げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:発達障害治療プログラム( 3 )

げんちゃん、ここ最近の様子。発達障害の運動会

 前ブログの、ゆうゆうさんのレクチャーためになったでしょう。まだ残りがあります。ちょっと待ってね。

 げんちゃんは、めちゃくちゃ色々あってます。
まず、時系列で書きますと。5月はじめに運動会がありました。なんせ、運動会ってやつは、過去、修羅場でした。ひたすら、横になって寝てる保育園の体育館での運動会を皮切りに、トラックをショートカットで直線に走ってしまったり、エピソードに事欠きません。去年の段階になっても、まわりの子に常時ちょっかいを出しまくって、かけっこは、フライング3回・・・・という有様。


 彼の運動会を一人で見に行くのは、(仕事でパパは来れない。娘は学校行事、姑は舅の世話)覚悟と勇気がいります。ほんで、実家の母に来てもらいました。

 あけてみれば、これまでで、もっともましな運動会でした。お友達へのちょっかいも、最低限、まあまあ、人並み。

 しかし、ダンス演技は、こなしたものの、きわだってずれてました。バンダナも前うしろつけてたしね。徒競走もどんじりでした。玉入れも命中ゼロ。

「あたしさ~。二人の娘も普通だし、まわりにげんちゃんみたいなのいなかったから、げんちゃんのおかげで、世の中tの見方かわったわ。走ってる子でも、一番最後の子を応援したくなるし、そっちに目いっちゃうんだわ。世の中最後のところに、ドラマがあるんだね~・・・」

私の母がしみじみと言います。ま、いつものおさだまりの文句、

「あんたも苦労かかえたね~・・・」というのを忘れません。(笑)

「げんちゃん、けっこう足はやいって聞いたのに、やっぱりどべか!」
げんママは、口をとがらせてぶつぶつ言います。

「何言ってるの。げんちゃん、ドベはドベでも、集団をきっちりマークしてましたよ。立派なもんよ!」

と母。あ、確かにね。幼稚園の時は、前の子にだいぶ離れてましたよね。今回は、ぴったりです。コースさばきがうまくいってないだけ、というかんじ。

 あ~、しかし、運動会は疲れる。家にたどりつくと、ママはバタンキューです。でも、げんちゃんは、それから、買ってもらった新品自転車に乗り、どっかへ飛んで行きました。後追う元気もなく、まどろんでいると、彼が帰ってきたのは、それから、2時間後。何キロもサイクリングを楽しんで来たようです。

 ここから考察されること・・・
げんちゃん、スタミナはある。絶対ある。もはや、泣くのを叱り飛ばし、ジョギングさせていた時代は過ぎ去った!
でも、リズム感はなし。体を、器用にあやつることは、まだまだ下手です。これは、ゆうゆうさんの言葉を借りれば、脳が命令を出してるうちの何割かしか、体が動かない、まさにそれだと思う。
 今、ピアノの宿題にリズムうちとうのがあるんだけど、かなり苦戦します。最後はパニックです。(ま、これは、「あのね、あのね、ぼく死にそう!は~~~い。助けちゃお!」なんて、言葉を入れてやると、わりあい楽にできます。ちなみに。たんたんた~ん、なんてやると、もうパニックだよ。さらに手拍子になった時には、痙攣しそうな勢い。
 学校でも鍵盤ハーモニカを初見でぜんぜんひけない。習ってない子よりだめ。

その2
 支援クラスの先生と短いミーティングをしました。(20分ばかし)
週に一日、数時間、支援クラスに入りたかったので、お願いしたら、おもいっきり引かれて断られました。
先生の目が、動揺しておられたので、一応、はいわかりました~、と言っておきました。

ふ~ん。つまんない。色々先生に協力できるのにな~・・・と思います。でも、まあ、向こうもこっちがどんな親かまだ知らないのだから、最初からがんがん行くのは良くないですね。

 ゆっくり時間をかけて、先生と打ち解けていって、なんとか、連携しておもしろいことができるといいと思ってます。そろりそろりと、外堀からかためていこう~・・・
でも、最悪まったくそういうことができなくても、げんちゃんは、今まで、学校で、授業に参加できてるとは言いがたい状況だったから、少しでも、まともな、トレーニングの時間ができれば、ありがたいです。支援クラス好きみたいだしね。

 支援クラスには、トランポリンがあって、1年生の子と二人で、感覚統合のようなことをやったらしいですが、先生いわく、
「体安定してますね~。飛んでくるりん、なんていうの、簡単にやってましたよ。」
と言われました。

そうなんですよ~。これぞ取り組みのたまものなんです・・・とうんちくを語ろうとしたら、時間切れでした。

 まあ、そのくらいで、あきらめるげんママではないので、あの手この手、やってみます。

その3 げんちゃんの絵は、どんどん進化してます。とにかく、げんちゃんが考えるキャラクターの絵は、とてもすごくて、ネーミングもきらりと光ってます。

 マイメロちゃんもじって、メイベロちゃん。おやじギャグもじって、おやじギッグ。花丸を書くとこには、カメのカメ丸を描き、もうとどまるとこを知りません。

 そして、彼の絵は、立体的にややなってきて、それとともに、ブロック遊びを好むようになって、本日、子供向けの、大きなブロックを買いました。プラレールとそのブロックで作った、トンネルや建物を組み合わせる遊びを思いつき、ついつい夜遅くまで遊びました。たぶん、担任の先生も、支援の先生も、お絵かき失調症(げんママ勝手にネーミング)だったなんて、信じないだろうな~。
 ちなみに、げんちゃん、積み木遊びもしない、ブロックなど見向きもしない子だったんですよ。何年遅れのスイッチが入ったようです。

 でも、かたや、普通クラスに見学に入ると、げんちゃんは、いいとこなしです。板書も写さない。あいかわらず、自分が給食当番だってことも、よくわからず、机の中もぐちゃぐちゃ。回りにかなりお世話してもらいながら学校生活を送っています。帰ってくると、毎日のように、消しゴムだとか、定規だとか、何かしら紛失しているし。お稽古事があるから、さっさとまっすぐ帰りなさい、と相当言い含めていても、寄り道をして、お稽古事を大幅遅刻してしまいます。


その4、
進学塾の面談。
先生に面談しました。
「1年生のはじめ、ぼく頼まれた時、どうしようかな~。やばいな~と思ったんですが、ほんとのびましたよね。びっくりです。」

と言われました。ほんと、正直だね~。そして最近の絵を見せたらたまげてました。彼は、ひどいお絵かき失調症を知ってる一人です。当然だと思います。

1時間ほど、また、ゆうゆうさんの話や、右脳の話をしてました。
「先生、この絵ように、算数だって、国語だって、ブレークスルーしたら、すごいことになるのが、この子たちなのよ。先生がんばってよ!」

と激励しました。(笑)

指導ポイントも、がんがんレクチャーさせていただきました。彼の教師人生の初期に、げんちゃんに出会えたことは、彼にとって、有意義だと思いますよ~、と家族に言ったら、あきれてました。

まだまだ、色々あるけど、ここらで終わります。



by glow-gen | 2013-06-09 01:11 | 発達障害治療プログラム | Trackback | Comments(27)

やっぱり、脳に機能障害があるんだな~

 日曜日、久々に、朝から晩までげんちゃんの知育遊びの相手をしました。
 先週、療育センターで、知能検査の前半を受けたげんちゃん。
「右足の指は何本?」との問いに、
「え~っと・・・4本!」と答えて、私にショックを与えたのは、記憶に新しいママです。あと数週間で6才になるというのに、やはりおそまつそのもののげんちゃん。つい、トレーニングに力が入ります。
 まずは、指先が3歳児並に不器用なげんちゃん。はさみのおけいこです。まっすぐ切る、というだけの、公文の2~4才向きの教材がシックハック。細長い直線でできている、新幹線を切り出して、つなげる、という単純な遊びも、1両の新幹線は二つに切断してしまいました。セロテープで貼るという段になって、え?そこまでできないの?という感じ。やれやれ・・・でもね~。運動機能がだめということは、そこがよくなれば、もう少し、頭も良くなる可能性だってあるはずだし、ママ、おさえておさえて・・・どうどうどう・・・と自分に言い聞かせてにっこり。
「うわ~。すごいね~・・・」

げんちゃん、根本的に問題なのは、やっぱり、賢い普通の子とくらべて、くいつきが悪いこと。すぐに、目がうろうろ。やりたくなくなっちゃう。

 発達に詳しい、体操教室の先生が、「おかあさん。まず、できたところまでをほめて、それから、次の課題を与えようね・・」
と言っていたのを思い出します。
完璧にできないと、不満が出てしまいがちなママ。

5と2は? う~ん。6・・・・
算数は、ほとんど進歩しないみたいでがっかり。

 日曜終わってみたら、ママはすっかり疲れ果てていました。現実に彼にどっぷりかかわると、
「なんて、おばかちゃんなのかな~」
と口をついて出てきます。いけないこととはわかっているんだけど、できるのが、当たり前、で、今まできていたママの人生は、修行も経験もたりないのよね・・・。

 医療人として思うんだけど、やっぱり、げんちゃん、脳の機能が部分的に、機能不全をおこしている感じ。
 サプリも必要だし、酸素の血中濃度をあげて、いっきに右脳トレーニングという、効率の良い、処方を工夫しないと行けないな、とあらためて感じました。

 最近エジソンで教えてもらった、脊椎マッサージや、頭皮マッサージ。脊椎マッサージは、背骨を指で上下にマッサージするやり方ですが、これも、大切に違いないと直感的に思いました。

 脳の機能不全を、もっと効率よくなんとかする方法があるはず・・・昨日はそこに想いをはせました。酸素ジュース、っていうサプリをふやして、飲ませたあと、一気にトレーニングをしたらいいだろうな、と思いました。今度は、そこを改善してトレーニングしてみようっと!

いじけては、また立ち上がる。げんちゃんのおかげで、人生楽しいよ!まったくう(泣き笑い)


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-04 10:59 | 発達障害治療プログラム | Trackback | Comments(5)

障害の細かい分析と手応え

 忙しくて、げんちゃん日記を更新してませんでした。

 12月から、げんちゃんプロジェクトを立ち上げて、まだ2ヶ月ちょっとで、ママは相当プロになりましたよ~!

 つまるところ、発達の問題をもつ子(障害を持つ・・・と言い換えてもいいと思います)にまず必要なことは、的確に、その子の問題がどこに起因するのかしっかり見極めることだと思います。

 計算ができない・・・とします。それは、なぜその機能に障害が来ているのか。全体的な知的障害と言っていいのか。それとも、耳から聞いた情報を一度ためておく機能(ワーキングメモリーと言うそうです)に障害があるのか。絵の情報や、字の情報を的確に捉えきれないのか・・・現象は似ていても、子供の問題は、多様なのです。
 結果的に、計算ができないという事象に現れているものの、問題の箇所が違うとしたら、そのトレーニングの方法だって違うはずなのです。

 ずっと、ずっとげんちゃんを見つめて、観察してくると、何となく、その辺が最初の頃よりわかるようになってきました。

 少なくとも、げんちゃんは、遅れている項目一つ一つ、でこぼこがあります。

 確実に、計算や、図形認識。しりとりのような言葉遊び、運動神経、など、完全に遅れている部分があるのです。それに、日常生活も、少しテンポが違う。

 これらは、まだ、どの部分がだめで、こうなっている、という細かい分析をしきってはいませんが、おぼろげながらでも、仮定をたてることができるようになりました。たとえば、視機能が悪いのでは、というポイントに立って、トレーニングを進めてみる。必ずしも当たりでない部分は、疑問点として記憶し、少しバリエーションをつけてみる、という風に、診断と、治療(トレーニング)、そして修正、をくりかえしています。

 そのようにして得たママの実感は、確実なものとして蓄積されていっています。ただ、まだまだはっきり分析しきってはいません。

 でも、確かなことは、早朝から幼稚園に連れて行き、広い園庭の様々な遊具で、めいっぱい遊ばせる、という、体への刺激と学習は、すべての機能に、良い働きをもたらしているということです。めざましい進歩が見られています。

 さらに、げんちゃんのどこにどのように障害があるのか見極めていく必要を感じているママです。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 
by glow-gen | 2011-02-23 15:04 | 発達障害治療プログラム | Trackback | Comments(4)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
ayuminさん いつ..
by glow-gen at 11:56
げんママ様 コメン..
by ayumin0309 at 23:58
ゆうママさん 鉛筆は、..
by glow-gen at 13:25
ゆうママさん おつかれ..
by glow-gen at 13:22
ロボママさん >>これ..
by glow-gen at 13:10
itoさん ひらがなは..
by glow-gen at 12:56
「公文の先生相手になんぼ..
by ゆうママ at 12:51
ayuminさん この..
by glow-gen at 11:57
げんママ様 またS先生..
by ayumin0309 at 10:57
「たかが勉強、されど勉強..
by robo223 at 10:00
げんちゃんママ おはよう..
by ito at 08:50
ゆうママさん 拾いすぎ..
by glow-gen at 21:02
情報の抽出、苦手ですよね..
by ゆうママ at 15:39
ロボママさん さらに解..
by glow-gen at 14:51
げんちゃんの現状をここま..
by robo223 at 10:19
Mさん  高校生になっ..
by glow-gen at 15:56
?さん アドバイスあり..
by glow-gen at 15:43
ゆうママさん このテス..
by glow-gen at 15:37
げんちゃん、頑張ってます..
by ゆうママ at 11:06
ロボママさん いつもあ..
by glow-gen at 22:44
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧