳の使い癖もあります。
 これからは、全体を見て、局所も見る。全体、時間軸、大きな大きな広がりの中で思考していく。そういうことが必要です。彼らにとって、もっとも苦手とするところです。

 だけど、一つ一つのセルができてきているのだから、絶対できない訳ではないでしょう。脳のシナプスは、シンプルな一つ一つが構築されて、ここからさらに、互いの関係性を作って行くわけだと思います。今の延長上に、必ず、良い感じのげんちゃんが待っています。

 でも、トレーニングの内容は、かなり、高度になっていくし、家庭で取り組むことだけは足りないことも出てきそうですね。多くの人の中にどんどんさらして、自分で色んなことをやらせることも必要です。ここからが、ある意味、本当に大変になっていくのかもしれませんね。

 まったく、常に、常に、課題が生まれてきます。教育とは、まことに、地道で、範囲は多岐にわたり、忍耐と愛情が必要ですね・・・やれやれ

by glow-gen | 2014-08-02 17:52 | まわりを読む | Trackback | Comments(15)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧