げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害ママも進歩します。

 鈴木メソッド、(エジソンアインシュタインメソッド)に申し込んで、サポートを受け始め1ヶ月がたちました。実際には3月からサプリは飲み始めたので、3ヶ月ぼちぼちやっております。
 
 2週間に1度のレポートを出す日になっているのですが、仕事がいそがしくてままなりません。は~。毎日書き込むチェック表もまだら・・・サプリもフラッシュカードもあんまりきちんとできてもいません。

 やれやれ。・・・
おばあちゃんが、げんちゃんのあまりに覚えが悪いということで、ちょっと疲れ気味です。いまだに、2と2をあわせるといくつ・・・というような5以下の数字もままならないげんちゃんです。
 幼稚園でも、まだまだ浮いています。

 確かに今年はじめの状態よりは進歩ですけど。・・・

 なんだか、ここに来て感じるのは、子供より、私の進歩かもしれません。げんちゃんを他の子と同じようにしたい、そういう思いが、私の根底を流れていたんだな、と今になったら思います。

 計算がどうしてできないの?どうして集団でできることができないの?いらいら・・・エジソンメソッドに申し込んだんだって、つまり、小学校で遅れないように・・・みたいなイメージだったかもしれません。

 でも、なんだか、ふっと、もうどうでもいいか、という気になっています。(これからも、ずっとそんな気持ちで安定するかはわかりませんけど)  計算ができなくても、別にいいじゃない。ぼちぼちやりましょう。と言う感じです。

 別に学校に行かなくても、人間は生きられるのだし、この子は、特別の存在なのだから、この子らしく歩んでいけばいいか~。と思います。(今だけかも)
 親バカになりきって、この子には、すごいとこもある、ということもわかります。
 
 一生懸命、社会適応させるべく、トレーニングもするし、教育もするけど、ま、神様が与えてくださった息子だから、神様がちゃんと行く道もつけてくださるでしょう・・・とのんびりした気分になりました。

 げんちゃんをもったおかげで、人生が幅広くなった気持ちもしています。
 それぞれの障害によって、(障害というより、個性と言ったほうがいいかもしれません)育てるお母さんの学びもさまざまですが、周りの目を気にしたり、周りとくらべたりすることをあんまりしないようになると、なんだか、楽しいな、と思えるこのごろです。

 げんちゃんからどんな駒が出るかな~・・・
 げんちゃんのような子は・・・と、体操教室の先生が、「障害を持った子は」と言う代わりに言っているのも、まったく気にならなくなりました。

 あ、でも、明日こそは、発達表をファックスするぞ~・・・

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


 

# by glow-gen | 2011-06-01 21:34 | 障害児の親 | Trackback | Comments(7)

光が見えたぞ、ピアノレッスン!まずはパーカッションから

 げんちゃんに無理やりならわせているピアノは、早5ヶ月になるのに、まったく、先生の言うとおりにならず、ピアノの前にも座らない、という困った状態でしたが、少し光が見えました。
 鈴木メソッドの電話相談で、ピアノの鍵盤をたたくということは、まだ少し早いのでは?と言われ、パーカッションから入ってみてください、とアドバイスされたのです。

 家で、怖い顔で、ここがドだよ。ひいてごらん!、と私がすごむのはやめて、キーボードの自動演奏でも何でも、げんちゃんの好きなモードにして、目の前に、音の出る空き瓶や、たいこをならべました。お箸を渡して、たたいていいよ、とやさしくにっこり。

 げんちゃんは、ピアノの自動演奏にあわせて、ビンや太鼓をたたいてご機嫌です。
 「あ、これだったのか~」 と思うままです。
げんちゃんは、なんとしばらくすると、鍵盤を指で押すようになりました。でたらめだけど、色々な指を使って押してます。自動演奏にあわせて、おさえるべきキーに電気がつくと、げんちゃんは、一生懸命おっかけて、
「まま、つかまえた~」
とうれしそうです。

 20分くらい遊んだら、なんと、げんちゃんは、音楽モードになっていたようで、映画「天使にラブソング」を見ると言い出しました。
 これは、ウーピーゴールドバーグのヒット作で、すばらしい合唱に満ちた音楽映画なのです。

 ほー・・・・ママはおどろいたのは言うまでもありません。

 翌日、ハンディキャップ教育に興味をもってがんばっている、ピアノの先生の友人に、この話をすると、(彼女は地理的にげんちゃんを担当することが難しいので残念なんだけどね。)
「楽譜を見て、ハイここがドで、・・・みたいな教え方は、かんぜん、左脳教育だもんね。耳から聞いて、体で表現、というのがいいんだよ」

と説明してくれました。
それで、ママは、これだ、と思いました。早速家に帰って、大きなテレビにネットをつないで、ユーチューブが見れるようにしました。私の大好きな、乗りの良い曲を、ミュージシャンの映像付でげんちゃんに見せようと思います。
 耳だけより、絶対に入っていけるし、クラッシックだけではなく、ビートルズもビージーズも、何でも見せながら聞かせられます。


 げんちゃんは、どんなことに興味をしめして、どんな能力があるのかまだわかりませんが、音楽は、時に人をいやし、人をはげますので、絶対に、げんちゃんの体に浸透させてあげたいな、と思います。

 ま、しかし、ここ1週間、職場へお泊りしたり、深夜まで仕事したり、げんちゃん教育はほんと、ぼちぼちですね~。

  でも、なんか、最近、げんちゃんが個性的で面白いという長所ばかりに目がいく前向きなママです。いい傾向です。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-05-26 01:34 | ピアノレッスン | Trackback | Comments(0)

はっきり言ってげんちゃん進歩してる!

 げんちゃんの遠足についていきました。公園でお弁当を食べて、レクリエーションをするというたあいないものですが、久々のげんちゃん見学となりました。

 はっきり言って、げんちゃん進歩してます。
まず、周りの子としっかりコミュニケーションとってる。それに、極端に浮いているのが目立った数ヶ月前としたら、結構普通じゃん、と思える、まぎれぶり。

 先生にお聞きすると、最近、昔みたいに、めちゃくちゃ浮いてる感じはありませんよ。とおっしゃる。
ま、よくよく観察すれば、彼は、自分が今何をしないといけないか、把握がいまいちできていないことがわかります。ドッチボールも、ボールがこわいらしく、完全にコートの外に出てましたし。並ぶ時も、微妙に周りの子が並ばせてくれてる感じです。

 でも、前よりは確実に普通っぽい!たぶん、この場面だけ見ると、どこが発達障害なの?と言う人もいるかもしれません。

 それで、すっかり気をよくしたママは、カードをさぼって、普通に遊んでしまいました。

でも、今日、体育教室で、げんちゃんは、やっぱり、浮いていました。まず、カードを出して印鑑をもらう、なんてことは、前々に言い聞かせてもできず、みんながカードをもって並んでいても、何の問題意識もない。やれやれ。
先生は、「お母さん、ここで、カードどうしたの?」ってこっちから言うのはやめましょう。自分はなんかおかしいぞ、って気づくのが大切なんです。たとえば、スケジュールとか、時間の管理とか、その頃の年齢に見合った把握の仕方をしないといけないのですが、げんちゃんは、そのあたりがとってもすっこ抜けています。

 「とにかく、体操教室の前日から、暗示と段取りを言い聞かせ、自分で、できてないことの問題意識に気づくように仕向けてみましょう。これを課題にしましょうね、おかあさん」
 とアドバイスされました。
 なかなかの先生です。 教えられます。でも、しっかり発達障害、と他人が認識しているのがわかると、親としてはちょっと複雑だな~。先生のゼスチャーが、げんちゃんのふらふらしているさま、とか、バカっぽいしぐさとかまねするし。(先生はまったく悪気はなく、げんちゃんのことを報告するのに、一生懸命やってるだけなんですけどね)ま、でもそんなことは気にしない。事実は素直に受け入れる!

 ま、事実は事実。傷つくレベルではないけれど。今まで知らなかったハンディキャップの母の気持ちがわかります。

 家に帰って、また散歩です。やっぱり、カードもいいけど、体を使うことは、カードと同じくらい脳の発達に良い気がします。キックボードができてきたげんちゃん。がけのぼりも、前より度胸がついています。

 ふふふ、楽しみです。

 でも、先日鈴木先生のセミナーで、とても大変な知的障害の子をもつお母さんもたくさんいました。たぶん、げんちゃんなんか、いいよね、って言われそうなくらい。
みなさん!げんちゃんが改善し、もっと大変だったこどさんも改善し・・・という前歴がどんどんできれば楽しいですね。
 いや改善だけではつまらない。鈴木先生が言われるように、すごい才能に特化した天才君を生み出しましょう!


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-05-19 00:32 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(2)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧