げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

学校の宿題の不満。先生へのお願い

支援クラスは、支援計画書なるものがありはしますが、教え方の基準とか、そういうものは、特になく、先生方が、めいめいに自分の力量でやられているような感じがします。欧米の進んでいる国では、どうなのか、よくわかりませんが、もう少し彼らの能力開発に対しては、進んでいるのではないか、と思います。

 先生によってまちまちなのは、宿題もその一つですよね。今年になって、ホームスクールを週に2日するようにしたので、学校の先生も、少ない授業時間の中で、カリキュラムをさせるのはなかなか大変だと思います。

宿題も、今やってる単元の宿題を出してくれるのが、原則だと思うのですが、どうも、この先生、宿題の出し方がとってもいいかげんです。

 特に、漢字がいいかげんで、ある時は、2年生の漢字プリントだったり、3年のだったり、適当に職員室で見つけたやつを出してるんじゃないか、と思われるほど、系統だったものがありません。加えて1学期は、まだげんちゃんの書字能力もまだまだ低く、それも手伝って、もう、漢字はほんとに苦戦しました。3年の先生は、とりあえず、今やっているドリルを繰り返し出してくださいました。ある程度、それが終わると、テスト形式のプリントが出されます。そのおかげで、げんちゃんの頭には、体系的に漢字が入りやすかったように思います。それでも、四苦八苦して、長期休暇に漢字の特訓をやって、なんとか、がんばらせてましたが、4年は、そういう風なので、無駄に時間が過ぎてしまいました。

 何度も、ここを出してください、とお願いしますが、ほとぼりがさめると、また同じようなことになります。ばらばら色んなタイプのプリントを出されると、熟語も、いろいろそのたびに出てくるし、げんちゃんの頭は混乱します。まずは、熟語は、一つにしぼって、完全に頭に入れる、それをしなければ、なかなかげんちゃんは覚えにくいのです。つまり、同じものを反復させるのがスタートラインです。

 また、4年になって、漢字のドリルがとっても、使いにくいものにかわってしまって、漢字の宿題の成果があがらないのに、拍車がかかりました。

 もうこりゃだめだ、と思って、先日、先生にお願いして、まず、ドリルを、去年までのシリーズにしていただきました。先生にたのみ、取り寄せていただいたのです。そして、あいかわらず、系統だった宿題の出し方がされないのに耐えかねて、ある日、先生の出したプリントをさせずに、単元のドリルを反復させ、先生に、ことわりを書きました。


 う~ん、こういう出来事を経験すると、支援の先生が、いかに、げんちゃんたちに対して、学習の期待などしてないことがよくわかります。げんママは、わが子ですから、ごく普通に、小学校でやる内容は、当然理解させていきたいし、そのためのノウハウを可能な限り研究してます。毎日の貴重な時間をさいてやるものは、決して無駄で、非効率なものなんかやりたくない。

またまた連絡帳にしたためます。

” 先生、出してくださった宿題プリント、もうしわけありませんが、それをやらせずに、ドリルの方をさせました。げんちゃんは、漢字が覚えにくいので、とにかく、単元の漢字を、その間、毎日書かせたいのです。しかも、ばらばら、いろんな熟語とか、いろんな教材ではなく、しっかり一つにしぼって反復させることが必要です。

 単元のページの反復、それが続いたら、テスト形式の出力用のプリント。その繰り返しが良いと思います。よろしくお願いします。"


 3年の先生は、そうやってくださってました。ふつうクラスで使うテストプリントを最後のころにはよく出してくださってました。そう、大変なことではなく、連絡帳にドリル何ページと書くだけで終わりです。

 げんちゃんは、何の宿題も、ふつうの子より、少し時間を要します。宿題も、支援クラスの先生に、ちゃんと方針をお願いしていく必要があると思います。やはり、宿題という、やるべきことがあって、それを自力でこなす、成長の上で大事だと思います。でも、その内容がだめだったら、時間のロスがとても惜しいです。またまたお願いしました。もう、書いても書いても、こっちの思い通りになっていかないので、もう、だめな宿題はやらないことにしました。先生に付き合ってたら、げんちゃんに必要なことができません。
先生にとっては、たった1年のこと。げんちゃんにとっては、一生ですからね・・・


そういうことって、お願いしにくい、とあるママに相談されたことがありますが、考えても見てください。先生の立場になったら、支援クラスは、何人も、マンツー指導が必要な子がいるわけで、宿題のコーディネートも、一人一人にけっこう大変です。

ママが的確に、細かく、お願いして、先生は、それを連絡帳に書くだけ、となると、仕事は楽になります。そうそうおこる人はいないと思います。

だから、お願いするときは、理由や指針を書いて、なかなか、彼のように、うまく運ばない先生は、具体的に、今日はこれお願いします。と先生が何も考えずにママの尻馬に乗るだけでよいようにしたらいいと思います。やがて、先生が、こっちの意志を組んでくださるようになったら、おまかせする。そういう感じが良いのではないか、と思います。

漠然とした要望的なのは、先生も考える手間が発生して、大変かな、と思います。

なんせ、宿題をやらせる方はこっちなんだから、自分がコーディネートしたやりかたが、まずかったら、自分がかぶるだけなので、先生には、そう迷惑はかからないんじゃないかな、と思います。
 ただ、今どの単元をやっているのか、というのは、教えてほしいですね。

 でも、成長してくれたげんちゃんに、どこやったの?と聞けるようになったので、最近は、それも、先生がしてくださらなくても、けっこうなんとかなっている次第です。

先生のお気持ちをくじくことがないよう、いつも考えますが、結局のところ、どんなことでも、げんちゃんが伸びて行ってることを、先生が認識すると、お母さんのやりかたでいいんだな・・・と思っていただけるようです。


 しかし、発達育児、しっかり取り組もうと思ったら、けっこう教育ママゴンみたいに、細かくなっちゃいますね~。ほんと、娘が何勉強してるか、まったく興味さえなかったお姉ちゃんの時とは大違いで、我ながら笑っちゃいます。

by glow-gen | 2015-09-29 00:31 | 連絡帳 | Trackback | Comments(17)

支援クラスの担任の先生へ書いた手紙


夏休み明けてからのげんちゃんは、やっぱり、一歩進んでいる。1年生から3年生までの夏休み明けを考えれば、いつも、何かしら伸びはありました。
でも、4年の夏の違うところは、げんちゃんの脳が、初めて、理論的に考える脳に進化しはじめていると感じられるところです。一気に伸びた~なんて感触はありません。いつも、少しずつ少しずつ、止まらず進んでいる・・・そんな感じですけどね。
 この子たちをやってて、いつも思う進化のしかた。たくさんの丸を少しずつ塗っていく感覚です。うすく、少し塗って、先に行って、また塗る。しばらく行くと、またもどってうすいところを塗り重ねる。行ったり来たりの絵柄は、なかなかはっきりしてこないのだけど、やがてはぼんやりと浮き出てくる。そんな感じです。

 夏休み、やるだけのことはやった。今回は、手ごたえを感じてる。そんなげんママの気持ちとはうらはらに、支援クラスの担任は、あいかわらずの連絡帳のコメントです。

「割り算に四苦八苦してます。がんばっているんですが・・・」

げんママは、連絡帳を見るのがうんざりしてきます。これ以上のことはもうできないし、げんちゃんの算数がいっきにいかないこともわかります。でも、私の中では、1学期よりぐんと進んでいます。連絡帳は、プラスマイナスゼロではなく、完全にマイナス。私のモチベーションを引っ張り下げるので、私もとうとう業を煮やして書きました。

以下私のコメント

○○先生

 「算数の学習障害がある子にとっては、計算はつらいし、頭の疲れはふつうの人の比ではありません。そこを投げずに取り組もうとしている所こそ成長です。先生すみませんがもっと視点を変えてください。本当に、げんちゃんも私も、夏休みどれほど努力していることか・・・がんばっているんですが、だめです。的なレポートって、しょっぱなから、真っ暗な気持ちになります。
 それより、2学期の初登校の様子や、友達とのからみ、小さなエピソードや気づきを書いてくださるとうれしいです。
 学習ができたかできないかだけだと、学校で様子や、家とは違う様子がわかりません。
 すみません。きついことを書いてしまって。 でも、げんちゃんにとって、むつかしい夏休み帳をすべて仕上げたことや、ほかの提出物など、もっと評価して書いてくださると、親の方も励まされます。
 この子たちにとって、ふつうの子と同じことをすることは、相当な努力を要しているのです。H先生(去年の担任)のレポートは、落ち込みそうなところを助けられていましたが、先生のレポートは落ち込みます。ごめんなさい。何気に書かれていると思いますが、立ち上がるのにしばらくエネルギーを要します。

 ”割り算は、苦戦してます。でもがんばっています。ねばり強さが出ましたね。”
とかなんとか・・・同じことでも、こういう風に書いてくださると、頑張ろう、という気になります。
先生の書き方ひとつで、親はその子をしかりたくなるか、ほめたくなるか決まります。(笑)

先生は良くしてくださっているので、安心しておまかせしてますので、気安くこのようなことを書いている次第です。どうもすみません。


やれやれ、先生に苦言なんて、なんて言いにくいことでしょうね。まあ、春の段階だったら、絶対言えないのですが、おりにつけて、先生とコミュニケーションをとってきた上で、まあ、こういうこと言っても、あと、復旧できるな・・と踏んでのことです。

ちょっとどきどきで、その日のノートを見たら、驚くことに、私のコメントに対するレスポンスはまったくなし~。普通なら、「そうですか、すみませんでしたね。」
なんていう冒頭の文章を期待しますよね。彼は、たぶん、そういう流儀のコミュニケーションスキルなんでしょうね。

が、しかし、文面は、明らかに改善してます。
面白いことに、がらりとかわっておりました。私は、ちょっと微笑ましくて、笑ってしまいました。彼なりに、ちゃんと把握してくださったのでしょう。

その日以来、彼の連絡帳はまったくかわりました。思うに、かつて、私が、発達障害をはじめ、知的障害を持つ子、そしてその母にたいしての理解がまったくゼロだったのと同じで、彼も、精いっぱいやってはいるものの、よくわかっていなかったのかもしれません。

 理解してもらう、努力は大事なんでしょうね。

そういうわけで、連絡帳ストレスはなくなりました。

ついでに言うと、担任が休んだ日に、たまたま去年の先生が見てくださって、その日にコメントした内容は、やっぱり、すごいな~と思いました。

「夏休み、今年もがんばったんですね。机の上においてあった提出物を見たらわかりますもの!」

 もううるっとなりますね。まあ、しかし、担任の先生が逆風ではなく、2学期からは追い風となったような気がするこの頃です。

なんか、先生にどう伝えるのか考えてみると、上から言うのではなくて、私つらいんです~。先生助けてね。みたいなニュアンスがいいかな、と思いました。

今回は、私落ち込みます・・・と書いて訴えてみました。ほんとのことなので・・たぶん、同じような思いしてるママ、いますよね~。




by glow-gen | 2015-09-21 01:30 | Trackback | Comments(16)

発達障害児の運動プログラムの考え方。ストレッチの重要性

  とにかく、発達育児はまず体から、体,体、・・・と言ってるげんママですが、BBA(ブレインジムのもっと広範囲に使える考え方で、ビルディングブロックアクティビティーが正式名だったかな)の講義を、福岡の益永先生に受けたことや、若い体操の先生に出会ったことで、さらに私の運動に対する理解が、相当深まりました。今日は、そこを書いてみます。


 げんちゃんの体で、どのステージにおいても、その都度気になっていたことは、色々あります。

でも、ここへ来て、げんちゃんのスタミナ、大きな筋肉の筋力、そういうところはけっこうできてきていることを感じるようになりました。が、しかし、なんかおかしい。気になるところは、おりにつけて出現します。

それは、体の使い方が不器用なことです。
5月の運動会のダンスが、上手に踊れてない。明らかに、平均値からほど遠い。彼は、おまけに、まわりを見て自分の踊りがおかしいことも気付かず、気持ちよさそうに踊っています

 
 げんママは不思議に思います。体は、けっこうできてきてるのになぜ? これは何だろう・・・
 げんちゃんには、今何が必要なのか・・・

 まるで工作と同じだな、と思いました。切る、折る、貼る・・・一つ一つはできてきてるのに、まったく作れない・・・持てる能力を組み合わせてうまく使えない。そういうことなのか・・・
 
 少なくとも、けっこう仕上げの段階に来ていると思うのだけどね。

 そう、仕上げの段階にきて、つまづくようなら、ひとつ前にもどる。というのが私の中の基本になっています。まだ、仕上げじゃない、ということでもあるのだけど・・

 考えたあげくに、私が取り組んでみようと考えたのは、”もう一度体の筋肉一つ一つにもどって、チェックしていこうということです。気付いていない、インナーマッスルもあるでしょう。できていると思っているところが、まだまだだったりするかもしれません。一つ一つをばらばらにして、それぞれ筋力をつけて、使い方も、細かく学ばせる。漠然としてますが、すべての場所で、質にこだわってあげていく、とでも言いましょうか、そういうイメージでした。

 もちろん、自分の体の感覚の精度を上げること。それも、もう一度取り組むべきだと思いました。

 なんたって、げんちゃんは、右足と言って、左足を上げたりします。自分の体の認識がにぶいに違いないので、きれいに踊れといっても、今自分がどんな風に踊ってるのか、わかってないのだと思います。言い換えると、自分の体が今どういう風に動いているか、認識しにくいのだと思います。


 そう考えると、彼に必要なことが見えてきます。

 1、マッサージを中心にしたボディー地図を作ることと、
 2,大きな筋肉だけではなく、インナーマッスルなどの小さな筋肉をしっかり鍛えること。
 3,なんとなく、スポーツに取り組むのではなく、どこをどうしたいから、今このモーションを練習する。明確な方法で、落としているところを仕上げる。

 野球やサッカーの練習を見ていても、なんとなく、蹴って走っています。変な言い方だけど、げんちゃんの今の能力でも、なんとなく楽しめる。フォームがでたらめでも、なんとなく、ボールは飛ぶし、練習は進む。

それゆえに、身体能力の高い子はずっと高く、げんちゃんのような子は、いつもそれなり。その差は、多くの基礎的能力の差であることは間違いありません。

 じゃあ、どうすればいいのか・・・と考えていくと、体の使い手であるプロの指導者を捜して、それらを診断し指導してもらうことができないか・・・そう思ったのです。
 そして、友達にあたってもらって、体操選手だった先生を見つけました。オリンピックをめざしてがんばっていた、という若いスポーツ教室の先生です。
  
 体操のすごいところは、でんぐりがえり1つでも、きれいに回るためには、体の使い方の細かいところを要求されます。これは渡りに船と思いました。

 果たして、思った通り、彼は、ほんとに細かく見てくれました。たとえば、げんちゃんが内股で歩くのも、お尻の筋肉が弱いからだ、と診断して、お尻のストレッチを念入りにするようになりました。(なんと、今では、内股は相当治りました。)
 
 彼の指導は、でんぐり返り1つにしても、事前に、かなりストレッチをします。普通の競技より、体操は、体の可動域をぐっと広げておかないと、危ないのだと思います。
 
 始める前の相当念入りなストレッチ。げんちゃん自身でできるものから、彼がマッサージのように手を貸す物まで、30分は軽くやります。

そして、逆上がりをしようと考えている時は、そこに行くまでに、かなり、腕の力をつけたり、体感を養う、基礎練習をつませます。おかげで、なんと、とうとうげんちゃんは、逆上がりができました。でも、はじめてできた翌日、私が逆上がりをさせても、いっこうにできません。先生の事前準備があった時だけできるのです。

 つまり、ストレッチや前段階の準備運動が、いかに、身体能力をアップするか、ということをかいまみました。

 そして、そのことをきっかけに、ブレインジムでやる、いくつかのエクスサイズについても理解しました。あれは、ストレッチそのものだ、ということです。発達障害の子ども達は、体が固いです。ストレッチをやると、可動域が、ぐんと大きくなります。また、無駄な緊張や力みに、つねにしばられていますから、それらがとれて、力を発揮しやすくなり、自分の思い描いたことが体に再現しやすくなります。

 そういうことだったのか・・・と思いました。ブレインジムのエクスサイズは、実は、あまりぴんとこなかったげんママですが、いくつかはストレッチと考えると、腑に落ちました。ストレッチなら、ブレインジムのエクスサイズにこだわらず、自分で応用ができます。

 
 ストレッチとは、いわゆる自分でやるような、よく知られてるストレッチだけではなく、ママが手を貸してするマッサージ的な物も含めています。幼児であれば、そっちへのシフトが多いでしょう。そしてそれは、すべてにおいて優先されるべきだったのかもしれません。運動に取り組むのに、がちがちの体では、普通の人の何倍も努力がいるでしょうからね。
 力を抜く技術。色んなところが自由に動くための準備。それも、与えてあげるべきだったんだな、と学びました。


 結局、最近の気づきを書いてみると、取り組むべき運動についての優先順位が見えてきます。 

まずは、マッサージ、ストレッチと量的運動、そこが充実してきたら、今度は、マッサージ、ストレッチと質的運動・・・・

そうか~・・・げんママは、なんかすごく頷けました。どのステージでもやるべきストレッチがあり、マッサージがある。そう思いました。また、量的充実ができてきたからこそ、質的な充実に向けて舵を切れる。そこも大事なことなのではないか、と思っています。


 

by glow-gen | 2015-09-07 20:41 | 身体能力、原始反射 | Trackback | Comments(14)



小学校5年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
お気に入りブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
またまたコメントで申し訳..
by robo223 at 20:38
ゆうママさん ほんとお..
by glow-gen at 10:20
げんちゃんの絵、生き生き..
by ゆうママ at 15:38
とんままさん 絵は、ほ..
by glow-gen at 13:34
junママさん お久し..
by glow-gen at 13:29
iさん 私たちのめざす..
by glow-gen at 13:23
sさん 卒園おめでとう..
by glow-gen at 13:07
mさん すごいですね~..
by glow-gen at 13:02
絵の出来栄え、凄いですよ..
by とんまま at 12:47
大変ご無沙汰しております..
by junママ at 19:05
robo223さん 詳..
by glow-gen at 17:10
続きです。(長くてすみま..
by robo223 at 14:07
げんちゃんの模写が素晴ら..
by robo223 at 13:56
Yさん よ~くわかりま..
by glow-gen at 20:23
Hさん ほんと戦友です..
by glow-gen at 18:33
mさん げんちゃんの算..
by glow-gen at 15:28
ひつじさん ほんとにそ..
by glow-gen at 15:24
アメリカのマイクロソフト..
by ひつじ at 18:57
mさん プラモデルいい..
by glow-gen at 18:10
mさん すごい取り組み..
by glow-gen at 18:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧