げんちゃんの発達障害プロジェクト

子供が集中してなくてもかまわない。

 色んなトレーニングを勉強して、ママは、げんちゃんと接する短い時間、できるだけ様々なことをげんちゃんに試しています。といっても、教材買ったりしたけど、ほとんど時間とれてない、というものもありますが。
  
 先日の鈴木昭平先生の右脳に働きかける、フラッシュのスピード学習は、やはり子供もやる方の親にもストレスが小さいようです。

 なぜなら、最近、熱心な私にちょっとひいてるげんちゃん。私が何かを提示して、これ何かな?みたいな体制になると、げんちゃんは、少しむっとするようになりました。

 昨日は、手持ちのカタカナカードをどんどん見せて、これ何?なんていうことをやりました。げんちゃんは、たまにちらっと見るけど、無視して、自分の遊びを始めます。ねえねえ。見てよ~。なんて嘆願しても、視線はうろうろ。

 叱ったりするのはだめだ、と言うので、あえて、彼を制せず適当にママは続けました。時々げんちゃんは、ふっとカードを見たりします。ほんと気が向いたら、ママが答えを言うのに合わせて、追唱したりします。30分もやったら、ママの方が逆に勉強した気分になってしまった。全身でげんちゃんの前で演劇でもしてる感じなんだもんね。でも、ママの疲れをよそに、げんちゃんは、無理強いされてないので、ま、いいか、という風です。

 そして今朝、すごいことがおこりました。朝食は、ふりかけをかけて、ご飯を食べさせましたが、食べ終わった頃に、げんちゃんが、

「ママ見て・・・」

と私を呼びます。行ってみると、げんちゃんが、お茶碗にはりついた、細く切ったのりを指さします。それは、細長いのりが、×の形にくっついたものでした。何が言いたいかよくわかりませんでしたが、形が何かに見えると言いたいようだったので、

「あー、バツの形になっているね。」

と言いました。するとげんちゃん、「違うでしょう!」、と叫びます。

「これは ”メ”でしょう!」

驚嘆です!。げんちゃん、昨日のカタカナトレーニングのメの印象を覚えていたのです。

ママはびっくりです。そして、怒ったり、集中させたりしなくても、ひたすらそばでやればいいんだ、って思いました。 それならできそう。またまた楽しいママでした。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-02-14 16:23 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(0)

トレーニングをさまたげるげんちゃんの自我のめざめ

a0184225_22171977.jpg
 鈴木昭平さんの、子供の脳に良いこと、を読んで、とレーニングの驚異を知りました。原始的な感覚をつかさどる、右脳への教育は、反射運動のように、高速入力である。
 つまり、運動神経のように、映像と音を瞬時に入力する。たとえば、絵カードでどんどん教えていく。右脳が働くように、すばやくやらなくちゃ意味がない。
 間違ったら間違ったで良い。さっと訂正した答えを教えて、先に進む。それを、できるだけ反復する。スピードは速いといっても、その子のスピードがある。その子がどんどん集中していけるスピードこそがそれである。

 間違っても、叱ってはだめ、理屈をつべこべ教えても駄目。それが右脳なのだ。左脳は、ゆっくり意味を考えさせるのも有効だ。でも右脳は違う。右脳のすごいところは、左脳より大量の情報をインプットできるところなのだ。潜在意識といわれるものをつかさどるところもこちらなのだ。

 と理解したママです。げんちゃんが右脳優位かどうかいまいちわかりませんが、このやり方は、多くの知的障害の子にあてはまるそうです。

 それで、今日帰ってから、ビー玉を使って、1から6までの数を提示して、即座にいくつか答えさせるということをやりました。いえ、正確にはやろうとしました。

 まあ、前途多難なこともご理解できます?

 なんせ、げんちゃん、最近人畜無害におとなしかったのが、発達に伴って、他動的な要素も出てきたのです。それで、こちらがやろうとすることに素直に従うということが難しい。

 あ、お母さん、これであそぼ・・・ などと言って別のおもちゃを出してくる。こちらのやることを妨害。素直にやってくれません。
 ふあ--めげそう。ま、そこがひたすら問題だから、まずトレーニングどころではない。お母さんの悩むとこなんだよね。怒ってやらせるのはタブー。トレーニングイコール苦行になってしまうからね。

 とにかく、あれこれ、歌を歌ってみたり、数にお話をつけてみたり、疲れますね。でも、やります。工夫に工夫、我慢強くもなります。ま、それも発達ママの楽しい修行と思います。鈴木先生は気が散らないように、トレーニングの部屋は、絵さえもかけない殺風景なつくりらしいです。狭い我が家ではやや難しいですが、基本そういうことなのでしょう。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-02-12 22:28 | 本の紹介 | Trackback | Comments(0)

これぞホット! 鈴木昭平先生の「子供の脳にいいこと」

 
a0184225_02123.jpgついに見つけました。これぞ私が捜し求めていた本です。
鈴木昭平先生の「子供の脳にいいこと」
 げんちゃんプロジェクトを立ち上げて、色んな人に聞きまくっていたころ、仕事先の出入りのYさんが、
あたし、この間、名前忘れちゃったんだけど、テレビとか出てる有名な脳学者の講演聞きに行ったのよ。そしたら、多動児も、自閉症児も、10歳まで特別な脳のトレーニングをいしたらほぼ治るって言ってたよ。」
私は、医療人としての直感で、それはきっと正しいと思いました。それから、とにかく、アマゾンで本あさりが始まったのです。
取り寄せるどの本も、すごくためになりました。しかしMさんの言ったことを直接裏付ける本に出会わなかったので、いまひとつ気持ちがおさまらず、またまた、手当たり次第、直感勝負で本を申し込みました。

 今回この本にあたったのです。

 障害児はいない。つまり、障害児はある脳の機能が良すぎる。反対に一部脳機能が悪い。だから、良すぎるほうからどんどん働きかけて、悪いほうをも鍛えていけば、せめて普通になんていうレベルではなく、ある種のオンリーワンの才能を開花させる可能性が大なのだ。

 ダウンのような障害の子は、右脳が極端に性能が良い。普通は3歳で右脳優位から左脳優位にかわるらしいのだけど、彼らは6歳くらいまで右脳優位になっている。左脳の働きが悪いので、左脳に働きかけるような一般的なトレーニングは意味がない。
 右脳は、左脳より圧倒的に情報を詰め込む能力にたけている。だから、スピードトレーニング。つまり反射的に、どんどん情報を入力してやる。やがて、右脳は脳梁を通じて、左脳が訓練され、左脳も発達する。そういうやり方を、早期にどんどん取り組めば、右脳が高性能な彼らは、なんと、普通をしのぐ能力を発揮できる可能性を秘めているのだ。

 ま、こういうことが書いています。トレーニング方法も紹介してあります。言葉を一生しゃべれないと言われた子だとか、多動児だとか、さまざまな問題児たちが、どんどんすぐれた児童に変身していく実例ものっていて、驚いてしまいますよ。

 世のハンディキャップを持ったお母様方は、実は、すごい原石をもっているかもしれないのです。

 もうわくわくする本です。
今日は長くなるので今度にしますが、トレーニング法も、なるほど、と思わせるものがあります。さっそく取り入れました。手ごたえあります。

 毎日わくわくしているママです。げんちゃんが原石に見えてしかたありませ~ん。
も~。仕事セーブして、げんちゃんとあそびた~い。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-02-12 00:03 | 本の紹介 | Trackback | Comments(0)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
げんちゃん、すごいですね..
by robo223 at 12:01
ロボママさん 苦楽しい..
by glow-gen at 23:33
ロボママさん すみませ..
by glow-gen at 23:26
げんちゃんママさん、すみ..
by robo223 at 16:32
きんたろうの母さん な..
by glow-gen at 14:28
itoさん すごい夢を..
by glow-gen at 14:25
紹介していただいた動画を..
by きんたろうの母 at 00:57
げんちゃんママさま ご..
by ito at 00:41
げんちゃんママさん あ..
by トマト at 21:52
Tさん その2 今のお..
by glow-gen at 20:27
Tさん ブログ読んで下..
by glow-gen at 20:24
たびたび申し訳ありません..
by robo223 at 20:17
トマトさんその2 私の..
by glow-gen at 20:12
トマトさん そうですか..
by glow-gen at 20:09
ロボママさんその ロボ..
by glow-gen at 19:38
ロボママさん ロボ君す..
by glow-gen at 19:35
Rさん 二つ同じのがあ..
by glow-gen at 19:28
itoさん その2 行..
by glow-gen at 19:21
itoさん おっしゃる..
by glow-gen at 18:34
はっぱどんさん >勉強..
by glow-gen at 18:06
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧