げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:学習用ソフトを使って( 2 )

発達障害、上学年のステップ。

a0184225_3404142.jpg

右上は2年生の朝ドリル。1ページ国語算数5分づつです。学習のはじめのウォーミングアップにさせてます。この問題集だって、2年の時は、できずに、おいておいたものですからね~。なんと、できないとこがありますよ。ははは 汗。算数ドリルは、学校のものです。上巻は、やってないところを埋めてます。とにかく、これは、一度仕上げようと思ってます。下巻もあります。ところどころ宿題で出てました。あれこれ、取り組むより、下塗りペンキ勉強は、これを、一度埋めよう・・・ということに決めました。
  
 今日たまたま会った、職場のママさんの子供さんを見たら、え?年長のこの時期に、こんなことできてるの? げんちゃんは、最近普通にできてきたことだよ。

 と、心が揺れましたが、そんなよそ見なんて、する暇はありません。とにかく、彼は、深い沼の底から、少しずつ浮上してきているのですもの。最高のシナリオが描けるように、すべての面でアレンジする必要があるのです。

 錦織圭に、マイケルチャンなら、げんちゃんに、げんママ・・・・ははは・・・・でも、私はそれくらいの気合ですよ~・・・
 
 私は、月曜日に、支援の担任に電話を入れました。新年のあいさつを終えると、さっそく、

「先生、げんちゃんも私も、冬休みがんばりましたよ。かなり、伸びてきました。
 先生、3学期は、理科と社会は、普通クラスでお願いします。冬休みに、単元をすっ飛ばして、ざっとさらいましたから、遅れは心配しないでください。長年取り組んできて、今こそ、普通クラスでの刺激が必要な時が到来してます。もちろん、能力は、普通の子にくらべて、まだまだですが、普通クラスでのカリキュラムが、げんちゃんに、良い刺激になります。
 第一、5年になれば、クラスもかわるし、学科の内容も、ぐんと難しくなります。
 今しかありません。理科社会、そのほかにも、可能なかぎり、普通クラスに入れてください。」

 なんせ、12月、同様のリクエストをしたけれど、先生は、慎重にことを運んでいました。現場を知っているだけに、きっと、現実的な判断を下しておられたのでしょう。
私は、ちょっとやきもきして、とうとうこういう電話を入れてしまったわけです。

 能力にみあったところではなく、無理をしても、ちょっと上の段階へ進む時、・・・。そのときは、ひるまず、一気にやらねばなりません。これは、先生の判断より、げんママの判断が正しい。それは、長年やってきたからこそ、きっぱり言えることなのです。トラブルは多少あるかもしれないけれど、今がその時・・・

 まあね~。馬を信じる騎手みたいなものなんでしょうかね~。ははは・・・直感でもあります。

 げんちゃんは、4年の初め、3年の前半くらいの算数しか終わっていませんでした。二桁以上の掛け算もほとんどやれてなかったし、割り算も、そもそも理解できていませんでした。なんせ、20までの加減をあいかわらず消化できずにいたのですからね~。国語であれば、まともに、作文も書けない。そこから、夏休みと冬休みを経て、とにかくすっ飛ばして、4年の現在のところまで、1回、下塗りをするような按配で、とりあえず、追いついてきたのです。

 もちろん、しっかり理解しているとかではありません。でも、ペンキ塗りの按配です。薄く薄くムラだらけだけど、一度塗りはとりあえずした。そんな感じです。昔のげんちゃんなら、とうていできない芸当です。薄くムラと言ったのは、一人で、問題が解けるところも少しありますが、多くは、サポートがいります。その程度の一度塗りではあります。

 げんママは、ある明確な目標を立てました。5年は、支援クラスから、普通クラスへ移行する準備期間。6年は、普通クラスでも、普通に勉強できるようになる。中期の目標です。

 では、短期の目標は、

 算数
 1、暗算がまだまだ遅いので、暗算のトレーニングを続ける。(四則)
 2、積み木での作業による、加減トレーニングを、根気よく続ける。(水道方式の積み木を使って、20までの加減を作業とともに、実感する。)
 3、すっ飛ばしてきた、3年の2学期までの内容を、2度塗り勉強する。(ペンキ塗り勉強法です。何度も、しつこくなく、反復を続けるのです。)
 4、ベネッセのチャレンジタブレットで、現行の学校の単元を(普通クラスの進ちょく)、予習中心にすすめていく。
 ベネッセのチャレンジタッチは、結局、新年から、採用した勉強アイテムです。このアイテムを手にいれたことで、プランニングのさいの、悩みが少し解消しました。
 それは、普通のクラスの進ちょく状態を基準にして、過去の復習になるところと、これから習うところ。そのバランスをどうとるか、という悩みです。

 国語、
 1、福嶋式の視写の作文問題を、継続する。
 2、取り組むのが難しくて、やっていなかった、しちだの2年の国語の問題集を、1枚ずつ取り組む。(ちょっと独特で、文を作ることが中心の問題が多いです。2年生用にしては、難しいし、独創的な問題です。)
 3、タブレットで、漢字を暗記。手書き漢字ドリル(フリーソフト)を使う。 
    (出力の練習を短時間で、大量にできるので、漢字帳で、書いて練習するより、ずっと効果的です。)
 4、チャレンジタブレットで、教科書中心の、文章問題に取り組む。
 5、読書量をふやす。 (幸いげんちゃんにとって、本は、ご褒美のようです。

 社会理科
 チャレンジタブレットの問題をやっていく。
 県名、理科の星座など、そろそろ中学受験などでも、鍵となる学習内容が出てきています。歌で覚えさせたり、反復させたりして、おさえる。

 運動
 上半身の力をつける。(寒くてさぼっている、水泳に、週1は連れて行く。押し車。壁倒立など・・・)

 その他
  ピアノ・・・なんとか、朝練習できないか・・・時間がなかなかとれない。

 英語
 チャンレンジタブレットで、遊び感覚でやる。週1の英語の時間だけでなく、週3回くらいはふれさせたい。

まあ、書いてて、やれやれ。まるで、受験生なみだね。・・・でも、中学受験すると思えば、普通にこれくらい、気合入れて、やってる子はたくさんいます。
結果を出して、大きな満足感を、げんちゃんを含む”チームげんちゃん”みんなで味わいましょう。
 
今までと違うのは、時々、げんちゃんは、一心不乱に夢中に取り組むことがあります。こういうことは、過去にはあまりなかったのです。

チャレンジタブレット、今回も、詳細が書けなかった。ごめんなさい。
a0184225_3513814.jpg

  

七田の2年の国語プリント。作文力、想像力・・・なかなか難しいです。
”赤く色づいた山を・”・・なんて、考え付いたげんちゃんは、そこが峰のようです。もちろん、文章の組み立ては、手伝ってます。当然・・・

by glow-gen | 2016-01-20 03:28 | 学習用ソフトを使って | Trackback | Comments(6)

おすすめ学習用アプリ(ソフト) 「おうちゼミ」 「手書き漢字ドリル2006」

a0184225_18433530.jpg

横においてる鶴 最近しばらくぶりに折らせてみたら、まあまあ折れるようになってました。

今日は、げんちゃんの学習法を活気的に良い方に変えてくれたいくつかのアイテムを紹介したいと思います。

それは、今まで、げんちゃんにはゲームを与えていなかったげんママが、アンテナをまったくはっていなかったタブレットによる勉強アイテムです。なんせ、ゲームは我が家では、げんちゃんに与えていませんでしたから、タブレットでするものは、すべてスルーしてました。
 ゲームを与えて中毒みたいになっているまわりの子供たちを見て、どんなに懇願されても、げんちゃんに頑としてゲームを与えなかった私です。4年の初めころ、げんちゃんのゲーム熱が御多分にもれず、加熱して、私の顔を見るたびに「DS買って!」 叫んでおりました。でも、知らん顔してたら、1~2か月で熱はおさまったようで、しめしめと思っていたのです。

 しかし、それと時期を等しくして、私の方はスマホより二回りくらい大きなアンドロイドタブレット(小さなタブレットパソコン)を2万くらいで手に入れ、あまりに便利なので使いこなすようになっていました。

 さて、そういう前置があったところで、10月のある日、私は、本屋で例によって、げんちゃんの問題集をあれこあさっておりました。

 そこで、とてもよさそうな問題集を買いました。隂山英男先生監修の「おうちゼミ」4年生 です。これは、毎日10分ほど取り組むようにできていて、国語、算数、理科、社会、1冊に、4年生すべての単元が網羅されています。しかも、一日10分というだけあって、エッセンスだけを見事に抽出した、究極の問題がおさまっています。

 げんちゃんは、ホームスクールで、とかく、理科社会は遅れがちです。これなら、とにかく、授業が遅れてしまっても、4年のエッセンスを全部学習できる。と思ってすぐさま手に入れました。
厚さは2センチほどですが、毎回一つの単元1ページ、264ページありますが、ストレスなく、ひたすら、取り組んでいけば力がつきそうです。

 家に帰ってよく見ると、このおうちゼミは、スマホやアンドロイドにリンクさせて見ることができる、単元ごとの動画の授業がついているではありませんか。ホームスクーラーのげんちゃんに、さらにぴったりというものです。動画は、アニメで、せいぜい2-3分です。そして、さらに、各単元ごとに、ナビゲーターのような画面がああり、そのページが終わると、なんと、たまごっちを育てるような、えさのご褒美をもらえるおまけつきです。

 お~~!げんちゃんにやらせてみました。なんと、げんちゃんが、過去これほど勉強にくいついたことはなかった、というほど、食いついたではありませんか。猫のキャラクターを設定したので、この問題集を「ねこ問」と呼び、1か月くらい、何はさておき「やる~」と言ってとびついていました。たまごっちみたいな報酬ありますから、くいつきました!
ほんとに、一人で、目をきらきら輝かせて、自分で一生懸命取り組んでいました。もちろん、ちょっとわからないと、ヘルプ要請がありましたが、今まで初めての、モチベーションと、自分で、問題を解こうという意欲を見せました。なんせ、授業動画もあるので、多少自立してやる場面も出現してきました。 一人で、問題を読んで理解して解くなんて、げんちゃんにとっては、これからのテーマですからねー。


 まあ、私は頭硬かったな。と気づきました。そして、ゲームの中には、学習ソフトというジャンルがあることを知りました。それからしばらくアプリを探しまくることに、我を忘れました。

その中で、私が現在、これはいいな、と思ってげんちゃんにダウンロードして使っているものを、ご紹介いたしましょう。


まず、発達障害児にとって、最もおすすめのソフトは、漢字のタブレットソフトで、
「手書き漢字ソフト2006」
です。これはフリーソフトで、スマホ、アンドロイド、簡単にアプリショップでただでダウンロードできます。発達障害児の多くの子供たちは、書字に障害をもつ子が多いです。少しずつ克服していって、そこそこ字がうまくなってきているお子さんでも、やはり、大量に覚えないといけない漢字を、書いて覚えるのは相当なエネルギーロスを生じます。


このソフトを使えば、ロスがありません。書くことと覚えることを別にするのです。5問ずつでチャレンジになっています。5問というのは、よく考えられています。反復するのにつらくありません。しかも、覚えてない間は、お手本の字がどかんと出てきて、書き順も指南してくれます。
 やがて、5問全問合格すると、はなまるがもらえて、報酬回路に火がつくのです。

げんちゃんは、やっと、漢字の時間ロスとエネルギーロスから解放されました。しかも、漢字帳につらい思いをして書いていた時代より、よく覚えるようになりました。ほんとに、すばらしいソフトです。
a0184225_048274.jpg


それ以外に、ベネッセのフリーソフト「かずパズル」は、2年生までの計算を、ドッツ付きのゲームで勉強という感じがせずに、訓練するのに最高です。
また、げんちゃんのために、積み木をとにかく数えることを反復する
「3Dずけい」というのもダウンロードしています。(一部無料 一部有料)


げんちゃん的には、この「3Dずけい」がお気に入りです。これは、いわゆるゲームなので、好きな時間にやってます。本来積み木でやるところを大量に反復できるので、げんちゃんの数感覚にどうも一役かっているようです。
(まあ、ゲームなんて、去年の段階なら、たいして食いつかなかったのではないかと思います。理解できなかったと思います。)

でも、この秋、げんちゃんの学習スタイルは、アプリのおかげで、がらりとかわりました。

げんちゃんが少し賢くなっただけではなく、これらのおかげで、げんちゃんの進化が早くなっているのかもしれません。ぜひ、チェックしてみてください!

私は、いつも頭はやわらかくしておかなければならないな~。と思いました。タブレットでする勉強は、だめ、と決めつけていた私は、時代遅れでした~。ごめんなさい。

by glow-gen | 2015-11-25 00:41 | 学習用ソフトを使って | Trackback | Comments(5)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
Mさん ありがとうござ..
by glow-gen at 11:07
roboママさん アド..
by glow-gen at 11:02
続きです。 そして..
by robo223 at 20:06
電話番号を見て知らない番..
by robo223 at 18:52
きんたろうの母さん  ..
by glow-gen at 13:25
とんままさん アスレチ..
by glow-gen at 19:04
ひつじさん どうですか..
by glow-gen at 19:00
きんたろうの母さん >..
by glow-gen at 18:54
きんたろうの母さん あ..
by glow-gen at 18:51
とんままさん きくきく..
by glow-gen at 17:34
roboママさん 都会..
by glow-gen at 16:41
自分の言葉で説明すること..
by とんまま at 10:47
全く同じことで悩んでおら..
by とんまま at 10:16
げんちゃん、凄い!! ..
by とんまま at 09:38
げんちゃんの足音がヒタヒ..
by ひつじ at 08:07
小さい子に対して一歩引く..
by きんたろうの母 at 23:25
本当にこの子達って大器晩..
by robo223 at 21:08
roboママさん 私立..
by glow-gen at 19:00
roboママさん やは..
by glow-gen at 18:56
ゆうママ そうでしたか..
by glow-gen at 18:51
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
安定して出力してこない
at 2017-04-27 16:08
運動能力の確認
at 2017-04-24 17:09
復唱させること
at 2017-04-21 20:59
算数に言語を
at 2017-04-19 11:32
学校の宿題がわからない
at 2017-04-18 00:20
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧