げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

運動会。毎年進化するげんちゃん

 運動会が終わりました。運動会は、毎年変化があり、げんちゃんの成長を見ます。

  げんちゃんの昔、5歳の時。運動会は、横になって寝っころがってました。自分の出番の時は、無理やり先生に連れて行かれ促され、なんとなく集団に混じる。それだけです。いやはや、よ~く考えてみれば、げんちゃんの最初は、ほんとに、障害そのものでしたね。

 年長さんの運動会。これは悪夢でした。プロジェクトを始めていたので、少しは期待したのに、げんちゃんは、トラック半周を、なんとショートカットして走りました。つまり、直線で、ゴールまで突っ切ったのです。空気が凍りました。本人は、一番になりたい、という確信犯で、ご満足でした。私のショックははかりがたかった。

 1年の運動会。直線のセパレートコースでしたが、3回フライングして、とうとうフライングのまんま、いんちき4番くらいだったと思います。これも、やれやれ、やっぱり、まともじゃないよ、と暗い気分でした。

 2年生。
 ここへ来て、はじめてまともに走りました。ビリでしたが、集団に入って普通にゴールしました。

 さて、3年生今年、
 げんちゃんは、ビリから2番目でした。ごく普通です。先生によると、リハーサルは、2番だったそうです。スタートが出遅れて惜しかったね、と言われました。

 家にかえって、スタートを練習させて見たら、なんと、手と足が、同じ側が出ていてぶざまなかまえ。しかも、それが原因なのか、スタートから、ワンテンポ遅れて走りだします。

 まだ、左右の統合できてないのでは、と思われました。ざっと運動能力が上がった、と認識してたけど、こうやって詳細をチェックすると、まだまだやることはたくさんあるな~と思いました。

 さて、ダンスです。リズミカルに、よく踊ってました。まあ、しかし、ほかの子供さんに較べれば、まだまだリズムに乗れてないです。少しはずれたりします。裏のリズムは、とるのがちょっと難しく、間違って目立つ場面がありました。それでも、1年生の時は、とりあえず、踊るそぶりをしてましたが、踊りの最中、ずっと隣の子にちょっかいかけてたので、良く進化したと言ってもいいのだと思います。

 、幼稚園の最初は、まったく踊れずぼ~っとしてたしね。
でも、リズムを聞いてそれを、うまく体で再現するのは、まだ伸び白があります。

 全体的に、げんちゃんは、特別目立つこともなく、普通のクラスのお友達と、応援席で、普通に交流して、普通にこなしてる。まあ、そういう評価になりますね。

 でも、運動能力は、全体としてぐんと上がったものの、まだまだ、多くの伸び白を見つけました。げんちゃんは、妖怪ウォッチの曲が流れると、器用にダンスしてくれるので、うまい、なんて思ってたけど、同級生はそんなもんじゃなかった。表現はうまくないけど、げんちゃんが、盆踊りリズムなら、同級生は、ジャズ・・・・みたいな感じです。

 今日、ピアノの宿題のリズム取りをやってみると、やっぱり、その根拠みたいなのを感じました。彼は、音符のリズムをすらすらきざめません。何度も何度も練習させてやっと、四分音符やら、八分音符やらをとりまぜたリズムをくちずさみ始めます。

 こういう能力も、色んなベースになっているのではないかと思います。

 支援クラスの肢体のトラブルのある二人が、普通クラスの子に混じって走りました。集団が走り終わったあとも、遅れて一生懸命完走する姿を見て、げんママうるっとしてしまいました。彼らにとって、走ることがどんなに大変なことであるか、わかっているので、どんな子より応援してあげたくなります。それは、見に来てくれたおばあちゃんとて同じだったようです。げんちゃんもそうですが、普通に走ってる、そのことのベースに、すさまじい努力と取り組みがあるのですよ~。普通の子だけしか持たなかったら、そういうこと考えもしなかったと思います。

 まあ、何はともあれ、げんちゃんよくがんばりました。


 そして、まだまだ、と言いつつも、げんちゃんプロジェクトがなかったら、たぶん、まだ、げんちゃんは、完全に回りとは浮いた存在であったと確信します。悪夢の運動会だったに違いありません。取り組めば改善する。これは、絶対です。

 

 

by glow-gen | 2014-05-28 00:27 | 運動会 | Trackback | Comments(20)

3年生のげんちゃんのこの頃 

a0184225_1883092.jpg

 注 3年の漢字は200字・・・・ため息ですが、字は、飛躍的にのびた項目でしょうね・・・

  なかなか、ゆっくりブログを書く暇がない今日この頃ですが、げんちゃんの3年生生活は、まあまあ、良いかんじです。
支援クラスの先生も、担任の先生も、すこぶる協力的で、毎日のように、お知らせノートに様子を書いてくれます。それによると、げんちゃんの支援での毎日は、良く学習に取り組み、他の子たちより、運動はぬきんでて、ソーシャルもなかなか・・・のように見えます。

 それでも、普通クラスでは、別の支援員の先生が、けっこうサポートをしてくれるようです。逆に言えば、まだそういうのが必要であるということでもあります。
運動会の練習が始まりました。”ダンスも上手にできています”、だの、”特に目立ったことはありません”、など、うれしい報告も来ます。過去のげんちゃんを考えれば、けっこう普通の人間になってきてるかもしれません。果たして、ここは、山の何合目なんだろうな~・・・

 げんちゃんが3年になって、特にのびたところは、

1,連絡帳に、たくさんの作文を書いてくること。・・

 でたらめの、文法、句読点無視、主語なし・・・みたいなものであっても、彼の頭には、書きたいことがあふれるようで、それが、文字として頻繁に置き換えられるのを見るのは、喜ばしいことです。ある時は、それにはまり、二日ついやして、8ページの作文を書いて帰りました。(もちろん、大きな字でうめた1ページですが。)内容は、友達と思いっきり遊んだ時のことで、印象深かったのでしょう。

2,字が、うまくなった。

 特に、新しく出てきた漢字を、普通の子がそうであるように、見て、その通りに書く。
 そういうことができてきてます。何しろ、1年で漢字が始まった頃、その形態をまねる、ということは、かなり難しいことのようで、マスに入れて書く、ということも、困難をきわめました。
 漢字の覚えはあいかわらず悪いですが、支援の先生が、新しい漢字のドリルを自習させても、一人取り組むことができるのは、以前を考えればすごいことです。

3,調子の良いときは、けっこう宿題を一人で取り組める。

 横につかずとも、宿題を一人で仕上げたり、明日の用意をしています。(調子良いときですが)

 当たり前のことですが、こういうことが、できないでいました。宿題をするげんちゃんを横目に、洗い物をしてるげんママがいたりするわけです。すごいことだよね。ま、集中が思いっきり切れて、消しゴムさわってることも多いけど。4回に一回くらいは、するするやったりします。本人ができる問題にかぎりますが・・

4,隣の子と、オセロの対戦をしました。能力は、低いですし、1年の子に負けてますが、負けてもやってること自体が、すごいことです。

5,逆上がりも、かなりましになってきて、まだできないものの、逆手で練習するようになりました。あともう少し。がんばれ!

うんていは、支援クラスで、もっともできるんだそうです。運動のプログラムの時は、げんちゃんは、支援クラスのお手本になるんだとか。

 げんちゃんと他の支援の子供さんの違いというのは、一言で言うと、がりがり取り組んだげんちゃんと、もし、負荷をあんまりかけずに来たげんちゃんがいるとすると、この二人のげんちゃんの違いなのかもしれないです。


 自分で髪を洗い、自分で、汚したパンツを部分洗いして、洗濯機に放り込む。上手にはやってないけど、とりあえず、そういう芸当だってできる。

 3年生の脳のシナプスは、3年生特有のネットワークを結んだのか。げんちゃんは、2年の彼とは違います。


 と、書くと、やれやれ、一件落着、ととれるかもしれませんが、横に、同級生が並ぶと、がくんと、評価は落ちてしまいます。普通の3年生は、もっと何かが決定的に違いますし、げんちゃんができないことの多くを難なくやってのけます。

 私が、もっとも、彼に望むこと。たとえば、算数を例にとって説明するなら、
1-3ー4-6-□-9・・・・ □を埋めなさい、なんて問題が手強いです。一つとんで、次は隣、また一つとんで、次は隣・・・・あることがらを見て、そこから、規則を見いだす。こうなっているということは、仕組みはこうに違いない。
 まあ、一言で言えば、神経ネットワークをうまく使って、生きた頭の使い方をする。とでも言いましょうか、単純な事柄から、次に発展する頭の展開力、とでも言いましょうか。そういう能力が、相当欠落してます。
 げんちゃんは、なんとか 4+7=11  ができても、□+7=11 はわからない。
 げんちゃんの状態は、うまいたとえが浮かばないけど、一言で言うとそんな感じです。

 だけど、昔のブログを読んでみたら、やっぱり、あの頃とは、げんちゃんは別物です。とりあえず、荒削りながら、とりあえず、平凡な普通の子のごく普通の生活の最低限あたりを送っているような、まあ、そんなかんじかな~。

 一つ一つの能力を試験してみたら、1年生レベル(いや、もっと低いかな~)かもしれないけど、手触りは、かなり普通っぽいところも出てきたようです。

 荒削りに、ざざっと削って掘り出した彫刻を、今から丹念に、細かく仕上げていく。他の同級生は、もうすでに、ディテールまでほりこんでいるような、げんママの感覚は、今そんな感じです。


 でもね。久々に、先日、やらかしました。7~8ヶ月ぶりに、女の子に暴力をふるってしまったのです。久々でした。もう、滅多にこういうことはないか、と思ってた矢先でした。
しかし、よーく考えたら、げんちゃんはその前の日、ホームスクールで、私にとてもひどくあたられていました。げんちゃんが、伸びれば、またげんママは期待して、目標値があがり、カリキュラムも進化する。そんな中で、後退とも思える事柄がちょっとでも出てくると、げんママは、とても彼にきびしくあたってしまう。


 たぶん、それが、翌日、他の子へ、同じ態度となって現れたのではないか、と思います。

私も、生身だから、いつも、にこにこできません。だけど、子は、親の鏡なのかもしれません。呵りまくって、その後、深く反省しました。

 げんちゃんとだけ対峙していると、もう出口がないような感じになるときもあります。でも、仕事にもどると、母親から、まま母くらいの、ちょっと冷静な距離がもどります。げんちゃんも、それくらいがいいんだろうな~。と思います。

 もっともっと・・・と気持ちが先行する母親にかわって、色んな人がかかわってくれて、げんちゃんは、げんちゃんなりの進化をしていくのでしょうね。

by glow-gen | 2014-05-17 17:18 | 3年生1学期 | Trackback | Comments(28)

普通の子の中にいる感覚異常の子ども達~ママ会

   ゴールデンウィークはママ会をしました。チンジンブログのチンジンさんと(パパも参加)、近所のNさんと、合計4人の、こじんまりな集まりでした。

 途中から、特別ゲストで、中学生のNちゃんが親子で参加しました。彼女は、うちの診療所の患者さんで、発達障害ではないものの、発達障害児と同じような視覚や聴覚の特徴を持つ、不思議な女の子です。以前ブログで、紹介したことがあります。

 彼女は、幼稚園の時から続いている原因不明の頭痛が主訴で、うちの診療所に来院しました。結局、彼女に、頭蓋マッサージやエクスサイズをやってもらったところ、頭痛が緩解することがわかり、私は、目の見え方の過敏があることをつきとめました。また最近来院したおりに、さらに、聞こえ方にも異常があることも分かった次第です。そこからお母さんに聞いてみると、彼女は、成績こそひどくはないものの、かなり、発達障害児が持つ、でこぼこをもっていることがわかり、参加の運びとなりました。

 Nちゃんは、話すと、普通の子より、むしろしとやかで、好感度が高い女の子です。一般的なソーシャルの問題はないように見えます。でも、聞くところによると、気にしなくていいとこを、異常に気にしてみたり、また、逆に、気にしなければいけないことが無頓着だったりするようです。だから、人間関係では、エネルギーを使いすぎて、疲れて、時々、学校を休むのだそうです。

 Nちゃんの印象は、話すと、目がちゃんと、ものをとらえて、知的な感じです。
 でも、意に反して、成績は真ん中くらい、意外にも、成績優秀ではないのだそうです。
そして、よくよく聞いてみると、学習の理解の過程が、驚くことに、けっこうげんちゃんとかぶります。、彼女の話は、考えさせられることが満載でした。全部は伝えきれないのだけど、覚えているとこだけでも、ピックアップしてます。

1, 時計の理解は、4年生までかなりちぐはぐだった。
  げんちゃんは、3年の今でも、時計はあやしいです。げんちゃんは、秒針の位置を、何度教えても、一発で答えられません。5,10.15.20....と順番に数えないとわかりません。何度入れてもだめ。必ず5.10.15....と行くわけです。
 ほんとに不思議です。
 ところが、Nちゃんも4年まで、まったくそうだっそうです。20分後は何時?なんて問題も、教室にある時計を見てじゃないと、どうしてもわからなかったんだとか。もちろん、げんちゃんと違って、教室の時計を見て答える知恵はちゃんとあったわけだけどね。

 それが、4年になって、すっとつながったそうです。

2, どうしても、聞き取りができない。究極のオンチ。
  お母さんが、ピアノを教えているそうですが、今でも音が聞き分けられないそうです。何度やってもだめで、音階を口ずさんだりさせると、どう努力させても、音をはずすんだとか。これは、もう、聴覚の問題がむんむんです。
 さらに、げんちゃんが、そうであるように、彼女も、鍵盤のラ、とか、ミとかの位置が、なかなか一発でわからないそうです。彼女も、順番に、ドレミファ・・・と探って位置を探り当てる。かなり、曲をマスターした今でも続いているようです。不思議にも、曲をマスターしてしまうと、この曲はその場所・・・ということで、いきなり、スタートの鍵盤に指をおけるそうですが、ミと言って、すっとミのとこに指がいかないとか・・・
 げんちゃんのレベルと、同じにしたら、申し訳ないけれど、感覚的なものは、非常に近似してます。

3,視覚の異常は、いたるところに及ぶ。

 真っ白のシルキーな紙に、真っ黒のゴシック文字、なんてものは、目が痛くて見えにくいそうです。
 奥行きが判定しにくいので、ボール遊びがすこぶる苦手で、大嫌い。部屋の角は見えない。直角のかどそのものです。
 そして、天井にある薄い長方形の板のような照明が、天井を彫り込んでついているように見えるようでした。実際は、普通に飛び出してついているものです。

4,絵が上手
 絵の才能がある、とお母さんは言っておられました。見え方が普通と違うのは、ユニークな才能を開花させているのでしょうか。

5,積み木の数が瞬時にわかる
 積み木の数を分解して考えなくても、答えがふってくるようなものなのでしょうかね。

6,漢字がどうしても覚えられない
 努力不足で片付けられてるそうですが、絶対そうではないようです。

7、もっとも苦手なのは、社会で、どうしてもどうしても、覚えられない・・・・
だそうです。これも、聴覚の問題ではないかと思われます。

8,頭痛、それもけっこうはげしい。
子どもにあるまじき・・・というか、いつも、体がばりばり、痛いとこだらけのようです。幼稚園の時代から頭痛に悩まされていたというから、気の毒です。発達障害の子ども達の体も、けっこうがちがちです。

 げんママは、この日、頭蓋マッサージや、骨盤の調整を、初めて、生でやってさしあげました。
 とても気持ちよかった。と喜んでもらいました。
 それが、とっても効を奏している証拠に、施術後に、上記の天井の照明の見え方が改善しました。ちゃんと、飛び出してついているように、見えるようになりました。


まあ、ざっと、書き上げてみたのですが、Nちゃんは、ひとつ間違えば、発達障害児と診断されかねないところがあるようです。

でも、彼女は、むしろ、天才卵、予備軍なのかもしれません。普通の人にない峰がありそうです。
確かに、でこぼこは、算数がだめとか、そういうおおまかなものではなく、算数の積み木は異常にできるのに、算数の何かはまるっきり不可能・・・事細かく散らばっています。

成績が、普通というのは、もったいない話のような気がします。何かお役にたてるノウハウがないか。げんママと、チンジンさんで色いろ知恵を出し合ってみました。

まずは、頭蓋マッサージをとにかく、忍耐強く続けてもらい、チンジンさんは、TLPをすすめました。TLPは、劇場で聴くのと同じ骨伝導音で、素晴らしい音楽を聴く治療法です。曲の周波数もちゃんと、しくまれていて、脳を改善し、聴覚もついでに改善する効果があるようです。(げんちゃんもやってるのですが、げんちゃんは、最近オンチが改善してます。て、いうか、歌を歌わない子でしたが、今はよく歌うようになってます。)
  
TLPは、げんちゃんのものを聴いてもらってみましたが、彼女は、すごく気に入ったようです。普通に、良いな~という気に入りかたではなく、あ、これで体が楽になれる~・・・といったような反応だったので、体が喜んでいたのかもしれません。

TLPは、聴覚に働きかけて、脳幹を育てる働きがあるそうです。

 また、漢字は、ノートに書くのではなく、大きく、腕を使って空中に書くことで覚えやすい、とチンジンさんが言ってました。
世界史は、覚えるための文章をふきこんで、それを、3倍速くらいで聴くのがいいのではないかな。と私。

 目は、現在、私のアドバイスで、ブルーライトカット仕様の度付きめがねを注文中だそうです。これは、特注で、ずいぶん、作成に時間がかかるのだそうです。

 今回のママ会は、Kちゃんの訪問で、ずいぶん、勉強になりました。今まで研究してきたことをもう一度、たどっていくようでした。



 発達障害児予備軍は、普通の子の中にもたくさんいるということです。彼らは、生きにくさの中でもがいていているようです。努力の積み重ねで、なんとか普通というところに、足をとどめているけど、本人のストレスは相当なものです。まして、普通の子でも大変な思春期を、Kちゃんが、必死で生きているのが想像できます。
げんママは、げんちゃんプロジェクトをはじめてこの3年たらずで、子ども達の見方というものが、180度かわってしまったようです。

 世の中には、知らずに平気ですごしている大事なことがいっぱいあるのです。



by glow-gen | 2014-05-08 20:00 | ママ会 | Trackback | Comments(18)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
Mさん ありがとうござ..
by glow-gen at 11:07
roboママさん アド..
by glow-gen at 11:02
続きです。 そして..
by robo223 at 20:06
電話番号を見て知らない番..
by robo223 at 18:52
きんたろうの母さん  ..
by glow-gen at 13:25
とんままさん アスレチ..
by glow-gen at 19:04
ひつじさん どうですか..
by glow-gen at 19:00
きんたろうの母さん >..
by glow-gen at 18:54
きんたろうの母さん あ..
by glow-gen at 18:51
とんままさん きくきく..
by glow-gen at 17:34
roboママさん 都会..
by glow-gen at 16:41
自分の言葉で説明すること..
by とんまま at 10:47
全く同じことで悩んでおら..
by とんまま at 10:16
げんちゃん、凄い!! ..
by とんまま at 09:38
げんちゃんの足音がヒタヒ..
by ひつじ at 08:07
小さい子に対して一歩引く..
by きんたろうの母 at 23:25
本当にこの子達って大器晩..
by robo223 at 21:08
roboママさん 私立..
by glow-gen at 19:00
roboママさん やは..
by glow-gen at 18:56
ゆうママ そうでしたか..
by glow-gen at 18:51
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
安定して出力してこない
at 2017-04-27 16:08
運動能力の確認
at 2017-04-24 17:09
復唱させること
at 2017-04-21 20:59
算数に言語を
at 2017-04-19 11:32
学校の宿題がわからない
at 2017-04-18 00:20
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧