げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:ラフマ アルファーGPC( 1 )

ラフマ、アルファGPC、春のエポック

  げんちゃんの3月と4月は、別人だし、4月と5月も別人です。つまり、何かしら進歩があるのです。

4月から5月、最も進歩したことは、手先が動くようになったということです。げんちゃんの、精神的な安定度もさらに進歩してます。
 
 抑肝散を飲ませだしたのは、3月10日。それから1週間して、げんちゃんの悪い子スイッチが入ることが減りました。アレルギー除去は、2月後半から本格的にやりだしました。

 3月のことです。
 げんママは、げんちゃんが、はさみをみずからにぎり、へたなりに、ペーパークラフトをそこそこ切ったのを見て、感激に胸をふるわせました。げんちゃんの、大きな特徴である、指先を使えない。という問題は、なんと、年長さんの後半も、彼にまとわりついていたのです。この事件はすごいことでした。

 鉛筆をにぎらせるのも一苦労で、折り紙などは、拒否。

 そして、4月、げんちゃんは、入学式を見事にこなしました。指先も少し進歩してきました。

しかし、ちょっと前の冬。普通クラスは負担が大きいと、小児科の先生に言われました。
 幼稚園の先生も、同じ考えでした。

 それもそのはず。2月は、まだまだ、ソーシャルな問題をひとかかえし、げんママは思いっきり悩んでいました。


 そして、この5月、げんちゃんはまた進歩しました。
 お友達に少し乱暴されても、悪い子スイッチがきわめて入りにくくなってるのです。
 お友達どころか、パパにも、時にものをなげつけたり、いきなり、暴力をふるったりしていたのです。でも、パパにそういうことをしなくなって、最近では、育児の下手なパパにさえ、かわいい、とため息をつかせるようになりました。

 この情緒の安定なくして、1年生ライフの安定はないのです。同級生のジャンバーを噛んでしまったのも、そう前のことではないのです。

 そして、見向きもしなかった指先のクラフト(プラスチックビーズをお皿に乗せていって、アイロンで色んな形にくっつける遊び)に興味をしめし、しあげました。そっと折り紙をあたえて、七田の”もっとハッピータイム”の付録の”折り紙DVD”をいっしょにやったら、いやがらず、作るではありませんか。
 もちろん、できはぱっとしません。だけど、指先の技に取り組みだし、興味をもっているのです。
 
 今日の宿題の字を見てびっくり、一日一日とうまくなっています。

 実はその間、げんママは、いくつかのことを新たに始めました。

 実はあるサプリを増やしたのです。

1、1ヶ月前から、「ラフマ」というキョウチクトウ科のハーブのサプリを朝晩にやりはじめました。
2、4月半ばから アルファーGPCというサプリを加えました。
3、そしてブレインジムです

3月から4月の変化は、抑肝散のおこしたミラクルが大きかったでしょう。

4月から5月の変化は、ラフマ、アルファーGPC、ブレインジム。

 これらが、げんちゃんの変化に拍車をかけたのかもしれない。
もちろん、小学校での、新しい環境が、彼に良い負荷をかけているのもあるでしょう。
しかし、これは、げんちゃんの状態が悪いと、ストレスになりかねない。・・・

 

 実は、ラフマは、確信が持てなかったのですが、かけすの親子さんの書き込みがげんママに確信させました。
抑肝散がきかなかった子供さんんに、ラフマ茶が著効した、と教えてくださいました。

 ラフマは、セロトニンを調整し、出させる効果のあるハーブです。脳がクリアになります。

 和漢生薬研究所の、含有量の多いものを使ってみてました。”爽爽”(そうそう)というものです(また書きますね。)

アルファーGPCについては、アセチルコリンの素材になる、ものすごいサプリです。ある医療記事で見つけました。効かないわけない、と確信して取り入れたものです。(また記事にしますね。)

 げんちゃんの発達は、急カーブです。ただ、トレーニングだけでここまできたか、というと、やはり疑問なのです。リゾレシチン、フィッシュオイルはは、ずっとやり続けています。糖鎖も、少量ですが、一日1回飲ませてます。


こういうサプリを効率よく吸収するように、腸まで届く腸内細菌も時々飲ませてます。

 そして、細々と続けているジョギング


 げんちゃんの春のエポックは、古典的な学習法にだけにたよったものではないと、考察します。
 、
我が家の実験動物、ピグモンは、げんママによって、さまざまな試みを試されております。(笑)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-05-11 01:24 | ラフマ アルファーGPC | Trackback | Comments(22)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧