げんちゃんの発達障害プロジェクト

障害の細かい分析と手応え

 忙しくて、げんちゃん日記を更新してませんでした。

 12月から、げんちゃんプロジェクトを立ち上げて、まだ2ヶ月ちょっとで、ママは相当プロになりましたよ~!

 つまるところ、発達の問題をもつ子(障害を持つ・・・と言い換えてもいいと思います)にまず必要なことは、的確に、その子の問題がどこに起因するのかしっかり見極めることだと思います。

 計算ができない・・・とします。それは、なぜその機能に障害が来ているのか。全体的な知的障害と言っていいのか。それとも、耳から聞いた情報を一度ためておく機能(ワーキングメモリーと言うそうです)に障害があるのか。絵の情報や、字の情報を的確に捉えきれないのか・・・現象は似ていても、子供の問題は、多様なのです。
 結果的に、計算ができないという事象に現れているものの、問題の箇所が違うとしたら、そのトレーニングの方法だって違うはずなのです。

 ずっと、ずっとげんちゃんを見つめて、観察してくると、何となく、その辺が最初の頃よりわかるようになってきました。

 少なくとも、げんちゃんは、遅れている項目一つ一つ、でこぼこがあります。

 確実に、計算や、図形認識。しりとりのような言葉遊び、運動神経、など、完全に遅れている部分があるのです。それに、日常生活も、少しテンポが違う。

 これらは、まだ、どの部分がだめで、こうなっている、という細かい分析をしきってはいませんが、おぼろげながらでも、仮定をたてることができるようになりました。たとえば、視機能が悪いのでは、というポイントに立って、トレーニングを進めてみる。必ずしも当たりでない部分は、疑問点として記憶し、少しバリエーションをつけてみる、という風に、診断と、治療(トレーニング)、そして修正、をくりかえしています。

 そのようにして得たママの実感は、確実なものとして蓄積されていっています。ただ、まだまだはっきり分析しきってはいません。

 でも、確かなことは、早朝から幼稚園に連れて行き、広い園庭の様々な遊具で、めいっぱい遊ばせる、という、体への刺激と学習は、すべての機能に、良い働きをもたらしているということです。めざましい進歩が見られています。

 さらに、げんちゃんのどこにどのように障害があるのか見極めていく必要を感じているママです。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 
# by glow-gen | 2011-02-23 15:04 | 発達障害治療プログラム | Trackback | Comments(4)

おばあちゃんのショック

 初めての参観日から帰って、いつも、めんどうをみてくれている、お姑さんに、今日のことを報告。
「ま~ったくう。筋金入りじゃん。げんちゃん。グレーゾーンでもなんでもないよ。明らかに、超浮きまくり。でも、カスタネットの難しい、たん、たん、たんたんたん、の三つ、が一回だけできたんだよね。先生と感動しまくっちゃった。期待してないと、楽しいね。それくらいで、めちゃくちゃうれしくなるんだものね。
 おねえちゃんの時なんて、何の心配もなくて、参観日に仕事休むの、結構いやだったものね。」

 おばあちゃんは、かなりショックのようでした。笑っているものの、けっこうプライドが傷ついたみたいです。

 「我が家から、そんな、発達障害だとか、障害持った子が出るなんて、絶対ない、と思っていたけどね・・・」

 そうだよね。誰も考えないかもしれないね。私も、何ヶ月前までは、そういう子のお母さんってなんてかわいそうなんだろう、自分はごめんだよね、と思っていましたからね。

 「でも、大丈夫。げんちゃんを、すごい天才に育てましょう。こういう子の中にこそ、すごい、異脳が秘められているんだよ。わくわくすると思わない?」

 おばあちゃんは、にこっと笑ったものの、ちょっと、参観日行くことができないかも・・・と言います。

 ママはマイカーで、参観日のあと、園にお迎えに行くときに、おばあちゃんを早めに連れて行って、見せることにしました。
 おばあちゃんも、根あかなんだよね。園に行ったら、あたりかまわず、先生たちとしゃべりまくっていました。げんちゃんは、本当に楽しそうに居残って遊んでいます。

 おばあちゃんも、少しふっきれたかしら?

 できるだけ、おばあちゃんと、げんちゃんの優れたところを探し合って、もしかしたら、天才かもしれないよ~、ともりあげました。

 ハンディキャップの子供をもつ親のケア、って子供のケアと同じように大切ですね。
 前向きに考えられるように、客観的に見て、戦略を立てられるように。楽しめるように。

 そう、楽しまなくちゃいけません。

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

# by glow-gen | 2011-02-18 12:49 | 障害児の親 | Trackback | Comments(1)

筋金入りの発達障害だよ。参観日のげんちゃん

 保育園から大きな幼稚園に変わって2ヶ月目に入りました。毎日げんちゃんは、楽しいと言いながら幼稚園に行きます。どんな風にすごしているのだろうか?送り迎えもおばあちゃんにお願いしているので、ほとんど普段は園の様子をうかがい知ることがないママです。
 さて、今日は参観日。ママは仕事を休みました。

 参観日のプログラムは、音楽の演奏が一曲。それから、1時間の体操の時間。そしてランニング見学。
期待に胸をふくらませ、早めに行ったままです。

 さあ、カスタネットとピアニカ(息でふいて鍵盤をならすやつ)の演奏と歌。
げんちゃんは、なんと、準備からの~んびりぼけ~。先生にヘルプしてもらってカスタネットを手にしました。歌が始まると、げんちゃんより小柄な子供も、上手です。げんちゃんは、一応参加してるのかなーというリズム感。視線はうろうろ。完全そこだけ、違う世界。やれやれ。ここまでひどいとは・・・
 ピアニカに変わると、やはり、準備もおぼろ、演奏が始まっても、息をふくためのチューブを、楽器に取り付ける知恵もなく、ただぼーっと前にいるだけ。

 体操のプロが体育指導する時間も、あきらかに、浮いています。ランニングはビリ。なんせ、走るのに、手を硬直させているから、スピードなど出るはずもない!

 は=。そうか。げんちゃんグレーゾーンでも何でもないぞ。君は筋金入り正真正銘発達障害だべ~^^。

 ママは、相当過小評価していました。

 ま、ママが取り組む素材としては、げんちゃん立派過ぎます。ここまで来ると、やりがいあるってもんですわ。

 担任の先生も、周りの職員の方もとても、熱心にげんちゃんを指導してくれてました。無理強いせず、やさしく、げんちゃんの気持ちに寄り添って、成長させていく。ほんと、頭が下がりました。聞くところによると、入った時は、もう座っていられない、一人うろうろ。何をしていいか、まったく不明状態で、一人園庭に出て遊んだりしていたみたいです。(そこまでとは・・)

 げんちゃんは、おじゃる丸みたいにマイペース。でもそれなりに教室になじんでいます。ま、この子の不思議なところでもあるのです。

 だけど、それが不思議なんて言ってられるのも、げんちゃんをのけものにしたり、意地悪したりする人間がいないからです。子供たちも、げんちゃんがぼけーっとしているので、世話を焼いてくれてました。

 ほんと、参観日行けてよかったです。げんちゃんのことも冷静に見れたし、園の雰囲気にも安心できたし、これから、もっともっと、げんちゃんを素敵な子に育てていくためにがんばるぞ、って意欲がいっそうわいてきました。

 体操教室は、とても良いプログラムだったので、スクールをとることにしました。園でやってくれるので助かります。スクールの先生も、ハンディキャップへのトレーニングを良く理解されていました。

  なんと、げんちゃんは、強運の持ち主。素敵な人に囲まれて、おじゃるのように、自分らしくしている。

  これもげんちゃんの徳だと思いましょう。げんちゃん。君は素敵だよ。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
# by glow-gen | 2011-02-16 23:49 | Trackback | Comments(0)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧