げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

げんちゃん、3年の夏休み。ブレークを期待しちゃおう!

   今年の夏休みは、ブレークねらいで、びっちりスケジュールをあけて、週1、仕事を休む。週2、半日休む。などという、無謀なことをしてるおかげで、げんママの仕事中の時間、超濃縮モードになり、毎日ほとんどパニック状態です。
 ブログを書く暇もなくて、ネタだけがたまっていきます。書かないでいると、忘れてしまう。もったいない。・・・

 げんちゃんに対して、私は、朝3時間、自由時間のあと、また3~4時間、最低、6~7時間は、能力アップトレーニングにあてたい・・・と思ってます。(中に休憩はけっこう入ってますが。)勉強だけではありません。工作、折り紙、読書、オセロみたいな知育遊び、ピアノ。そういうの全部含めてです。

 ホームスクールの日は、今までも1日あったのですが、そういう日を、週に3~4日は作りたい、と意欲満々です。私の仕事の時は、学研の先生に、マンツー指導を朝3時間お願いしています。もちろん、学研とは、関係なく、彼女の家で行う家庭教師といった感じです。

 学研のK先生は、1年生の時から、げんちゃんをしっかり見て下さっているので、もう安心です。家も、100メートルくらいの距離です。

 夏休みの立ち上がり、すっとばしたおかげで、3年生の夏休みの友は、一部の別冊をのぞいて終わってしまいました。これはすごいことで、2年生の時は、いくらハイピッチでやっても、無理でした。なんせ、理解力が足りなかったのです。夏休みの友は、げんちゃんにとって、足かせみたいになってて、これやらなきゃいけないかな~・・・という感じでした。

 でも、3年のげんちゃんは、進化してますね。すらすらとやるページもある。とにかく、時間をかけて、場合によってはサポートすれば、時間のぶん、進んでいく。
学研の先生も、感動もの。

 げんちゃんも、7月中に終わったものだから、ご満悦。達成感を味わってる模様です。

 さて、夏休み前に、支援の先生と面談しました。なんかな~。いつも、うちのばか息子がお世話になってるから(笑)、おつかれさまで~す、とか言って、差し入れ持っていきました。気は心。やっぱり、小学校の先生方は、大変ですよね。

 げんちゃんの話でいっぱいもりあがりました。私は、4月から6月まで、家庭学習したプリント類をファイルして持っていきました。先生は、私のホームスクールの内容を見て、感心してくださいました。良い先生ですよね。母は、そうそうほめられることはないけど、ママもほめらるとうれぴ~。(笑)

 折り紙の風船は、げんちゃん、さっさと折るようになりました。次なるは、簡単な、折り紙の本を見ながら、自分で折る、というのに挑戦させてみました。できませんが、まあ、やっていけば、できてくる感触がうれしいな~。

 先日、げんちゃんは、隣の子ども達と4人で公園に行きました。そこには、バスケットのゴールがしつらえてあって、げんママが、一人ずつ、ドリブルをしてシュート練習をするように、アレンジしてあげました。げんちゃんどうするかな~。
 なんと、普通に並んでやってます。ゴール決められなくても、パニックもおこさず、また後ろに並ぶ。へ~、すごいな~。進化したね。
 途中、げんママは家にもどり、少しすると、げんちゃんは帰ってきました。

「ゴール決められた?」
と、げんママ。
「いやあ、ゴールが高すぎて、誰も成功しなかった。ゲラゲラゲラ・・・(笑)」

なななんと、すごい反応です。パニックにならない。できなくても、やりすごす。他人の状況も見ている・・・これって、すごいことでしょう。まあ、翌日、職場のスタッフに話したら、
何がすごいの?って、顔されましたが、発達ママなら、これがいかに、すごいことかわかりますよね~・・・

絵日記にこのことを書いたのでアップしてみます。文章は、かなり手伝ってますけどね。ついでに、絵本の模写と、文章の書き取りも。ずいぶん、絵が上手になりましたよね。三角描けないとこから始まってるのにね。


字のバランス、絵の比率・・・そういうのは、まだまだ、だめなのですが、やっぱり、右肩上がりです。ゼロから1が行けば、1から2は、普通の子と同じようなスタートになるんだね。
このゼロから1を、どれだけ忍耐して駒を進めてやるか、発達育児は、それがすべて、と言ってもはばからない、と最近思います。ゼロから、1は、何年もかかりますねえ。
 人生の忍耐、と言ってもいいでしょう。

 忍耐力のないげんママは、ずいぶん鍛えられましたね。
「忍耐は、練達を生み、練達は希望を生み、希望は、決して失望に終わることはない。・・・」と世界のベストセラー聖書は言うのでありますよ。まだまだ、忍耐、忍耐の項目も、たくさんありますが、ゼロから1を進めることができた、という一つの達成感は、人生の醍醐味かもしれないよね。発達育児は、人生を楽しむためのコツに満ちているのかもしれないね~。まあ、ちょっと、階段の踊り場で、一息ついてるような、この頃です。必ず、忍耐は報われます。がんば!

a0184225_20381677.jpg

文章は、かなり、先生の手が入っていると思われます。指先の絵も、ほんとに自分が描いたのかな~。聞いてみよ。手は苦手だったからね・・・
a0184225_20391428.jpg

虹色の魚という絵本を、学研の先生のとこで模写したようです。色にこだわって塗ってます、と先生が言われてました。けっこう、すごいでしょう。と、先生もうれしそう。私も、先生も、最初をよく知ってるから、やっぱり、すごいと思う。


 






 
by glow-gen | 2014-07-28 20:43 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(17)

げんちゃんの優雅な支援クラスライフ

げんちゃんは、色々進化してるし、あのひどい算数地獄さえ、多少はのびています。昨日は、20までのマス計算、(足し算)を70~80枚はやったので、ご褒美でおもちゃを買いました。げんちゃんは、いまだに、トーマスが大好きで、リクエストはトーマスのがたごと峠セットです。げんママは、むやみに、おもちゃを買い与えたりはしないので、ここまでシールがたまったら、買ってあげるね・・・みたいなことになってます。

げんちゃんは、支援クラスでがんばっています。2年生の今頃は、毎日、普通クラスの教室を逃亡し、クーラーがきいた保健室に行っていましたが、今年は、まったくそういうこともなく、支援クラスと普通クラスを行き来しながら、暮らしてます。(これは、頭蓋仙骨療法の効果を感じます。高温多湿は頭の骨が動きにくい彼らは、苦しいのだと思う。)
「学校楽しい?」
と聞くと、
「楽しい。」
と答えるし、学校での色んな待遇を考えれば、まあ、そのまま答えを信じていいんじゃないか、と思われます。

 げんちゃんの支援クラスは、2年の梅雨から始まりました。教室逃亡がはなはだしいので、支援クラスにおためし入学だった去年。私は、正式メンバーではないげんちゃんのために、教材を毎日用意してました。年長さん向けプリントをもたせたり、あれこれ、工夫をこらしたグッズを用意したり、あの手この手で、必死です。でも、ほとんど多動児的な、梅雨、夏の日々のげんちゃんには、意味をなさない日も多く、先生のコメントは、毎回、がっかりするものばかりでした。

 でも、今年は、確実にやってます。先生が、3年のカリキュラムをすることもあるし、げんちゃんが、作文にはまって、いっきに何ページも書いてる時は、そのままやらせてもらったりしてます。まあ、作文といっても、点もない、丸もない、字もでたらめ、意味も時々不明。みたいなしろものですが、その時は、右脳の時間として取り扱い、じゃまは入れず、好きに書いてます。あふれ出るものを、はき出す・・・そんな感じです。なんせ、げんちゃんの峰は、どちらかというと、文系。でたらめでも、いっきに書きたくなるらしい・・・・

 支援クラスは、現在4~5名です。(所属してるけど、ほとんど普通クラスに行ってる子もいます。)去年は、一つ下のH君は、確実にげんちゃんより、おりこうさんでした。少なくとも、教室逃亡はしないし、とりあえず、カリキュラムをそこそここなしてたようです。
H君のお母さんに、
「げんちゃんが、よく教室をぬけだすんだよ。って、子どもが言ってましたよ~(にっこり)」
と、言われたことがあるので、H君の方が、かなりおりこうだったことがわかります。

 しかし、3年になって、ことは逆転しました。げんちゃんは、支援クラスでは、いつも、お手本になるんだそうです。まず、運動の時間は、ダントツのようです。これは、2年の時からそうだったのですが、最近またとみに、目立っているようです。トランポリントレーニングでは、ジャンプして、飛んできた球をラケットで器用に打って、目標にあてる・・・みたいな、支援クラスにとって、ウルトラC的な技を、難なくこなすのだそうです。

 お勉強も、時々、ずば抜けた集中力を表すそうだし、先生が、
「げんちゃんみたいに、ちゃんと座って、集中してやろうね・・・」
なんてことを言ったりするそうです。(笑っちゃうよね!)

 げんちゃんが、実績を示してるからか、先生方も、すこぶるげんママに好意的で、すごく私もやりやすいです。
ついつい、おせっかいなげんママは、先日

「げんちゃんは、色々できてきましたが、なんたって、すべての処理スピードがおそいので、学習のはじめに、3分ほどでできる、”同じ物探し”のプリントをやらせていただけませんか?」

とお手紙に書き、公文の、同じ絵柄を30組探し出す、スピードトレーニングのプリントをもたせました。でも、考えてみたら、他の子にも、それはとても良いと思われたので、支援のクラスメートそれぞれにあわせたプリントを、いっしょに持たせて、先生に提案しました。

 先生が、ちゃんと活用くださって、お礼までいただいたので、しつこく、3日くらい持たせてたら、コメントがなくなったので、あれ、ちょっとおせっかいだったかな・・・と思っておりました。

そしたら、学校に行った時に、

「あのプリントは、どこでお買いになりました?他の支援の子たちも、くいついたので、こちらで買いたいのです。」

と先生がおっしゃって、購入してしまったようでした。

 2年の支援クラスが始まった頃、私は、支援クラスに、積極的にかかわりたいな~。という首つっこみ精神で応対したところ、思いっきり先生に引かれてしまった経験があります。
 考えてみれば、普通クラスで、何の学習効果もあげず、学校行ってるだけ、だったげんちゃんが、とりあえず、学習をしてもらえるだけで、ありがたいわけだから、別に、内容はおまかせでいいか~。・・・・みたいな発想に切り替えて来ていましたが、日々の、連絡帳でのやりとりがあって、少しずつ信頼関係を結んできたようです。

 それに加えて、げんちゃんが、明らかに、他の子と違う、進化の過程をたどっているのを、先生方が見て、げんママをとても信頼してくださるようになったのだと思います。

 私も、いつも、先生方に感謝の気持ちで接してるので、お互い、良い関係が結べているのでしょうか。

毎日の、連絡帳が楽しみでもあります。思いっきり、がっかりのこともありますが。

 げんちゃんの教材で、良い物があったら、どんどん提供していきますね。と先生にお約束して、時々、あれこれ持って行っています。
げんちゃんだけでなく、支援の子たちが、とってもかわいいと思うげんママです。みんなのびてほしいです。

 支援クラスには、偏見はありません。昔は、そうだったか、というと、やっぱりありました。でも、知らない世界だっただけ、という感じです。
 息子が支援に行くようになったら、へ~、こりゃいいや・・・という感じです。

 普通の子でも、こんなに、少数人数で取り出して、時々勉強や体験などの行事をしてあげたら、ハートにもいいし、頭もよくなりそうだな~・・・と思います。
 日本の教育は、安上がりな教育です。先生方が、一人でたくさんの子をもって、たくさんの仕事に追われて、きゅうきゅうとしています。
 げんママ、今の支援クラスとっても気に入ってます。ママともにも、

「すみませんね~。いっぱい税金かけてもらって~。いいわよ~。支援は・・」
とか言ってます。ははは・・・・ほんとにすみません。多くの方に感謝です。(笑)

by glow-gen | 2014-07-11 21:11 | 小学校生活 | Trackback | Comments(54)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧