げんちゃんの発達障害プロジェクト

視覚機能療法士?

 ちょうど、げんちゃんママは、目の治療をしたばかりです。網膜が少し剥離したのでレーザーで治療しました。
 術後の検査でオペをしてもらった総合病院に行くと、視力をしっかり検査してもらいました。
 ちょうど、げんちゃんトレーニングとして、北勝先生の書いたビジョントレーニングにはまっていたので、(前の記事)その検査してくださった女性に、その内容をふってみると、ビジョントレーンビングのことをわずかにご存じでした。

 目は、視力以外に、眼球を動かしたりする機能も大切で、また、脳とのコンビネーションも重要です。それらが、子供の発達で重要な役割をになうのです。残念ながら、彼女の知識は、直接、発達の問題を持つ子には利用されていませんでした。 
 私を検査してくださったその女性は、看護士ではなく、目の検査や機能のこと、またリハビリなど専門に教育を受けた視覚機能療法士さんということでした。(ちょっと正確な名前を思い出せないのですが、たぶんこういう名前だったと思います。)

 そのせいか、私のめがねを作るための検眼とめがねの度数あわせは、とても上手でした。

 3歳くらいから、目の機能検査はできますよ。その子供さんの協力度にもよりますけど、ということでした。 なるほど~。私の専門外とはいえ、色々知らないことばかりです。
 一度、勉強になるし、げんちゃん検査受けさせてみようかな・・・と思いました。

 でも、げんちゃんはと言うと、最近の進歩めざましく、目を見てかなりおしゃべりできるようになっています。

 ビジョントレーニング、早寝、手遊び・・・喜ばしいことです。

 でも、親としてみれば、親が知識を深め戦略をたてて子供を訓練していくことがいかに大切か感じます。こういう発達障害グレーゾーンの子供は、見落とされがちです。

 こういう専門の方にも、色々知ってほしいな~・・・と思った次第です。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
# by glow-gen | 2011-01-07 12:47 | Trackback | Comments(2)

小さな保育園と大きな幼稚園

 げんちゃんは、1歳半から、近くの小さな無認可保育園に預けました。その頃、げんちゃんは、おとなしく、いまひとつ反応にかける赤ちゃんでしたが、異常というほどではなく、そう心配することもありませんでした。

 保育園の先生方は、とても、細やかにげんちゃんを育ててくれました。5歳になったばかりの時に、発達の問題があるかもしれません、専門家の意見も聞いてみてはどうですか?とアドバイスしてくださったのも、彼をずっと赤ちゃんの頃から見ていてくれたので気づいたのかもしれません。

 今年、げんちゃんは、同級生も一人しかいない園を離れて、大きな幼稚園に行くことになりました。今までのげんちゃんは、先生の言葉を借りれば、大きな園だと、どうしても管理からこぼれちゃう子だったようです。だから、5歳まで細やかに、ホームスクールのように育ったのはげんちゃんにとって良かったと思いますが、そろそろ、同級生の中に入れて、たくさん刺激を与える必要があると家族は考えました。

 げんちゃんも、新しく行く幼稚園をすっかり気に入って、あさってから入園です。

 お姉ちゃんのように、ほっといても、さっさと発達して、どんどん早い成長を遂げる”できる子” にとっては、幼稚園だろうが、保育園だろうが、どんな教育方針だろうが、たくましく、しぶとく育ちあがるかもしれません。
 でも、ちょっと発達が遅れた、障害のある子、もしくは、きわめてグレーゾーンの子にとっては、どこで、誰によって、どう教育していただくか、どんな友達に囲まれるか、どんな運動施設があるか、ということは、とても重要なことになっていきます。

 園の先生方もとても良くしてくださっていたのですが、今からは、大きい幼稚園で、しかも、遊具が充実して、リトミック体操を取り入れたり、裸足で泥遊びをする施設があったりするM幼稚園は、げんちゃんにはとても良い環境になるのではないかと思っています。

 お姉ちゃんが通って、雰囲気もとても良く、先生方も親切だったので、げんちゃんだけでなく、ママもパパも、新しい幼稚園にとても期待しています。

 入園のときに、げんちゃんの事情を話すと、園長先生が、「よくあることだし、男の子はとっても発達が遅い子が多いですよ。発達ルームとも連携をとりながらやっていきましょう。でも心配しないでくださいね」

 と声をかけてくれたので、とてもはげみになりました。

 自分が、発達について最近勉強を始めたのでわかるのですが、やはり、子供の発達について、科学的に知識をもって対応してくれる人がいるのと、まったくわからずに、やみくもに一生懸命やっている人だけなのとは、やはり、かなり違いが出てくるようです。
 やり方しだいでは、マイナスがぐんとプラスに転じることもあり、まだまだ未発達な脳で、可能性をもった微妙な子供たちにとっては、成長期の教育環境は、死活問題なのです。

 私も医療現場で働いているので、今まで知らないですごしていたことが、かなり仕事にもマイナスだったなー、と思います。ま、そういう子を専門に診ている場所にはいませんけど、時々そういう子に出会うことはあったわけです。

 げんちゃんで培ったノウハウは、私の仕事を通して色んなところで役立ちそうです。

 

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
# by glow-gen | 2011-01-05 23:34 | 無認可保育園、幼稚園 | Trackback | Comments(0)

子供の教育は根気がいります お手玉トレーニング

 今日で私の休日も終わりです。
明日から、げんちゃんは、お姑さんにあずけてお仕事です。1週間みっちり、げんちゃんプロジェクトをやってきましたが、明日からは、またかなり帰りが遅く、げんちゃんプログラムを徹底的にできないのが心配です。

 今日は、お遊びボクシングトレーニングで、目と運動神経を養ったり、ピアノの鍵盤をたたく練習をしたり、マット運動みたいな遊びもしたり、etc、一日中ママはげんちゃんにかかりきりでした。

 げんちゃんは、自分の好きなことを気ままにさせていることにおいては、本当に一人遊びができて手がかからないのですが、いざ、何かを学習させようとか、遊ばせようとかすると、もう多動児になります。

 ピアノだって、こちらの言うことなんか聞かずに、やっちゃいます。お手玉を投げ合う、という遊びもとても良く、今日から始めたわけなんですが。なかなかこちらのペースとはいかず、

「ほらほら、だめだめ、こっちに投げて! ほらほらちゃんと見て・・・」
 みたいなことをず~っと言い続けなければいけません。

(☆動くものを目で追うことを学習させる上で、お手玉はボールのように、飛びすぎて、取りに行くのが大変ということがないので、ボール遊びより導入しやすいですね。おすすめです。)  
 げんちゃんを早く寝かせつけるというプロジェクトにそって、やっと寝かしつけた時は、はー・・今日一日、私がしたいことをしたのは、本を10ページばかり読んだくらいでした。あとはせいぜい家事くらい。

 げんちゃんが発達障害なんて気づかなかった秋までは、静かに遊ぶげんちゃんの横で、けっこう色々やっていた私でした。
 まあ、愛するわが子のため、そして、発達障害プロジェクトをけっこう楽しんでいる私には、そうストレスではありませんけど、やっぱり、シチュエーションによっては、育児ノイローゼになったりする人も出てくるんではないかしらね。

 なんせ、かなりできの良かった、げんちゃんのお姉ちゃんのときは、大して何もしてなかったけど、どんどん成長して、何をやってもクラスで上位、みたいな世界でした。
 そういうの当たり前みたいに思っていたけれど。それは間違いです!

 ただ単に、そういうできの良い子供だったんですよね。私の手柄でもなんでもない。(どこかそういう子を持つと、自分まで出来が良い親のような気になるものです。違う違う!)
 世の、大変な子供さんを持ったお母様方、みんな偉いよ!

 と思う今日この頃です。

しかし、眠るぼうやを見ていると、やっぱり可愛いんだよね。顔がぺこちゃんみたいなげんちゃんです。ほほにすりすりして一緒に眠りそうなのをこらえて、ブログ書きに起きるママでした。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
# by glow-gen | 2011-01-04 23:14 | お手玉トレーニング | Trackback | Comments(3)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
Nさん感謝します。 M..
by glow-gen at 10:21
MTパパさん すみませ..
by glow-gen at 10:16
Gさん ほんと、発達障..
by glow-gen at 20:31
Gさん そうですか、N..
by glow-gen at 00:04
ここあさん ヘルパーさ..
by glow-gen at 23:51
明日熊本へ行ってきます。..
by ここあ at 19:43
roboママさん あり..
by glow-gen at 17:16
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 17:05
穴埋めって大事ですよね。..
by robo223 at 16:56
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 16:56
会社の同僚の息子さんが ..
by アドバイス下さい at 15:31
情報ありがとうございます..
by ゆうママ at 13:22
発達育児ママさん ほん..
by glow-gen at 14:06
こんにちは。 いつも、..
by 発達育児ママ at 10:29
アドバイスくださいさん ..
by glow-gen at 00:14
roboママさん そう..
by glow-gen at 23:53
ゆうママさん やっぱり..
by glow-gen at 23:45
げんままさん、こんにちは..
by アドバイス下さい at 18:29
たった1つの療法で万能と..
by robo223 at 16:16
算数の文章題は手こずりま..
by ゆうママ at 15:11
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧