げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:算数の学習障害( 6 )

算数の学習障害、ここへきて10進法の整理をしてやる。

a0184225_17413822.jpg

数を形におきかえる作業に取り組んでます。25が4個は100、形にするとこんな形。方眼紙は使えますね。右上のノートの字は、ママの字です。問題作ってやりました。げんちゃんの字は、すさまじく、まだまだ破たんしてます。

  げんちゃんは、ぜんぜん変わらない、といらいらする所と、確実に進歩しているところが、混在しながら5年生ライフを過ごしてます。
一つはっきり言えることは、去年までのげんちゃんからすると、完全に次のステージにいっているということです。昔を考えれば、すごいことかもしれないけれど、それはそれで、新たに、どうしようもない問題にぶちあたっている今日この頃です。

 さて、げんちゃんのこの頃の算数について書いてみたいと思います。

 げんちゃんは、四則計算をとりあえずこなせるようになりました。5年の現在の単元は、少数の掛け算ですが、真に理解しているかどうか、さだかではないにしても、とりあえず、10問くらいのひっ算を、立て続けに一人でやりおおせるようになりました。簡単な文章題も、一人でえっちら絵にしたりしてみたりして・・・(絵にしろと言わないと、適当に即答して、間違いますが・・・)分数も、割り算も、一人でやって、答え合わせに持って来たりするようになりました。運転技術に例えるなら、自動車学校の仮免といったできばえですが、とりあえず、できるようになったのです。

当然、正解率は低く、時には半分すら合わないこともあります。
よく観察してみると、20までの加減がまだ、不確かだったり、汚い字でうめつくされる計算式の桁がごちゃまぜになっていたり、100借りてきて1の位を引くやりかたがわかっていなかったり、・・・基礎の基礎からどうも、不確実な感じがします。

 反復がたりてないだけ、と思いたいところですが、長年げんちゃんの算数につきあってきたげんママは、これこそが、げんちゃんの数の障害に起因すると感じます。

 少々反復しても、げんちゃんの計算力の確実性が、簡単にはあがっていかない原因。それは、普通の子なら、確実についていく数の感覚がついていかないことも原因だと感じます。

いまだに、8たす5をいきなり14とかやってしまうげんちゃんの計算感覚は、数が10のまとまりで折り返していく図形的感覚ではなく、ひたすら数珠つなぎで数がのびていく感覚ではないかと思っています。
 
だから、少し難しいひっ算ができたと思っても、決して油断のならない世界だと感じます。

 ある時、ふと思って数唱をさせてみたら、
110,111,112、・・・・・119、と言って、しばらく悩んで200と言ったげんちゃん。ここが1000なら、230はどこ?といった数直線問題がいまだにむつかしいげんちゃん。

 1000の半分は? と聞けば、しどろもどろして、あせって100とか言って、その場を取り繕うとしたり、
1000の一つ前は?と聞いても答えられないのも、先日発見しました。
100が10個でいくつ?と聞いて、110とか叫んでましたし・・・(100×10=1000 と書くくせに・・・)

もう、10進法の実感がここまで入ってなくて、逆によく四則計算できているものだ・・・.と感心するくらいです。

 しかし、気を取り直して、戦略を考えます。げんちゃんが、どこで、つまづいているのか、どんな感覚で算数を突き進んでいるのか、今こそあぶりだせる段階に来たとも言えるのです。

 
 げんちゃんの状態はたぶん、こんな感じでしょう。

数が、形になっていないということです。
数は抽象的なものですが、実は、形があります。人によってとらえ方もあるとは思いますが。
100なら、10が10個ならんだ、正方形。

少なくとも、1から100まで ひたすら線路みたいに続いた1本の線ではないはずです。しかし、どうも、げんちゃんは、1本の線のままのようです。ひく1さえ、いまだに、指を使うことの多いげんちゃん。数は、ひたすら、数珠の玉のように、言葉が続いているだけの感覚なんだと思います。
 行ってみれば、私たちが円周率を何桁も延々唱えた場合、数はひたすら脈絡なく続く文字です。げんちゃんの数の感覚は、まだそういう部分が強いのではないか、と思っています。

ただ、最初のころと違って、少しは形をとっていると思いたいですが・・・。どちらにしても、ここへ来て、とことん整理してやらなければならないほど、初心者状態なのでしょう。

学校の単元を進めつつ、一方で、まだ完全に整理されてない数の世界を、整理してやる作業をする必要があると思いました。

そこで、トレーニングを開始しました。こういうことは、今までもやってないことはないのですが・・・まだまだ定着をしてないようですね。



1、まずは、数唱です。1から100まででは足りません。数のどの部分かを取り出して、数唱させます。

   80から130まで、1ずつ・・・
   790から850まで、一つずつ・・・
   0.01から1まで。0.01 0.02 0.03・・・
90から500まで、10ずつ 90 100 110 120・・・・・(190の次に1000とか言い出します。やれやれ)
   5 10 15 20 25 30・・・・・・


  思いつくあらゆるところを、まずは順唱からです。そのうち、逆唱もせねばならないかな~・・・

2、 方眼紙を使って、10×10の正方形を切り出したものでトレーニング。厚紙の方眼紙はいろいろと便利です。
   83はどこのマス?と言って、すぐに指させなかった時には、こっちがびっくりしました。

   数がどのマスにあたるか、あてさせます。
   また、25が4つで100なんてものを、はさみで切りださせます。
   100は86と14、というのを、鉛筆で線をひかせたり。

   100マスの方眼紙の、一マスが0.1なら、1列1になり、全部で10になる、というのを数えさせたりします。


3、20までの数の”半分”を作業させます。これは積み木でします。
  案外、半分というのがわからない子供たちです。
  半分がわからなければ、4分の1、なんて感覚はわかりっこないでしょうからね~・・・バカにできない、”半分”


これが、去年だったら、一つ一つため息ものでしたが、今は、やはり、一から教えるというより、整理してやる感じがします。やると、ボトムアップしてくる感があります。

それにしても、2年生のまとめテストをしてみたら、案の定わかってない・・・

1000が2個、100が8個、1が5個、全部でいくつ?が、撃沈でした。2805が正解ですが、285と書いて?頭をひねり、その後、200080・・・・みたいなことを言い出して、
うわ~~、こっちまでパニックになりそう! 落ち着いて、ヒントを出せばできますが、やはり仮免状態ですね。

 まあいい。これでも、昔より、ずっと理解力があがっているげんちゃん。きっちり整理して入れていってみたいと思います。

by glow-gen | 2016-05-21 17:43 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(12)

学習の進め方の原則 スランプとは

算数の勉強に限らず、この子たちの理解の仕方って、普通の子とかなり違います。
いつも感じるのは、こういうことです。

 普通の子の物事の理解と習得とは、塗り絵にたとえるなら、たとえば、ひとつのわくを、きれいに塗って次に移っていくような感じだと考えます。
それゆえ、最後のところを塗るときは、完成の時でもあります。

 ところが、げんちゃんたちのような子は、1つの絵柄をうっすら塗ると、まだまだ白っぽいのに、次を塗っていくような感じです。次々にうっすら塗っては、さらに、今度はもどって、いろんなところをまし塗りする。途中の塗り絵は、どこも未完成です。でも、それを続けていくうちに、いつの日か、全体が濃くなって、全体がいきなり完成していく。

両者の間には、こういう違いを感じます。

ほんとに、どうしてなんだろう・・・・・と思っていました。 現象としてはとらえていたんだけど、それがどういうことなのか、よくわからなかった・・・

でも、ここへ来て、私なりに少し推察できるようになりました。

 げんちゃんの算数で考えてみます。
 
そもそも、数の感覚を構築するための基礎能力が、げんちゃんには欠けていました。その基礎能力とは、体のリズムかもしれないし、空間認識かもしれない。短期記憶とか、ワーキングメモリーとか、そういうものかもしれない。本当になぜ、そこまで数がわからないのか、私には明快な説明はできないけれど、とにかく普通の子より基礎的能力に不自由しているのは確かでしょう。

 今まで私は、運動による働きかけやその他もろもろのトレーニング、そう言う物に取り組んで、小学校の算数を、基礎から、這いずるようにして推し進めてきたわけです。
 こんな言い方はげんちゃんには申し訳ないけど、イルカに芸をしこむように、とにかくありとあらゆる方法でやってきた。その結果彼は、真に理解してなさそうだけど、割り算に取り組むところまで来ました。

 では、その間、彼の算数のための基礎能力はどうなっているか、というと、もちろん、ふつうの子におよびもつかないけれど、彼なりに伸びてきてる。

 さて、そうなると、四苦八苦して、以前教え込んできたようなことのいくつかは、やっと、しっくり理解できるようになっています。
では、その時点での、彼の学習のカリキュラムはどうすれば良いのか・・・・

そうです。彼の理解がやっとおいついてきた所までもどって、もう一度反復します。

 その時になったら、ステップバックしたその場所は、ちょっと後押しをしてあげれば、ストレス無くげんちゃんもこなせるように、すぐになっていきます。ママは、先に行きたいのをちょっとがまんして、この時とばかり、思い切ってもどった場所を、量的な反復で固めるのです。

 げんちゃんで言うと、割り算まで行っているにもかかわらず、ここだとばかり、10までの計算にもどったりね。(この時は、やれやれと思ってもどったのだけれどね。)少しやると、あ、けっこうできてきたな、と安心して、やるのをやめずに、とにかく、過去をうめていくように、しつこく反復するのが良いでしょう。運動の原則と同じく、量的運動が質の前に来るように、学習のステップバックをしたら、そこの量を積み重ねること。そこが大事なのです。
ステップバックはやってはいても、ちょっとしたらできる手ごたえが出て、ついさっさとまたもどってしまう。たぶんそういう傾向があるのではないでしょうか。
残念ながら、そうなってしまえば、ステップバックトレーニングは、むつかしい今の取り組みに反映されていきにくくなるのではないかと思います。

 たとえば、普通の子ならとっくにわかっているはずの、1から10までの数の合成なんかを、概念ではなく、しっかり具体物で作業させる。とか。数をたくさん数えさせる。(200とか大きな数もやる。のもいいですね)まあ、考え付くこと、なんでもいいですね。とにかく、何を今頃、というようなことを無心に大量に反復させるのです。


 それは、本来、普通の子であれば、塗り絵と同じ、すでにしっかり塗られたところです。つまり、ふつうの子なら小脳に運動能力のようにおとしこんでいるだろうという所です。同時に、そこはげんちゃんにとって、過去にもとりくんできた所で、塗り絵で言うなら、うっすら塗ったとこでもあるのです。取り組んだことがあるので、今さらとは考えず、今こそ期が熟した、と万歳して、塗っていくのです。

 
それをやってあげると、また割り算にかえって、またそこを濃く塗れる。そんな感じだと思うのです。

 しかし、その戻り方は、げんちゃんたちは、半端じゃない。そこまでもどりますか???っていうとこまで戻る。そこで親としては、毎回当惑するのです。え?今頃そこですか、そんなとこが不確実なのですか・・と。

 私が、いつも、動揺し失望する時は、たぶんそういう時なのではないか、と感じます。私は、そこで、激震を感じて、うなだれて、またカリキュラムを組みなおします。割り算どころじゃないじゃん。もう一度基礎に戻ろう・・・なんてね。でも、そのあとは、かならず、あら、割り算前よりできるようになってる・・・なんてことが、紆余曲折経て、ぽんとある日、出てきたりする。紆余曲折がたくさんあって、そこに行ったのは、いまとなればわかる。反復がたりてなかったのでしょう。

 私は、やっと、言葉にできたと感じました。この大原則なのではないか・・・と。

一度もどって、整理してあげる。そういう言葉で表現してもいいかもしれませんね。

 ならば、国語の学習も同じなのではないか、と思いました。。少し手強い国語の取り組みなどをさせながらも、行き詰れば、戻りすぎかとも思えるところ、ここなら、今になれば、がんがん反復できるというところ、そういうとこまでもどって、量的な積み上げをやって、一度整理してやるのがいいのではないでしょうか。

たとえば、めちゃくちゃ簡単な絵本を大量に読んだり・・・とか、桜が咲く、なんていう短い文節の入力をた~くさんしてみたり。(それくらいしか思い浮かびません。すみません。)

でも、その量的なステップバックがある一定を満たすと、少し難しいところに飛躍する。つまり、ママの期待する、”今すすめているところ”、ってやつに飛躍する。反復が、やってもやってもうまく行かないときは、実は、そこではなくて、もっと前のところこそ、今の反復期があるのだと思います。反復の場所の選定ミスも、反復の結果が出ない理由であるのではないでしょうか。


つまり、塗る絵の場所は、的確でなくてはならない。
そして、絵柄はこうやって、いきつもどりつしながら、やがて完成していくにちがいないのです。そう考えれば、トンネルのように見える時期も、必然であり、期待に値するステージで、別に動揺する時期ではないということなのです。

最近の私の理解でした。

by glow-gen | 2015-10-18 02:19 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(17)

げんちゃん、3年の夏休み。ブレークを期待しちゃおう!

   今年の夏休みは、ブレークねらいで、びっちりスケジュールをあけて、週1、仕事を休む。週2、半日休む。などという、無謀なことをしてるおかげで、げんママの仕事中の時間、超濃縮モードになり、毎日ほとんどパニック状態です。
 ブログを書く暇もなくて、ネタだけがたまっていきます。書かないでいると、忘れてしまう。もったいない。・・・

 げんちゃんに対して、私は、朝3時間、自由時間のあと、また3~4時間、最低、6~7時間は、能力アップトレーニングにあてたい・・・と思ってます。(中に休憩はけっこう入ってますが。)勉強だけではありません。工作、折り紙、読書、オセロみたいな知育遊び、ピアノ。そういうの全部含めてです。

 ホームスクールの日は、今までも1日あったのですが、そういう日を、週に3~4日は作りたい、と意欲満々です。私の仕事の時は、学研の先生に、マンツー指導を朝3時間お願いしています。もちろん、学研とは、関係なく、彼女の家で行う家庭教師といった感じです。

 学研のK先生は、1年生の時から、げんちゃんをしっかり見て下さっているので、もう安心です。家も、100メートルくらいの距離です。

 夏休みの立ち上がり、すっとばしたおかげで、3年生の夏休みの友は、一部の別冊をのぞいて終わってしまいました。これはすごいことで、2年生の時は、いくらハイピッチでやっても、無理でした。なんせ、理解力が足りなかったのです。夏休みの友は、げんちゃんにとって、足かせみたいになってて、これやらなきゃいけないかな~・・・という感じでした。

 でも、3年のげんちゃんは、進化してますね。すらすらとやるページもある。とにかく、時間をかけて、場合によってはサポートすれば、時間のぶん、進んでいく。
学研の先生も、感動もの。

 げんちゃんも、7月中に終わったものだから、ご満悦。達成感を味わってる模様です。

 さて、夏休み前に、支援の先生と面談しました。なんかな~。いつも、うちのばか息子がお世話になってるから(笑)、おつかれさまで~す、とか言って、差し入れ持っていきました。気は心。やっぱり、小学校の先生方は、大変ですよね。

 げんちゃんの話でいっぱいもりあがりました。私は、4月から6月まで、家庭学習したプリント類をファイルして持っていきました。先生は、私のホームスクールの内容を見て、感心してくださいました。良い先生ですよね。母は、そうそうほめられることはないけど、ママもほめらるとうれぴ~。(笑)

 折り紙の風船は、げんちゃん、さっさと折るようになりました。次なるは、簡単な、折り紙の本を見ながら、自分で折る、というのに挑戦させてみました。できませんが、まあ、やっていけば、できてくる感触がうれしいな~。

 先日、げんちゃんは、隣の子ども達と4人で公園に行きました。そこには、バスケットのゴールがしつらえてあって、げんママが、一人ずつ、ドリブルをしてシュート練習をするように、アレンジしてあげました。げんちゃんどうするかな~。
 なんと、普通に並んでやってます。ゴール決められなくても、パニックもおこさず、また後ろに並ぶ。へ~、すごいな~。進化したね。
 途中、げんママは家にもどり、少しすると、げんちゃんは帰ってきました。

「ゴール決められた?」
と、げんママ。
「いやあ、ゴールが高すぎて、誰も成功しなかった。ゲラゲラゲラ・・・(笑)」

なななんと、すごい反応です。パニックにならない。できなくても、やりすごす。他人の状況も見ている・・・これって、すごいことでしょう。まあ、翌日、職場のスタッフに話したら、
何がすごいの?って、顔されましたが、発達ママなら、これがいかに、すごいことかわかりますよね~・・・

絵日記にこのことを書いたのでアップしてみます。文章は、かなり手伝ってますけどね。ついでに、絵本の模写と、文章の書き取りも。ずいぶん、絵が上手になりましたよね。三角描けないとこから始まってるのにね。


字のバランス、絵の比率・・・そういうのは、まだまだ、だめなのですが、やっぱり、右肩上がりです。ゼロから1が行けば、1から2は、普通の子と同じようなスタートになるんだね。
このゼロから1を、どれだけ忍耐して駒を進めてやるか、発達育児は、それがすべて、と言ってもはばからない、と最近思います。ゼロから、1は、何年もかかりますねえ。
 人生の忍耐、と言ってもいいでしょう。

 忍耐力のないげんママは、ずいぶん鍛えられましたね。
「忍耐は、練達を生み、練達は希望を生み、希望は、決して失望に終わることはない。・・・」と世界のベストセラー聖書は言うのでありますよ。まだまだ、忍耐、忍耐の項目も、たくさんありますが、ゼロから1を進めることができた、という一つの達成感は、人生の醍醐味かもしれないよね。発達育児は、人生を楽しむためのコツに満ちているのかもしれないね~。まあ、ちょっと、階段の踊り場で、一息ついてるような、この頃です。必ず、忍耐は報われます。がんば!

a0184225_20381677.jpg

文章は、かなり、先生の手が入っていると思われます。指先の絵も、ほんとに自分が描いたのかな~。聞いてみよ。手は苦手だったからね・・・
a0184225_20391428.jpg

虹色の魚という絵本を、学研の先生のとこで模写したようです。色にこだわって塗ってます、と先生が言われてました。けっこう、すごいでしょう。と、先生もうれしそう。私も、先生も、最初をよく知ってるから、やっぱり、すごいと思う。


 






 
by glow-gen | 2014-07-28 20:43 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(17)

げんちゃんの多忙な日々・・・算数はあいかわらずだ~・・

   げんちゃんの日々は、地道な努力の日々です。
先日、同級生の親切なママ友と子供の話をしてたら、なんか、こう、普通の子供たちの一日は、もっとのんびりしてるな~とびっくりしてしまった。
げんちゃんの日常を話すと、
「すご~い! がんばってるね~。」
と言われて、笑ってしまいました。私にとっても、げんちゃんにとっても、もうそれが普通になってます。

げんちゃんは、チャレンジャーです。チャレンジあたりまえでしょ。・・・そういうスタンスで、何でもすぐハードルを課してるママです。
「サッカー、雨? 少しぐらい、自分で歩いていきなさい。ママは送りませんよ。あんたがサッカーに行ってる時くらいしか、ママには休憩時間ないんだから。さーさ。さっさと行っといで・・」
 車で送り迎えしてる子の多い、田舎の町では、ちょとびっくりされてしまいます。

ホームスクールも、がっちりやって、そんなに自由に放逐する暇も無く・・・

サッカー、水泳(これは楽しみみたい、ママと泳ぎます)、ピアノ、英語、学研の先生の特別個人レッスン(学研離れて、家庭教師的にお願いしてます)・・・金曜日と日曜だけは、自由に放逐する日ですが、あとは、まあ、忙しそうなげんちゃんです。

これをかわいそうと言う向きもあるけど、親が犠牲をはらって、やらせてもらえるだけ恵まれてると思いなさい、と思う。
世界中見わたしたら、勉強したくてもできない子がたくさんいるんだよ。あんた、自分の恵まれた環境がどれほどか、感謝しなさい。と言ってはばからないげんママです。

まあ、でも、これも、からくりがあって、げんママは、仕事の帰りが普段は超遅いので、週3日は、まったくかかわれず、その日は、おけいこごとがあっても、帰れば、やさしいおばあちゃんの家で、わがまま放題、テレビ見放題・・・を満喫してます。

 私が、ムチで、おばあちゃんがアメ・・・まあ、おばあちゃんには申し訳ないけど、これがバランスというものなのかもしれません。もう少しがっちりかかわりたいと思う反面、もう一人のげんママが、これでちょうどいいんじゃない・・・と語りかけます。

 さて、げんちゃんの現状、やっぱり、算数は、あいかわらず、地獄です。(笑)
やっと、1年生のしちだプリントの17-4、とか、25-5 とか・・・すごく簡単な、二桁の数が答えになる計算に入ってきました。
 でも、25ひく5なんて、75とか言いだす始末・・・・おいおい・・・もういい加減にしてくれよ。という状況からのスタートになりました。

 20までの足し算(両方ひとけたをたす)のマス計算も、しちだは、復習的に、毎回プリントに出てきます。相当できるようになったものの、あいかわらず、指をそのつど、全部出して計算し、必ずミスが出ます。たす9も、すべて、一個一個指を出して行くから、カウントし間違うのでしょうね。

 それでも、げんちゃんに課してることは、今の能力のちょっと上、ちょっと上とやっていくやりかたです。決して、2段抜きの問題はめったにさせない。苦手なものは、ストレスなくやれるもので、能力アップを知らず知らずにはかります。しちだプリントは、実に、それがうまくできてます。学研の先生にしちだを持って行かせて、順番にやっています。それに、平行して、知能テストでやられるような、基礎能力アップのトレーニングもやります。

 成果はというと、かたつむりのあゆみのごとく、いや、時々あとずさりするかたつむりのごとく、相当積み重ねて、時間を経過して、「あ、そういえば、進歩してるかもしれないね。」という感じです。

 これは、げんママの忍耐の勝負だと思います。もう何度ぼろぼろになっては、立ち上がったことか。・・・げんちゃんも、つらいかもしれないけど、こっちも、サンドバックみたいな気持ちになります。先日などは、もしやと思って、100の逆唱を100の空欄に書き込ませたところ、思いっきり間違ってました。あ~~~。もう何てこったい!

 幸い、筆算にすると、かろうじて大きな計算も少しはできるので、1年の時とまったく進んでないとは言えないですが、彼の頭の中には、数表がイメージされないようで、数になると、目の前に暗黒が広がり、気のきいた、数的映像は出現してこないのでしょうね。

 まあ、それでも、少しずつ少しずつ反復するうちに、最近では15-5 が10と分かり始めてきました。(時々、考え込む 笑)今あんたは、3年なんだよ~、と叫ばないように、ぐっと抑えます。

 図形を、三角の構成要素に分けていく、という問題に取り組んで思ったことがあります。もともと、タングラムの2パーツすらできない、情けない空間認識のげんちゃんだったので、いくら、訓練の末、頭蓋仙骨療法も手伝って、かなりできるようになったとはいえ、難儀しました。

 ため息をこらえて、根気よく、同じ三角の問題を何度もやりかえしては、新しい問題を加え・・・としていっていたら、やっぱり、できるようになってる。(もち、定着までは、油断せず、反復を続ける必要があります。)
 そういうのを見ると、この子たちが、他の子と全く違うのは、ゼロから1の過程なんだな、と思います。
 
 普通の子は、ゼロから1は自然といきます。教えなくても、自分で獲得してる。でも、この子たちは、ゼロから1を、ものすごい努力で入力してやらなければなりません。
三角の問題は、パターンをとにかく入力してやったわけです。何度も何度も、そしたら、あるとき、ぱっと新しい問題ができるようになってる・・・

そういうことなんでしょうね。
 何でも、「何でできんの~? いいかげんにして~」と叫ぶだけではだめで、とにかく、必死で、ゼロから1をひたすら、入れてあげるのです。まるで、焼畑をして、農地を開墾するみたいに、地道に地道に・・・

 そうすれば、大丈夫じゃないかな・・・
 だから、算数も、やっぱり、あきらめないです。

by glow-gen | 2014-06-20 00:54 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(29)

発達障害・・・計算ができないこと・・・

a0184225_19463043.jpg

ハングルは、条件の数字を書き込んでいく問題で、ハングルをやっていってるわけではないです~。七田のユニークな右脳問題です。
  げんちゃんの頭蓋仙骨療法は、かなり良くなっているものの、1週間ほど、頭蓋のマッサージをさぼったら、
「あれ、ちょっとまたもどってる・・」
と、先生に言われました。日々の生活では、彼らの筋肉は、過度の緊張をおこしやすいようです。
体がしっかりしたスポーツマンタイプになると、不必要な体の緊張もなくなっていくから、頭蓋の骨も、安定しやすいんだとか。

 それでも、頭蓋仙骨システムは、少しずつ治っています。が、しかし、苦しみぬいている算数のトラブルは、依然として存在しています。

今日は、算数の取り組みと、げんちゃんの頭についての考察を書いてみたいと思います。

 げんちゃんは、とにかく、算数に関するところが、きわだって落ち込み続けています。絵が描けるようになった今でも、やっぱり変です。
 とにかく、1年生では簡単な足し算がどうしてもできず、苦労しました。足の指は何本?と聞いて、すっと答えるようになったのって、たぶん1年生になってからじゃないだろうか・・・・
 幼稚園でも、思いつく限りをした気がします。
 結局、1年の夏休み明け、指を折ってカウントできるようになった時に、はじめて、一桁計算ができはじめた。という有様です。
 そして、今はどの辺にいるかというと、20までの足し算引き算が、やっとできてきたとこです。これだって、夏休み前半。もう死にものぐるいで毎日やらせて、それでもできなくて、途方に暮れてました。
頭蓋仙骨療法をはじめてから、やっと、できる道がつきだしたような状態です。

 
 できたとは言うものの、指を駆使してしかできません。そして、少ししないと、正解率が落ちます。不毛地帯に、頭蓋仙骨療法が、まばらに雑草を生やしたぐらいの改善は感じてます。じゃあ、以前は、どれだけだめだったの?という話しになりますが。

 彼の算数は、ブレーキをかけたまま走らせてる車のようです。なかなかすっと行きません。

げんちゃんの努力むなしく、2年生の算数は、げんちゃんを待ってはくれません。かけ算、筆算、大きな数の計算。位取り・・・、バリエーションも多彩になってます。
だから、げんママがやってることは、たくさんの雨漏りを、一つのバケツでおっかけるような具合です。

 それでも、地道に何度も何度もプリントをやり、繰り返し、まあまあできる時も出来ています。

 しかし、なんか変ですよ。彼の理解のしかたは・・・

 げんちゃんを観察すると、あることに気づきました。
8+6=14 をするときに、げんちゃんは8の指を出します。それから、6個指を折りながら、14と答えます。時々は、折り曲げた指と、伸ばした指のどちらが答えなのか混乱してます。10を忘れて4とか言ったりもします。

 そこで、げんママは、増し足しをさせます。加える6を指で出します。そして、9.10.11・・・・というカウントに合わせて8に加えていきます。

ここで、げんちゃんの問題点が露呈します。

 8というのをイメージしながら、指では6と出せないのです。つまり、8をイメージしたら、指は8になるのです。だから、8から、6個ふやすのしかできない。

 引き算になると、これも、だめで、ひく1すらも、指が出てきます。
8-1=7 は指のお出ましです。昨日今日からやってるのではないのに、ここから進みません。

 ここに一つの推測が生まれます。数の並び方を自由自在にイメージできない。そして、体が二つのことを同時に処理できない・・・・のではないかと思います。

 そこで、何ヶ月もかけてやっていることは、100からの順唱と逆唱です。順唱は、もうとっくにできてると思いたいですが、時々、え?ということがおこります。

でも、まあ順唱は、できるとして・・・逆唱は、順唱を頭のどこかにおいて、それを処理していくものです。
がしかし、頭のどこかにおけない彼は、順唱ができることと、逆唱ができることがイコールになりません。彼らにとって、順唱と逆唱は、まったく別物で、それぞれ独立しているような感じです。
 (ゆうゆうさん曰く、逆唱は、とても大事です。)
a0184225_19465219.jpg

 しかし、努力のかいあって、そこそこ逆唱が出てくるようになりました。それで、今は、書かせるトレーニングに入りました。一番上に出した写真のように、100個の丸を書いた表に、1から順に唱えながら書き入れます。
 しかし、またここで問題がおきます。49の次が、60になったり平気でします。それに、途中とばしたりして、60の欄に61と書いても、彼は、気づきません。
 10の下だけではなく、5の下には、15,25,35・・・と並んでいるのだ。数字とは、そういう出来方のものなんだ、という教えるまでもない事実に気づかないようです。

さらに、書いていると、口で言うのがおろそかになります。言うのに集中すると、手がおろそかになります。口で言いながら書くというのは、けっこう彼らには、難しい作業のようです。

 それで、最初に、5,15,25,・・・・・と、10,20.30,・・・という欄を先に書かせて、(これも、ちょっとヘルプがいります。)それから、あらためて最初から埋めて行かせます。。数字のしくみのビジュアル化です。3けたの筆算に入りながら、今更これをやるの?   という感じです。
 しかし、こういう、当たり前のことを、プリントと並行してやらせる作業は、どうも彼らには大切だと感じてます。
  
 興味深いことに、ゆうゆうさんは、

「私、5の下に15があるって、わかったのは、中学の時だったよ~。」
と、くらくらすることをおっしゃいました。高得点をテストでたたき出してた当時の彼女ですよ。はあ?   じゃないですか?
ちなみに、わかった時は、すごく感動したそうです。(笑)

 25+6=31 という問題に進みました。かなり頭を悩ませて、25.28・・・・とカウントしたりします。・・・・25からじゃ、次が出てこない様子です。1から順だと数えられても、途中からいきなりはじめるのは、混乱します。

 そういうわけで、少しくらいプリントで正解が出てるからと言っても、彼の頭の中の数表は、まだ穴だらけのようです。

とにかく、普通の人である、げんママには理解不能です。私は、あほらしくてやる気を失うというわけです。まあ、やるしかないんだけど・・・
とにかく、多くの先生方から、こうやれば・・・的な算数のやり方のヒントをいただくのだけど、クラスの落ちこぼれくんには、確かに有効なそういう、様々な算数の教え方のどれをやっても、うまくいかないのです。
何というのかな・・・算数をやって、算数ができる気がしない・・・そんな感じです。これぞ、学習障害というのだと思うのですが。


 このことをげんママは考察します。

彼らは、頭の中に、数表を出して、もう一方のエリアで、それを使って処理するという、二つのことができないでいる。それは、専門的には作業記憶というものかもしれません。
そして、頭の中にイメージがわいてこない。頭の中の映像が結ばない・・・こういうことが奥にひそんでるのではないか。・・・・彼らの記憶は、ぶつ切りでつながらないのかもしれない。

 計算プリントをひたすらやっても、なかなか早道にはならないのかもしれないですね。

げんママは、この数表の他に、以下のようなレッスンを企画して始めました

 知育積み木で、形を記憶させて、同じものを作るレッスン。楽しくやります。ま、簡単なのはできるから、昔よりは、すごい進歩。
さらに、この積み木でパズルにはめ込む練習。これは、必ず両手を使ってやらせます。そう、彼らは、ほっとくと、片手でやろうとします。

、両手が連動していくことは、二つのことを同時に処理する訓練になりそうです。
計算は、どうも、視覚、聴覚、手、言葉、などの同時処理がリンクしているとふんでます。

 ちなみに、ドナウイリアムスだったか、自閉症だった私で書いていたようです。
「私は、電話をしていると、猫が膝にのってもわからない。」
感覚の同時処理・・・作業出力と感覚入力の同時処理・・・・これらは、計算にとても重要な資質なんじゃないかな~・・・・

また、左手と右手で違うことをするのもいいです。ピアノがいいのはそこかな~・・・両手じゃんけんとかね。
私なりに、苦労の末に、色々やってる毎日です。

あ、ちなみにね・・ゆうゆうさんは、
「え?電話をしてて、猫が膝に乗ってきたら、普通は気づくものなの?」
とおっしゃっておりましたよ。(笑)なんと答えていいのやら・・・(笑)凡人のやりかたでは、まずいのかもしれませんね~。

by glow-gen | 2013-11-21 19:48 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(65)

成功体験を重視したスピード算数学習

   鈴木先生の個人レッスンを受けて、また少し考え方をかえて取り組んでみてます。

 げんちゃんは、さまざまな遅れがありますが、やはり、もっとも深刻なのは、暗算ができない、ということでしょう。絵もだめだし、ソーシャルもだめですが、ま、のびてるのが実感できるし、それなりの、結果が出てるので、暗算ほど、頭を痛めていません。(よいわけではなく、暗算がすさまじく異常性が強い、ということです。)

 1学期は、何度やっても、フラッシュしても、積み木の数で教えてみても、10玉ソロバンはじいてみても、サイコロやってみても、1の段がすらすら出てこない状態でした。
 じゃあ、数量感覚がないのかな? というとそうでもなく、数の概念はやっぱりわかっているようでした。

 文章題の、式は書けても、ひたすら暗算がだめなのです。夏休み、指先ができてくると、一桁計算は、指を使ってまあまあやるようになりました。何度やっても、4たす3とか、6たす3とか、即答できません。間違うときもあります。
 今、学校では二けた引き算になってます。引き算は、一桁も、かなり微妙ですが、二けた足し算は、少しやりかたがわかってきてるようないないような。答えが、12くらいまでは時々自力回答することもあります。

 だから、伸びてないわけではないです。が、こっちがかけてるエネルギーにしたら、やっぱり変だよね。このできなさって。という感じです。

 フラッシュを、とエジソンでは言われますが、フラッシュだけでできるようになる感覚がどうしても持てないので、あれこれやってきました。
鈴木先生に、そのあたりをしっかりお聞きしました。
 エジソンアインシュタインメソッドでは、高速フラッシュばかり、前面に出てくるのですが、やはり、フラッシュ以外に、あらゆる方向からやることは脳に定着させる意味で有意義のようでした。ちょっと誤解されそうな部分。フラッシュさえやれば、すべてオーケーということではないようです。(発達検査表を○にできるようにあらゆる方向からのアプローチ、+フラッシュ、サプリ。なのかな~?)

 暗算ができない理由のひとつ、短期記憶、(海馬がはたしているといわれる能力)が悪い、ということがあります。鈴木先生は、短期記憶を鍛える方法もやってくれました。そもそも学校教育は、ひたすら短期記憶を養うための訓練システムといえなくもないですよね。お勉強とは、心のメモ帳にさっと書きいれ、それを何枚も作って、互いの情報をやり取りしながら、次なる理論を展開していくものといってもいいかもしれません。

 短期記憶をのばすために、フラッシュカードを使って、1枚ずつを暗記させていくことを教えていただきました。私も実は同じようなことやってたのです。何枚かカードを見せて、カードの内容を覚えさせて言わせる、というようなことです。でも、先生とやり方が違うところがありました。先生は、1枚見せてかくして、当てさせます。次にもう一枚増やして、2枚をあてさせる。そうやって、彼が、言えるところの数まで、一つ一つあげていきます。
 これなら、成功しやすい。つまり、必ず成功体験ができるようなシステムでやっていくことが大事なのです。

 ドッツを使った計算にしても、計算の答えを、2~3枚のカードからとらせる。というようなやり方をすれば、難易度は下がります。わからなくて迷えば、あたりのカードに誘導する。なんでもないことのようですが、この成功体験というのが大事なのです。

 高速フラッシュに関して言えば、やっぱり、脳の活性化にもなり、ただ覚えさせるというようなものでもないようです。
げんママが色々やってきたこと、ソロバン、ピグマリオン的な入力のしかた、どれも、脳のシナプスを作る上では、無意味ではないようです。考えてみれば、私たちでも、あることを理解するのに、まったく違った方向から、ある時すっと入ることがあります。或る時、まったく違ったことを体験したとたん、今まで、ぼんやりしたことが、すっと理解できたりします。これぞ、脳のシナプスの樹状性というか、縦横無尽さです。

 でも、やっぱりフラッシュははずせないアイテムのようです。

 げんちゃんは、あらゆる方向から入力されてるわけですが、成功体験をしっかり入れることをもっとしなくてはいけませんでした。難しいのを考えさせれば脳は育つのではなく、考えたくなるような状況を作ることが大切なんですね。一つをじっくりではなく、同じようなパターン問題をスムーズにこなすことで、彼は、考え、推測し、そのことによって、短期記憶、理論的思考を組み立てていく回路が、ついていくようです。つまり、彼が、成功体験の心地よさから、だんだんはまりこんで考えていくようになるシステムが、眠っていた脳本来の使い方を巡回し、目覚めさせていくわけです。

 ここんとこげんちゃんは、フラッシュをして、ドリルをして計算に取り組んでいますが、この法則にしたがって、とにかくリズミカルに、正しい答えに、さっさと導いて短時間でたくさんの暗算をするようにしてます。
 学校のふたけた引き算さえ、どんどん、解法を誘導して、本人がやってるというより、ママがやってるのにつきあわせるような感じの時もあります。

 とにかく、楽しく集中して、脳をフルに回転させれば、シナプスが進化するのです。

 昨日2週間ぶりに行った塾の個人レッスンで、「今までできなかったことが、できるようになってるものもあり、びっくりしました。」と書いてくださいました。この先生は、長期の休みになると、優秀な子供たちの、合宿やら冬期講習やらで、レッスンがお休みになります。休み明けは、ちょっと「どや~」・・・みたいな気持ちで送り出してるママです。暗算すらすらというわけではまったくないし、やれやれという日々ですが、なんとなく、進歩してるんでしょうね。

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2013-01-12 23:47 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(12)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
続きです。 そして..
by robo223 at 20:06
電話番号を見て知らない番..
by robo223 at 18:52
きんたろうの母さん  ..
by glow-gen at 13:25
とんままさん アスレチ..
by glow-gen at 19:04
ひつじさん どうですか..
by glow-gen at 19:00
きんたろうの母さん >..
by glow-gen at 18:54
きんたろうの母さん あ..
by glow-gen at 18:51
とんままさん きくきく..
by glow-gen at 17:34
roboママさん 都会..
by glow-gen at 16:41
自分の言葉で説明すること..
by とんまま at 10:47
全く同じことで悩んでおら..
by とんまま at 10:16
げんちゃん、凄い!! ..
by とんまま at 09:38
げんちゃんの足音がヒタヒ..
by ひつじ at 08:07
小さい子に対して一歩引く..
by きんたろうの母 at 23:25
本当にこの子達って大器晩..
by robo223 at 21:08
roboママさん 私立..
by glow-gen at 19:00
roboママさん やは..
by glow-gen at 18:56
ゆうママ そうでしたか..
by glow-gen at 18:51
とんままさん ほんとに..
by glow-gen at 18:47
こんにちは。げんちゃんマ..
by ゆうママ at 18:38
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
安定して出力してこない
at 2017-04-27 16:08
運動能力の確認
at 2017-04-24 17:09
復唱させること
at 2017-04-21 20:59
算数に言語を
at 2017-04-19 11:32
学校の宿題がわからない
at 2017-04-18 00:20
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧