げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

漢字を入れた絵本がほしい! 合宿その後

 げんちゃんは、無事合宿から帰ってきました。どうだった?と聞くと、「疲れた~・・」
という程度で、まったく詳細はわかりません。楽しかった?と聞くと、特に抑揚もなく、「楽しかった」
と答えます。2度と行きたくない・・・と言わないのでよしとしましょう。おしっこパッドも、適当にかえていただいて、パンツの着替えが、3枚入っていたので、まあ、こんなもんかな?という感じです。私の中で、合宿はいつもブラックボックスです。

 スイミングは、(2ヶ月前に、とりあえず、休会にしてます。)、「絶対行きたくない!」と言うのを考えると、サッカーは、先生の配慮と、友達の寛容さで、とりあえず、許容範囲のようです。

 でも、翌日のホームスクールは、げんちゃんは、最悪状態でした。相当疲れていた模様と思われます。驚いたことに、この日は、少しできはじめていた、二桁引き算を、まったく忘れてしまってました。とっかかりもなし、という様子でした。げんママは当然パニックです。

そして、また次の日、そこそこ、前にもどっていていました。(ほっ!)

 あー、やれやれ、彼らは、しばらくやらなかったり、お疲れモードが先行すると、いきなり、地道に入力してきたことを、あっさり、忘れてしまうらしいです。ゆうゆうさんいわく、中学の時、ちょっと英語をしなかったら、ABCまですっこ抜けちゃったんだそうですよ。
 普通の子は、そこまで忘れませんから、まさに、ホラーですよね。ちなみに、ゆうゆうさんの英語は、基礎までもどって2週間でとりもどしたそうですけどね。

 水曜日は、朝は、学研の先生に見てもらい、昼から、仕事が早番の私が、スイミングに連れて行って、またトレーニングをやります。

 夏のこの気候は、私もだるさがありますが、水泳をすると、とても、すっきりします。たぶん、ジョギングとか他のスポーツだと、あと、クールダウンするまで、さらに、調子悪いような気がします。げんちゃんも、水泳後のホームスクールは、いい感じでした。
 ついでに言うと、げんちゃん、ビート板の助けなしで、顔付けして、5メートル進むようになりました。泳ぐスタートにやっとこれたようですね。

 さて、ホームスクールは、夏休み帳やら、計算やら、漢字やら、もうやることてんこもりです。特に、漢字は思ったより、時間をくってしまいます。なんせ、鉛筆コントロール初心者、形態認識いまいち、根気なし、記憶力最悪・・・4重苦のげんちゃんに、2年生の漢字160字(?)は、相当高いハードルですね。この漢字のおかげで、他のことができなくなるおそれがあります。どうしたものでしょう。
 
 げんちゃんは、本が好きという、唯一のアドバンテージを生かして、本で漢字に自然とふれさせるようにしたいのですが、げんちゃんの大好きなトーマスの絵本は、字がたくさんあるのに、ぜ~んぶひらがなです。どうして、日本の絵本って、こんなばかなことするのかな~。
 だって、大人が読み聞かせたり、小学生が読むような絵本は、漢字が入ったほうが合理的です。心配なら、かなふっときゃあいいんだからね。それなのに、ぜ~んぶひらがな・・・誰を対象に書いてるの?と怒りたくなります。

 それで、げんママ、トーマス絵本をホワイトで、夜なべして、漢字に修正中です。機関車とか、貨車とか駅とか、何回も出てくるんだから、漢字練習もしやすくなるはずです。

 
by glow-gen | 2013-07-26 23:18 | Trackback | Comments(36)

3回目のサッカーの合宿、尿漏れの心配

  今日は、げんちゃん、サッカーの合宿に行ってます。1年生の夏休みに、入門してから、3回目の合宿です。

 げんちゃんが、サッカーを始めた時、もう、げんママはトラの穴に落とす気分でした。コンセプトに配慮するスポーツ、そして、運動量が半端ないスポーツ。しかも、近くでやってるスポーツ。そういう選択肢にかなったサッカーでしたが、見学に行った時、一目で、これは無理だ。と思いました。

 そうですね~。今まで、色んなことをトライさせてきたけど、せいぜい能力の1段か2段階越え、くらいだったです。でも、サッカーは、3段階、いや4段階越えくらいに見えました。(なんたって、1年から6年合同のチームだよ。)

 それが、今では、サッカーの合宿3回目となるのだから、子供って何でも、放り込んでみるものなのかもしれないです。先生や仲間も良かったんでしょうね。

 あ、もちろん、今でも、ゴールをどっちに入れるかわかってるのだろうか・・・ちょっと微妙です。みんなと同じようなレベルとは、言いがたいと思います。でも、一応やっているんでしょうね。サッカーもどきを。

 私は、ホームスクールの夕方、サッカーに送り出したら、その時間は、げんちゃんから開放される時間にしました。だから、ほとんど見に行ってないので、どういう風かよく知りません。ま、でも、2キロを自転車で行って、2時間近く、練習に参加して、また自転車で一人もどってくる。携帯を持たせて、終わったら、連絡を入れる。という、げんちゃんにしては、ハイレベルなことを毎週やっています。
 先日、10階建てのマンションの階段を、10階までいっきに上らせたら、平気で、登って降りてきました。しかも、降りてきて、平気な顔してるので、再度、行け~、と言ったら、呼吸も乱さず、もう1回やりました。う~ん、やっぱり、このあたりは、サッカー効果なんじゃないかな?と思います。

 それから、昨日、合宿の準備をしてる最中に、「お風呂の時は、この袋を持っていくんだよ~」、なんて、荷造り説明をしてたら、なんか、ちゃんと聞いてるわけです。1回目の合宿と、ぜんぜん手ごたえが違うのです。やっぱり、彼は、進歩してるようです。

 

by glow-gen | 2013-07-21 22:21 | サッカー | Trackback | Comments(32)

学級崩壊児童で過ごした1学期

  夏休みになりました。
げんちゃんの1学期後半の学校生活は、ほんとさんざんでした。毎日、保健室に逃亡し、教室で勉強はほとんどできてません。離席が目立ちます・・・と連絡帳に書かれてました。いくら暑さのせいとは言っても、1年生では、席を離れることはなかったのですから、学校生活は、後退してるように見えます。

夏休みに、支援クラスの準備のために、知能検査や、就学相談を受けるのですが、担任の先生は、この離席状態(まあ、学級崩壊児童だわな・・)について、良く説明して、良い対策を考えてもらったらどうでしょう・・・と、言われてました。

 何で、ここで後退するの?と考え込みたくなるとこだけど、止まっていてもしかたないので、とにかくやることだけしっかりやる・・・・げんママはそれしか出来ない心境です。

 げんちゃんの能力の一つ一つは上がってます。でも、それら一つ一つを結びつけて、現状を分析して、自分が何をすべきかとか、次の段取りをイメージしたりすることは、まだまだ到達できない高い峰です。
 そこを何とかしたいのはやまやまだけど、基礎力をアップするしか、今は手はないんじゃないかな~。

 当のげんちゃんは、というと、とにかく
「おけいこごと減らして~。僕きつ~い。」
とか言うようになってます。

 でも、前より、友達と遊ぶことも多くなってるし、じゃあ、どれやめたいの?と聞くと、けっこう、一つ一つはどれも、やめるには、未練もあるようです。

なんか、見てると、自我が1年生の時よりはっきり芽生えてきているようでもあります。家で学習体勢に入ると、最初はいつもぐずります。でも、やり始めると、なんか集中していきます。

 今、力を入れてやっていることがあります。げんちゃんは、はさみがまともに使えるようになったのは、なんと1年生になってからです。年長さんで、とりあえず、年少向きの切り絵がやっとできるかな、というあたりにありました。
 だから、今でも、指先の能力は、同年齢の子よりかなり劣っています。さらに絵が描けなかったげんちゃんは、工作も、未だに悲惨です。
 でも、やっと、そのあたりに、伸びが来ているようなので、ここを強化することにしました。

 折り紙でふうせんを100枚折る・・・(なんたって、折り紙なんて、大してしたことないわけだから。)
 公文の567歳児向きペーパークラフトドリルを全部やる。
 ひも結びを練習する。
 塗り絵を、はみ出さず、白いところがないように、 塗る練習をする。

 お絵かき、模写・・・これらも、ぼちぼち並行してやらせながら、指先の能力を上げたいです。こういった体の能力というのは、ひとっとびに、高みへ行くものではないようです。
地道に、上がっていきます。ただ、地道ではありますが、ある量をこなすと、そこから、本人の楽しさ、とか、気づきとかが加わって、急カーブでのぼっていったりするものだと感じてます。
 ピアノの上達速度がみんなより、格段に遅いのも、この指先能力が原因だと思います。

 それから、お手玉を始めました、お手玉二つを、投げるあれです。右手でほおって、左手の玉を、右手にわたす。これは、なかなか難しいです。どうも、この技をするときは、視線は、手元と、上がる玉と両方に視野を広げる必要があるようです。これは、全体を把握して、ディテールをつめるのに役立つような気がしてます。

 げんちゃんは、もう一段階上に上がるために、今モラトリアムが来てる・・・そう思ってます。

なぜなら、以前見た脳の番組で、脳卒中後のトレーニングをしている場面がありました。スランプに見える状態の時に、脳を調べると、確実に、脳は進化していたのです。色々な、未完成品を出しながら、やがて統合されて、進化していく、そういう脳の原則があるに違いありません。

失望せずに、やることやりましょう。

a0184225_12584494.jpg

この首のジグザグ折りに、四苦八苦してました。やれやれ。
a0184225_12592791.jpg

a0184225_12595028.jpg

今の塗り絵能力・・・普通にやりたいようにやらせると、まだまだこの程度です。それでも、すごい進歩なんだけどね。
by glow-gen | 2013-07-20 13:02 | 小学校生活 | Trackback | Comments(9)

気候に左右される発達障害児~気圧、湿度、温度

げんちゃんは、ここんとこやってくれます。最悪のことばかり・・・・

先日は、仲良しのHちゃんと遊んでいて、突然行方不明になり、やっと捕獲したのは、8時半近く~。もう心配するやら、腹立たしいやら。私は、職場にいたので、車がないおばあちゃんは、どうすることもできず、Hちゃんのお母さんに、ずいぶん動いていただきました。
 何でも、他のお友達と、ふらっと、途中どっかに離れてしまい、あとは、一人キックボードでうろうろだったようです。

なんせ、学校から帰って遊び始めるのは、5時前だから、ちょっと油断すると、信じられないような時間になってしまいます。

 目の前に、楽しいことがあると、今まで、自分が誰と遊んでいて、どうしなければいけないか、とか、すっ飛んでしまうようです。ほんとバカ息子!

 当然、そういうことがあった次の日のホームスクールは、こっちのテンションも下がりっぱなし。それでも、ホームスクールになると、げんちゃんは、ちょっとくらい泣かされたって、(あんまりあほなときは、こっちも、つい、スパルタになってしまう。)机にまいもどって、がんばります。

 まあ、いいや。そのうち、支離滅裂の行動も、収束するだろう。なんて、気をとりなおしたと思ったら、今度は、学校から、連絡です。

同じクラスに、やや発達障害が疑われる女の子がいて、彼女がちょっと何かするたびに、げんちゃんは、すごく過剰に反応します。それを隣の席の女の子(ただいまの、げんちゃんのお世話係のAちゃんです。)に、たしなめられたとたん、げんちゃんは、グーで、その子をパンチしたらしいです。

 もう、ええかげんにせーよ!

 すぐに、相手のお母さんに謝罪の電話を入れます。ほんと申し訳ないです。

 水曜の昼からホームスクールの時、学校にお迎えに行きますが、そのときの様子を見れば、げんちゃんの学校での現状が、ある程度想像できます。家に帰る用意をしてるちょっとしたすきに、げんちゃんは、いつも、いなくなります。それで、彼を探す時間、ばかばかしくも、ホームスクールがずれ込みます。帰りたくないから、脱走するとかではなく、お気に入りの保健室に、ふらっと、脊髄反射みたいに、行ってしまうようです。家でのげんちゃんとは、別人のように、落ち着かず、私の言うことも、いまいち耳に入ってない様子。


 だから、担任の先生は、げんちゃんが、けっこう本読みがすらすらできる、とか、国語なら、算数より、だいぶましだ、なんてことも、ぜんぜんイメージできないようで、先生と情報交換すると、え、げんちゃんって、そんな長い教科書の単元をすらすら読めるんですか?
なんて、驚かれたりします。げんちゃんは、学校では、自分の持てる力を、ほとんど発揮できてない様子だから。

 とくに、ここんとこ激しいのは、気候のせいかもしれません。
ゆうゆうさんも、梅雨からこっち、体調が絶不調だといわれてたので、自閉症系の子供たちは、気圧や、湿度が悪いと、ほんとに、低空飛行になるのではないか、と思います。おまけに、暑いしね。

 よくよく考えれば、むち打ち症だって、脳梗塞だって、あらゆる脳の病気って、気圧や湿度に影響されることが多いです。当然脳のパターンが違って、脳のフレキシブルな反応が未熟なげんちゃんたちが、今の気候に左右されても不思議はないですね。

 げんちゃんがよく、保健室に逃げ込むのも、連日の暑さの中から、エアコンの部屋へ、非難するためなのかもしれません。


 それに、おためしで支援クラスに行けた日は、けっこうトラブルは少ないようです。顔がすかっとしてるのだとか。(残念ながら、先生が、担当できない日もけっこう多いですが。)
 もうすぐしたらウィスクⅢ(知能検査)を受けて、正式メンバーになるので、待ち遠しいですね。

 たぶん、他の発達ママたちも、この気候で、お困りごとがあってるんじゃないかな~、なんて想像してしまいます。

学校で見学するかぎり、彼らには、普通クラスがあって、静かに過ごせる支援クラスもあって、自分のテリトリーのホームスクールもあり。なんていう連合プログラムが、あってるな、と思います。

ま、しかし、また友達をたたいたりしないようにとりあえず、お風呂での暗示をしてみましょう。

 ゆうゆうさんも、子供さんで効果をあげてるんだそうですよ。鈴木昭平先生の暗示作戦。

げんちゃんは、楽しくみんなで勉強できます。
げんちゃんは、Nちゃんと仲良くできます。
げんちゃんは、連絡帳を楽しく書けます。
げんちゃんは、お友達に注意をされても、にっこり聞けます。

お風呂で、2回くらい言えばいいそうです。1ヶ月して、だんだん暗示がかかってくるんだそうです。



by glow-gen | 2013-07-11 23:53 | 天候と発達障害児 | Trackback | Comments(18)

発達障害の尿漏れ、おもらしに、漢方薬、小建中湯

  今日は、ちょっとしたうれしいことがありました。生まれて初めて、げんちゃんが、耳掃除を普通させてくれました。もう、あばれてあばれて、どうしようもなくて、耳鼻科でとってもらったこともありました。

 これは、なんか、とても不思議で、いきなりできるようになったのは、なぜなの?・・・・誰か、上手に分析してください!と思います。
TLPの音楽療法が関係する?いやあ、さっぱりわかりません。でも、めでたし、です。

 げんちゃんの悩みの、かなり大きなやつは、尿漏れです。4歳でオムツがはずれてからも、パンツが、湿ってないことはなかったです。治るかと様子を見ていたら、治るどころか、今年になって、おしっこパットや、オムツが必要なくらい激しくなりました。

 どんな風におもらししてるか、というと、ジャーと一気にもらすのではなく、ちょろちょろっと、何回にも分けて、おしっこがもれているようでした。本人気づくときもあるし、気づけないときもある。
学校から帰ると、まず、トイレで、パンツとおしっこパッドを交換。6時間目まである時は、もうはらはらです。学校で、忙しい先生にお世話していただくわけにもいかず、本人が自分で始末するのも無理。サッカーの合宿では、友達にからかわれたりするし、こっちも気をもんでました。

 とうとう、げんママ、様子を見てるだけもまずいな、と思い、動くことにしました。。

 ただ、以前泌尿器に行って調べたら、異常はありませんでした。不思議なことに、おねしょはしません。つまり、膀胱の容量などは、大丈夫ってことです。きっと、交感神経とか、副交感神経などの、調節の問題が大きいのではないか、と思われます。平たく言うと、げんちゃんの脳は、他の事で手一杯で、おしっこをコントロールするのを忘れちゃうんじゃないか、と思われます。

 さて、そこで、薬を処方してもらうことにしました。色々調べると、こういう場合には、交感神経を抑制する、抗コリン薬というのが処方されるようです。また漢方も併用されることが多いんだとか。

 近くの小児科に行って、事情を話し、抗コリン薬でも、漢方でもいいので、処方してくださいませんか?とたのんだら、自分は専門じゃないから、というので、国立病院の、小児の泌尿器科の先生を紹介されました。う~ん。めんどうくさいな~・・・

でも、行ってみることにしました。そこでも、発達障害の簡単な流れと、尿漏れが治らないことを話して、薬をお願いしました。先生は、う~んと悩んで、治ることは少ないよ・・・それに、漢方はわからないよ~、と言われました。

 げんママは、とりあえず、小建中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方をお願いして、出していただきました。調べるとこれは、小児の尿漏れの定番のようです。
 
 漢方では、おしっこがたくさん出てしまうのを、小便自利と言うそうです。小建中湯は、小児の小便自利に良いようです。
内容は、(ツムラ)
しゃくやく、
かんぞう
けいひ
たいそう

となってます。さらに、これは、コウイという、甘い粉が入ってます。だから、かなり飲みやすい漢方でもあります。

ある記述によると、夜尿や尿漏れの原因は、

1、膀胱の筋肉の緊張が強すぎる
2括約筋が弱い。(おしっこが出ないように、閉める筋肉)
3脊髄反射が鈍い
4中枢の反応が鈍い
5冷え性

と書いてありました。なんか、発達障害の子供たちに、どの項目もあてはまりそうなイメージですね。

そもそも、小建中湯は、子供の夜鳴き、かんの虫に効く漢方のようで、そいういう意味では、しばらく、げんちゃんに使っていた、抑肝散と作用が似てる部分もあります。

ただ、小建中湯は、虚証と言われる、体質が、虚弱な子向きで、そこがどの体質でもいい、抑肝散と少し違うところです。

抑肝散とは、内容で、かぶるものは、かんぞうくらいかな、と思われます。
げんちゃんは、抑肝散で情緒は安定したけど。お漏らしは、手ごたえがなく、げんちゃんの証は、虚(弱弱しい)では無いと思うけど、使ってみることにしました。

先生にメモをわたし、説得して、1か月分出していただきました。
「もし、げんちゃんで効いたら、他の子にも出すから、また来てね。」
と先生がおっしゃいました。

う~ん、なんて柔軟な先生。こういう人は名医です。パソコンで薬の名を検索して、あー、そういうのあるある、と言って、喜んでいました。楽しいね。

さて、飲み始めて1週間です。3日目くらいから、げんちゃんの尿漏れの量は、前より減りました。これはびっくりです。
漢方は、そもそも、何千年の昔に、すでに、その処方が、古文書に載っている不思議な生薬です。

西洋薬よりずいぶんマイルドだし、この一部分に効かせる、というより、体全体の流れを整える総合薬です。
発達の困った時のふところ刀として、漢方を位置づけているげんママです。
去年は抑肝散に助けられ、今年は、小建中湯に助けられそうです。

ちなみに、抑肝散に多少近いブレンドの、小便自利をおさえる処方としては、サイコカリュウ骨ボレイ湯というのもあります。これは、やや元気な体質向きのようです。

また、六味丸という、直接腎機能を高める処方も、いいかもしれませんね。

 少し手ごたえはありますが、1ヶ月やって、完全に治らなければ、他のもためそうかな・・・と思います。


困った時のアイテム・・・
漢方は、発達育児には、便利です。使わない手はないと思います。ただ、アドバイスできる医者はそう多くはないようですね。

by glow-gen | 2013-07-02 01:51 | お漏らし尿漏れ | Trackback | Comments(29)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
itoさん 確かにそう..
by glow-gen at 14:58
りんさん 頭蓋仙骨療法..
by glow-gen at 14:35
Aさん げんちゃんの勉..
by glow-gen at 14:35
げんちゃんママ様 先日..
by ito at 21:33
お伺いしたいのですが、 ..
by りん at 18:32
ふーみんさん げんちゃ..
by glow-gen at 09:53
http://glowg..
by ふーみん at 22:56
ゆうママさん きっと似..
by glow-gen at 14:51
とんままさん そのうち..
by glow-gen at 11:54
ロボママさん いつもな..
by glow-gen at 11:44
げんちゃん100点、嬉し..
by ゆうママ at 15:49
すごい、すごい、げんちゃ..
by とんまま at 14:39
Aさん その2  算数..
by glow-gen at 11:06
国語のテスト100点おめ..
by robo223 at 10:37
Aさん げんちゃん、テ..
by glow-gen at 10:04
itoさん サプリメン..
by glow-gen at 23:21
とんままさん ありがと..
by glow-gen at 17:12
itoさん すごいペー..
by glow-gen at 17:08
ロボママさん すっかり..
by glow-gen at 17:02
げんちゃんママ様 何度..
by ito at 17:31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧