げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

算数の学習障害との格闘の日々 その2

a0184225_2058381.jpg

この木のトレーと積み木は、安曇野方式で、矢ヶ崎先生が使っている物です。安曇野は、見よう見まねなんだけど、とりあえず、グッズはゆずっていただきました。なぜ、こういうトレーを使うことが大切か、というと、げんちゃんが、数えたものを、最初、別に分けられなかったように、彼らは、架空の枠を設けて、頭の中でしきる、ということが意外とできない。だから、架空の枠ではなく、こうやって、トレーでビジュアルに分けてやるのは、大事なんですね。


げんちゃんは、ここんとこのスランプを抜けて、算数が1つ上に上がりました。(一気にできるようになったとかではないよ。汗)

たぶん、水道方式の積み木で、今さらこんなことするなんて・・・と思いながら、せっせと20までの足し算、引き算を作業させてました。1ヶ月は有に過ぎたでしょうね。
さて、そういう、すごくステップバックした、具体物での取り組みをしながら感じたことがあります。少し書いてみましょう。

 
このような、”作業”、となると、この子たちは、けっこう唖然とすることがおこります。5と3で8、という作業の次に、5と4で9,なんてことをすると、普通なら、5の箱は、そのままで、3個のところに1つ、積み木を増やしますよね~。

 ところが、5の箱から全部出して、そこに4個入れて、また別の箱に5個を最初から入れてみたりします。これは1つのたとえだけど、まあなんというか、こっちのを持ってくれば早いじゃん!  みたいなことが意外とできない。

 そういえば、安曇野方式を習って、消しゴムを数えさせた時、数えた物を別のところに分ける、ということに気付かなかったですね。数えた物と、数えてないものが、最後にごっちゃになって、あれ?いくつだったっけ? みたいなことになる。

 5月の安曇野セミナーのあと、すでに4年生になっているこの時期に、そういうことを発見したのだから、唖然とします。まったく、おそろし、おそろし・・・・笑

 
まあ、それでも、とにかく、一度もどって、数を整理してやる!  という目標をたてて、忍耐して取り組みました。具体的にあげますと・・・

 積み木で作業する足し算、引き算(作業を重視)

 10の合成を覚えさせるトランプ遊び (9までのカードにして、たして10が出たら、もらう・・・)
 今更のように、10以下の引き算のプリント。
 
 ゴムボールをつきながらの数唱。(上下の統合を目指して、スーパーボール両手に持って、片方ずつついては、にぎってを、数えながら繰り返します。)

 数表の場所当てクイズ。(53はどこ?なんて聞いても、なんと、普通に捜してます。え? どこにあるか、すぐにわかんないのお?? 泣)

 10までの数を訓練する学習用ゲーム。(ゲームは基本させないけど、たまに使えるものがありますね。ベネッセの”かずパズル”はおすすめです。)

 まあ、こういうものを、試行錯誤で、1ヶ月以上取り組んでます。毎日はできません。まばらに、ぼちぼちですけどね。

今までしてなかったか、というと、やっぱり、折に触れて時にはやってました。でも、今回は、私自身が、これに費やして良い。と確信してたので、がんばりました。
 なんせ、考えてみれば、どれも、似たようなことを、今までも時にはやってました。

 でも、成果をちっとも感じられなかったので、確信もなく、とにかく、やっては、考え、違うことをまたやってみて・・・・という日々でした。



まあ、しかし、やっとここへ来て、確信を持って、ねらってやらせるようになった。彼らは、というか、げんちゃんは、数と、具体物の間を自由自在に行き来できない、ということがわかってきました。

 つまり、1本の線をひいて、これが10とすると、8はどこ?

なんていうことがわかりません。ケーキを、6等分するには、どこからどう切っていく。なんてことも、意外とピントきてない。重さ、長さ、広がり、分ける、架空の線を引く。まとまりにする・・・・


 もう当たり前の感覚が、ついてないのです。

 だから、どの場面でも、とにかく、数を体験させなければならない。

そういう結論にいきついたげんママでした。他愛ない作業に、え?っと思うような場面が繰り広げられる。プリント学習がなんとなくできても、結局、何もわかってないんじゃん!



そういうことになるのです。

 まあ、そういうわけで、この2ヶ月近く、げんママは地道にやってます。

 たとえば、具体物と並行してやってきた10までの引き算だって、最初のしばらくは、けっこう時間がかかってました。毎日やれども、ぜんぜんタイムは上がらず・・・

でも、ある時から、いっきに、2分くらいタイムが短くなりました。 作業は、まだまだ、時に相当もたもたするんだけど、こなれてきました。2年前のげんちゃんなら、たぶん、まだまだやってもやっても、効果上がらずだったかもしれません。しかし、今は、1からではありません。あくまでも、彼の中に芽生えた算数能力を整理してやる段階に来ているんだと思います。

だから、最近、げんちゃんは、算数の階段を1つのぼった感じでなのです。

 さて、そろそろ、具体物を少し進化させて、文章題に取り組む段に来たようです。10までの数くらいに具体物をしぼって、文章題を再現してみようと思います。明日のホームスクールは、ちょっと期待します。できるとは思わないけど、少なくとも、やっと、小学生らしいことができるかな~・・・


 追伸。
4年生の算数に、角度を測るところがあるのですが、げんちゃんは、鈍角でも、鋭角の目盛りを読んでしまいます。どっちを読んでいいか、ぴんとこないのです。これも、まさに、彼の体に入ってない、量の感覚なんだと思います。左脳的な子は、別に、たくさん実習しなくても、すぐにわかるのでしょうが、げんちゃんには、ひたすら、角度を測らせたり、書かせたり、作業させることがだいじなんでしょうね。

 角度や、図形を書く練習はとても良いと感じています。
a0184225_2101286.jpg


by glow-gen | 2015-10-26 20:53 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(18)

学習の進め方の原則 スランプとは

算数の勉強に限らず、この子たちの理解の仕方って、普通の子とかなり違います。
いつも感じるのは、こういうことです。

 普通の子の物事の理解と習得とは、塗り絵にたとえるなら、たとえば、ひとつのわくを、きれいに塗って次に移っていくような感じだと考えます。
それゆえ、最後のところを塗るときは、完成の時でもあります。

 ところが、げんちゃんたちのような子は、1つの絵柄をうっすら塗ると、まだまだ白っぽいのに、次を塗っていくような感じです。次々にうっすら塗っては、さらに、今度はもどって、いろんなところをまし塗りする。途中の塗り絵は、どこも未完成です。でも、それを続けていくうちに、いつの日か、全体が濃くなって、全体がいきなり完成していく。

両者の間には、こういう違いを感じます。

ほんとに、どうしてなんだろう・・・・・と思っていました。 現象としてはとらえていたんだけど、それがどういうことなのか、よくわからなかった・・・

でも、ここへ来て、私なりに少し推察できるようになりました。

 げんちゃんの算数で考えてみます。
 
そもそも、数の感覚を構築するための基礎能力が、げんちゃんには欠けていました。その基礎能力とは、体のリズムかもしれないし、空間認識かもしれない。短期記憶とか、ワーキングメモリーとか、そういうものかもしれない。本当になぜ、そこまで数がわからないのか、私には明快な説明はできないけれど、とにかく普通の子より基礎的能力に不自由しているのは確かでしょう。

 今まで私は、運動による働きかけやその他もろもろのトレーニング、そう言う物に取り組んで、小学校の算数を、基礎から、這いずるようにして推し進めてきたわけです。
 こんな言い方はげんちゃんには申し訳ないけど、イルカに芸をしこむように、とにかくありとあらゆる方法でやってきた。その結果彼は、真に理解してなさそうだけど、割り算に取り組むところまで来ました。

 では、その間、彼の算数のための基礎能力はどうなっているか、というと、もちろん、ふつうの子におよびもつかないけれど、彼なりに伸びてきてる。

 さて、そうなると、四苦八苦して、以前教え込んできたようなことのいくつかは、やっと、しっくり理解できるようになっています。
では、その時点での、彼の学習のカリキュラムはどうすれば良いのか・・・・

そうです。彼の理解がやっとおいついてきた所までもどって、もう一度反復します。

 その時になったら、ステップバックしたその場所は、ちょっと後押しをしてあげれば、ストレス無くげんちゃんもこなせるように、すぐになっていきます。ママは、先に行きたいのをちょっとがまんして、この時とばかり、思い切ってもどった場所を、量的な反復で固めるのです。

 げんちゃんで言うと、割り算まで行っているにもかかわらず、ここだとばかり、10までの計算にもどったりね。(この時は、やれやれと思ってもどったのだけれどね。)少しやると、あ、けっこうできてきたな、と安心して、やるのをやめずに、とにかく、過去をうめていくように、しつこく反復するのが良いでしょう。運動の原則と同じく、量的運動が質の前に来るように、学習のステップバックをしたら、そこの量を積み重ねること。そこが大事なのです。
ステップバックはやってはいても、ちょっとしたらできる手ごたえが出て、ついさっさとまたもどってしまう。たぶんそういう傾向があるのではないでしょうか。
残念ながら、そうなってしまえば、ステップバックトレーニングは、むつかしい今の取り組みに反映されていきにくくなるのではないかと思います。

 たとえば、普通の子ならとっくにわかっているはずの、1から10までの数の合成なんかを、概念ではなく、しっかり具体物で作業させる。とか。数をたくさん数えさせる。(200とか大きな数もやる。のもいいですね)まあ、考え付くこと、なんでもいいですね。とにかく、何を今頃、というようなことを無心に大量に反復させるのです。


 それは、本来、普通の子であれば、塗り絵と同じ、すでにしっかり塗られたところです。つまり、ふつうの子なら小脳に運動能力のようにおとしこんでいるだろうという所です。同時に、そこはげんちゃんにとって、過去にもとりくんできた所で、塗り絵で言うなら、うっすら塗ったとこでもあるのです。取り組んだことがあるので、今さらとは考えず、今こそ期が熟した、と万歳して、塗っていくのです。

 
それをやってあげると、また割り算にかえって、またそこを濃く塗れる。そんな感じだと思うのです。

 しかし、その戻り方は、げんちゃんたちは、半端じゃない。そこまでもどりますか???っていうとこまで戻る。そこで親としては、毎回当惑するのです。え?今頃そこですか、そんなとこが不確実なのですか・・と。

 私が、いつも、動揺し失望する時は、たぶんそういう時なのではないか、と感じます。私は、そこで、激震を感じて、うなだれて、またカリキュラムを組みなおします。割り算どころじゃないじゃん。もう一度基礎に戻ろう・・・なんてね。でも、そのあとは、かならず、あら、割り算前よりできるようになってる・・・なんてことが、紆余曲折経て、ぽんとある日、出てきたりする。紆余曲折がたくさんあって、そこに行ったのは、いまとなればわかる。反復がたりてなかったのでしょう。

 私は、やっと、言葉にできたと感じました。この大原則なのではないか・・・と。

一度もどって、整理してあげる。そういう言葉で表現してもいいかもしれませんね。

 ならば、国語の学習も同じなのではないか、と思いました。。少し手強い国語の取り組みなどをさせながらも、行き詰れば、戻りすぎかとも思えるところ、ここなら、今になれば、がんがん反復できるというところ、そういうとこまでもどって、量的な積み上げをやって、一度整理してやるのがいいのではないでしょうか。

たとえば、めちゃくちゃ簡単な絵本を大量に読んだり・・・とか、桜が咲く、なんていう短い文節の入力をた~くさんしてみたり。(それくらいしか思い浮かびません。すみません。)

でも、その量的なステップバックがある一定を満たすと、少し難しいところに飛躍する。つまり、ママの期待する、”今すすめているところ”、ってやつに飛躍する。反復が、やってもやってもうまく行かないときは、実は、そこではなくて、もっと前のところこそ、今の反復期があるのだと思います。反復の場所の選定ミスも、反復の結果が出ない理由であるのではないでしょうか。


つまり、塗る絵の場所は、的確でなくてはならない。
そして、絵柄はこうやって、いきつもどりつしながら、やがて完成していくにちがいないのです。そう考えれば、トンネルのように見える時期も、必然であり、期待に値するステージで、別に動揺する時期ではないということなのです。

最近の私の理解でした。

by glow-gen | 2015-10-18 02:19 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(17)

やっぱり算数の学習障害に格闘してます。 その1

ここんとこ、2週間、久しぶりに、げんちゃんの取り組みについて、頭の中でまとまらなくて、私はもんもんとしてました。

 もんもんとしている理由は、自分でもわからなくなるほど、多岐にわたっているのだと思う。

 たとえば、げんちゃんの書字がマッサージで良くなったと思ったけれど、ぴくっと出た書字の峰に、すべてがいっきに収束していかなくて、あいかわらず、汚い字しか書けないこと。
それも、1つの理由だと思います。

 そして、あいかわらず苦しんでいる算数地獄も、私の気分をふさがせてしまう大きな理由でしょう。

 最近、自分の中で、算数の取り組みが、なんとなく見えてきたような気がしていました。げんちゃんのために、算数の取り組み方を、新たにアレンジしていました。

 そろそろ、その成果が出る頃だとふんでもいました。でも、結果は落胆することに、まったくそうではありませんでした。まるで、一匹もつれない漁のように、すくい上げた網はすかすかです。
 しかけを考え、漁場もしぼってやっているのに、まったく釣れない・・・・なんだか、最近の私の感覚です。

 もんもんとしながら、毎日毎日自問自答して、矢ヶ崎先生に聞いたり、学研の先生と長々と考察してみたり、もう一度、何が原因なのか、ずっと考え続けていました。

 書字は、まだもんもんとしているのですが、算数地獄については、また、気を取り直して、取り組みなおす気になったので、ちょっとまとめてみようと思います。

 げんちゃんが、ひとけたの足し算ができるようになったのは、2年生になってからです。引き算は、未だに不確実かもしれない。それでも、3年の夏休みから、20までの足し算引き算を反復しています。

 もう、どれだけしたでしょうか。・・・・とにかく、なんとかできるようになったのだから、反復して行けば、定着して次に行けると思った私は、今考えれば、ほんとに素人でした。

筆算、かけ算、かける1桁ならなんとかできて、4年になったら、割り算も、一桁で割るのなら、なんとかできるようになりました。

普通そこまできたら、やっぱり、げんちゃんの数の理解はちゃんと進行していると考えますよね~。だれでも。


だけど、げんちゃんは、そこまで来ても、まったく、数の文盲のようです。
なぜかというと、たとえば、9-6=3 なんていう、初歩の計算も、どうかすると間違えます。指を使わなければ何もできません。筆算も、割り算も、ちょっとしないと、まったくやり方がちんぷんかんになります。

 だから、1ヶ月前から、私は、思い切って、一桁の計算までもどって、毎日タイムトライアルをさせるようにしました。20までの計算も、もちろん不確実。しかも、何回100マスをやってもやっても、少しやらなければ、またすぐに間違います。タイムトライアルというのは、日々、早く、正確になっていく物ですが、げんちゃんは、20までの計算も、九九をひっくりがえした割り算も(4÷2=2、81÷9=9、49÷7=7 みたいな問題です。40問くらい)ですが、最初とまったくかわりません。何回やっても、1からあてはめて考えていくので、大きな数になると、すこぶる時間がかかります。何度トレーニングしても、81を見て、九九八十一・・・と思い描けるようにならないのです。そういうたぐいのことは、山ほどあります。

 算数のノウハウ本なら、次は、ここを反復させましょう。なんていう当たり前のことが、げんちゃんには通用しない。

 つまり、一見できるようになった、と思えることも、つまるところ、本当の意味で、まったくわかっていないのでしょう。反復するから、なんとなく、やり方だけ暗記する。感覚的に、数そのものの構造がわかっていないから、少しやらないと、また1から教えるようになってしまいます。

 そういう、吐き気をもよおすような、取り組みを日々くりかえし、私も、すっかり、げんなりして、(いつもげんなりしてます)毎回毎回、戦略をたてなおし、カリキュラムを組み替えて、落ち込んでは立ち上がり、を繰り返しているのです。


 でも、ここんとこ、わかってきたことがありました。げんちゃんの数は、10進法ではなく、ひたすら数珠玉が延々つながったもののような認識ではないのか、ということです。
割り算までしようか、というだんになって、
25ひく10は? と聞くと、すぐに答えられないげんちゃん。真顔で、指を出して、10を数えて引こうとしているので口がぽかんとなりました。もちろん、そういう時は、逆唱もしどろもどろだから、最後はフリーズしました。ほんと、この子の頭はなんて悪いんだろう! 行き場のない怒りさえ感じてしまいます。


 筆算で書いてあげたらすぐわかりました。また、落ち着いて考えさせたら、ちゃんとわかりもしました。でも、今頃そういうことを即答できないあんたの頭って、やっぱり、一生だめなんじゃないの!
 と、ほんとに腹立たしくなります。

 まあ、こういうどうどうめぐりをしながら、また、10月になって、考察し、分析し、戦略をねりなおすことにしました。

やれやれ、げんちゃんの算数が、ちゃんと人並みにすらすらいくようになった暁あかつきには、算数の学習障害について、私は、いっぱしの学者になっているだろうよ! ほんとにまじにそう思います。


でも、学校の担任も、少しずつ伸びてます。と算数についても書いてくださるし、よくよく考えれば、2年の時に、年長さん向けの、七田のプリントがろくにできなかったことを思い出せば、らせん状に旋回しながらも、少しずつは上がっていっていることは確かです。ただ、1リットル注いだ水の、ほんの何CCかしか、たまっていかないような、このママの感覚、発達に取り組んでいるママなら、わかると思います。ほんと、つらいですね!


日々一進一退を繰り返しながら、ママもげんちゃんも、たぶん、何かが、確実にたまっていると思いたい今日この頃。
時間があったら、算数のげんママ流理解と取り組みを書きたいです。何しろ、現場やってると、ゆっくりまとめる暇がありません。








 
by glow-gen | 2015-10-15 08:06 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(15)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
前記事の時間もですが、今..
by ここあ at 20:59
一般の子供は特に意識する..
by robo223 at 20:47
Hanaさん  言葉、..
by glow-gen at 19:13
Mさん 学校での出来事..
by glow-gen at 19:05
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 18:59
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 18:57
言葉の真空地帯!うちの娘..
by growup_hana at 15:58
ごめんなさい、いま出先か..
by アドバイス下さい at 14:20
言葉の真空地帯…とっても..
by ゆうママ at 13:37
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 11:05
itoさん 星状神経説..
by glow-gen at 00:22
itoさん 脳の酸素量..
by glow-gen at 00:21
itoさん カイロ治療..
by glow-gen at 00:13
itoさん すごいです..
by glow-gen at 00:09
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 23:59
げんちゃんママさま い..
by ito at 23:44
とんままさん、アドバイス..
by glow-gen at 22:37
ただげんままを見てると ..
by アドバイス下さい at 16:27
とんままさんへ 返..
by アドバイス下さい at 16:23
いま子供と勉強中なので乱..
by アドバイス下さい at 09:49
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧