げんちゃんの発達障害プロジェクト

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

読み書き、運動が苦手なのには理由があった

 ”読み書き。運動が苦手なのには理由があった。”

私がげんちゃんプロジェクトでまずやったのは、本を取り寄せること。このキャッチコピーは、北出勝也さんという方が書いた”ビジョントレーニング”という本のものです。

 視覚と運動能力を発達させることで、脳の前頭野が発達していく、という理論に基づくトレーニングのようです。自分から目で情報を取りにいく、ということができてない子がいるという説明は納得がいきます。

 なんせ、げんちゃんは、人と話すときも視線がうろうろ。運動能力がきわめて低く、発達の早い3歳児のできることでも、いまいち、ということも多いのです。
 それに、とても不思議だったのが、絵が描けないのです。2歳児が書くようなママの顔しか書けないし、それでも、あんまり書きたがらない。知能検査でも、図形におけるパートがかなり平均以下と出ました。

 ほう! この本のスクリーニング(ふるいわけ)チェックにかなりあてはまります。

 見たものから形の情報がとれないのも、ぴったんこです。だから絵が描けないみたい。ま、知能に問題がないのに、本が読めない、図形がわからない、そういう子は実は、目の機能に問題があった、ということが紹介されてます。
 げんちゃんは、知能検査ボーダーなのだけど、図形の部門がこれでアップするかも・・・という大いなる期待をこめて・・・

 まず、簡単なトレーニングとして紹介してあるのは、目でマークを追わせるトレーニング。たとえば、えんぴつの先につけた小さなアンパンマンのシールを、げんちゃんの目の前を右に行ったり、左に行ったり。
 簡単なことじゃん、と思うんだけど、けっこうげんちゃんはシック八苦。こらこら、追ってないぞ~~。はいもう一回!
 てな感じ。顔の真ん中において、顔に近づけて行くと、目がよっていかなきゃいけないけれど、げんちゃんはなかなかできません。

 げんちゃんの特徴として、できないことをやりたがらない、ということがあります。すぐに、拒否しだしましたが、なだめすかし、または、ママがしびれをきらし、ちょいと体育会系の指導もあったけど。ははは・・・ママも人間です。そうそう忍耐は続かないのだ。すんませ~ん。

 ま、とりあえず、毎日やりましょう。できたら、べたぼめ。
「うわー、げんちゃん、天才ジャン! ママあいしてるわ~ん!」

「おい、もう寝かしたれよ!」

と夫の声。あらら、こんな時間になってたわ。ま、今日は終わり・・

でも、脳科学の方は相当進んでます。この本は2009年初版。まだ日本ではまだまだ今からみたいなことがかいてありました。

 手当たりしだいの本選びだったけど、いける。げんちゃんの症状にもずいぶんあてはまるし、いろいろ応用してげんちゃんにやっていきたいと思ってます。

 ついでに、こういう世界があったなんて、まったく知らなかったです。プロフェッショナルになって、わが職場で出会う、同じような子供たちに役立つといいな、と思います。
 脳はまだまだ未知です。もしたとえ、医者がなおらん、と言っても、医者がすべて人体の秘密を神様のように知っているわけじゃありません。未知なる可能性にトライしましょう!

 少なくとも、30年前は、まったくこういう治療法や研究は皆無だったんですから、げんちゃんもあたしも幸せですよね。
 げんちゃん、イグノーベル賞を目指してがんばるどーーー!

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-31 02:51 | ビジョントレーニング | Trackback | Comments(0)

おとめ姉やみたいなももちゃん

 冬休みになって、昨日から、げんちゃんのいとこのももちゃんが我が家に泊まりに来ました。
ももちゃんは3年生。普通のかわいい女の子です。
 実は、ももちゃんが、小学校の普通クラスに所属して、時々もうひとつの支援学級に移って勉強していたということを知ったのは、げんちゃんの発達障害が疑われてからです。

 ちょっと、幼稚かな、と思っていたけど、まさかももちゃんにそういう障害があったなんて、ちっとも知らなかったのです。一見しては、問題があるように見えないももちゃんの秘密として、うちの家族にだけは知らされてなくて、げんちゃんのことをきっかけに、お姑さんがカミングアウトしてわかったのです。

 幼稚園からずっと知能検査を定期的に受けたりいろいろ、両親は大変なことを経験していたようです。大変だったんだね~~。
 
 お姑さんは、ちょっとため息。
「どうして、少ない孫なのに、こんなにうまくいかないのかしら?・・あたしはちゃんとした子生めたのにい・・・」

 と悔やみました。
う~ん。ま、その気持ちもわかるけど、
「おかあさん。わかんないよ。この二人、もしかして、イグノーベル賞とかとるかもしれないし、もも画伯になるかもしれないよ。大ばけする可能性も高いんだからね・!」
(イグノーベル賞は、ナンセンスで面白い研究に対して送られる賞です。)

 げんちゃんママは、そういうことを言われても、ちっとも気にならないので、いつも、いかした切り替えしを考えます。
 お姑さんも、いつも孫に愛情をそそいでくれるのですが、やっぱりそういう子って、持ってみて初めてわかることがあるので、受け入れるのに、時間がかかるようです。

 さて、ももちゃんは、すごかった。

げんちゃんのお世話が見事!。手先が不器用で臆病なげんちゃんが、いつものように、お着替えをぐずぐずしたり、おかたずけができなかったり、あらゆる不出来ぶりを、軽く叱りつけ、あっという間の手際で、お手伝いしたり、カバーしたり。

 げんちゃんも、まったくあらがわず、教育されています。これって、坂本龍馬と、おとめ姉やじゃないの! すごっ! ももちゃんしかできない技! 本を読んでくれたり、最近げんママがげんちゃんにしている、知育遊びも、的確な指導で、あきさせずしてくれました。

 すごい・・・・

ももちゃんには、深い感性の泉がある。そう思ったママでした。

 ももちゃんも、げんちゃんも、なんか可能性を秘めています。
今日は、とても寒くてお外で遊べなかったけれど、とっても楽しかったです。

 明日は、ももちゃんいないので、またママのげんちゃん教室です。がんば!

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-30 20:50 | Trackback | Comments(0)

発達障害を受け入れる。マイナスからプラス

 さて、げんちゃんにおける発達障害について、私がとりあえず、理解し、受け入れるまでは、通り抜けなければならない壁がありました。

 それは、まず、絶望、という壁です。
つまり、市の発達ルームで、暗に発達障害のレッテルを貼られたこと以外に、何の情報もなかったステージで立ちはだかった壁です。
 
 いまから、この子は、普通の子と違う、少し劣った道を歩まなければならないのですよ・・・私はこういう未来を予言されたかのようでした。

 うろたえました。どういう風に考えていいのかわからず、いつも明るく、超がつくほどの楽観主義の私が、なんと、何をやっても、気持ちが晴れないという非常事態に陥ったのです。

 いとおしいわが子が、なんだか厄介者のように感じました。

しかし、そのトンネルがしばらく続いたある日、なんだか、すこん、と気持ちが突き抜けたのです。

「よし、人がなんと言おうが、この子をすごい子に育てる!」

それは、ある情報が私に入ったからです。多動児も、自閉症も、その他発達障害も、脳の機能に問題があって、それは、前頭葉をきたえることで治る、という脳科学者の話でした。出所もわからない知り合いの受け売りのねただったのですが・・・

 かすかな望みがあるなら、私はそれに全力でかける!

 ただその情報をたよりに、そう思うと、もうまったく迷いがなくなったのです。

ネットで手当たり次第に関係本を手に入れました。発達障害を持つ先輩ママパパのブログも読みました。

私は、なんというか、すご~く育てるのが難しい幻の蘭の栽培農家の一員のような気になってしまいました。

 そう思い込んでしまうと、げんちゃんは、世にも珍しい絶滅危惧種の幻の銘花のような貴重な存在になっています。
 地獄から一転、天国にまっしぐらです。

 普通の子なんて目ではありません。なんたって、すごい花なんですからね。

 マイナスから、私はかなりプラスにふってしまいました。

ただ、げんちゃんは、もともと育てやすかった子でしたから、そんな風に早く一転できたのかもしれませんけどね。いろいろな方のブログを拝見すると、そうそう簡単に、楽観的になれないかも、と思える子供たちもいて、私は偉そうにできないよな・・・と思います。

 でも、初めて、そういう子供たちを持つ親の気持ちの一端でも、わかるようになったことは、私の人生にはとても有意義でした。今まで外野でながめているだけだったけど、どんどん応援しなくっちゃ!という気持ちになっています。どんな子も、やっぱり、すごい幻の花であるべきじゃないかな・・・
 みんながんばれ!

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-29 01:24 | ライター紹介 | Trackback | Comments(12)

子供の異常を親が受け入れる課程

 げんちゃんが、異常だってことを、認識して、理解するまでは、親としては、あるステップをふむ必要がありました。
 我々夫婦は、どちらかというと、優等生タイプかもしれません。他の子より、あらゆることで、落ちこぼれる、ということの意味がピンときません。時間がたてば、おいつくさ・・みたいに、のんきにしている私たちを横目に、保育園の先生や、発達ルームの先生は、少しいらだちをおぼえていたかもしれません。

 月に1度市の発達ルームに通うたびに、私としては、
「うちの子は、ちょっと遅いだけなのに、なんとおおげさな・・・」
だんだん、そこに行くのが苦痛とさえなってくるのでした。

しかし、ある決定的なことがありました。
「げんちゃんが小学校に上がるとき、支援するシステムがあるのは T小学校ですね」

はあ?げんちゃんは、小学校の学友についていけないということお?

私は、なんだか気分悪くて、もう、来月からここに来まいか・・と思ったのです。
そして、それに追い打ちをかけるように、園の先生が、
私が、そのいきさつを話したおりに、
「はあ、でも、やはり、きちんとサポートをしてあげないと、げんちゃんがかわいそうかな・・と思うんですよ」
と言ったのです。

さすがの私も、親だけが認識していないことを理解せざるおえなかったです。

それから、私は、前向きに受け入れることにしました。
私が次にやったことは、情報を集める、ということでした。
普通なら、そういうことを隠す親もいるらしいのですが、私は、職場の医院で、あたりかまわず、
「うちの子がさ~・・」
と話しまくりました。
意外と、あら、うちの子だって、こうだったのよ、みたいな話を聞けたりして、以下のような有用な情報が得られました。

1,年齢をさかのぼって、赤ちゃん体操をする。これをアドバイスした男性の息子さんは、ある時期親がいそがしすぎて、どもりが出たそうで、これが有効だったそうです。

2,脳科学者の発達を専門にしている某先生の講演会で、8歳までに、トレーニングでなおる・・
と言っていた。

へ~。脳なのか。

2番はいきなりはよくわからないので、家で1をやってみました。げんちゃん、以外におおはしゃぎ、目がきらきら。そっか~。体の体感運動は有効だね。

ま、まずはそんなスタートをきったママでした。

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-28 10:10 | ライター紹介 | Trackback | Comments(0)

友達の名前が覚えられない?

 なんだか今日は寒い!。福岡は雪です。
ママは腰が痛くて、げんちゃんを連れて、ちょっと離れた整体の先生のところへ行きました。
先生には、げんちゃんと数週間しか離れていない5歳の男の子がいます。やっちゃん。やっちゃんは、変身ベルトやピストルのおもちゃで、きびきび動きます。カードを持ち出して配りだす。
 げんちゃんは、とりあえず、いっしょに遊ぶんだけど、やっちゃんの勢いにあとずさり、
「僕は、カード遊びいやだ!」
げんちゃんはちょっと怒って、あっちへ行ってしまう。そうだよね。とりあえず、数字を数えられるものの、いざカードを前に出して来られて、4枚とって、と言っても、げんちゃんはうろたえるだけの様子。

やっちゃんは、げんちゃんに遊んでほしくてからむ。げんちゃんは、こういうシチュエーションになると、「僕は知らない」 と逃げ出す。自分勝手な方向へ歩いて言って、自分の世界を守ろうとする。

おうちに帰って、ママがげんちゃんに
「今日あそんだお友達の名前は?」

と聞くと、言えない。なぜか、いつも、遊んだばかりの子の名前が言えない。(知ってて知らないふりなのか、よくわからない)

「”やすひで”くんでしょう・・・」

とインターバルあけてくりかえせども、寝るまで撃沈。

はー・・・どうして名前が覚えられないの?認知症じゃあるまいに・・。

今日は寒くて、とっても体調不良なママ。こういう日は、げんちゃんに対して、いらいらしてしまう。

「どうして、げんちゃんは、そんなにばかなの?」
ついに怒ってしまった。

まあいいや。今日は良く寝て、また明日しきりなおしだべ! げんちゃんも寒くて調子悪かったんだべ・・・

ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-26 23:15 | Trackback | Comments(0)

のんきな私

 げんちゃんは、1歳半から近くの小規模の無認可保育園に入園しました。慣れてくると、何と言うことなく、物静かに過ごす息子でした。あまり、手もかからず、おとなしい子なので、私ってあたりがいいかも・・・なんて思っていました。
 3歳になる頃から、ちょっと反応がにぶいのかな~、と思い始めましたが、あんまり気にすることもなく、かわいい息子に仕事を終えて会うのがとっても楽しみでした。

 少しおしゃべりも遅かったし、おむつがとれるのも、かなり苦心して、4歳近くになってしまいましたが、その時点でも、私はあんまり問題意識もなく、よい子だな~、と思っていました。

 でも保育士さんたちは、なんだか変・・・と思われていたようです。コミュニケーションがスムーズじゃなく、同年齢の子供からかなり浮くんだそうです。
 へ~、また大げさな、と思う私。しかし、市の発達ルームに行かされて、知能検査を受けたら、きわめてボーダー。先生と遊ぶところを見ても、微妙に息子は空気読めてない。

 なるほど、そうだったんだ。やっとのんきな私も認識しました。
そういえば、まだ、昨日もずっと前も、今日も明日も、どうも区別できてないみたいだし、目をあわせて、しっかりコミュニケーションすることができないみたいです。

 こういう状況が今年の秋。
それでも、まだまだのんきな私でした。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2010-12-25 15:48 | ライター紹介 | Trackback | Comments(0)

げんちゃん、発達障害。

 5歳になる息子の、成長がちょっと変。どうも、発達障害があるようだ。もしかしたら、アスペルガー?最近周りに指摘されて、そういえばそうかも、と理解してきたところです。

 パパと6年生の娘と、医療関係に働くワーキングママの私。ありゃありゃどうしよう。最初は相当ショックだったけれど、切り替えは早いです。脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。
 明るく楽しく、でも、時々ため息。プロジェクトを立ち上げました。プロジェクトチーフはママ、スタッフは家族、おじいちゃん、おばあちゃん。

 育児日記なんて続きそうもないので、ブログにしてみるか~。もしかしたら、同じようなことで悩んでいるママもいるかもしれない。こういうのって、オープンにして、どんどん情報交換しなくっちゃね。ということで、ブログデビューです。

 どうぞよろしく。
by glow-gen | 2010-12-24 03:25 | ライター紹介 | Trackback | Comments(0)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
続きです。 そして..
by robo223 at 20:06
電話番号を見て知らない番..
by robo223 at 18:52
きんたろうの母さん  ..
by glow-gen at 13:25
とんままさん アスレチ..
by glow-gen at 19:04
ひつじさん どうですか..
by glow-gen at 19:00
きんたろうの母さん >..
by glow-gen at 18:54
きんたろうの母さん あ..
by glow-gen at 18:51
とんままさん きくきく..
by glow-gen at 17:34
roboママさん 都会..
by glow-gen at 16:41
自分の言葉で説明すること..
by とんまま at 10:47
全く同じことで悩んでおら..
by とんまま at 10:16
げんちゃん、凄い!! ..
by とんまま at 09:38
げんちゃんの足音がヒタヒ..
by ひつじ at 08:07
小さい子に対して一歩引く..
by きんたろうの母 at 23:25
本当にこの子達って大器晩..
by robo223 at 21:08
roboママさん 私立..
by glow-gen at 19:00
roboママさん やは..
by glow-gen at 18:56
ゆうママ そうでしたか..
by glow-gen at 18:51
とんままさん ほんとに..
by glow-gen at 18:47
こんにちは。げんちゃんマ..
by ゆうママ at 18:38
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
安定して出力してこない
at 2017-04-27 16:08
運動能力の確認
at 2017-04-24 17:09
復唱させること
at 2017-04-21 20:59
算数に言語を
at 2017-04-19 11:32
学校の宿題がわからない
at 2017-04-18 00:20
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧