げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

支援クラスのお友達とママたちが遊びに来ました

    少し頭が良くなったな~、と思っても、なかなか一筋縄ではいかないげんちゃんです。ちょっと進化すると、すぐその気になって、これも当然できるよね~、と思ってしまうと、突然が~んとアッパーカウンターをくらいます。
 先日は、支援クラスの2年生のA君とBちゃんが我が家へ遊びに来ました。
 とにかく、友達と遊ぶのは、楽しみでしかたないげんちゃんは、何日も前から大喜びでにこにこしてます。日曜日当日が来たら、30分も前から外に出たり、家に入ったりして待ってました。
 いざ、二人がおかあさんといっしょに遊びに来たら、みんな大喜びであばれまわって遊んでます。今はまっている100均のビービー弾というおもちゃのピストルで壁をねらったり、応接チェアの上で飛び回ったり・・元気炸裂です。

 まあ、少しぐらいの羽目外しも、今日は無礼講。毎日がんばってるげんちゃんのガス抜きになったらいいな~と思います。

でも、げんちゃんをよくよく見ると、自分が二つも上なのに、気に入ったおもちゃを貸さない、とか、自分より、できないことの多い下級生に、すごく手厳しくあたったり、4年のお兄ちゃんと言うには、ちょっと見劣りしまくりです。

 う~ん。小さい子相手に、いばったり、命令したりすることがかっこわるい、と、どうして感じないのかな~。自分の快、不快が、そのまま友達行動に表現されてしまっています。

 4年の普通クラスでは、相当持ち上げてもらっているくせに、自分は、まったく下の子を持ち上げるなんてこと、想像すらできないんでしょうね。

「げんちゃん、あんた、4年3組では、みんなから、いつもヨイショしてもらってるんだよ。支援クラスの子だから、やりたいことさせてあげよう、ってみんなが、少しずつがまんしてるの。(なんせ、クラスでは、うっとおしい。)それなのに、あんたは、何なの。小さい子のおもてなしもできないの?」

「べつに、いいじゃん!」
と、げんちゃん。

ふん、どうせ意味わかってないでしょ。

 もしかしたら、少しはかわいげのある、お兄ちゃんらしいげんちゃんが見られるかな、と思っていたけど、やっぱりそう簡単にはいきませんね。

 話はかわって、二人のおかあさんといっぱい交流しました。A君のママは、仕事をもっているので、放課後は、子どものデイケアに預けているそうです。少し、二人のお友達に、消しゴムで数を教えてみました。Bちゃんは、けっこういけましたが、A君の方は、10までの消しゴムの数も数えることが難しかったです。10までの数唱はできても、物と数えるカウントがずれてしまうし、数えた物を、別によける知恵が働きません。あ、げんちゃんも、昔はこうだったよな~・・・二人とも、幼い感じはするものの、会話はちゃんと咬むし、可愛い子たちでした。

 ママに、色々取り組んだら、どんどんよくなるよ~と、言いましたが、
「げんママさんは、よくやるよね~。絶対まねできないな~。」

と笑って言われました。私の取り組みを、よくがんばってるね~。と、何の含みもなく、言ってくれる、やさしいママたちでした。でも、じゃあ、自分もやるぞ、とはならないようでした。なんだか、不思議だな~と思いました。マッサージをレクチャーしました。A君には、まず、10まで数えながら、カウントにあわせて、ジャンプするのをやってみて。とお願いしました。多動が強い子なので、げんちゃんが飲んでた抑肝散もすすめてみました。

 改善のための努力って、決して子どものためではないと、私は、考えてます。我が子の能力が改善されなければ、一番困るのは、私だからです。子どもが困れば、私も困る。そう、私は、私のためにやってます。今までげんちゃんのためにやる、なんてこと、ただの一度も考えたことはありません。やってると、おもしろいし、私のためで、それが、ひいては、げんちゃんの将来も明るくする、って思っています。時々、それは、親のエゴでしょ、とか、言われたりすることがありましたが、え?そりゃそうでしょ。何言ってんの? って感じです。

 子どものためじゃない。ママ、自分のためにやろうよ! と、ちょっとあおってみました。

 さて、ところで、子ども達が帰って、おもむろに、げんちゃんの前に、消しゴムドーナツをどかっとおいて、
「数えてごらん!」(にっこり)
といざないました。
ななな~んと、げんちゃん、指さしだけ、別に取り分けず、数えたものが最後わかんなくなって、「あれ?」と、撃沈!!

 ママは、リングにノックアウトしました。は~~。こいつは、油断も隙もありゃしない。顔が鬼のようになって、
「数えたのはとりわけなさ~い!」
とシャウトしたのでした。 あ~あ。どうして、こうも、何事も確実性にかけるのでしょうね。先日やった時はできたというのに・・・・やれやれ。


 
by glow-gen | 2015-12-18 20:44 | 障害児の親 | Trackback | Comments(19)

支援クラスから、ちょっと普通クラスへシフトする時期?

  
a0184225_2030227.jpg

支援のレクリエーションで作ったビーズストラップ。2年前に作ったものが左。先日作ったのものが、右。好きなビーズを自分で選んでつなげていくのですが、今年の黒のストラップは、大小が整然と並び、しかも、小さいビーズもあつかい、左脳的な感じがします。芸術性はないけどね・・・

げんちゃんの学校見学に、久々に行ってきました。4年になっても、まだまだだったげんちゃんは、学校での生活は、先生方におまかせにしてました。クラスでは、板書をとろうとしないらしいので、理科以外(理科は、実験などあるので、普通クラスだったようです。)は、ほとんど、支援クラスで受けていたげんちゃんでした。

 なんせ、秋以降のげんちゃんの伸びは、ちょっと期待に値するので、ここで、ちょっと学校での様子を見に行くのが良いな、と思われました。

 ちょうど、支援の学級委員になっていて、レクリエーションを行うことになっていたので、早く行って、4年のクラスを見てきました。

 事前にお願いして、支援で受ける手はずになっている社会の時間を、4年のクラスで受けるように段取りしていただきました。
 早めについた私は、支援クラスで、国語をやっているげんちゃんも見ました。汚い字で書き殴るようにして、国語の教科書を写していました。7月から取り組んでいる視写のトレーニングが功を奏してか、ちゃかちゃか写していました。

 でも、その態度は、なんかきょときょときょと、落ち着きません。しかも、先生が来て、
「写すんじゃないよ。この文のこの場所を、自分が入っているクラブに変えて、作文しなさい、って言ったでしょ。」

と、なじられておりました。指示のポイントをはずしていたようです。

 隣でやっている1年生の男の子の方が、しっとり落ち着いて見えます。やれやれ。ホームスクールの時のとくらべると、ステップダウンした感じです。
a0184225_2029436.jpg

 さて、4年生のクラスに行きました。社会のテーマは、日本の県の勉強でした。

先生が、
「今日は、げんちゃんも、この教室で勉強します。」
と言って、黒板に
「めあて 中部地方をおぼえよう」
と書きました。
「げんちゃんは、今日はじめてだから、わかんないかな。このめあてを、ノートに写してね。」
とフォローしました。
 げんちゃんは、なんと、ちゃんと黒板を見て、参加してます。どうするかな~と思ったら、
普通に板書を写し始めました。写すスピードもまずまずです。

 それから、プリントが配られました。中部地方の県が書いてある図に、県名を入れていくようです。

 「さあ、みなさん、まず、地図帳を見ながら、県を入れていって下さい。」

しばらくの間。クラスメートは、しゃかしゃかスピーディーに書き入れていました。
げんちゃんも、しっかり参加してます。新潟県、富山県・・・

「あ、げんちゃんは、ひらがなでもいいよ。」
と先生。(おいおい、見て書けるってば・・・笑)

 ほぼ、みんなが書き入れた頃に、先生は、黒板で説明を始めました。
静岡の形のカードを出して、
「これは何県?」

はい、は~い。とたくさんの子が手をあげます。げんちゃんも、元気よく、うるさいほどにあげてます。今日はお客さん状態なので、先生も、すぐに当ててくれました。

「静岡県!」
とげんちゃん。もともと地図は好きみたい。それで座るかと思いきや・・・

「静岡県で一番のものはね~。プラモデルなんだよ。プラモデル生産は一番で~、なんとかざめ(忘れた)もいる。なんとかざめは、深海に住んでて~・・・うんぬんうんぬん・・・」

ちょっとうっとおしい。・・・どこかのテレビ番組で見たんでしょうね。真偽のほどはよくわかりませんが、しっかり参加してるので、びっくりしました。

そして、またびっくり。習ったこともない、岡山の図を見て、また は~い、と手を挙げて、

「岡山県」
と答えました。しかも、次の発言にびっくり。

「中国地方はね~、細い県ばっかりなんだよ。でも、これは、大きいから、岡山県!」

場を読まない感はむんむんしてるけど、板書をとったこと、授業への参加リズムがまずまずになっていたことに、ほんとに感動しました。他の子が授業の受け方を100とすると、げんちゃんは60といった感じです。自分がやるべきことの60%くらいは、理解してついていってるような感じでした。

実は、夏休み前は、間違いなく、板書を写せませんでした。それゆえ、ほとんどの授業を支援クラスですることをよしと、先生が判断していたようです。板書もさることながら、支援で見たげんちゃんより、クラスで受ける授業で、げんちゃんは、ほんとに生き生きしてました。彼は、本が好きです。自分の好きなジャンルは、よく見入ってますが、社会の学習は、そのつぼにはまったのもあるのでしょう。この日に限っては、クラスで見るげんちゃんの方がさえていました。

私は、さっそく、普通クラスの先生と、支援の先生に、相談して、これからは、どんどん普通クラスでの学習にシフトしていただくようにお願いしました。

算数以外は、これから普通クラスで、がんがん刺激を与えるのが良いと判断されました。
支援の先生は、
「ここ3ヶ月くらいで、クラスでの授業風景も変わったんですね~。げんちゃんに負担のないところから、少しずつシフトしてみましょう。」

と言って下さいました。クラスの担任も、
「1学期なら、ちょっとどうかな、と思いますけど、今なら、よいかもしれませんね。」

という返事。

まあ、過去、学校に見学に行って、がっかりすることが多かったですが、今回は、今までで最も落ち込むことがすくなかったかもしれません。

 ここだけ見ると、なんか、普通になったようなげんちゃんですが、隣の子に、色鉛筆を借りても、ありがとうも言わないし、なんか、ジャイアンみたいに、かなり、”俺が俺が”的だし、支援の子って言う目で、みんながサポートしてくれてるから、なんぼのもん。という様子であるのはいなめません。

 まあだけど、「トライするテーマが、現在の能力の2段とびになったら、迷わず放り込む」

というげんママの鉄則に従えば、今は、普通クラスは、彼の能力の2段上。そんな判定を下しました。だから、迷わず放りこむ!・・・
え~い! 行け~! です。



by glow-gen | 2015-12-11 20:32 | 普通クラスでの様子 | Trackback | Comments(10)

発達障害 4年の秋の快挙

a0184225_2102985.jpg

今年の秋は、げんちゃんにとって、エポックの時となってます。げんちゃんは、ブレークスルーとは言えないまでも、ほんとに質的な伸びを更新しています。
6月から取り組んでいる体操の先生による、体の取り組みがよかったのか、マッサージがよかったのか・・・
いや、たぶん、今まで5年間、日々こつこつとやってきた取り組みすべてが、ここでやっと出力モードに入ったのだ、と私は思います。

 学校で毎日見ておられる支援の先生は、まだまだ同級生と比べて、劣るところだらけのげんちゃんに、”その時”を感じることはないかもしれないけれど、5年間日々、彼を見つめてきたげんママには、ここへ来ての変化が、今までのものとは、少し違うことが見えます。

 どんなに引っ張っても引っ張っても、ほんの少し動くだけ、という状態だった彼が、引っ張った力ほど、げんちゃんが動く感じ、いや、そこまではないか・・・(苦笑)、少なくとも4分の1くらいは動く感じを味わっているのだから、これをブレークと呼ばずして何と言おうか。

 普通の子の、あまり賢いとはいえない子どもさんなら、たぶん、引っ張った分の半分くらいは動くのだと思います。目から鼻に抜ける、賢いお子さんなら、引っ張った分の1.5倍くらい動いてしまう。

 でも、げんちゃんは、今まで、力の10分の1以下のパフォーマンスだったのです。それが、4分の1の手応えになったら・・・いやあ、すごいんですよね。

 たとえば、先日、げんちゃんは、すごいスケッチを持って帰ってきました。友達が笛を吹いているデッサンだと言うのですが、(まだ途中)絵が描けない子だった、と私に聞かされていた支援の先生が、できあがってないのに、わざわざ、コピーして持たせてくれたのです。市のコンテストには、残念ながら通りませんでしたが、密かに、選ばれないか、期待したくらい、私はわくわくしてしまいました。
a0184225_2104569.jpg

 げんちゃんは、絵がまったく描けない子だった。と誰が信じるでしょうか。クラスの先生さえ、別段、げんちゃんの絵に何の感慨もないようです。4年生だから、ま、絵描くでしょう。くらいに考えている。私が、どれほど、彼が絵を描けるようになるために、努力したか。ということを聞いてもピントこないのです。それほど、げんちゃんは、普通に絵を描いています。でも、この絵は、私もびっくりでした。比率がまともになっている。あれほど変だった、顔と手のバランス・・・いつのまにか治っているのです。


 工作も、まだまだ自分で、勝手に作り始めることはありませんが、テキストを見て、多少アレンジして、ところどころを教えてもらいながら、7時間かけて、大作を仕上げてきました。投げ出さず、何回、続きから仕上げていきました。(上の写真、牛乳パックの海賊船です)
教えて下さる先生は、日にちがあいて、何回か取り組むごとに、げんちゃんの、セロテープのあつかいや、色の塗り方が、上達するのを報告して下さいました。

 時々取り組む、オセロが、毎回ごとにうまくなっていくのも、ここのところの驚きです。間が2~3週間あいてましたが、とうとう、斜めをしっかり読んで、いい勝負をかけてきました。もちろん、タイでやるほどにわかってませんが、これなら、負けても、お友達とやれるでしょう。

 おうちゼミ(前回のブログ)を一人で、真剣に取り組んでいます。私が、30分家を空けた時も、必死でやり続けていました。問題の意味を教えなくても、臨機応変に答えていました。もちろん、正解率は高くないけれど、まるで、普通の子の取り組み方です。

算数も、二桁で割る割り算に、入る手応えが出てきました。3桁かける3桁のかけ算も少しずつ手応えが出てきました。あの悲惨な算数さえ、わかってきたのですから、これはやはり、特質すべきこのシーズンと言うべきです。


 結果というより、げんちゃんの頭の本質が変化している驚きを感じます。


 でも、結果は、まだまだです。ソーシャルもまだ色々と問題山積ですし、学習も、やっと今スタートに立ったという感触です。


 だけど、サッカーの先生が、わざわざ電話下さって、
「げんちゃん、今日シュート決めました!」

と興奮して伝えて下さったのも、決して偶然ではないと思います。なぜなら、今までも、シュートできる見え見えのチャンスが来ても、げんちゃんは、決して物に出来なかったのですから。


 たぶん、げんちゃんは、やっとグレーゾーンに入ってきたのだと思います。ここから、どう、次のステージに押し上げていくか、・・・
もはやこれは、げんちゃんの障害を治すプロジェクトではなく、げんちゃんの、素敵な才能を開花させるプログラムです。そう言い換えてもよい時期が、必ず来るのです。(まだ来てないよね~。私が勝手にそう思うだけで・・・笑)


人がどう言おうと、なんだか、わくわくしているげんママです。

どうも、こういうのりで、支援の先生にお話したら、支援の先生は、
(親ばか?  う~ん。学校では、まだまだなんだけど・・・)

というリアクションでした  笑・・・・いえ、いいんです。時の変化を読めるのは、日々たゆまずやってきた私の方なのですからね。

げんちゃんのプログラムをしっかり考えましょう。ドラゴン桜みたいな気分の今日この頃です。(ドラゴン桜知ってます?だめだめな高校生を東大に入れるドラマですけど・・)
たぶん、また、どかんと落ちるとは思うのだけど。今日は、ちょっと乾杯です。





 
by glow-gen | 2015-12-07 21:01 | Trackback | Comments(12)

発達障害 これだけは、やっておきたいげんママ流ホームケア

   げんちゃんの学校には、今では、3つの支援クラスがあります。1つは、肢体不自由のあるお子さんが入っているクラスです。
 そして、げんちゃんのいる情緒がメインのクラス。 知的障害のクラス。

 情緒と知的は、入ってる子にめちゃくちゃ違いを感じませんが、情緒の方がIQ検査がいいのかな~。
・・げんちゃんも入る時に、検査受けて、60から85に上がってたから、情緒に入れられたのでしょうか。でも、げんちゃんも、がっつり、知的障害あったと思います。~

そのうち、肢体不自由クラスは、昨年卒業生を送り出したあと、6年生の車いすの男の子が一人います。この子は、重度の障害があり、体が思うように動かせません。首も、しっかり立てることができず、普段は車いすに固定されています。彼は、よくしゃべるのですが、口の周りの筋肉が良く発達していないためか、何と言っているのかどうしても聞き取れません。

 この子は、支援学校をすすめられたのですが、お母さんの考えで、普通の小学校に入られたそうです。

 何年も、同じ先生がつきっきりで指導しています。去年のお楽しみ会で、フラッシュカードの字がわかるようになった、と言って、みんなで拍手をしました。

 たぶん、トイレのお世話からいるお子さんなので、本人の不自由さ、ご家族の大変さ、並大抵の物ではないと思います。

 このT君のことを考えると、少し、胸が痛む思いがします。もしかしたら、支援学校だったら、もっと専門的な訓練ができていたのでは? なんて思う時があります。それに、今ではたった一人ぼっちのクラスで、普通クラスで過ごすことはとても少なく、支援学校だったら、もっと友達交流も今よりできていたのではないか、と思ってしまいます。 なんとか、会話が成立するようにならないものか・・・場合によっては、文字盤でもいいのでは・・

 ある時、おかあさんと話したときに、、
「家族や、担任の先生には、ある程度聞き取れるから・・」
という答えで会話が終わりました。
その子どもさんのこと、ほんの一面しかわからない私が、色々言えないですが、あの子の、一生懸命訴えてるときの目がなんだか、忘れられません。言葉は出てるのに、聞き取れないのが気の毒ですね。体が、だらんとしている彼は、微細運動である、しゃべる筋肉まで、機能が到達していない感じがします。

しゃべる、ということは、大きな筋肉の成熟があって、初めて獲得訓練に入れるものだと思うからです。

 先日、支援クラスのT君の担任と話す機会がありました。先生は、こんなことを言われていました。

「だいぶん、のびたな~と思った時に、けいれんがおきたんですよ。そしたら、せっかくついた能力がまたもとのもくあみになっていました。なかなか難しいです。」

私は、ちょっとショックを受けてしまいました。けいれんとは何なんでしょうね。脳細胞を破壊するのでしょうか・・・


 やはり、脳そのものを改善させなければ、ただ訓練訓練ではなかなか、うまくいかないのは確かです。それについては、私もずいぶん考えるところがあります。

 げんちゃんは、2年の夏休みくらいから、頭蓋仙骨療法を受け始めました。40時間を目標に受けて下さい。と、こども整体の近藤先生に言われて、とにかく受け続けました。頭の骨が動きにくくて、脳のトラブルになっているそうです。ソフトな力を頭に加えて、骨が動くようにしていただきました。

 そのあたりから、げんちゃんは、机の前に落ち着いて座れるようになってきました。劇的に治った、みたいなことは、げんちゃんにはありません。いつでも、あれ、そういえば、あるお困りごとが前ほど困ってない。多少上がってる。そんな感じです。

 しかし、1年生から続いているチック症状はまったく治りませんでした。チックがおこると、まるで、軽いてんかんのように体の動きが止まり、意識も一瞬なくなります。本人は、今チックで自分の動きがフリーズしたことを認識してないようです。
 フリーズ状態は10秒以内で終わるので、あれ、なんでじっとしてるのかな?と、ながめているうちに、すぐに、動き出すような感じです。

 頭蓋仙骨療法は、脳そのものを改善するのにとても効果がありました。でも、脳の骨の動きが悪いというのは、あくまでも、1つの原因で、発達障害のすべてではないのかもしれません。(もし、詳細に知りたい方は、以前の、頭蓋仙骨療法でまとめた記事を参考にしてください。)

 チックにしても、てんかんにしても、脳の機能のどこかに、変調があるのでしょうね・・・ただ、MRIのような脳の検査で、あきらかな異常が認められる時は少ないようです。


 頭の骨が動きは、ほぼ正常になったよ、と、今では、先生に言われるようになりました。考えてみれば、その2年近くの間に、げんちゃんは、ずいぶん伸びていました。果たして、どこまでが頭蓋仙骨療法のおかげかわかりませんが、少なくとも、頭蓋を始める前、私は、げんちゃんの学習時の多動のような症状に、困り果てていました。今では、調子が良いときは、3時間くらいは、普通に勉強する子どもになっています。
 それ以降も、1ヶ月に1~2度、先生に診てもらっています。

先生は、手を頭にあてているだけでもいいんだよ。とおっしゃって、頭のツボ刺激を指でされています。これは、先生が、勉強する中で、手応えがあって、昨年くらいから取り入れているようです。

 私は、どこが悪いつぼかわかりませんから、とにかく、頭をさわること、両手ではさんで気を送るようなつもりで、頭のケアをしています。以前は、マッサージ的に指を動かして皮膚をゆるめていたのですが、(動画をアップしてます。)
 こういうマッサージではなくても、充分効果がある感触があるので、時間があるときは、マッサージ的施術。無いときは、ただ、手で頭の色んな場所を、両方からはさんでしばらくじっとしている。そういうことを続けています。

とりあえず、げんちゃんに続けている、ホームケアを紹介します。 

  1、頭に両手をおく。(両手ではさんで、手当てします。)
  2、背骨をマッサージする(仙骨から首まで) 
  3、頭の中心の骨をゆるめるために、大きな口をあける体操を、毎日たくさんする。

 (時間のある時は、手足のマッサージもします。)

T君にも毎日だれかがしてあげてくれないかな~と、思います。

by glow-gen | 2015-12-02 11:16 | 頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法 | Trackback | Comments(5)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
ロボママさん 苦楽しい..
by glow-gen at 23:33
ロボママさん すみませ..
by glow-gen at 23:26
げんちゃんママさん、すみ..
by robo223 at 16:32
きんたろうの母さん な..
by glow-gen at 14:28
itoさん すごい夢を..
by glow-gen at 14:25
紹介していただいた動画を..
by きんたろうの母 at 00:57
げんちゃんママさま ご..
by ito at 00:41
げんちゃんママさん あ..
by トマト at 21:52
Tさん その2 今のお..
by glow-gen at 20:27
Tさん ブログ読んで下..
by glow-gen at 20:24
たびたび申し訳ありません..
by robo223 at 20:17
トマトさんその2 私の..
by glow-gen at 20:12
トマトさん そうですか..
by glow-gen at 20:09
ロボママさんその ロボ..
by glow-gen at 19:38
ロボママさん ロボ君す..
by glow-gen at 19:35
Rさん 二つ同じのがあ..
by glow-gen at 19:28
itoさん その2 行..
by glow-gen at 19:21
itoさん おっしゃる..
by glow-gen at 18:34
はっぱどんさん >勉強..
by glow-gen at 18:06
こんばんは!お忙しいのに..
by トマト at 21:46
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧