げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

発達育児、休戦日、ママたちの休日 

  先週は連休が取れたし、なんと、そのうち二日は、げんちゃんが、サッカーの合宿に行ったので、自分のスケジュールをたくさん入れました。
とは言う物の、一日は、エジソンアインシュタイン協会にお話を頼まれて、発達育児のげんママの取り組みをお話させていただきました。スライドを100枚作って行きましたが、せいぜい40~50枚くらいしか、お話できなかったです。たぶん、げんママがこの3年間研究して取り組んできたことのノウハウは、たぶん、1日がかりでも話しきれないよな~・・・なんて思いました。

 今回は、目の見え方についてと、その理由と改善方法のいくつかをお話ししました。また、体の機能と、学習と、脳の発達がいかに切り離せないことなのか。ということも大きなテーマだったかな~。1月に七田の先生のとこでさせていただいた発表では、時間切れだった部分を、集中してやりました。その他にも、あれこれ、げんちゃんを軸にしてますが、普遍的なことをできるだけ話したいと思いました。ブログではあんまり書けないような、げんママの情けない遠吠え(笑)も色々暴露してしまいましたが・・・

 まあ、できはどうかわかりませんが、私の情熱だけは、みなさんに伝わったんじゃないかな~・・・と思いました。最後に、げんちゃんがプレーしているサッカーの動画を見ていただきました。
 上級生と二人で、ゴールまわりの練習をしているところです。これを、はぐれ雲で、やめさせようと思ったという1年生のエピソードのあとに見ていただいたので、やっぱり、皆さん驚かれたのではないかな~。普通にプレーして、最後に上級生に負けても、ひどいパニックにならずに、列にもどる。私も、あらためて見て、げんちゃんの進歩を再確認しました。げんちゃん、がんばってるんだな~。もっとほめてやらなくちゃ・・・と、反省しました。
 来られている方は、みな、就学前のお子さんか、げんちゃんくらいの子の保護者の方だったので、げんちゃんの話が少しでも役に立っていただけると、ホントにうれしいです。うっかり、来てくださった福岡近くの方々と連絡先交換もせず、もったいないことをしました。良かったら書き込みしてくださいね。
a0184225_17471137.jpg


これは、最近の漢字です。なんせ、1年の時、鉛筆をにぎるのもやっと、マスの中に漢字どころか、ひらがなも無理・・・という状態だったので、みなさんにお見せしたら、やっぱり驚くよね~・・・ほんと、書くのは、これでも、すごい伸びなんです。


 久しぶりに、エジソンアインシュタイン協会の鈴木昭平先生にお会いしました。いつもながらにこにこしておられて、熱く、発達障害児は天才だ~と語っておられました。生活や運動面は、とても上がってるのに、げんちゃんの学習面がなかなか上がらないと愚痴ると、色々アドバイスしていただきました。私が、やってる学習のさせかたは、だめだ~と一蹴されました。(笑) ストレスを与えすぎているんだそうです。確かに、つい
「なんで、こんなのできんの? さっきやったじゃない。」
みたいなのりになってますよね~。残念ながら。

「この子達の脳は、敏感だから、ストレスをかけたら、ぜったい効率が悪いんですよ。」
と鈴木先生は、いつものように力説されました。そして、そうなのか~、と改めて思ったのは、
「能力の、わずか上の問題をやるんです。」
ということです。そう無理なくやれる問題、しかも、能力より、ごくわずか上・・・それを積み重ねて、すこしずつ上げていく・・・それがストレスを与えない学習ということのようです。時々、きげんの良いときに、ちょっと難しい物を与える程度にするそうです。確かに、ストレスコントロールの下手な子ども達です。でも、そんなことをしてたら、いつまでも遅れたまんまじゃないのかな~と思うのですが、そんなことはないようです。少しずつ縮まって行くんだそうです。そもそも、×の項目を○にするように努力するのではなく、△を○にするというのが鈴木先生の提唱する発達育児の原則です。その意味は、言い換えるとそういうことだったようです。

 ふりかえってみれば、同級生から遅れをとりたくないために、簡単なものより、今の単元・・・みたいなことにこだわっていたかもしれないですね。
ちょうど、考えるところもあって、明日からのホームスクールは、新たな手法でやってみたいと、意欲がわいてます。

 さて、土曜日は、発達ママのお友達数人で、博多に出てお昼を食べました。ブログで知り合ったママもいます。この日は、みんな子どもさん抜きだったので、しゃべるしゃべる・・・・みなさん、前向きなかたばかりで、とってもエネルギーをいただきました。
 それに、なんと言っても楽しかったです。めったに、こういう時間は取れませんが、たまには、やりましょうと言って別れました。もしかしたら、支援クラスのママ友・・・と区切ってやっても、こうはもりあがらないかもしれません。子どもの将来に夢を描いて、改善の研究と実践を日々取り組んでいるママだからこその盛り上がり方だったかな・・と思いました。前線の戦士同士が、今日だけは、武器をちょっとおいて、つかの間の休息という感じですね。(笑)

 発達育児も、こういう素敵なフレンズが広がっていくんだから、まんざら悪くもないですね。そう思えた一日でした。ばんざ~い ???

a0184225_17465559.jpg

どんなクラスにしていきますか?仲の良いクラス?おもいやりのあるクラス?なんてことを書いてほしいのに、
「工事現場のようなクラス」なんて、やっぱり、はみ出してますよね。まだまだこんなんなので、普通クラスは、交流学級というわけです。ははは・・・・でも、おもろい。
 
by glow-gen | 2014-03-24 17:57 | 障害児の親 | Trackback | Comments(37)

ソーシャルの伸び 峰と溝

  
a0184225_1212365.jpg

    真ん中のオレンジがげんちゃんです。
もうすぐ、2年生が終わります。げんちゃんの能力は、2年生でとてもアップしたと思います。とはいえ、私が期待しているところとは程遠いですが。まあ、母親というものは、他人より、いつも辛口で評価してるかもしれないです。他人より、高いとこに目標をおいてるのかもしれない。いやそれとも、一つ一つの能力は上がってきても、総合的に、自閉症スペクトラム特有の、融通のきかなさとか、パニックになりやすいとことか、理論的に考えていった結果、生まれてくる社会性なんかが、まだまだ欠如してる、という違和感が、最優先に気になってしまうので、改善されたとこは、あたりまえといういう評価になってしまうのかもしれないです。どちらにしても、げんママは、どこかいきづまったような感じがありますよ。

 もっとも改善したのは、げんちゃんのソーシャルだと思います。げんちゃんを、1年の夏休みに、無理やりサッカーに入れました。数ヶ月して、あまりについていけてないし、一人、はぐれ雲みたいだから、チームに迷惑をかける気がして、やめさせることにしました。それで、先生に言いに行きました。
 しかし、ありがたい先生です。やめさせないでください。絶対成長しますから。と引き止められました。そこまで言われて、やめさせる理由もないので、続けさせていました。しかし、げんちゃん、2年になって、合宿も、特に、心配することもなく送り出すようになっていて、気がつくと、彼は、サッカースクールが大好きになっていました。

 1年から6年までの混合チームなのに、いじめられることもなく、みんなよくしてくれたのでしょうね。先日少し練習を見に行ったら、まったく違和感無く走っていたので驚きました。もちろん、うまい、とかいうことはありませんが、サッカーの目的にかなった動きをしています。たぶん、事情を知らないお母さんが、練習を見ても、げんちゃんが、発達障害なんて、わからないでしょう。

 これは、まったく想像できない結果でした。私が、サッカーにぶちこんだ(まさにそんな感じ)のは、運動量をこなしてほしかったのと、サッカーに必要な、周囲を見て動くというバランス感覚を獲得してほしかったからです。その頃は、まさか、普通にげんちゃんが、サッカーをするなんて、想像できなかったです。
 先月から、そのお世話になった先生が、転勤となり、新しい先生が来られました。若いけど、なかなか子供思いの良さそうな方です。ゆっくり、話す機会がありました。彼は、
「ぼくは、げんちゃんを、特別扱いしたことはありませんよ。でも、特に問題ないですよ。」
と言われました。
げんちゃんの総合的な力はかなり、上がっているようです。
ただ、げんちゃんのソーシャルは、あくまでも、慣れた場面。慣れたメンバー。けっこう人の良いグループで構成される集団、その中で、慣れた段取りで行われる、という限定つきです。やはり、ちょっとマイペースなげんちゃんは、同年代の、ちょっと先行ってるような子供たちの中では浮いてしまうかもしれないと思います。また、新しい練習方法とか、ちょっと複雑な構成になったりすると、適応するのに、他よりヘルプやエネルギーがいると思います。

 学校からの、友達クレーム情報も、最近は、ほとんどありません。たぶん、多少のことは、現場で終わりにしてもらっているでしょうから、まったくないわけではないと思いますが、2年生前半は、毎週のように連絡帳に報告が上がってきてました。上級生のTシャツにマジックでいたずらしたとか・・・

 げんちゃんの溝は、ひたすら算数です。国語とソーシャルは、けっこう同じグループで、国語が算数よりましなげんちゃんは、算数より、ソーシャルは延びやすいのだと思います。

 言葉が、ピンポンのように、うまくからみあうようになり、ボキャブラリーも増えると同時に、どうも、ソーシャルがのびているのではないか、と思われます。

 そのぶん、計算に始まる、算数の学習障害は、多少ましになったといえども、まだまだほえ~っと、ママはため息をつくことが多いです。

 溝になってる能力とは、なんと、しつこいものかしら・・・と思います。峰があがれば、溝が、少し引っ張られて上がる。そういう感じですね。「ソーシャルと言葉、」が溝という、げんちゃんと反対のパターンの子をもつお母さん方の苦労がしのばれます。
 でも、げんちゃんの算数でさえ、やっぱり、伸びて行ってるから、あきらめずに、地道に取り組むしかないですね。峰があがる、そして、溝があがる・・・溝で行き詰ったら、峰を、延ばすことにちょっとエネルギーを費やすといいのかもしれないです。

 げんママの最近の気づきです。

でも、サッカーから得た収穫は大きかったです。虎の穴にも入れてみるべきですね。虎の穴というのは、現状の能力より、2個3個飛ばし上の段階ということですけどね。

by glow-gen | 2014-03-19 00:56 | ソーシャルスキル | Trackback | Comments(20)

げんちゃんのちょっとしたソーシャル

   げんちゃんと格闘する日々ですが、色んな学びをします。
先日、公園に行くと、お友達が、「げんちゃ~ん」遠くから呼んでくれました。
友達と、とにかく、最近は、遊びたがる。そういうげんちゃんなので、げんちゃんは大喜び。彼のところへ行くと、N君は、なんと、身をひるがえして逃げ出しました。げんちゃんは一生懸命追いかけますが、彼はとうとうげんちゃんを振り切って行ってしまいました。遊具のところで、げんちゃんが、なんとか彼の横に行き、フレンドリーに働きかけましたが、あとから聞いてみると、
「あっち行け~。」
と言われたようでした。
やれやれ、ついに仲間はずれか~??と思い、げんちゃんに、
「N君は、げんちゃんのこと、やまびこ組(支援クラス)だから、仲間じゃないと思ったのかしら? 不思議ね。まあ、いいじゃない。そういうこともあるわよ。」
と言って、さらっと流して、ママが相手をして遊びました。

 しかし、げんママは、そのN君の走る姿を見て、ちょっと驚愕でした。なんと、すごく足が速く、げんちゃんより、小柄なのに、軸の安定が半端ないのです。げんちゃんは、かなり、軸も安定して、運動能力も上がってる、と思いましたが、まだまだなんだな~と思い、すぐさま、山を切り崩して作った大きなその公園の斜面についてる階段に行って、頂上まで、インターバルトレーニングをさせました。
 行って帰って休憩まで入れて2分。それを5本。ぶーぶー言いながら、げんちゃんは、がんばりました。お~、やるじゃん。がんばったね。ちなみに、ママはできんな~。きつくて。・・・・で、終わったら、体を使ったせいか、N君とのからみは、どっか行ってしまったみたい。
 なるほど。くよくよ考えることがある時は、ぱ~っと運動させるのいいかもですね。

 しかし、体幹がまだまだだということを認識して、げんママは、また、さぼっていた草刈民代さんの、ピラティスを取り入れた体幹トレーニングDVDを時々始めました。せいぜい週に2回くらいだけど、やはり、1回目より、2回目、できにくいポーズも、少し良くなっています。継続は力です。

 翌日、学校の連絡帳にN君とのからみを書いて、先生に一応報告しました。そしたら、先生から、
「N君は、なぜかみんなにそういう風にする子なんです。げんちゃんだけじゃないので、気にされなくていいですよ。それに、げんちゃん、と最初に呼んだのは、仲間と思ってるからのようです。」
とコメントがありました。なるほど。げんちゃんだけじゃなく、2年生の男の子って、まだまだ幼稚なんだね。でも、普通の子、発達の子に限らず、そういう事例にもまれながら、人間大きくなります。無事にまっすぐに育ってほしいですよね。まさに祈ります。

 さて、昨日おもしろいことがありました。
 げんちゃんは、いつの頃から、まったくしなかった工作を少しはするようになりました。しかし、みずから作る物は、駐車場とトンネルのみ。あ~あ。やれやれ。と思っていました。
そしたら、昨日、お菓子の筒状の空き箱で、望遠鏡なるものを作っていました。ただくりぬいて、そこに絵を描いて、ひもをお姉ちゃんにつけてもらった単純なものです。しかし、私は大喜び、ほめまくりました。
 翌日朝、ちょっとおちゃめに、ぽつりと、
「僕ね、しょうがないから作ったんだ~。だって、駐車場とトンネルしか作らないって言われるから。」

と言いました。私はびっくりしました。だって、だって、わかるでしょう。これって、普通の子ならなんてことはないことですが、げんちゃんが、人が言うのを気にして、自分の趣味嗜好を変えてみる、なんてこと、ありえなかったのです。

 これは、周りの状況に自分からあわせようかな・・・という高度なわざです。ささやかな、でも、すごい。
 たぶん、発達に日々取り組んでる人にだけわかる、小さな、でも、大きなネタですね。(笑)

by glow-gen | 2014-03-10 15:24 | ソーシャルスキル | Trackback | Comments(46)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧