げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

知能検査~普通クラスは無理だな~

 療育で昨日、知能検査の3回目をうけたげんちゃんです。
そばでついていて、え?どうしてこれができないなかな?と思うくらい、ぼろぼろの結果でした。3枚のカードを、先生と同じように並べるという、簡単なテストも思うようにできず、それ以外も、日ごろのげんちゃんだったら、もっとできてもいいんではないかな、と思うくらい、うまくいきません。

 先生も、普通に遊ぶげんちゃんが、ちょっと見には、普通っぽいので、できるだけ、何度もチャンスをくれて、正解を出すのを期待してくれるのですが、まったく撃沈。

 楽観主義のママも、現実を見据えるしかない、とちょっと覚悟の気持ちになりました。

 自分なりに分析すると、やはり、げんちゃんは、自閉症スペクトラムに入るんだと思います。相手のペースだったり、相手の期待するものを読んで答えたりする、といった、パターンに自分をあてはめることができないのでしょう。同じ検査を、家で、彼の流儀でやることができれば、きっと、もっとできるんだと思いますが、初めてで、自分のテリトリーでないところでいきなるやると、まったくついていけないんだな、と思いました。

 でも、結果は結果。知能検査は、たぶん、ボーダーにも行かないような感じです。

 ママは、小学校は、普通クラスで、通級に週に1度、と思っていましたが、考えをかえました。げんちゃんには、特別クラスで勉強を教えてもらった方が、げんちゃんのためになるだろうと思いました。

 普通クラスでは、げんちゃんには、色んなことが入っていかないので、せっかくのげんちゃんの個性がだめになってしまうな、と思いました。

 療育の先生に聞くと、げんちゃんの行く小学校には、げんちゃんの入れそうな特別クラスがないので、申請を出さないといけないらしく、気の早いママは、検査の終わった足で、教育部署に行って、その旨相談しました。

 げんちゃんは、できれば、半分ママがホームスクールで教えたいな、と思っていましたが、仕事でスケジュールが難しいママですから、特別クラスが良いと思います。家でもできるだけ、ママの手作りホームスクール。げんちゃんの、個性は、普通の子と全く違います。入力の仕方も、理解の仕方も、オリジナルでなければだめだと思うのです。

 普通クラスなんてやってると、時間の無駄だ、と思いました。
 と、ママの考えを療育の先生に話すと、先生も同様の考えのようでした。

「うん、そうですね。げんちゃんの個性を発揮して、すごい子にするためのプログラムを、独自にやりましょう」

 なんて、もりあがってしまいました。先生が、私が普通クラスにぜんぜんこだわっていないのを知ると、色々アドバイスが出てきました。普通は、普通クラスにこだわるお母さんの気持ちを考えて色々気を遣いながらアドバイスされているようです。

 でも、おもしろかったのは、とんちんかんな答えです。
「げんちゃん、どうして、寝る前にトイレに行かなくちゃいかないの?」
「蚊がが飛んできて、さすでしょう。だから!」
ほんと、不思議な頭ですね。でも、おかしくて、横で笑っちゃいました。

 それから、間違った答えではあったんだけど、色を選んではめこむテストで、色を全部英語で言ってました。
それに、市役所にあった水飲み器を見て、
「これは、お水の出るマシーンなの?」
なんて聞いてくる。けっこういけてる発音で言いました。マシーンは、自動販売機が、ベンディングマシーンだって、教えたことしかなかったのです。英語も、少しずつげんちゃんの頭に入って行ってます。この子の頭は、よく理解できないけど、おもしろいことは確か。普通クラスなんかに行ったんでは、だめにしてしまう。

 ママは、おちこむ暇もなく、軌道修正です。

 とにかく、どうやったら、げんちゃんの頭にはいっていくのか、げんちゃんのおもしろすぎる能力をすばらしく発揮する方法はないか、毎日あれこれ考えています。時々、そればかりが頭をめぐって、ヒートしそうですが、仕事に行くと、今度はそればかりしてられないので、ちょうど良いのかもしれません。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




 
by glow-gen | 2011-07-27 13:20 | Trackback | Comments(2)

絵本の速読

 エジソンの電話カウンセリングの良いところは、カウンセラーの多くの方が、自分も何らかの発達に害をもつ子供のお母さんだというところです。現役ママが、トレーニングを受けて、今度は、相談を受ける側になっているって訳です。

 忙しさにかまけていると、ちゃんと向こうから電話をいただいて、どうですか?って声かけをしてくださいます。これは、とってもうれしい。やらなきゃいけないこともわかるし、でも、気分がちょっと落ち込んでたり、相談する内容がまとまってなくても、そうやって、声かけしてくださると、ぐんと気持ちカーブが右肩あがりになります。

 それに、もう一つすばらしいことは、彼らのもとに、色んな情報が集約されているということです。医学的に証明されることも大切だけど、経験則で、成功したノウハウは、相談をとおして、彼らのところに集まっているようです。毎回、げんちゃんトレーニングに役立つ色んなノウハウを教えられます。また、以前ふと頭にあったのに、すっかりわすれていたトレーニングを思い出したりします。

 電話で、げんちゃんの絵本読み聞かせのことを、話していたら、こんなアドバイスをいただきました。
「 絵本も、速読してあげてもいいですよ。右脳は、スピードが大切ですから、早読みの方が入る時だってあるようです。」

 なるほど。げんママさっそくやってみました。実は、たくさん読んでやろうといきんでいても、何しろ、大量の音読となると、ママもけっこうくたくたになっちゃいます。ふ~、ちょっとうんざり、なんて思っていたので、こちらにとっても、渡りに船。
 さっそくやってみました。
 ナイスです。

 げんちゃん、早口読みでも、十分楽しんでます。どんどんかわる内容に、わくわくしています。
そういえば、長い絵本だと、げんちゃんまちきれずに、次のページめくってしまうこともありました。
 ママも、頭がフル回転。ちょっとした脳トレです。

 それに、読む方が、苦痛じゃない。やっぱり、エジソンが教えてくれる方法は、ママがとっても楽のようです。ママが楽しんでやれることこそ、長続きの秘訣。

 先日から、「鈴木先生の光速読法」の本を読んで、速読できたらいいな、と、ちょっと練習なんかもしていたので、親子ともども、とっても良い感じ。

 でも、エジソンで教えられなかったら、やっぱり、こんな非常識な方法トライしなかったでしょうから、やっぱり、電話相談は役立つな~。

 ちなみに、英語の絵本は普通のスピードしか読めないので、めりはり読み聞かせです。

 げんちゃん、英語の絵本も、喜んで、持ってくるようになりました。

 算数は、まだまだ前途多難だけど、こうしてちょっとした成果が見えると、発達育児もちょっぴり幸せになります。 


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-26 01:04 | Trackback | Comments(2)

発達ママのストレス~胃粘膜~

連休は、げんちゃんのホームスクールに徹していました。げんちゃんだけを見ていると、以前できなかったことができていっていますが、同年代のお友達を見ると、あぜんとしてしまいます。
 げんちゃんが、カードを使って何度も教えこんで、やっとできるかできないか、ということを、始めっから、難なくやってしまいます。

 たとえば、げんちゃんは、月火水木金土日・・・と暗唱しているのに、月曜の次は何曜日?と聞くと、「う~ん、何だったかな~」 と答えられません。

 年中さんのお友達が、「今度の13日の水曜日にママとプールに行くの・・・」なんてことを当たり前のように言うのです。

 やれやれ、パソコンで言うなら、ウィンドウズ98のマシーンで、作業しているみたいな感じです。今やウィンドウズセブンなら何と言うことなくやってのけることを、いちいちクローズしてしまう。

 ま、私じゃなくても、発達ママはストレスかかえますよね。
そのせいか、単なる夏ばてかわかりませんが、げんママ、最近胃がきりきり痛んでとうとう、先週胃カメラで検査をしてもらいました。めったに病気なんてしないママは、胃潰瘍なんてがらじゃないし・・・と思います。幸い胃潰瘍ではなかったですが、びらん性胃炎。つまり、胃の粘膜が荒れていてちくちくしたようです。

 げんママは、健康おたくで、色々やってるので、ちょっと健康には自信があったのですが、胃がびらんしているなんて、どうしたんでしょうね・・・やっぱり、知らず知らずのうちに、げんちゃんのことは、ストレスになっているのかな~、と思いました。

 げんちゃんスクールをやってて、楽しいことも多いですが、やはり、成果、と言う点では、発達の早かったおねえちゃんなんかと比べたら、成果はなかなかあがらない、ですし・・・

 のんびり、マイペース! と決めていますが、私の思いとは裏腹に、ママの胃粘膜は素直に反応してるのかな?と思いました。

 ま、あらためて、のんびり、楽しくやりましょう。子供の成長は、右肩あがりの直線ではなく、ある日突然、すごいカーブであがっちゃうものです。 日々やっただけ、すぐに、成果が出るものではない。そこが面白いんだよ。と胃粘膜に言い聞かせました。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-20 11:05 | ワーキングママ | Trackback | Comments(5)

療育での知能テスト

 げんちゃん、ついに6歳の誕生日を迎えました。数字がほとんどよくわかっていないげんちゃんは、自分の誕生日もいまいよくわからないようですが、月日は、残酷にもどんどん過ぎていきます。
 そろそろ、小学校に向けて準備しなければならなくなりました。
 療育センターで、知能検査を受けているげんちゃんです。なかなか、1度ではできないので、3回にわけて、2回目が終わりました。

 げんちゃん、100均で買った、5歳ドリルは、そこそこやってのけたので、期待していましたが、結果はやれやれです。
 おうちでは微妙にヒント出していたんでしょう。まったく、げんちゃんひとりでやると、え、何でそんなのわかんないの?ってため息が出ます。

 とくにひどいのは、算数。どうも、5以上の数は、頭に入らないようです。足の指は?って聞かれると、「4本!」なんて答えます。

 おうちでも、指を、ぽんと6本出して、はいいくつ? とスピード学習してますが、なかなか6、とは答えられない。しかたないので、何度もインプット。ぽんと、一瞬指を出して、「1と5で6!」とママがスピーディーに声をあげる。そういうことを、けっこうこの数ヶ月繰り返しているんですが、一向に正解率は低いまま。

 これって、脳のその部分に障害があるんでしょうかねー。どうして、わかんないんだろう?と、こっちのほうが頭をかかえます。

 ま、普通の友達とのコミュニケーションは、そこそこ、おいついてきたので、普通学級に入れてもらって、特殊クラスでサポートを受ける、という小学校生活になりそうなげんちゃんです。

 でも、英語の絵本は、毎日読んでやってますが、いやがりません。絵本には、たとえば、lonely,
だとか、sadlly,だとか、いろんな単語が出てきます。そのニュアンスを、一部覚えてジェスチャーをします。ひらがなだけでなく、カタカナも、少し読めるようになりました。国語力は、すぐれている、というわけにはいきませんが、算数より、普通に近いようです。(でも、暗唱はむつかしいみたいだけど・・) 算数がよくわかんなくても、幸せになれないとは限りません。

 ちょっと癒し系げんちゃんは、ユニークなボーイになって、世界中の人とコミュニケーションをしていきます。
げんちゃんにしかできない役割があるでしょう。そのために、国語と英語はしっかり教えていこう、嫌いな算数ばかり、詰め込むのも、ま、自分におきかえると苦痛かもしれません。

 特別学級もどういう子がいるのかな?きっとユニーク集団だろうから、げんちゃんどうするかな?
小学校は不安だけど、ちょっと楽しみなままです。新しいことが始まると、いつもわくわくするへんなママなのでした。

 ママが教えるホームスクールも、いろいろ工夫してみたいな、と思います。英語の絵本を10冊くらいとりそろえて、毎日少しずつ、何度も読んでいますがこれは、実に楽しいです。私の英語力もあがっています。アマゾンで500円ちょっとくらいで、絵本はいくらでもそろいます。へー、こんな言い回しするんだ~、なんて、絵本の時間は、ママが楽しむ時間にもなってます。みなさんおすすめです。人がみんなやることで、負けちゃうんだったら、人がやらないことやるのがいいんじゃないかな~。げんちゃん3年後は、英単語500以上をめざそうかな。あじさいを見て、「ハイドレージャー!」なんて言う、おもしろいげんちゃんです。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-15 08:58 | Trackback | Comments(0)

NHK「世界ふれあい街歩き」が好きなげんちゃんの将来

 絵もだめ、音楽も興味ない、算数もまるっきしだめ・・・やれやれ、とりえが何にもない、と悲嘆したくなるげんちゃんですが、NHKの世界の街々を紹介する、世界ふれあい街歩き、という番組が大好きです。
 あの番組が始まったころから好きだったのでは?と思うくらい、げんちゃんは、あれが始まると目がテレビに釘付けです。
 げんちゃんの少ない長所、人見知りのないところ。

 ママは、ふっと、この子は、きっと大きくなったら、世界を回る子になるかも~、とイマジネーションがわいてきました。
 ならば、英語を教え込まなくっちゃ、ということで、げんママのげんちゃん英語プロジェクトが始まりました。
 エジソンのカードを英語でめくる、というのもいいのですが、簡単な英語の絵本を反復して読んでやることにしました。
 日本語と英語の絵本が、両方出ているものがあるので、日本語の方を何度も読んだあとは、英語の方に代えてしょっちゅう読みます。
 英語を読むときは、絵を見てなんとなくリズムを楽しむように。
「ママ、日本語の読んで」
といわれたら、たまに日本語にもどるけど、
「げんちゃんは、きっと、将来街歩き、みたいに、世界中を旅して回るすごい人になるよ。だから、ママは英語を読んでんの。

 英語を勉強するときは、とにかく日本語を入れない。
絵やジェスチャーで、英語のニュアンスを、獲得させていく。

 英語をべんきょうすれども、ちっともしゃべれないママが、何年か前に、奮起して、英語の勉強法なるものを、自分なりに獲得したのが、こんなとこで役立つとはおもしろい。何ごとも、どこで役にたつかわからないのが、特技というものです。(残念ながら、勉強法どまりなんだけどね。)

 私も、このさい、勉強するぞ、ってことで、げんちゃんの絵本を反復するごとに、かなり学んでいます。
 けっこうおもしろい。

いつか、げんちゃんを連れて、ハワイに行って見たいな~。またまた、げんママは、夢想するのでした・・・

日本語の発音も、いまいち、言葉の指導をうけているくせに、英語は、それらしく聞いたままを言ってみる、げんちゃん。子供の可能性は無限大です。

 今回のママの英語ブームは、必要にせまられているので、けっこうものになるかも。と、自分の英語の進歩もひそかに期待してます。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-04 23:51 | Trackback | Comments(0)

やっぱり、脳に機能障害があるんだな~

 日曜日、久々に、朝から晩までげんちゃんの知育遊びの相手をしました。
 先週、療育センターで、知能検査の前半を受けたげんちゃん。
「右足の指は何本?」との問いに、
「え~っと・・・4本!」と答えて、私にショックを与えたのは、記憶に新しいママです。あと数週間で6才になるというのに、やはりおそまつそのもののげんちゃん。つい、トレーニングに力が入ります。
 まずは、指先が3歳児並に不器用なげんちゃん。はさみのおけいこです。まっすぐ切る、というだけの、公文の2~4才向きの教材がシックハック。細長い直線でできている、新幹線を切り出して、つなげる、という単純な遊びも、1両の新幹線は二つに切断してしまいました。セロテープで貼るという段になって、え?そこまでできないの?という感じ。やれやれ・・・でもね~。運動機能がだめということは、そこがよくなれば、もう少し、頭も良くなる可能性だってあるはずだし、ママ、おさえておさえて・・・どうどうどう・・・と自分に言い聞かせてにっこり。
「うわ~。すごいね~・・・」

げんちゃん、根本的に問題なのは、やっぱり、賢い普通の子とくらべて、くいつきが悪いこと。すぐに、目がうろうろ。やりたくなくなっちゃう。

 発達に詳しい、体操教室の先生が、「おかあさん。まず、できたところまでをほめて、それから、次の課題を与えようね・・」
と言っていたのを思い出します。
完璧にできないと、不満が出てしまいがちなママ。

5と2は? う~ん。6・・・・
算数は、ほとんど進歩しないみたいでがっかり。

 日曜終わってみたら、ママはすっかり疲れ果てていました。現実に彼にどっぷりかかわると、
「なんて、おばかちゃんなのかな~」
と口をついて出てきます。いけないこととはわかっているんだけど、できるのが、当たり前、で、今まできていたママの人生は、修行も経験もたりないのよね・・・。

 医療人として思うんだけど、やっぱり、げんちゃん、脳の機能が部分的に、機能不全をおこしている感じ。
 サプリも必要だし、酸素の血中濃度をあげて、いっきに右脳トレーニングという、効率の良い、処方を工夫しないと行けないな、とあらためて感じました。

 最近エジソンで教えてもらった、脊椎マッサージや、頭皮マッサージ。脊椎マッサージは、背骨を指で上下にマッサージするやり方ですが、これも、大切に違いないと直感的に思いました。

 脳の機能不全を、もっと効率よくなんとかする方法があるはず・・・昨日はそこに想いをはせました。酸素ジュース、っていうサプリをふやして、飲ませたあと、一気にトレーニングをしたらいいだろうな、と思いました。今度は、そこを改善してトレーニングしてみようっと!

いじけては、また立ち上がる。げんちゃんのおかげで、人生楽しいよ!まったくう(泣き笑い)


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-04 10:59 | 発達障害治療プログラム | Trackback | Comments(5)

5才の1年は大人の何年にも値するんだよ!と言われました

 仕事の研究発表のデューティーがあって、寝る間も惜しんで原稿を作って、やっと終わったと思ったら、インフルエンザ。ここんとこ、げんママは、ママの役目をになっていません。とほほ。

 鈴木メソッドの電話相談、発達検査表をファックスする、などということも、遅滞、遅滞・・・
2日職場に泊まり込んで、げんちゃんお久しぶり・・・なんてこともありました。

 そして、とどめのインフルエンザ。家でうなっていると、エジソンアインシュタインのカウンセラーから電話をいただきました。
「どうですか?」
「はあ、仕事仕事でなかなか、フラッシュできなくて~・・・」
病気も手伝って、かなり情けない声をあげたママ。電話のむこうのAさんは、やさしくなぐさめてくれました。私は、とりあえず質問します。
 「あの、質問なんですけど。げんちゃん、たとえば、今会った初対面の人や、初めての場所の名前を、なかなか覚えないんです。これって、記憶力の障害なんでしょうか~」
 私は、今悩んでいることを伝えました。げんちゃんときたら、友達の名前もあまり覚えないし、初めて連れて行った動物園の名前も、覚えるのにかなり何度も反復がいるのです。子供って、覚えがいいんだと思っている私は、頭の衰えたママより、覚えが悪いげんちゃんに不安を覚えます。

 Aさんは、少し考えてから、
「もしかしたら、ママが、答えを引き出そうとして、聞いているってわかると、げんちゃんは、緊張するんじゃないでしょうか。確認作業って思われてしまうと、子供は引いてしまう場合がありますよ」

 なるほど、そう言えば、覚えていないので、しばらくしてまた聞いて、聞いて、というプレッシャーをかけていたことに気づきました。

 自分がなかなかトレーニングができないので、気持ちだけがあせり、成果を求めているところがありました。
「 とにかく、右脳に働きかけるっていうことは、ひたすら入力するってことですよ。確認作業はあとでいいんです。ある時から出てきますよ。」

Aさんは付け加え、静かにとっても優しく
「おかあさん、5才6才はとても大切ですよ。5才の1年は大人の何年分にも値します。なかなか忙しくて大変ですが、がんばってくださいね」
と言われました。

 いつも、エジソンアインシュタイン(鈴メソッド)からの電話は、またやるぞって気にならせていただけますね。
 何ごとも、孤軍奮闘はいけません。
 かわいいげんちゃんにまた、気持ちをリセットして、昨日は、2時間近く、知育遊びができて楽しかったです。
 
 あ~しかし。げんちゃんプログラムは、大変だけど面白いです。すごい未来をイメージしてる親ばかだからそうなんですけど・・・もっと時間をとりたいなー、やりたいことがいっぱいです。

ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-01 14:15 | Trackback | Comments(4)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
ロボママさん 苦楽しい..
by glow-gen at 23:33
ロボママさん すみませ..
by glow-gen at 23:26
げんちゃんママさん、すみ..
by robo223 at 16:32
きんたろうの母さん な..
by glow-gen at 14:28
itoさん すごい夢を..
by glow-gen at 14:25
紹介していただいた動画を..
by きんたろうの母 at 00:57
げんちゃんママさま ご..
by ito at 00:41
げんちゃんママさん あ..
by トマト at 21:52
Tさん その2 今のお..
by glow-gen at 20:27
Tさん ブログ読んで下..
by glow-gen at 20:24
たびたび申し訳ありません..
by robo223 at 20:17
トマトさんその2 私の..
by glow-gen at 20:12
トマトさん そうですか..
by glow-gen at 20:09
ロボママさんその ロボ..
by glow-gen at 19:38
ロボママさん ロボ君す..
by glow-gen at 19:35
Rさん 二つ同じのがあ..
by glow-gen at 19:28
itoさん その2 行..
by glow-gen at 19:21
itoさん おっしゃる..
by glow-gen at 18:34
はっぱどんさん >勉強..
by glow-gen at 18:06
こんばんは!お忙しいのに..
by トマト at 21:46
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧