げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

発達障害、遠い目標、近い目標

   絵がうまくなってからのげんちゃん・・・
なんか、こう、私のメンタルが変わってます。ちょっと行き詰まってるというか・・・ちょっとわからなくなってます。

さて、発達障害のステージというのがあります。(勝手に私が分けてるんだけど)

ステージ1,まずは、がっつり障害にふりまわされてる段階。
  言葉もちょっとしか出てなかったりして、コミュニケーションができないような段階です。げんちゃんも、最初はこうでした。まず、何かさせようなんてことは無理です。
  げんちゃんの好きなことに、こっちが合わせるしかなくて、フラッシュも、ぜんぜん見てくれないような感じです。(見てないように見えても、チラ見で入ってたりするようですけどね。)日々、くたくたになりながら、ちょっとでもつかめる所を探して、何でもかんでもトライしてました。
  私の場合、まずは、運動から重点的にやりました。延髄とか、小脳あたりで止まって、大脳辺縁系まで、まだ到達できないような時代だったのかもしれない・・・イメージ的に・・

  でも、この段階は、我々が表面的に感じるところとはうらはらに、実は、右脳が全開で、私たちにはない、神秘な能力があるそうです。そういう能力に歩み寄ってたことをやれてたとは、まったく思えませんが、あの時、私はあれが精一杯だったです。

ステージ2, 
 トレーナーの親として感じる点では、野生動物が、やや人間社会になれてきたような感じのステージです。
 そろそろ、粗大運動から、指先とかの微細運動に、とりかかってみようかな~、なんていう気持ちになります。学習をさせてみようか・・・という気にもなってきますね。小学校に入ってからのげんちゃんは、このステージ2だったと思います。

ステージ3
 今 たぶんげんちゃんは、ここにいます。2のステージをそろそろ乗り越えて、各論一つ一つの駒をまあまあこなしてきました。まだ荒削りながらも・・・です。一つ一つの項目は、△と○で埋まってきてます。二重丸ははなはだ少ないし、ないと言ってもいいかもしれないけれど。

  普通の子のグループに入ても、けっこうできることが出現してきました。もちろん全然できないこともある。・・・・少なくとも、対人とやりとりの応答は良くなってますよね。

 じゃあ、ステージ4は何か・・・

 げんママは、ここでちょっと行き詰まっています。ステップ4のイメージがわかないです。
発達育児を長年やってきて思うけど、ゴールのイメージはとても大切です。どういうステージに持っていきたいのか・・・・
遠い先のイメージと、ちょっと先のイメージ。まあ、目標ってやつだよね。

 遠い先のイメージは、もと自閉症ママの天才ゆうゆうさんのおかげで、イメージしやすくなってます。ゆうゆうさんみたいに、ピュアで、2000ページの難解な聖書を、3週間で速読してしまうような、異才の持ち主。人をひきつける不思議な魅力・・・良い意味でちょっとこの世離れしてる。

 今のげんちゃんの延長にそれがあることは、ちょっとイメージしにくいけれど、どこかで、ブレークスルーが来るとしたら可能です。だから、げんママは、良く聞く、せめて普通になってくれたら、というイメージを持ったことはないです。ステージ1の時でさえ、親ばかと言われようとも、はるかに高いユニークなイメージを持ち続けています。

 でも、ちょっと先のイメージがわかないです。どういう目標を立てて、トレーニングプログラムを立てたらいいか・・・
前回で書いたメンタルが大事、というのはわかるのだけど、だからと言って、算数を無視するわけにもいかないし。

 学校生活や、友達との交際も、だんだんましになってくると、時間もたくさんとられるようになります。そんな中で、ママは何をすればいいか・・・・

今考え中なの。

 書きながら・・・思い浮かんだこと。
げんちゃんを、右脳に今一度いざなう。
 そうだな~。げんちゃんの好きな読書。読み聞かせ。速読的にやってみたり、普通に音読したり、手始めに100冊を目標としてかたっぱしらからやってみるのはどうでしょう。その合間に、今までやってたようなことも、多少ははさみながらね。
 
 うん。それがいいかもしれない。ブログは、書きながら頭が整理されます。

ステージ4
 目先の目標
 げんちゃんのアイデンティティーを発掘する。げんちゃんワールドの充実・・・かな。彼の峰が明らかに周りにわかるように伸ばしていく。絵、文・・・想像力。とにかく、本で彼の世界をふくらませるのがいいような気がします。げんちゃんの峰は、他のところより、ここはまし・・・程度のものです。ここを、客観的に見ても、けっこうできる、にするんだよね。

 国語全部できるようにするとかじゃなくて、物語を作るのは、光ったとこがある、とかいう風にです。絵を入選させるとか・・・です。

 ぜんぜん、できないことだらけなのに、のんびり彼を右脳に放逐するのは、げんママにとっても、けっこう勇気がいります。でも、100冊達成と、ゲンちゃんワールドを何らかの形にする。と言葉に出して、目標設定すると、ただ、漠然と手綱をゆるめるというのではなく、おのずと、何をやるのか、見えてくるというものです。

 ブログのおかげで、私自身も、考察されていきますね~。ありがたや。

  
  

by glow-gen | 2013-12-16 19:42 | ママのホームスクール | Trackback | Comments(12)

発達障害のブレークスルー メンタルの力

 うわ~、ブログ久々に書けずにいました。なんせ、死にそうに忙しくて、毎日何をしているのやら・・・という日々でした。
でも、この2週間くらいの間に、色んなことがありました。

 まず、げんちゃんの進捗(しんちょく)状態・・・・げんちゃんの絵は、立体感を帯びてきました。遠近法が出現してきました。人物図にまともなバランスのものが出てきました。
 まともな絵が、とりあえず描け始めたのが今年の5月だから、半年ですごい伸びを示したと言えます。もちろん、1年生から、かなりのトレーニングをしてはいます。(点つなぎ300問以上、七田のお絵かきドリル二箱(ミラクルアイトレーニングといって、通算360枚の模写)それ以外にもちょこちょこ。もちろん、頭蓋仙骨で、目の見え方が良くなってることも背中を押してます。

a0184225_23261793.jpg

支援クラスは1年の子と二人です。H君を1年4組まで送っていきました。という絵日記の絵です。げんちゃんは、1年生に兄貴づらして、時々お世話らしきものをするようです。子供の大きさも意識して描けているし、何たって遠近が明らかです。後ろ姿の髪が、数週間前は、はげ頭のてっぺんだけ髪がついてました。

 さて、ゆうゆうさんに上の遠近を上手に描いた絵を見せたら、
「あ~・・・ブレーク来たね。」
と言われました。確かに、幼稚園では、さんかくさえ描けず、いえ、それどころか、鉛筆を持てなかったことを思うと、ブレークスルーと言ったって許されると思います。

 この子たちの伸びは、少しずつ時間とともに正比例するものではなく、ある時から、ぐんとのびていく放物線を描くものだと私は信じています。それというのも、多くの発達ママたちが、それを証言してくれているからです。
 右脳にためこんだものを、出力の左脳を発達させた時に、いっきに吐き出していくからなのかもしれません。

 だから、もう、算数も国語も、もっとブレークが来ていいはずだ・・・とげんママは、ずっとげんちゃんを期待して見ています。彼の入力も、もうはちきれそうになるほどいっぱいになっているはずです。
 ちなみに、ゆうゆうさんが勉強を教えている発達障害の子供さんは、頭蓋マッサージをきっかけに、ブレークして、勉強はむしろそこそこできる方に入っていったそうです。彼に入力してきた量は、げんちゃんにはおよばないと言ってましたが。・・

 げんちゃんも、受け答えがしっかりしてきているし、すべての面で、ブレークが来るはずだ、という予感がします。

 がしかし、ここのところ、来ていいはずのそれが一向に来ない。むしろ、足ふみ状態のような感触がずっと続いています。げんママは、なんか、もどかしくじれます。何かこう、彼を抑制する蓋でもあるかのように、それを、踏みとどめています。
 
理解力が一向につかない算数。入力してもしても出力しない漢字・・・・まわりのことへの配慮もいまだに抜け落ちます。それでも、字は、ほとんど問題ないくらいうまくなってる・・・

 あ~・・・このアンバランスは何なんだ!!!

 先日、学研の面談で言われたことがげんママの心に響きました。
 
「 げんちゃんたちは、ある一つのことができないと、それだけを徹底的にさせられます。でも、彼らは、そこだけをやっても、効率よくその場所ができてきません。能力を、パッチワークのようなパーツに分けると、パーツ単独で完成しているものではなくて、相互にかかわっています。それぞれのパーツはけっこう進化してきているのに、うまく、パーツを組み合わせて、自由自在に展開させることがなかなかできないでいる。それが今のげんちゃんです。」

「なるほど。」
「このパーツを広げ、相互に自由自在にあやつれるようになり、さらには、全体を広げていくための鍵はメンタルです。心です。げんちゃんは、今そこをのばしてあげなくてはならない。」

げんママが理解した言葉で書き直すとこんなことになるでしょうか。

でも、完全に云われたことを消化しきったわけではないけれど、げんママはなんとなく突き抜けました。

「ぼくはね、絵が得意だからね。」
とげんちゃんが、人に説明しているのを聞きました。実は、夏休み前、ママがかなり手伝って描かせた歯磨き週間のポスターが、選ばれて、近くの銀行に展示されました。賞をとることはできなかったけど、クラスの4人に一人に入ったのです。げんちゃんの絵は、下手でも、なんだか魅力的で、けっこうママや先生からほめてもらってました。たぶん、自分でも、会心のものを描けて来ていたのでしょうね。

a0184225_23283799.jpg

げんちゃんの絵は、一番左下の太陽と月のバックの絵です。太陽と月は、げんちゃんオリジナルだけど、構図はママが考えてざっと描いてやり、色塗りから、手のディテールから、半分はママが手伝いまくりです。顔がゆがんでるのは、げんちゃんが自分で描いたからです。今ならもっとうまく描けるかな~。でもね、銀行の壁に貼られたのでげんちゃんうれしかったのでしょうね。

 たぶん、ほめられる、という単純な理由だけではなく、彼の目が、ほかの友達と較べても、自分の絵は、けっこううまい・・・と自分自身が納得したのだと思います。

 でも、ほかのジャンルでは、彼自身、自分のできに納得していないのだと思います。自信が持てないのだろうと思います。私が、ほめるほめない・・・ということも関係がありますが、それより、むしろ、客観的に見て、自分を受け入れられないのかもしれないです。

 彼の心は、もっと自分を受け入れ、自信をもって、彼自身で自分を進化させていくべきなのです。

 げんママは、今、すべてを休んで、時を待つのが大事だ。と悟りました。私は水をやり、肥料をやってきた。しかし、この子を存在させてくださっている大いなるものが、げんちゃんを大きくしてくださるのをを信じて、ひたすら、目先のわざを休む時だと感じます。今からげんちゃんはさなぎになる・・・・

 この子たちは、もともとピュアです。ほかの子が、すでに悪く言えば俗的な(良く言えば、この世の処世術的な)知恵をどんどん獲得していっているのに、その場所は、まだ空きだらけです。でも、そこが、たぶん、この子たちは、すごくスピリチュアルな素敵なもので満たされていくのだと思います。それは神の領域なのかもしれません。

 だから、祈りつつ待つ・・・・
げんママは、今そんな心境です。だから、ホームスクールの日、ほとんど算数はやりませんでした。ひたすら、紙芝居つくりを二人でやってました。

 今日は、サッカーの合宿に喜んで行ってしまいました。心配じゃないと言うとうそになるけど、もう私の手を離さなければいけないのかもしれません・・・

 ここはできる、あそこはだめだ・・・と言うのを、しばし忘れて、ちょっとコーヒーブレークのげんママです。

a0184225_23273468.jpg

最近の絵日記。学研の先生のご主人が、車を修理していたらしいです。

a0184225_23271690.jpg

この絵の色使いはとても好きです。イタリアの国旗の色を聞いてきたので、その色を意識したのかな~。幼稚園の彼の絵は、グレーを中心に真っ暗でした。たぶん、今色がきちんと見えてるのだろうね。色使いなんて、ことがまともに言えるようになってきたなんて。幼稚園では考えられなかったね。

a0184225_23265754.jpg

まだまだ、手や足の幅など、完璧じゃないけど、この絵を見たとき、え?これ誰が描いたの?げんちゃんじゃないでしょ。と叫んでしまいました。会社の人のロボットだそうです。確かにジム服に見える。すごいと心からげんちゃんをほめました。5月はぼう人間しか描けなかったげんちゃんです。あるところから、いっきに行く。絶対そうだと思う。だから、あきらずにやらなきゃいけないと思う!
by glow-gen | 2013-12-07 23:55 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(32)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
ふーみんさん げんちゃ..
by glow-gen at 09:53
http://glowg..
by ふーみん at 22:56
ゆうママさん きっと似..
by glow-gen at 14:51
とんままさん そのうち..
by glow-gen at 11:54
ロボママさん いつもな..
by glow-gen at 11:44
げんちゃん100点、嬉し..
by ゆうママ at 15:49
すごい、すごい、げんちゃ..
by とんまま at 14:39
Aさん その2  算数..
by glow-gen at 11:06
国語のテスト100点おめ..
by robo223 at 10:37
Aさん げんちゃん、テ..
by glow-gen at 10:04
itoさん サプリメン..
by glow-gen at 23:21
とんままさん ありがと..
by glow-gen at 17:12
itoさん すごいペー..
by glow-gen at 17:08
ロボママさん すっかり..
by glow-gen at 17:02
げんちゃんママ様 何度..
by ito at 17:31
そうですね、まさに受け身..
by とんまま at 10:10
げんちゃんママ お返事..
by ito at 22:06
roboの場合はADHD..
by robo223 at 16:33
みかんさん 情動伝染、..
by glow-gen at 13:55
itoさん お子さんは..
by glow-gen at 13:49
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧