げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:発達障害をとりまく社会( 2 )

NHK ETV特集 自閉症スペクトラム 3歳児の能力

   先日は、職場のママさんスタッフ二人が、めいめい自分の子どもを、懇親会に連れてきてました。3歳になるA君とB君です。げんママは、げんちゃんのパズルを、二人の退屈しのぎに用意してました。 比較的やさしいやつです。やさしいとは言っても、げんちゃん1年生になるまで、興味をしめさなかったしろものです。

 A君B君、目をらんらんと輝かせて、パズルにくいつきます。その動きのすばやいこと。・・・(汗)

 ビーチボールにもくいついて、力強くなげます。そして、もっとも驚いたのは、B君が、ママのスマホを取り上げて、スイッチを指で入れて写真モードにして、近くに座ってるメンバーの写真をとったこと。驚くことに、写真の画角は、おみごと! 子どもが撮ったとは思えないバランスです。 3歳児だぞ~。ふえ~。

すべてがスピーディー。そして、帰りにだめおしとばかり、A君が、脱ぎ捨てた靴下を、力強い手さばきで、さっと履きました。

 げんママは感心してしまいました。げんちゃんの3歳がいかに遅れていたいたことか。・・・(靴下はまだ負けてるかも・・・泣 )
げんちゃんができるようになった~~、と思っても、なんのことはない、そのうちけっこうのものが、3歳児でもきる。やれやれ。
 
 まあ、彼らが普通というなら、やっぱりげんちゃんは普通じゃないよね。

 すごいな~。げんママ、A君とB君に感動してしまいました。でも、3歳でこういうことできたら、それ以降は、さらに、その能力に磨きをかけていくわけで、1年生就学時のスタートラインはものすごいことになりますね。

 ま、でも、考えようによっては、げんちゃん、よく、彼ら相手に、同じ土俵の上でがんばっていることよ!。

 でも、自分の子は見えない、とはよく言った物ですね。明らかにげんちゃん違ってただろうに、3才の頃、こんなもんかな~、と思ってました。

 ぬかりなく、しっかりやりましょう。急カーブであがっていけば、うさぎとかめレースも夢じゃない。ママは弱小チーム率いる監督みたいなものだ。弱小チームをトップリーグに押し上げていくのだ。げんちゃんには、最高のプロデューサーげんママがついているのだ。(ははは、これくらい大きく出ないと、発達なんぞやってられません。)

 時々こうやって、げんママは、普通の子ショックというのを受けます。軽くが~んと来て、奮起します。

昨日のNHKの番組で自閉症スペクトラムの特集があっていました。人とうまくつきあえない
~いじめや虐待と自閉症スペクトラム~
 げんちゃんみたいな発達のトラブルを、3歳以下で見つけて取り組むと、随分成果があがるし、3歳とは言わないまでも、早めに見つけて、色々支援すると、かなり子どもたちは才能が伸ばせる、という結論だったです。

もし、3歳までに、言葉がしゃべれないとか、目があわない、とかいう問題を子どもに発見したら、悩んでいる暇はないです。さっさと、勉強して、親は子どもの能力開発にエネルギーをそそがなくてはなりません。なんせ、公共機関に、まだ様子を見ましょう、なんてこと言われて、発見が遅れることだってありますからね。

 あとから、別段問題なかった、ということもあると思うけど、それならそれで、親のやったことは、単に、子どもの英才教育になるわけだから、やって、損はありません。疑わしきはすぐはじめる。声を大にして言いたいです。

 また地域の療育も、質に相当差があります。これも、テレビ見て思いました。げんちゃんの地区は、決して進んではいなかったです。療育に感謝してるのは、ママにショックを与えてくれて、おしりに火がついたことかな~。
 親切にしていただいて感謝してますが、あまり役に立つ情報は発信してなかったです。

 先週、げんちゃんの体操教室の2年生のママと話してたら、その子、図形がどうしても苦手で、読字もきわめて弱い。一生懸命努力してるのにどうしてもだめで、先生に相談すると、もっとがんばって、という指導だったらしいです。

 でも、よく聞いてみると、完全に、ビジョントレーニングの対象でした。それで、げんちゃんのやってた教材をピックアップして、そろえてあげることになりました。(ピグマリオンの点描写ドリルをまず。)
 今まで、悩んでいたそうです。他は普通の子とは言っても、発見が遅れれば、やっぱり、何らかの傷になってしまいます。

とにかく、早く発見して、効率の良い方法で、その子たちを導くことが大事と思いました。
悩んでいるうちに、普通と違う・・・努力してもだめ・・・友達のいじめにあう。だんだん孤立して2次被害につながるそうです。

そうなると、本当に気の毒です。たくさんの事例が紹介されていました。

 土曜深夜に再放送だそうです。必見です。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
by glow-gen | 2013-03-04 19:31 | 発達障害をとりまく社会 | Trackback | Comments(16)

普通の子の中にいる、たくさんの発達障害的子供たち

    げんママが、発達障害プロジェクトに取り組む前・・・・実に、この世界のことは、まったく無知でした。恥ずかしながら、アスペルガーとか、多動児とかいう言葉さえ、どういう意味か、結局のところまったくわかってなかったようです。ましてや、発達障害なんて、聞いたこともない・・・という感じでした。医療関係にたずさわっていても、そうそう専門でなければ、素人とほとんど同じです。

 しかし、あれから、2年近く経って、ほとんど発達育児研究と実践が、ライフワークと化し、趣味となってしまった今では、あの頃から考えると、鉄人のようになっております。(苦笑)

 で、先日、久々に会った友達と話しました。

「いやいや、ご無沙汰してごめんなさい。まあ、とにかく、前より忙しくなっちゃってね。
なんせ、うちの息子ちゃんが、発達障害ってわかっちゃったの。それで、もう生活が一変しちゃってね。大変なのよ。
 今までみたいに、おばあちゃんまかせ、というわけにもいかず、プライベートは、幼児教育と、能力開発にすべてをささげてるかんじなのよ!ホームスクールまではじめちゃってさあ。ははは・・・」

 友人が少し困った顔をしたので、ちょっと助け舟を出して

「いやまあ、ああいう子は、なかなか不思議な能力ももっていて、今は普通のクラスで何とか四苦八苦しながら、なんとかやってるんだけど、算数の学習障害がひどくてね。もう日々、算数を科学してるところよ。」
 とあれこれ、暗算に対する、げんママの研究のうんちくを話しました。

 すると、静かに聞いていた彼女が、興奮して、
「うちの長女も、そうかもしれない!」と言うではありませんか。

「3年生の娘が、勉強、とくに算数で、七転八倒してるのよ。いくら、やらせても、なかなかできないのよ。公文の先生にも、これだけやってるのに、できませんねーってあきれられて。私も一生懸命勉強見てやるんだけど、あきれるくらいできないの。」

 げんママびっくり。それでさらに、色々聞いてみたら、その子は、bとdの見分けが難しく、書き分けるのもちょっとつらいそうです。だから書き取りもいやなんだとか。

「え~・・・!」
げんママびっくりです。だって、それは、鏡文字ってやつで、視機能のトレーニングでけっこう治せるものだと勉強しました。今となっては、LD(学習障害)や発達障害の「イロハのイ。」と思っているわけです。

げんママ、パソコンに向かい、ビジョントレーニングのところを出してあげて、つらつらレクチャーさせていただきました。

 友達は、そのほかにも、私の算数のうんちくをメモって、ホームページのキーワードをメモって帰りました。

 「だいたい、一生懸命やっててなかなか他の子に追いつけないのだから、方法論が違ってるんだよ、ママ勉強して、今からやってあげてみて。今日、たまたま会ったのは、私を通して、神様が、気づかせてくれたんじゃない。良かったー」

 げんママ、そういうことをまったく知らずに、ひたすら、一生懸命、娘さんに勉強を反復してた、友達と子供さんに心から同情しました。

 でも、考えてみれば、げんちゃんみたいに、診断していただいて、お墨付きをもらってない(という表現もへんだけど)、微妙な子供たちは、友達の子供さんみたいに、非常な苦労をしている可能性があります。げんママだって、げんちゃんが、はじめからグレーゾーン程度だったら、たぶん、何にも調べることもなく、気づかずに、げんちゃんが勉強できないのを、げんちゃんのせいにして、がみがみ言ってるだけだったかもしれない。そう思うと、複雑でした。

 でも、読字障害や、一部の学習障害の中には、ちょっとした目のトレーニングや、ブレインジムなんかで、あっというまに、改善したりする物があることさえ、普通の教育者は、ほとんど知らないわけです。そういうトラブルの子供にとっては、恐ろしいことです。
 ちょっと書籍やホームページをあさったらけっこう書いてあることだったりするのに、一般の先生方は知らないのです。もっとこのあたりは、かわっていかなきゃいけないんじゃないかな、と思います。
 発達育児は、普通の困っている子供たちにも、とても貢献するものです。障害児教育だけでなく、普通の教育現場に向けても、どんどん発信していくべきなんだろうな、と思いました。

 そんなことがあって次の日、たまたま、ホームスクールの日に、ネット通信の工事に来た営業の方が、げんちゃんが家にいるのを不思議がったので、げんちゃんの遅れとホームスクールのことを話しました。すると、またまた、ここでも打ち明け話です。(どっひゃー!)

「うちの子3歳なんですが、ぜんぜん言葉をしゃべらなくて、目もあわせないので、幼稚園の先生が心配して、今度市の検査に申し込むように進められたんです。」

と言いました。げんママびっくりです。

げんちゃんのホームスクールの先生してたのに、そっちのけで、またまた色々アドバイスしてしまいました。

「早く、見てもらいに行きなさいね。もしそれでビンゴでも、色々能力を開発する手段はあるから、早く取り組んで治せばいいからね。もし、遅れの心配が、取り越し苦労だとしても、取り組みは、単なる天才教育になるだけだから、損はないからね。」

なんて、周りに多いのだろう。と思います。歩けば発達障害にぶちあたる・・・と思うほどです。

 これからの療育センターのすべてが、

「これは改善できます。お母さん安心してください。あなたの子供さんを、今から改善させましょう。
まず、そのためには、こういうことをやっていきます。家では、こういうことをやってきてください。なぜなら、このトラブルは、こういう問題とこういう問題をかかえてて、ここに原因があって、ここをこうすれば、改善してきます。あれこれあれこれ・・・そのノウハウの全貌とイロハをまず、このセミナーでご家族に勉強していただきます。」

なーんてことになるといいですね。
 げんママ、療育センターがもっと変化するといいな、と思います。少なくとも、げんちゃんのお世話になったとこは、とっても親切だったけど、何を目標として、何をやりたいのかぜんぜん見えてこなかったんだよね。。(ごめんなさい)
 個人的には、ぜんぜん悪い感じはもってないのだけれど・・・


 げんママが特別なのだろうか・・・しょっちゅう発達障害にぶちあたる・・・(失礼!)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-11-10 00:40 | 発達障害をとりまく社会 | Trackback | Comments(24)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
ロボママさん 苦楽しい..
by glow-gen at 23:33
ロボママさん すみませ..
by glow-gen at 23:26
げんちゃんママさん、すみ..
by robo223 at 16:32
きんたろうの母さん な..
by glow-gen at 14:28
itoさん すごい夢を..
by glow-gen at 14:25
紹介していただいた動画を..
by きんたろうの母 at 00:57
げんちゃんママさま ご..
by ito at 00:41
げんちゃんママさん あ..
by トマト at 21:52
Tさん その2 今のお..
by glow-gen at 20:27
Tさん ブログ読んで下..
by glow-gen at 20:24
たびたび申し訳ありません..
by robo223 at 20:17
トマトさんその2 私の..
by glow-gen at 20:12
トマトさん そうですか..
by glow-gen at 20:09
ロボママさんその ロボ..
by glow-gen at 19:38
ロボママさん ロボ君す..
by glow-gen at 19:35
Rさん 二つ同じのがあ..
by glow-gen at 19:28
itoさん その2 行..
by glow-gen at 19:21
itoさん おっしゃる..
by glow-gen at 18:34
はっぱどんさん >勉強..
by glow-gen at 18:06
こんばんは!お忙しいのに..
by トマト at 21:46
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧