げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

人生が劇的に変化する実践、成功脳のつくり方 ママの脳も鍛えましょう

 今日は、仕事場に泊まりです。こういう日が時々あるので、げんちゃんのプログラムも難航します。
 右脳を鍛えるのは、いつでも有効だと言っても、早い方がいいに決まっています。は~^^。どう逆さまになっても、ぼちぼちしかできないママです。

 家に電話を入れてげんちゃんと話すのは苦痛です。なぜなら、げんちゃんは、電話で、ママとまともな会話ができないのです。何でかなーー?面と向かって会話すればできるのに、電話だと、まるで赤ちゃん。それがわかっているので、電話でしゃべる前から暗い気持ちになります。

 まあ、いいや。いやなことは考えない方がいい。希望と親ばか的思考の方が気分が良いので、なるべく、そっちの回路で過ごすようにしましょう。

 さて、鈴木昭平先生の「こどもの脳に良いこと」という本は、とてもセンセーショナルで、一部、バッシングもまきおこしながらも、賛同者もどんどん増やしているような感じです。
 私は、そのプログラムを申し込んだ訳なのですが、鈴木先生が、ハンディキャップの専門家というだけでなく、脳のプロフェッショナルだということに改めて感動しました。

 「人生が劇的に変化する実践、成功脳のつくり方」、という本も、ついでのように読み始めたのですが、思わず夢中になってしまいました。

 もう、げんちゃんのことばかり考えてるからだめなんだわ。へとへとになっちゃったりするのよね。
 せっかく、脳の専門家のプログラムにご縁があったんだから、この際、私の脳もリニューアルして、賢くなっちゃいましょう。
 ふむふむ・・・鈴木先生の推奨するサプリの根本的な意味や、老化やぼけに対する、すばらしいノウハウ満載です。

 それに、原則論がわかると、げんちゃんのプログラムも、私流にやれるはずです。
おすすめです。

 今日のお泊まりのベッドで、読みながら寝ましょうか。げんちゃん、ママがかかわっていなくても、日が植物を育て、水が潤すように、あたしの知らないところで、成長もするでしょう。
 あたしができることがすべてではありません。ということで、今日もお疲れです。

 ハンディキャップのママたち、ほんま、お疲れさんどす!

 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-25 23:59 | 障害児の親 | Trackback | Comments(0)

春休み特別幼稚園

 幼稚園が春休みになりました。希望保育があるので、げんちゃんをあずけることにしました。
どうも、げんちゃんは、幼稚園フリーク・・もう幼稚園命みたいな感じなのです。
 そんなに楽しいなんて、何やってんのかなー・・・そのくせ、お友達の名前も先生の名前も、いまいち覚えていないんですよ。わけわかんない、って凡人の私は思っちゃいます。
 でも、行かないとごねられる苦労を考えるとありがたや、と思います。たぶん、げんちゃんって、まわりの他人に対して、あんまり興味がないんじゃないかと思います。ひたすら、自分の世界。

 そういえば、ママが眼精疲労で、「今日ね。お目々が痛いのよ、」なんてこぼしてしまった夜、げんちゃんは、ママの話は無視して、
「トーマスがね・・・」
と、自分の話を始めます。おやおや、いつものことながら、こんなことしてたら、友達できんぞ!と言うので、すぐに、修正。
「ママは、お目々が痛いって言ってるんだけど・・・。」
すると、棒読みみたいな調子で、
「どっちのお目々?」
と帰ってきたりします。ちょっと不出来な息子だけど、コミュニケーションスキルも、なんとかトレーニングしましょう。と思うママです。
 将来、情があつく、優秀な女の子が、げんちゃんを拾ってくれるかもしれないし。
うん、そうだ。
女性に嫌われないように育てよう、と思いたつのでありました。

「ちゃんとお話を聞いて答えましょうね。ママ右目が痛いのよ。お仕事しすぎだと思う。ママつらいんだけど」

「だいじょうぶ~」(とりあえず言ってみました、という感じ)
よしよし、その調子。
「げんちゃん。お友達がつらそうにしてたら、トーマスがね~、なんてお話始めちゃだめよ。どうしたの?って聞いてあげなくちゃ。わかった?」

「うん、わかったー」
果てしなくノー天気な調子。ほんまかいな!

はー、やれやれ。ママの気苦労はたえましぇーん!


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-23 14:54 | 障害児の親 | Trackback | Comments(0)

久々の連休、トレーニングざんまいしてみました。

 毎日、死にそうな過密スケジュールの中。待望の連休です。(医療関係は土曜は休みじゃないので2連休ですが・・)お姉ちゃんの時は、ほとんどおばあちゃんにまかせっきりだった育児でしたが、さすがに、発達障害のある息子げんちゃんは、そうもいきません。
 そうなると、母親って、仕事どころではなくなりますねー。やれやれ、どうにもこうにも、最近は、まったく過酷なスケジュールと精神状態に陥っています。
 日曜は、とりあえず、休養。なんか、私疲れてるなー・・・
今日月曜になって、朝起床すると、まずサプリを飲ませました。メインジュースは、ビタミンとかカロチンとか基礎の栄養素みたいです。それに、赤血球を多くする鉄だとか入っている粉。鈴木先生の本にあった脳の栄養素である、糖鎖のパウダー。DHCを含む魚油のカプセル。レシチンのジェリービーンズみたいなやつ。
 糖鎖のグミという食べやすいお菓子も入っています。
まあ、けっこう、種類が多いので、いつもは朝ばたばたと、げんちゃんの口に突っ込む感じですが、お休みの今日は、ゆっくり味わいながら(?)摂らせます。
 幸い、そう飲みにくくはなく、なんとか飲んでくれるので助かります。メインジュースは、オレンジ味で、まあオレンジジュースみたいといっても良いでしょう。

 それから、まずは、高速学習。指サックを買って、毎日練習したせいで、かなりママもうまくなっています。計算ができないげんちゃんに、数の丸が書いたカードからやってしまいます。カードも、公文カードも買い足して、あれこれ、7つか8つたまりました。

 しかし、一日げんちゃんのトレーニングをしていると、やっぱり、普通に、字を書かせてみたり(公文のなぞるカードをやっとするようになりました。)絵を書かせて見たりすると、つい、頭悪いなー・・・とため息が出ます。

 ママも、どちらかというと、優等生組だったし、おねえちゃんも、打てば響くタイプだったので、げんちゃんのように、できない、ということが、とってもストレス。ま、げんちゃんを迎えて、自分がそこそこお勉強ができたのも、たまたまだったんだなー、って謙虚になりましたよ。

 ほんとたまたまなんです。頭が悪いのも、たまたまのめぐりあわせ、誰のせいでもないんです。

 げんちゃんを育ててみて、多くの気づきと学びがあるものです。たぶん、優秀な子供しかいないお母さんは、わからないだろうなー(ため息)

 しかし、げんちゃんの時間軸で言うと、1月からこっち、いろいろ進歩してきているのです。どうしても、周りの子と比べて、だめだなー、と思ってしまいますが、肯定的に考える方がいいんだと思います。

 最近ちょっと、前向きに考えられなくなるママなので、走っても走っても、目標がどんどん先に逃げていくような感じがしてしまいます。そうすると、つい、
「げんちゃん、どうしてこんなことができないの?ばかじゃないの!」
って言ってしまうんだよな・・・やれやれ。

 でも、本を読んでとせがみ、本を読みながら、寝入ってしまったかわいいげんちゃんの寝顔を見ると、ことさらに、いとしい思いがつのってきます。げんちゃん、ママの子供になってくれてありがと・・・

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-22 00:45 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(0)

まだまだ足し算すらできないげんちゃんに、ままはあせっ!

 ママの仕事は、忙しすぎるし、げんちゃんは、あいかわらず、2と1をたすと?みたいな簡単な足し算すらできず、お着替えも、いまいち3歳児なみ・・・・
 気持ちだけあせるママです。
 鈴木メソッドが届いて、まるで、フォアグラあひるに無理矢理えさをつめこむみたいにして、サプリを飲ませて、ばたばたと、高速学習をしているウィークデー・・・なんだか限界を感じる今日この頃・・・・ちょっとブルーな気持ちになっています。

 鈴木先生の事務所のカウンセリングを受けることにしました。仕事中電話・・・
「あの、帰りがいつも9時なんです。それで、子供を寝かせるのは、つい11時になったりするんです。気持ちが焦ってしまいます・・・」
 電話の向こう側で、
「大丈夫です。少しずつやっていかないとだめです。あせるのはだめです・・・・」
ま、当たり前のことを当たり前にカウンセリングしていただきました。
 別に言われなくてもわかっているし、みたいな内容ですが、やっぱり、第三者がはげましてくれると、気持ちが楽になります。

 やはり、横にわかった人がついていてくれることは大きいのです。

 でも、げんちゃん、鈴木先生のところから届いたサプリを始めた翌日から、毎朝、きちんとうんちが出るのです。
 ひどい便秘があったわけではないけれど、うんちは気まぐれでした。
 これにはびっくり。やはり、体質は確実に改善されようとしているようです。

 ゲルマニウムをうめこんだ高い毛布が届き、これだけで3万ちょっと、パパは思いっきりひいていましたが、数日使って、げんちゃんが、毛布をあまり蹴飛ばさずに、よく眠っているので、疑い深いパパが、
「案外いのかもな・・・」
なんて言う始末。やると決めたからには、信じてだまされてみましょう。だってやるしかない。

 教科書通りサプリを飲ませることもできてないけれど、初めてそろそろ1週間。げんちゃんは、ゴミジュース(粉っぽいのでげんちゃんが銘々)にも慣れてきています。毎日大量のうんちは継続中。なんせ、腸内の健康は、脳の代謝の上でもとても大切と、鈴木昭平先生は言われていました。

 これだけを見たら、確実に効果はあがっています。

 早く、計算ができたり、絵が描けたり、みんなと同じように、身の回りもことができる、素敵なげんちゃんにならないかな==~~~~。あせるなって言われても、やっぱり期待してしまいますよね。ついつい、思うようにならないと、げんちゃんをどなってしまっただめママです。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-18 20:16 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(2)

ゴミジュースだって!

 東日本の震災は、本当に本当に心が痛みます。
 もし、げんちゃんくらいの子供がいるお母さんが、幼稚園からまだ帰っていない我が子と離ればなれになっていたりしたら、考えただけで痛みを覚えます。
 ほんと、発達障害だろうがなんだろうが、元気でほがらかにしてくれたら、子供はそれでいいんだな、と思いました。

 何もできない私ですが、何かお手伝いできることがあったらしていきたいです。

 時々私のブログを読んでいてくださっていた方が、被災したなかにいらっしゃったら、どうぞどうぞ、がんばってくださいね。

 震災の2日前に、水戸のエジソンアインシュタイン協会から、脳に良いプログラム(勝手に私がつけた名前ですが)セットが届きました。もし、数日違っていたら、届かなかったでしょうか。

 とにかく、センターから、びっくりするほどたくさんのサプリが届きました。その中には、睡眠を助けるゲルマニウムがうめこんである、高いタオルケットも入っていました。

 う~ん。この粉やら玉やら、あらゆるサプリを5歳のげんちゃんにうまく摂取させることができるかな?と自信がありません。
 高速学習のカードもいくつか入っていました。
脳に良い栄養をがんがん送りながら、右脳をきたえて、日々愛情をかけ、ほめまくる・・・ま、簡単に言うと、鈴木昭平先生のメソッドの中枢をなすプログラムです。

 なんたって、帰りが遅く、おばあちゃんとこにたどり着くのが9時前、家に帰るのが10時前というママの暮らしの中で、メソッドのどこまでこなせるか、サプリを前に自信喪失です。
 ま、それでも、土曜日からスタートしてみました。ま、できるだけ、というゆるいペースでやりましょう。
 その昔、先生は、サプリに行き着くまでは、高速学習などの、トレーニングと、生活改善だけで、知的障害の改善をやろうとしていたことがあって、それでも、何年もかかって成し遂げたようですから、プログラム通り飲ませることができなくても、だめということはないはずです。

 げんちゃんに、粉ジュースっぽいサプリを飲ませました。手始めに。
実はこれ、シェーカーで混ぜるのをしらず、スプーンで混ぜてあたえたところ、粉が残りまくってまずいジュースになってしまいました。

 げんちゃんは、いやそうな顔。
「まま、これゴミジュースだよ!」

はっはっは・・・ゴミジュースとはね。げんちゃんどこか詩的なんだよね。
ママは妙に納得してしまいました。

納得してる暇ないでしょう、ということで、焦って説明読んでいると、なるほど、シェーカーでやるのか~。

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-14 19:29 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(0)

親ばか力

 久しぶりに、幼稚園見学に行きました。
げんちゃんは、体操教室に参加していました。以前見たときより、回転したり、足踏みしたり、進歩していましたが、やっぱり、相当周りとテンポが違いました。

 「はい、あつまりまーーす。」と先生が声をかけると、他の子は、さっと集まるのですが、げんちゃんの目は、なんだか他のものを追っているようで、一人はぐれ雲のようになってしまいます。

 それでも、ふと気づいて、群れにはいっていったりするし、時には、優しい園友が、ひっぱってくれたりします。

 中でも、絵里ちゃんは、おしゃまなちいままで、げんちゃんのおせわをさっさかしてしまいます。はい座りましょう、と言われても、つったっていたげんちゃんを、うしろから抱きかかえて、絵里ちゃんがお膝に座らせて、じっとしていたのには、びっくりしました。

 げんちゃんもされるがまま、どうも、絵里ちゃんの母性本能に何か訴えかかえるげんちゃんなのかもしれません。そういえば、保育園の時も、だれか特別にくっついてきてくれる仲良しができていたげんちゃんでした。
 げんちゃんは、だれかれにも、あまり壁がないようで、お世話されると、気持ちよくされるがままになります。

 これは、げんちゃんの面白い特性だと思います。
マイペースでこまりものだけど、周りを侵害するわけでもなく、ただ一人、自分の世界を楽しんでいるようです。

 もちろん、のけものにされたりするときもあるのですが、あまり気にしている風でもなく、自分が興味のいくところに夢中になっていることが多いようです。

 脳のシナプスがまだまだ滞ってちょっと情けなくもなるのですが、げんちゃんのユニークな特性こそ、とっても素敵だと思う親ばかママです。集団の中で見ると、まぎれもない発達障害!そのずれかたは、もう笑うしかない。涙!やれやれ。

 体育の先生も、げんちゃんの様子を見極めてから、お月謝はいただきます、なんて恐縮なことをおっしゃいます。発達障害にも取り組む熱意むんむんの先生です。今は、まだ、げんちゃんにあったプログラムをやってないから、まだトライアルということでいいですよ、なんて、げんちゃんは、恵まれているよね。

 げんちゃん、げんちゃんの世界を大切にしながら、脳の開発をしていこうね。
ママは、げんちゃんが、きっと天才になると思いこんでいるよ。

これを親ばか力というらしい。親ばか力は、時にミラクルをおこすそうです。

 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-11 02:26 | 体遊び | Trackback | Comments(0)

鈴木昭平先生のセミナー その3

 a0184225_22171977.jpg
鈴木先生の福岡でのセミナーに参加して、翌日に、さっそく親子面談をうけることになりました。
われながら、早い展開。

 親子面談は、予約制で、いきなりセミナー後に受けられないのですが、スクールのコーディネーターのAさんに、私の専門の、口の機能訓練のお話をさせていただいたことが縁で、特別にキャンセル枠にいれていただく恩恵にあずかりました。

 保護者二人で参加していいということだったので、帰ってパパに話しました。鈴木先生の話はしていたものの、何でも疑ってかかるという用心深いスタンスの夫は、最初しぶっていましたが、げんちゃんのためという動機が、最終的には大きかったみたいで、来てくれることになりました。

 さて、当日、何百項目の発達検査チャートを書き上げて提出しました。それを集計してもらったら、現在の暦齢より、げんちゃんの性能は(笑)20ヶ月くらいは、ゆうに遅れていることが判明。まあ、市の知能検査とも重なる結果でした。

 先生を前に、家族3人座り、昨日セミナーで聞いたお話とかなり重なる内容の話を聞きました。夫は初めてなので、目を白黒させながら聞いていました。

 鈴木プログラムは4ヶ月間を一クールで行います。脳に良いさまざまなサプリを摂取しながら、カードの速習で右脳を鍛える。当然今までしているような、基本的な家庭でのトレーニングや教育は細やかに続けていく。そのようなプログラムお話をされました。
 2週間に一度レポートを出すとも言われました。電話でインストラクターが様々なアドバイスをしてくれて、相談にも乗ってくれるそうです。

 先生が、効果が出なかったら、訴えてもいいよ・・なんて笑って冗談を言われました。

 そのあと、カードでげんちゃんは右脳トレーニングをしてもらいました。

 何がびっくりしたかって、さすがその道20年、鈴木先生、カードを手品師のように、スピーディーにめくっていって、すごい速さで読み上げます。歌付のものもありました。高速学習と本では知っていたけど、こんなに早いとは思わなかったのでびっくりです。

 果たしてこのわざが、できるか、ちょっとプレッシャーです。もちろん、げんちゃんは、つかみが悪い、いつものげんちゃんではなく、鈴木先生のわざに飲み込まれ、すごい集中力を見せました。

 これには、さすがのパパもなっとくせざるを得なかったようです。
それから、子共をほめること、夫婦でほめあうこと、などを話されました。

 夫婦でほめあうのは、どうも実践できてるとはいえないパパですが、げんちゃんには、すこぶる否定的な言葉が減り、よくほめてくれるようになりました。

 これだけとっても鈴木先生の効果絶大です。

 気の早い私は、それから、早速本番メニューに申し込みました。今教材とサプリ待ちです。ほんと展開はやっ。我ながら・・・行動する時は、いつも迷いがないんだよねー。あたしって。笑えます。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-08 05:52 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(0)

鈴木昭平先生セミナー その2

 続きを・・・
福岡であった、鈴木昭平先生のセミナーが終わると、先生は親子面談の会場へ行かれようとされていました。もともと水戸が本拠地だから、福岡へ来られたときは、めいっぱいスケジュールが入っているみたいでした。
 私は、あわてて先生にご挨拶。発達ママ新米ですが、先生の本に感動して、是非是非やってみたい旨お話しました。おまけに、私は医療関係で働いていることもお話ししました。

 先生は、気さくにお話してくださり、私が発達障害の親なのに、超明るいので、「いいことですね」 とおっしゃってくださいました。

 それから、ちょっとした展開で、先生の片腕として働かれているコーディネーター(?)のAさんとお話がはずみ、鈴木先生のさまざまな内幕もお話下さいました。

 先生のセミナーの主軸をしめるもののひとつに、保護者の心のケアーというか、精神改革あるようです。なぜなら、障害はなおらないと、世間では思われているし、障害の程度によらず、けっこう、お母さんが、一度は親子心中を考えたり、うつ状態になっている人が多いようなのです。

 先生のプログラムを申し込むと、まず、親が前向きに考えられるように、明るくなって、家庭に大変革がおこるように、先生はしむけていくようです。

 それは、子供を改革して、改善させ、やがては、すごい個性を発揮するにいたるための、大前提なのです。

 鈴木先生のところに来られた様々な方のケースをAさんがお話下さり感動しました。

 確かに、それは本当だろうと思います。ハンディキャップは、誰もが見向きもしない、隠された原石で、こっそり拾って、磨いて、大どんでん返しをたくらもう・・・私は、げんちゃんのことを受けとめてから、けっこうそうやって楽しんでいるのですが、そういう人は少数派なのだとか。
 Aさんにほめられてしまいました。

 先生は子供をとにかくほめることを、重要なポイントにカウントしていますが、どうも、親もほめてくれて、のせてしまうみたい!

 わかっていても、いい気分で~す。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-05 17:57 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(2)

鈴木昭平先生のセミナーに行きましたー!

 土曜日に、鈴木昭平先生のセミナーに行きました。
鈴木先生は「子供の脳に良いこと」を書かれた先生で、知的障害は治るよ、と言ってはばからない努力の人です。
 職場のダウン児をもつスタッフと、障害児教育に燃えているピアノの先生と3人で参加しました。
一言感想は・・・
 とても感銘をうけました。すばらしかったですよ。
 発達初心者ママは知りませんでしたが、鈴木先生は、あの本を出してから反響もあったけど、すごいバッシングにもあったそうです。

 だって、知的障害は、どうしようもなく、治らない、と世間様はきめつけているので、そういうセンセーショナルなことを書いたりしたりすると、やはり大変なのだそうです。

 でも、先生の理論を聞いて、ますます納得してしまったげんちゃんママです。

 鈴木先生はまず、発達障害をふくめ、いろいろな障害は、脳の機能が悪いからだ、と考えておられます。左右の脳のバランス、神経の伝達の不備、神経回路自体の不備、この3つの原因が大きい。そして、脳だって、肝臓や腎臓と同じように臓器なのだから、ただトレーニングするだけではなく、きちんと、酸素を膨大に補う方法や、脳の栄養分を補う方法抜きには、良くなることは難しいと言われていました。

 左脳の働きが悪い子供たちの脳は右脳がそれをおぎなっているから、きちんとした臓器の回復を、サプリや血行をよくする方法ではかりながら、右脳に働きかける高速学習をするのが効果的であると言われていました。

 ただ、それだけではなく、まず、親が、楽しく子供を教育し、基本的な愛情や言葉かけスキンシップをとっていくことも重要で、ま、言ってみれば、高速学習という特殊なトレーニング法をのぞけば、しごくもっともで、当然なことを言っておられました。ま、地道・・・・。

 でも、先生がやっといきついた多くのサプリは、先生の努力のたまもので、他の人のセオリーにはない、すばらしいものでした。

 だって、よく考えたら、脳だって、食事や栄養、特別な補助サプリなど、必要でないはずがありません。他の臓器の異常を治すのには、薬やサプリがあるのに、脳だけトレーニングだけ、なんて、考えればおかしな話です。

 医療人としても何ら矛盾を感じませんでした。

 すばらしいです。

 意外だったのは、ここ1~2年先生が本でブレークする前は、本当に、先生一人で、すごい方法で、地道にほんの一握りのハンディキャップの子供たちを、幸福にするだけにとどまっていたそうです。なんかこう地道に、ハンディキャップ一筋、道なき道を歩いていたみたいです。

 そういう姿勢にも感動しました。

 さっそく、あれやこれやで個人面談まで受けてきてしまいました。
少しずつ書いていきますね。

 もうげんちゃんのことは心配してません。
個人面談のことはまた次に書きますが、先生がためしにした高速学習カードに、驚くほど反応したげんちゃんでした。まさに、げんちゃんは天才かと思っちゃったですよー。

 こうご期待!なんだか、げんちゃんが他の子にキャッチアップして、さらにはすごい天才脳になるのをイメージして、楽しくなってます。まず、げんちゃんを、ほめて、ほめてほめちぎる。脳の血流を良くするため、うれしいホルモンを出させなければいけません。 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-01 16:15 | 鈴木昭平先生 | Trackback | Comments(4)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧