げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

うんていクリア。サッカーオーライ。

 
a0184225_2031095.jpg
週1日のホームスクールも、9月からもう4ヶ月目になりました。始めた頃からすると、げんちゃんも慣れたようで、違和感がなくなりました。午前中は、学研の先生にお願いして個人指導に行ってます。げんちゃんそこが大のお気に入り。家も近いので、学校に行くように、自分でさっさと行きます。昼からは、ママのレッスンです。そして、夕方には、サッカーに行きます。
 1月から、げんちゃんの足腰を鍛えるために、2キロの道のりを、自分で歩いて行かせるようにしました。歩いて、そこからサッカー。まあ、なかなかいいプログラムです。
先日、サッカーを見ました。雨降りでした。げんちゃん、途中降り出した雨に、駆け足で、練習場に行ったみたいです。練習も雨の中。

 私はあとから車で行ったのですが、まあ、サッカーって雨の中でもやっちゃうんですね。
げんちゃんは、こんなモチベーション低くなりそうな練習の中、なんと、最後まで、ボールを追って走ってました。まあ、それには驚きました。
 同級生のお母さんに聞くと、行きがけ、げんちゃんを見つけた、もう一人の一年生は、車を降りて、そこからげんちゃんといっしょに行く、と言って、げんちゃんと歩いたそうでした。

 お母さんは、何気にそう言ったのですが、私は、ちょっとびっくり。その子は、サッカーもお勉強も抜群の子どもさんです。げんちゃんなんか相手にしない~、なんて感じでした。去年は・・・。
 合宿でけっこう仲良くなったのだろうか。・・・試合中その子が、足を打って痛がってたりしたのですが、「大丈夫?足痛い?」なんて、けなげに話しかけてもいました。

 サッカーの先生は、
「最近ずっとこんな感じですよ。一段階、あがりましたね。さらに、もう一段階あがったら、いい感じになると思いますよ。」

いい感じというのは、他の子と遜色ない、ということなのでしょうか。

 翌日、久しぶりに学校に行きました。お昼休みに行くと、げんちゃんは、友達と二人で、絵本読みのボランティアがあるというので、うれしそうに、かけって行ってしまいました。
他の子どもさんが、私におしかけてきて、
「おばちゃん、げんちゃん、時々自分の世界に入るよ~。」
とか言ってくるのだけど、彼らの話も、とっても幼くて可愛かったです。
「僕のいとこがね、こないだおばあちゃんとこで、逆立ちした。」

みたいな、きわめて局地的な話をしてきます。げんちゃんが幼稚だと思ってたけど、けっこう1年生は、まだまだかわいいもんですね。
ただ、げんちゃんがする局地的な話しと違うのは、5W1Hが、しっかりあって、いつどこで、誰が、とわかりやすいことです。げんちゃんは、いとこの話をしたら、
「逆立ちすごいんだ~。ぼくあたった。」
みたいな、わけの分からない話になります。いとこがおばあちゃんのところで、逆立ちをした。足があたってけんかになった。たとえばですね。こういうことだったりするわけです。
だから、友達から見れば、自分の世界に入るということになるのだと思います。

 まあ、しかし、1月から、あまり問題もおこしてないと先生は言ってたし、なかなかじゃないか。げんちゃん。

 と言ってほめました。帰りは、運動場に行ってうんてい、(渡り棒)チェックです。何しろ、夏に、げんちゃんは、10秒しかぶら下がれませんでした。先日は、5個渡れました。
「うんてい、渡りきったら、おもちゃ買ってあげるよ。だから、毎日、学校で練習しなさいね。」

 と言うと、げんちゃん、なんと、目が輝いて、あっというまに、うんていの端から端まで渡ってしまいました。(3~4メートルくらいだけど。)どうりで、字がうまくなったわけだね。

 ひゃ~。びっくりです。

 おばあちゃんや、親戚に、私が、げんちゃんに負荷をかけすぎるんじゃないか、って非難されることの多い年末年始でしたが、お~、結果出とるやんけ~。結果出たら、本人が一番うれしいんだもんね。じゃんじゃん負荷かけようっと。と懲りずに思うスパルタママです。(笑)

 げんちゃん、一歩また前進したようです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2013-01-25 20:03 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(15)

げんちゃんのモラトリアム。脳の苦悩

年明け、3学期を迎えました。
 考えてみれば、4月の入学式では、教室にちゃんと座って授業を聞いてられるのかしら?という心配に始まり、ランドセル空っぽ帰宅事件なんかもおこしてくれました。
でも、あれからさすがに、9ヶ月経った今では、学校生活をそこそここなしているげんちゃんです。

 インクジェットのインクリサイクルを持たせて、収集ボックスに出しといてね、と言えば、忘れずに出してきたりするようになってます。言いつけを覚えておく、実行する、みたいな芸当は、4月段階ではかなり難しかったです。
 たぶん、良い伸びを見せてるゲンちゃんなのだと思います。

 しかし、同級生の成長を間近に見ることがあると、やっぱり、げんちゃんは、同級生からはほど遠いところにいるようです。同級生は、限りなく2年生レベルに近づいて、なんとなく、言うこともやることも断然大人っぽくなっています。

 げんちゃんは、今やっと、1年生の初期みたいな感じです。学習で言えば、まさにそのあたりです。ひとけた足し算の考え方、二桁足し算の考え方・・・そういうものが多少は前よりつきつつあります。字も、鉛筆のコントロールが、やっと1年生をこなす上で必要なとこまできたかな、と思われます。会話も相手に呼応します。

 でも、やっぱり、げんちゃんは他の子と違います。

 細かいことを言えばきりがありませんが、一言で言えば、極端に幼いです。他の子が、何人かよって、ゲームをするとすると、だれかが、しきりに入って、じゃんけんの音頭をとったり、全体を見て、ルールの調整をしたりしてますが、ま、そういうことはできません。

 自分がやりたくなかったりすると、そういうゲームからも、身をおきます。やりたくないけど、ま、つきあうか、という調整はできないようです。

そして、自分が負けたら、またすぐにツボにはまって変な行動に出ることも、いまだあります。

 とにかく、周りの状況を見て、自分が何をするのか、把握するのはきわめて苦手です。

 宿題もわりとよくするようになりました。勉強する習慣もついてきてます。でも、自分で、宿題しなきゃ、とあせることはありません。しなさいと言えば、きげんが良いときは、素直に取り組みます。

 なんだろうな~・・・調教した動物君みたいに、やらせるととりあえずする。けっこう理解もしてる。でも、自分で状況を判断して取り組みはじめることはないです。

 でも、能力はやっぱり進歩しています。彼の今までの赤ちゃんぽいとこに加えて、やけに反抗的な部分も出てきてます。色んな能力が、伸びたり伸び悩んだりしているかんじで、互いにせめぎ合っているような気がします。

 その現れは、口元のチックになって出ているようです。さらに、おもらしが、ここ1ヶ月最高にひどいです。尿意がないのか、しょっちゅうトイレにいかせても、すぐにパンツをぬらしています。学校で二日続けてパンツを借りて帰ってきました。

 泌尿器科に行ったけど、表面的な検査では異常なし。これは、自律神経のトラブルなのかな、と思っています。私への反抗も前より強いです。

 おばあちゃんは、少し心配して、無理させすぎているのでは?と言ったりします。

 でも、私は、それらの徴候を大きく伸びる前のモラトリアムだと思っています。げんちゃんは、昔おしゃべりの能力が伸びる頃、さかんにどもりが出ました。ある時すっと治りました。
それと同じだとふんでいます。
 学校の学友たちから、色々意地悪されると感じているようです。でも、聞いてみると、だいたい、げんちゃんの言動などに最初の原因があったりしてます。でも、学校に行くのはいやじゃないようです。今までは、あまり学友の悪口を言わなかったのが、少し言うようになったのは、まわりが、前より見えてきてるからだと思っています。

 今、げんちゃんの脳は、噴火してるような状態なのかもしれません。生みの苦しみを味わっているのでしょう。
 できるだけ、げんちゃんのやりたい遊びをさせて、やさしく接するようにした方がいいな・・・と思います。でも、ぬかりなく、しっかり脳に働きかけることはしなければ、とも思います。

 がみがみ口うるさくなりたくないと思いつつ、ついなりがちなので、気をつけましょう。ママも忍耐の時期かもな~。ママは水をやることはできるけど、育てさせることはできないからね。

a0184225_11315354.jpg
a0184225_11323795.jpg

七田の60日間お絵かきドリル、うまいとは言えないし、でたらめだよ、と思うときもあるけど、それらしくまねているのは、以前にはまったくなかったことかも。上の絵は、調子が良いとき、下は、やる気無いとき。できが相当日によって違います。書かせてほめたら、ちょっと間をおいて、でたらめなのを、さっと書き方を教えてさらっともう一度流します。それも、もしかしたら必要ないのかもしれないけど。
 今20日目に入りました。絵の能力も、かなり伸びた項目です。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



 

by glow-gen | 2013-01-21 11:37 | 脳への考察 | Trackback | Comments(14)

成功体験を重視したスピード算数学習

   鈴木先生の個人レッスンを受けて、また少し考え方をかえて取り組んでみてます。

 げんちゃんは、さまざまな遅れがありますが、やはり、もっとも深刻なのは、暗算ができない、ということでしょう。絵もだめだし、ソーシャルもだめですが、ま、のびてるのが実感できるし、それなりの、結果が出てるので、暗算ほど、頭を痛めていません。(よいわけではなく、暗算がすさまじく異常性が強い、ということです。)

 1学期は、何度やっても、フラッシュしても、積み木の数で教えてみても、10玉ソロバンはじいてみても、サイコロやってみても、1の段がすらすら出てこない状態でした。
 じゃあ、数量感覚がないのかな? というとそうでもなく、数の概念はやっぱりわかっているようでした。

 文章題の、式は書けても、ひたすら暗算がだめなのです。夏休み、指先ができてくると、一桁計算は、指を使ってまあまあやるようになりました。何度やっても、4たす3とか、6たす3とか、即答できません。間違うときもあります。
 今、学校では二けた引き算になってます。引き算は、一桁も、かなり微妙ですが、二けた足し算は、少しやりかたがわかってきてるようないないような。答えが、12くらいまでは時々自力回答することもあります。

 だから、伸びてないわけではないです。が、こっちがかけてるエネルギーにしたら、やっぱり変だよね。このできなさって。という感じです。

 フラッシュを、とエジソンでは言われますが、フラッシュだけでできるようになる感覚がどうしても持てないので、あれこれやってきました。
鈴木先生に、そのあたりをしっかりお聞きしました。
 エジソンアインシュタインメソッドでは、高速フラッシュばかり、前面に出てくるのですが、やはり、フラッシュ以外に、あらゆる方向からやることは脳に定着させる意味で有意義のようでした。ちょっと誤解されそうな部分。フラッシュさえやれば、すべてオーケーということではないようです。(発達検査表を○にできるようにあらゆる方向からのアプローチ、+フラッシュ、サプリ。なのかな~?)

 暗算ができない理由のひとつ、短期記憶、(海馬がはたしているといわれる能力)が悪い、ということがあります。鈴木先生は、短期記憶を鍛える方法もやってくれました。そもそも学校教育は、ひたすら短期記憶を養うための訓練システムといえなくもないですよね。お勉強とは、心のメモ帳にさっと書きいれ、それを何枚も作って、互いの情報をやり取りしながら、次なる理論を展開していくものといってもいいかもしれません。

 短期記憶をのばすために、フラッシュカードを使って、1枚ずつを暗記させていくことを教えていただきました。私も実は同じようなことやってたのです。何枚かカードを見せて、カードの内容を覚えさせて言わせる、というようなことです。でも、先生とやり方が違うところがありました。先生は、1枚見せてかくして、当てさせます。次にもう一枚増やして、2枚をあてさせる。そうやって、彼が、言えるところの数まで、一つ一つあげていきます。
 これなら、成功しやすい。つまり、必ず成功体験ができるようなシステムでやっていくことが大事なのです。

 ドッツを使った計算にしても、計算の答えを、2~3枚のカードからとらせる。というようなやり方をすれば、難易度は下がります。わからなくて迷えば、あたりのカードに誘導する。なんでもないことのようですが、この成功体験というのが大事なのです。

 高速フラッシュに関して言えば、やっぱり、脳の活性化にもなり、ただ覚えさせるというようなものでもないようです。
げんママが色々やってきたこと、ソロバン、ピグマリオン的な入力のしかた、どれも、脳のシナプスを作る上では、無意味ではないようです。考えてみれば、私たちでも、あることを理解するのに、まったく違った方向から、ある時すっと入ることがあります。或る時、まったく違ったことを体験したとたん、今まで、ぼんやりしたことが、すっと理解できたりします。これぞ、脳のシナプスの樹状性というか、縦横無尽さです。

 でも、やっぱりフラッシュははずせないアイテムのようです。

 げんちゃんは、あらゆる方向から入力されてるわけですが、成功体験をしっかり入れることをもっとしなくてはいけませんでした。難しいのを考えさせれば脳は育つのではなく、考えたくなるような状況を作ることが大切なんですね。一つをじっくりではなく、同じようなパターン問題をスムーズにこなすことで、彼は、考え、推測し、そのことによって、短期記憶、理論的思考を組み立てていく回路が、ついていくようです。つまり、彼が、成功体験の心地よさから、だんだんはまりこんで考えていくようになるシステムが、眠っていた脳本来の使い方を巡回し、目覚めさせていくわけです。

 ここんとこげんちゃんは、フラッシュをして、ドリルをして計算に取り組んでいますが、この法則にしたがって、とにかくリズミカルに、正しい答えに、さっさと導いて短時間でたくさんの暗算をするようにしてます。
 学校のふたけた引き算さえ、どんどん、解法を誘導して、本人がやってるというより、ママがやってるのにつきあわせるような感じの時もあります。

 とにかく、楽しく集中して、脳をフルに回転させれば、シナプスが進化するのです。

 昨日2週間ぶりに行った塾の個人レッスンで、「今までできなかったことが、できるようになってるものもあり、びっくりしました。」と書いてくださいました。この先生は、長期の休みになると、優秀な子供たちの、合宿やら冬期講習やらで、レッスンがお休みになります。休み明けは、ちょっと「どや~」・・・みたいな気持ちで送り出してるママです。暗算すらすらというわけではまったくないし、やれやれという日々ですが、なんとなく、進歩してるんでしょうね。

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2013-01-12 23:47 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(12)

げんちゃんの字が変わった~。20日分の変化

  わー・・ブログを20二十日も書いてないのは、ブログはじまって以来かもです。文章書けなくなってしまった・・というのは冗談です。
そして、前のブログを読んでびっくり。げんちゃんは、この間、すごく伸びてました。

 自分の12月のブログにびっくりした理由。今、字がものすごくきれいに書ける様になっているからです。四角のマスにバランスよく、書くのも、縦線だけの中に文章を書くのも、別人です。・・・・なんと、あのお風呂のポスターは、上手に書けたな、と思ったのは、最初に現れる峰だったのかも・・・大きな振幅の上の振りがあれば、下の振りもあって、その気にならせないと、昔とあまりかわらない字も書いてきます。・・・がしかし、平均値は明らかにあがってる。

 前は、バランスよくとか、この線の間に、とか指示して書きかえさせても、そもそも、修正する能力がないようで、途方にくれたんですが、なんと、げんちゃんは、イエローカードを出して、書き換えさせると、言わんとするとこを理解して、改善してくるのです。気合が入ったときの字は、かなりいける。
  
 それに、漢字も明らかにうまくなってる。(もちろん、下の振りを見れば、だめだめだったりするけどね)
 げんちゃんの失われた20日(ま、たんに、ママがブログに記録してないってだけなんですが。)は、ミラクル20日間です。
 たぶん、そういうものなのかもしれない。日々変化していると、どうも見えない。いつも、高嶺を見て、ため息ばかり。でも、1ヶ月前、ときっちり較べれば、どの時点でも、ミラクルマンスなのかもな~。

 さて、げんちゃんのこの間の、特筆する出来事は色々ありました。

1、サッカーの合宿に行きました。
 サッカーを夏に始めたとき、まあ、サッカーなど、夢の夢と思ってました。ちょっとやって無理だな、と判断して、先生にやめると伝えると、先生に是非続けてほしいといわれ、続けました。なんとか、まぎれているけど、ちょっとはらはらです。合宿などちょっとどうかと思っていたら、やっぱり先生に、成長するから参加させてほしい、と言われ、無理やり参加。着替えや、洗面道具、前日は、2時間以上荷造りや、着替えの段取りの練習でした。

 でも、彼は、無事参加して帰ってきました。確かに、成長したようでした。

2、ずっと続けてきた、ビジョントレーニング、(点つなぎなど、見る力、絵を描く能力をつけるためのさまざまなトレーニング)格段に昔より良くなってきてる図形認識能力に加え、七田の60日間お絵かきドリルというのを始めました。1日ちょっとした取り組みを60日続けるセット。
  これは、ほんとにヒットです。

3、LaQ(ラキュウ)ブロックという、指先の能力がある程度ないとできない立体ブロックが、ずいぶんできるようになってきました。とにかく、これをもっとさせたくて、お風呂にもちこみました。平面のテキストを濡れないようにファイルして、平面から読み取らせて組み立てることをトライし始めました。お風呂タイムは、1時間を越えちゃったりします。5月のげんちゃんは、平面さえ、組み立てられませんでした。図形認識もだめだし、指先もまったくだめだったのです。まず食いつかなかった。それを考えれば、ブラボーでしょう。

4、自分で机について、普通の子のように、プリント学習に取り組みます。自立してやる態度がかなり生まれてます。

5、目で見た情報を処理する能力は、意識して、トレーニングしてましたが、(ビジョントレーニング系です)、良く考えると、耳から聞いた情報を処理することは、手薄だったな、と気づき、メトロノームを色んなことに取り入れることを始めました。ピアノの練習の時も、メトロノームの音を聞かせながら、リズムを守ってひかせていく、だとか、メトロノームに合わせてブレインジムのクロスクロールをさせるとか、漢字を書くときに、メトロノームを聞かせてリズミカルにやる、だとか。・・・・・これも、12月に思いついて始めました。


6、学研の先生が、授業とは別に、ママができない時間帯にげんちゃんを見てもらいました。げんちゃんが、遅れてる子だから、普通になるようにやってみる。という、よくあるスタンスではなく、やがてすごい能力が開花されるから、特別に指導する、といったありがたい、モチベーションの先生。同じ、学習指導するのも、この目線の違いは、学習ノウハウにも現れます。

この学研の先生のおかげもあって、げんちゃんは、机について学習に取り組むのは、日常の生活リズムとなっている様子です。


 おばあちゃんは、無事退院。なんとか、前の生活の7割くらいをとりもどしています。

 12月は、学校での個人面談がありました。それは、ママのモチベーションを下げるものでした。まだ、他の子より、しっかり劣っているんだ~。みたいな気持ちになったけど、確かに、げんちゃんは、伸びてます。

 今日は、鈴木先生の個人レッスンでした。必ず、鈴木先生は、ママのモチベーションを2段階くらい上げてくださいますね~。

 さあ、またこの調子でがんばりましょう~。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2013-01-05 23:38 | トレーニングの効果 | Trackback | Comments(15)

あけましておめでとう!発達育児2年経過しました

 まったく、ブログを更新する時間的余裕がなくて、すっかりご無沙汰です。

あけましておめでとうございます。
本当に、みなさん、今年もよろしくお願いします。

 お姑さんが年末退院して、療養中で、いつもと違ったお正月です。
まだまだ、日々ばたばたしています。

 げんちゃんは、色色あっております。
年末、ついに、サッカーの合宿に行っちゃいました。
 
 書きたいことが日々おこってますが、何しろ、過去最高に日々ばたばたしているので、文をまとめるひまもなく、とりあえず、生きてます・・・(笑)

 よく考えると、ブログをはじめて、2年たちました。

 3日ぼうずのげんママ、もっとも続いていることがらであります。
読んでくださる方がいらっしゃってのことですね。ありがたいです。

 昨年は、本当にお世話になりました。、また、この迷える発達育児に取り組むママをよろしくです。

 とりあえず、お正月のご挨拶を・・・

実は、明日は、エジソンの鈴木先生の個人レッスンを、げんちゃんは受ける予定です。
色々相談したいことが山盛りです。またレポートしますね。 

by glow-gen | 2013-01-04 20:22 | Trackback | Comments(11)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
前記事の時間もですが、今..
by ここあ at 20:59
一般の子供は特に意識する..
by robo223 at 20:47
Hanaさん  言葉、..
by glow-gen at 19:13
Mさん 学校での出来事..
by glow-gen at 19:05
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 18:59
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 18:57
言葉の真空地帯!うちの娘..
by growup_hana at 15:58
ごめんなさい、いま出先か..
by アドバイス下さい at 14:20
言葉の真空地帯…とっても..
by ゆうママ at 13:37
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 11:05
itoさん 星状神経説..
by glow-gen at 00:22
itoさん 脳の酸素量..
by glow-gen at 00:21
itoさん カイロ治療..
by glow-gen at 00:13
itoさん すごいです..
by glow-gen at 00:09
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 23:59
げんちゃんママさま い..
by ito at 23:44
とんままさん、アドバイス..
by glow-gen at 22:37
ただげんままを見てると ..
by アドバイス下さい at 16:27
とんままさんへ 返..
by アドバイス下さい at 16:23
いま子供と勉強中なので乱..
by アドバイス下さい at 09:49
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧