げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

脳はいつも進化をやめない。

a0184225_18395296.jpg

 あ~、緊張した~、という言葉とはうらはらに、ちゃんとひいて、間違っても、ちゃんとリカバリーしてたげんちゃん。まあ、合格点をあげるべきかな~。

ここんとこなんとなくスランプで、げんちゃんが思うように伸びないし、モチベーションはあがってこないし、とゆうつな日々を送っていましたが、夏休みに入って、なんとなく、ちょっとしたとこに、ぴくっとした峰を発見して、あ~、やっぱり、進化をし続けているんだな~と思いました。

 発達育児を初めてかれこれ6年になるけれど、考えてみれば、いつも進化ってこんなかんじで、とっても地味~におこるものだったな~、と改めて思うのでありました。

 例えば、昨日。ママが日曜でかけるので、そういう日くらいは、支援クラスの年下の仲良しN君のとこに遊びに行ってもいいよ、とげんちゃんに言いました。もちろん彼は大喜びです。
朝になると、だんどりもそこそこに、
「N君のとこ、今から行こうかな~。」
と言い出しました。もうそのことだけに集中した思考になっとるわい!と、しれーっと見ていたら、
「あ、でも、朝から行ったら迷惑だから、昼から行こうっと。」
と独り言を行ってとどまりました。そこから、朝のうちに夏休み帳しようとかいう発想には行かないようでしたけどね。

 風呂上がりに、お姉ちゃんとの会話。

「げんちゃん、ちゃんと毎日風呂入って、髪洗いなさいよ。あんたは、めっちゃ臭いんだからね~。」(姉は弟に対し、支配的だよね。笑)すると、げんちゃん、
「え? おれ、臭いかな? お風呂入ったばっかりでも、まだ臭い?」
と、さらっと聞いてます。

 朝起きてすぐに、
「ねえ、お母さん。今日の予定は何? 今日のサッカーは何時から?」(夏休み時間にかわるサッカーに対しての質問です。)

まあ、普通の子なら、何でもない会話でしょうけど、これは、前頭葉が働かないと、やっぱ言えないんじゃないかな。少なくとも、5年になっての手ごたえです。間違いなく、4年では言えてないと思われます。


 ピアノの発表会の日は、朝起きても、まったく普通の日曜日と同じように、好きなことをして過ごしたりしていて、自分が何をすべきか、まったく段取りなしでした。でも、発表会のあと、また少し、ちょっとした峰を見た会話が出て、だめだ~と言いながらも、彼の内部では、ふつふつと少しずつ変化しているんだね。と確信するにいたります。もちろん、以前も、ちょっとした、さえた会話はあったのかもしれませんが、立て続けに、出たりしてます。

 劇的というのはありません。誰かのコメントで、エジソンアインシュタイン協会の体験談とか、改善談なんかを読んで、落ち込む、というのがありましたけど、体験記みたいに、時間軸をとばしてかいつまんで書けば劇的、ですが、実際のところは、たぶん、こんな感じなんじゃないでしょうか。

 もう一つ、夏休み帳を始めたら、やっぱり、去年より、理解力が増しているのを感じます。問題がやさしく基礎のものばかりなので、そう感じるのかな、と思いましたが、1年ごとに、少しずつ少しずつましになっているのを肯定してよいでしょう。
 とはいえ、自分だけでは、まだ問題を解く要領が定着してないし、すらすらとはいかないので、横についていた方が、効率的です。
 でも、たぶん、こういうちょっとした進化を、日々地道に積み重ねていけば、ほかの子のように、簡単な基礎問題集なら、普通にできるようになると感じます。今の延長に、もっとできるげんちゃんが見える、というのは、また一つステージがあがったのでしょうね。

 まさに”薄皮をはぐように”、とか、”静かに静かに体積する川底の砂のように”、とか、あまりにも地味に、でも確実に、げんちゃんは進歩していると言っていいでしょう。

 小さい子にすぐに対抗心を燃やし、ぜんぜん上手に対応してなかったのに、最近では、小さい子にも、少しずつ余裕が出ています。ピアノの先生が、成長してますね~と、一番感じておられたようだけど、遅ればせながら、確かに成長しているな~と思った週末でした。


 指先にしても、うまくつまんで、薬の袋を開けたり、ピアノも発表会を境に、なんとなく、感覚だけでひいていたのが、楽譜を見るようなパターンにじわじわなっていっています。

 あ、これも、なりました~。じゃ~ん! みたいなのではなく、あ、もしかしたらそうなのかな? ん? でも・・・?あ、やっぱりそうなってる!
 こんな感じです。

 結果が出てると感じる。発達育児が楽しくなる瞬間です。

 算数について、げんちゃんは、少しずつ少しずつ駒をすすめています。小数点をなんとかあつかえたり、割り算の商を立てたり、えっちらおっちら、こちらも少しずつ少しずつ、でも時々後退するように見える瞬間もあります。だけど、やっぱり、夏休み帳の5年の算数がやれてる。正解しているというのではなく、単に取り組むことに意義があるというか・・・・ま、確実に4年のげんちゃんとは違うってことは確かです。

 そういえば、書いていて思い出しました。ある、認知症患者さんのテレビ番組で、リハビリの結果が一瞬悪くなるようなときがあるということを言ってましたね。昔どこかでブログに書いた覚えがあります。
 そういう、結果が出てない、むしろ後退しているように見えるときでも、脳のシナプスの突起は伸び続け、脳は進化し続けていると、レポートされていました。だから、そのトンネルの向こうにちゃんと結果が待っている。

 脳は、やれば必ず先に進む。夏休み、とにかく地道な積み重ねをやっていきましょう。






by glow-gen | 2016-07-25 18:48 | 脳への考察 | Trackback | Comments(18)

シングルフォーカス。なかなか育たない知的能力

 とうとう来週から夏休みが来てしまいます。やれやれ、なんて1学期が早いこと。・・・

あわただしく小銭貯金のような、地道な発達育児を繰り返す毎日ですが、先日は2泊三日の宿泊研修に、げんちゃんは行きました。ホームスクールの半日を前日の準備にあてました。小分けした袋にスケジュール表とにらめっこさせながら荷物をまとめたり、何度もシュミレーションしたり。
 夜になったらすっかり二人とも疲れて、げんちゃんときたら、すべてがふっ飛んでしまったようなありさまで、しどろもどろ。
今日の半日は、なんだったんだ~?

 あー、この子の頭って、結局さっぱりなのね。とがっかりしました。
でも、無事に宿泊をおえて(支援の先生が同行です。)帰ってきました。帰ったらすかさず、荷物のかたづけ。すると、なんと、友達の着替え一式が荷物から出てくる始末。まだまだ気長にこの子の頭に付き合わなきゃいけないんだな~と、しみじみ思ったのでした。

 そういう感じで、成長したようでもあり、ぜんぜんぱっとしないようでもあり・・・こっちの期待度だけは、5年生になったのでしっかり上がってしまって、しら~っとした気分で毎日すごしています。

 たのみは学研の先生や、いろんな習い事の先生です。私の自身のモチベーションが低くても、とにかくたんたんと、にこやかにげんちゃんをほめたり、ちょっときびしくあたったり、やることだけはしっかり進めてくださいます。

 実は、1月に、去年から個人指導をしてくれていた体操の先生が続けられなくなって、細かい体の指導は中断していたのですが、6月から、もと有名サーカスのメンバーだったという友人に指導をお願いしてみたら、快く引き受けてくださって、また体操のレッスンを始めました。

 彼女は、もとから顔見知りだったのだけど、まさかね~。サーカスの団員経験があるすごい方だったなんて、ぜんぜん知らなかったの。さっそく習い始めたら、なんと、彼女の発達に対する素養のすごいことといったら・・・

 そういう子を教えた経験がないというんだけど、体を追及する仕事をしてということは、体の筋肉や感覚、ありとあらゆることを見る力がそなわっているようで、どのメニューもすばらしい!

 それに、
「げんママえらいよ。よく、げんちゃんをここまでもってきたね~。すごい! そこまでするママなんていないよ。だから大丈夫。絶対大丈夫。」

彼女は、昔のげんちゃんも知ってて、今のげんちゃんを見て、しみじみそう言ってくれました。

なんか、気丈なげんママも、うるっとなってしまいました。なんか、こうやって、うわっつらだけの励ましではなく、発達育児がどれほど忍耐と気力を要するか、ちゃんとわかったうえで、こういうこと言われると、やっぱりじわっとなりますよね~。

 毎週1時間半出張レッスンしてくださるようになりました。げんちゃんは、とりあえず、今までほんとにがんばって体を作ってきたので、今こそ、そういう細かいところをのばしていく時期になっていて、一生懸命がんばっています。
 まあ、彼の良いところは、いつもがんばるところだよな~、と思います。土曜は、朝から、英語に始まり、ピアノ、体操、それから工作、と続くんだけど、へばりもせずに、がんばります。

 なんの取り柄もないな~、とこぼすげんママですが、げんちゃんの忍耐力は、ほんとにほめていいんだろうな~と感じます。

まあ、だから、早く結果を出してやりたいものだ・・・と思うのだけど、最もついてほしい、大脳新皮質というか、前頭葉というか、いいわゆる賢い子供にある、なめらかに出てくる知恵や機転みたいなところ、いや、そんなたいそうなものじゃなくても、普通の考える能力っていうのが、なかなか出てきません。

 先週の野球を見学してあぜんとしてしまいました。げんちゃんは、まだ、自分の打順に気づけず、毎回
「げんちゃんの番だよ。」
と言われてバッターボックスに立っていました。くらくらしました。

 また、今朝のおきがえの時もあぜんとしました。げんちゃんに、パジャマの整頓を声掛けしてましたが、なんと、げんちゃんは、ずぼんをぬいで、たたんだかと思うと、いきなり隣の部屋へ、それをしまいに行って、また戻ってきて、今度は、シャツを脱いで、またおもむろに、隣の部屋に持っていくのです。

 いっしょにまとめてやればいいのに、なんでそんなことをするの? なんて頭なんでしょう。

つまり、ものごとを関連付けたり、いくつかのことを段取り組んで組み立てたり、そういう能力が、ほんとにおいてけぼりのように、進化していないのです。

「そうはいっても、確実にのびてますよ~。」
ピアノの先生にかぎらず、げんちゃんは、一週間ずつ、確実に伸びてる、と言ってくださるので、その言葉にすがって、なんとかメンタルを保ってます。笑

もともとのげんちゃんを考えれば、確かに別人なのだけど、5年の今ごろは、私の中では、げんちゃんは、もっともっと賢くなっている予定でした。まったくも~。

 逆に、私が思っているより、げんちゃんの脳は、まだまだ相当機能してないんだな、と思いました。

 会話力はけっこうついてるし、いろんなことはどんどん進化しているように見えるから、地頭だって、そうとういけてると思ってましたが、そうでもなかったのでしょう。

 一つ一つぶつ切りではよく伸びているけれど、物事を連携して組み立てていく能力は、今からやっと始まる、くらいのところのようです。

ならば、勉強がすらすらいかないのもあたりまえか~。期待外れと怒ってもしかたないのかもね~。と思いました。
げんママは、なおしたい、と情熱をもやしているけど、なかなかこの脳のトラブルは、手ごわいようです。

 5年の1学期、まあ、日々やることだけは、たんたんとやっていますが、ちょっと気持ちはひいてます。
こいつの脳は、まだぜ~んぜんなんや~・・・ちょっと遠目に、ヤツの機能不良の脳を、ため息まじりに透視しているような感覚です。

 
 それから、そうそう、げんちゃんは11歳になりました。発達育児は、もう6年目になりますね。
また今週末は、ピアノの発表会。めまぐるしく人生が展開されているようです。

 私の人生後半ほんとに、こんなに必死になるテーマができて、うれしい限り・・・そう思うことにしましょうか~・・やれやれ

追伸
 この時期、発達障害児にとって、気候は最悪でしたね~。げんちゃんは、特にそう感じてないけど、もしかしたら、ここんとこの低迷状態の原因にこれもあるのかもしれないですね~。

そう思って、また高圧酸素カプセルを1年ぶりくらいに再開しました。モチベーションが低いげんママとかいいながら、あいかわらず、やることだけはやめられない私です。笑


 
 

 
by glow-gen | 2016-07-15 20:41 | 脳への考察 | Trackback | Comments(26)

発達障害 5年生の罠

   前回のブログに引き続き、まだまだ、もんもんとした中を生活しておりますよ。私もげんちゃんも・・・学校のカリキュラムを気にすることを多少は、振り切ってみたものの、 小学校5、6年生症候群・・・一気に学習も生活も、大人っぽくなっていくこの時期は、小学校の低学年のようなのんびり気分になれないですよね~。

 学校の宿題もハード。子供の生活に求められる内容もぐんと大人っぽくなる。中学をどうするか。・・・そんなことも、意識のすみに常にちらつきだすし。
子供より、親の方がパニックになりそうですよね。

 ここで、ブレークスルーがおきる子もいるかもしれないけれど、げんちゃんに関して言えば、あいかわらず、発達障害の特徴を色濃く残し、ついでに言えば、算数の学習障害は、これだけ取り組んでも、アウトかな~・・と思うほど、遅々として改善していません。

 最近のエピソードを書いてみたいと思います。

 げんちゃんの学校での生活は、朝、支援クラスに行って、担任に挨拶して連絡帳をわたしたりしたら、階上の普通の5年生のクラスに行きます。そこで、ほとんどを過ごしています。げんちゃんは、目と手の協調ができるようになったからか、板書を写すのが楽しいらしく、板書だけは、けっこうとって帰ってきます。話によると、時間が終わって、係が黒板を消そうとすると
「待って、消さないで!」
と叫んだりしているようです。なんたって、処理スピードはあいかわらず遅いので、黒板を必死で写す日は、それだけで時間のすべてが終わっているともいえるでしょう。

 そして、最近は、算数さえも、普通クラスで受ける、と言って、支援に降りて行かないときもあるそうです。もちろん、ついていけませんが、一生懸命黒板写すことだけは、必死でやったりしているみたいです。

 そのやる気はすごいです。

と、支援の先生は書いてくださったことがあります。

ところが、先日学校に行ったときに先生にお聞きすると、やはり、どの教科のテストでも、時間内にはできないらしく、普通クラスの子との間には、歴然とした差がある様子です。

それでも、ある時普通クラスで受けるとげんちゃんは言い張って、国語のテストをがんばったらしいです。
でもやはり、途中でつまってうなりだしてしまったげんちゃん。
「あとは、今度支援クラスでやろうね。」
と先生がうながして終わったそうです。

 すると、なんと、後日、げんちゃんのその答案がゴミ箱から出てきたそうです。げんちゃんは、できなかったことが腹立たしかったのか、答案を捨ててしまったみたいです。

 そして、そのエピソードがあったあとは、支援クラスでテストを受けることをしぶしぶ承知するようになったそうです。

 今のげんちゃんの様子はそんな感じです。

 去年までは、支援クラスで授業を受けるのが好きだ、と言っていたげんちゃんですが、今は、普通クラスがいいと言うげんちゃんです。なんか、周りと比べることをし始めたのかもしれません。自分のプライドが支援クラスに行くのをいやがっているのもあるようです。いびつなコンプレックスも出現していると思いますし、セルフイメージの低さの裏返しのようでもあります。
 それだけではなく、普通クラスでの、集団授業の刺激が楽しいと感じていることもぜんぜんないわけではないでしょう。そういう複雑な、プラスやマイナスの感情が、げんちゃんを普通クラスにいたいと思わせている。たぶん、そうなんだろうな、と思います。

 普通クラスでの人間関係は、まず、良いクラスの雰囲気が前提となっているのでしょうが、以前はしょっちゅうあった普通クラスでのお友達とのトラブルも、あまり報告されてきません。隣に座ってくれるお友達のことを、たまにはうれしそうに話すので、まあ、、おおむねうまくやっているのでしょうか。

  こうやって、彼の最近をつらつら書いてみると、やはり進歩なんだと考えるべきでしょうかね・・・
でも、私の気持ちはぜんぜんさえません。
 どうしてでしょうね・・・


今のげんちゃんの普通クラスでの能力は、ばりばりの運動部の中に、病み上がりのふらふらな人が入っているような有様でしょうか。ついていっているというにはあまりに差があるようです。

 そう、私の気持ちがぜんぜんさえないのは、ここへきても、なんか、げんちゃんの本質が、発達の問題をかかえた子のまんまだからなのだと思います。算数の学習障害の本質がぜんぜんかわっていないと感じるのと同様、すべてが、何もかわっていないじゃない?なんていう思いにとらわれてしまうからなのではないか、と思います。

 前回書いた聞く力や、情報処理能力、学習をすすめていく総合力・・・そんな、高みの力が思うようにつかないことに落胆しているからなのだと思います。

 げんちゃんの伸びは、たぶん、この子にしてはたいしたものかもしれないけれど、同級生たちの伸びのすごさは、半端ないです。それに、その質的なものが、ほかのお子さんはかわってきている。それなのに、なんか、げんちゃんは、その本質がかわらない。典型的な発達障害児であることから、まったく抜け出せない。


 そう、この母のメンタルこそ、小学校5、6年生症候群でしょうね。 
 あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・・あせるばかりの毎日になりがちで、しかも、げんちゃん自身もなんか質がかわってきている。それなのに、やっぱり本質は発達の問題がばりばりの子のまま。

・・・やれやれ、まだ続いています。

 失望の罠は最もさけなければなりません。これは、ための時間だと、思うことにしましょう。必ず、希望は、失望に終わることはありません。





by glow-gen | 2016-07-01 19:35 | Trackback | Comments(15)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
げんちゃん、すごいですね..
by robo223 at 12:01
ロボママさん 苦楽しい..
by glow-gen at 23:33
ロボママさん すみませ..
by glow-gen at 23:26
げんちゃんママさん、すみ..
by robo223 at 16:32
きんたろうの母さん な..
by glow-gen at 14:28
itoさん すごい夢を..
by glow-gen at 14:25
紹介していただいた動画を..
by きんたろうの母 at 00:57
げんちゃんママさま ご..
by ito at 00:41
げんちゃんママさん あ..
by トマト at 21:52
Tさん その2 今のお..
by glow-gen at 20:27
Tさん ブログ読んで下..
by glow-gen at 20:24
たびたび申し訳ありません..
by robo223 at 20:17
トマトさんその2 私の..
by glow-gen at 20:12
トマトさん そうですか..
by glow-gen at 20:09
ロボママさんその ロボ..
by glow-gen at 19:38
ロボママさん ロボ君す..
by glow-gen at 19:35
Rさん 二つ同じのがあ..
by glow-gen at 19:28
itoさん その2 行..
by glow-gen at 19:21
itoさん おっしゃる..
by glow-gen at 18:34
はっぱどんさん >勉強..
by glow-gen at 18:06
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧