「ほっ」と。キャンペーン

げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:エジソンアインシュタイン( 6 )

発達検査表の進歩

   エジソンアインシュタイン協会の鈴木先生の知的障害の改善のポイントのひとつ、発達検査表というのがあります。運動能力、知的能力、言語能力、社会性、という4つのポイントで、何百項目も、チェックポイントがあって、それらひとつひとつを改善させていくことを目標にします。だいたい、6歳くらいまでに獲得したい能力がピックアップされています。

 さて、げんちゃんは、5歳後半で始めたとき、できないことだらけでした。1-2歳児のあたりは、クリアしてましたが、3歳児の項目から、できないことがばらつきはじめ、年齢の項目は、さっぱりといった感じでした。

 このたび、久々に、検査項目にチェックを入れてみました。げんちゃんは、まだまだだな~、というげんママのため息とは裏腹に、この発達検査表は、「鉄棒の逆上がりができる。」という項目ひとつをのこして、ほぼすべてできるようになっていました。多少は甘いチェックもありますが、この2年たらずで、とりあえず、エジソンメソッドで、まずはクリアしたい項目をクリアしたと言っていいでしょう。

 これが、2年たらずでの歩みとすれば、やはり、何もしてない子供さんより、進歩は早いのだと思います。

 が、しかし、1年生になって、げんちゃんは、さまざまなハードルを少しずつクリアしていってますが、なんたって、子供というのは、常に進歩してるので、げんちゃん以外の普通の学友たちも、げんちゃんを待つことなく、どんどん先に行っております。

 今週のホームスクールでのげんちゃんを見ると、やはり、まったくのんきにしてられないなー・・・とため息が出てきました。
それと言うのも、子供の発育成長というものは、何かをとばして、一気に行くということはなくて、たとえば、ハイハイ、つかまり立ち、二足歩行・・・といった具合に、ちゃんと段階を追って成長していくとつくづく感じるのです。

 絵がほとほと描けなかったげんちゃんは、最近良く絵を描きます。げんちゃんの絵は、その段階を追う原則に従って、せいぜい3歳児くらいの絵です。3歳の子が描く絵は、決して大人では真似のできないようなユニークな絵を描きます。げんちゃんの絵もある意味、ユニークです。同年代の子が描くような、知的でまとまったものとは違って、不思議な感じで面白いとは思います。が、しかし、それは、やはり、写実といったものから程遠く、形をきっちりとらえて、再現するところからは程遠いのです。

 1年生に入ったとき、鉛筆さえ持てないような子が、今漢字を書いています。それは、驚くに値することかもしれません。が、やはり、一気に普通というわけにはいきません。形を捉えて出力する能力が人より劣っているので、いくら、トレーニングしてよくなった、と言っても、漢字に現れています。

 げんちゃんは、漢字を覚えるのが、同級生より、かなり手間がいります。同じだけ書いても、なかなか入らないようです。書くときも、バランスはひどいものですし、まったくまねできないときもあります。でも、9月に漢字が始まったとき、げんママは、暗算につぐ第2の
ブラックホール?とひきつりましたが、とりあえず、彼なりの進歩をとげています。ま、暗算よりずっとましです。

 そして、あいかわらずの、暗算地獄。それでも、1学期最初とは較べものにならないほど進歩していますが、周囲のげんちゃんに対しての力の入れ方ほど、進歩してないように思います。

 そう、げんちゃんは、成長の歩みのステージを、はぶくことなく、ひとつひとつ進んできた訳ですが、暗算以外は、快速か、特急列車で進んでいたように思います。でも、暗算だけは、普通の子の進歩より遅いような手ごたえです。遅れていても、普通より早く進めば、他の子にもおいつきますが、さらに遅れているのは、ちょっと恐怖です。(絵を描きだしたことのあとに、暗算が来るのであれば、それなりにしかたないのかも、なんて思いもしますが・・・)

 げんちゃんの最近の成長において、たとえば、けっこう難しいジグソーパズルに熱中したり、まったくしなかった工作に熱中したりしてるわけですが、それらは、とても好ましいことですが、小学校で他の子供たちがどんどん先に行ってるとこを見ると、そこを忍耐して、付き合ってやるには、ちょっと覚悟がいります。他にやりたい、計算練習とか、(なんたって、他の子は、すでに、繰り下がり引き算にいってるからね。)の時間をとられることをよしとせねばなりません。

 しかし、ほんと感じるのは、いくつかの特別低い能力の下に、げんちゃんの空間認識能力、形を認識したあと、正しく出力するという力のかけがあるような気がしてなりません。そこを忍耐強く待って、自ら能力開発させることによって、また新たな展開もあるんでは、とよきに解釈したいところです。
 
 ここんとこ、げんちゃんは、サッカーに入ってなんとかやってくれたり、おしゃべりもけっこう的確で、自分の忘れ物に気づいてくれたり、と、以前よりちょっと普通の子に近くなってます。でも、それとともに、はなはだ低成績児という大きな問題がクローズアップされてきました。ほかが良くなってきたら、ここも、いってくれ~・・とママとしてはねがいますが、ここのステージは、なかなか手ごわい・・・

 エジソンの鈴木先生が、知的障害児を改善していくと、普通だけどいわゆる学習が劣ってる子、(ま俗に言う、頭悪い、っていうことでしょうね。)そういうステージがやってきます。とおっしゃっていました。鈴木先生は、そのステージをできるだけ短くするために、エジソンでは、新しくプログラムを作られたそうです。

 げんママ、さっそく申し込んでおりますが、早くおしえて~・・・と思います。げんちゃん、ホームスクールで、あまりに鈍重な様を呈して、げんママにため息をつかせてます。こっちは、どうしても、こんなにおりこうさんになったんだからこんなのわかるでしょう・・・となってしまう。

 やれやれ、成績は一気に上昇とはいかないですねー・・・。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

by glow-gen | 2012-11-21 00:39 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(10)

プレッシャー

 エジソンアインシュタインメソッド・・・「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生の改善プログラムは確かにすばらしいのですが、逆にそれがプレッシャーになるんだそうです。エジソンママのりゅうママが、ある所で言われたそうです。
 げんママは、なるほど、と思いました。子供の脳に良いこと、を読んで、たくさんの改善例を前にすると、まるで一足飛びに高みに上っていけるかのように感じてしまいます。でも、現実のわが子を見ると、なかなかどうして、一筋縄ではいきません。エジソンプログラムとは、親がどれだけ取り組んでいけるか、が味噌なので、改善していかない、となると、自分に何か足りないのかな。と感じてしまうのも無理もありません。また、わが子は、例外なのかとあせる気持ちも出てきます。

 げんママも、当然、そういう気持ちになってました。改善がすぐに劇的に見られる時ばかりではありません。伸びない低迷期もあります。改善してきた今だって、げんちゃんは、やってもやってもできない”算数地獄”をかかえています。10玉そろばんを取り入れて新たに数字に取り組んでいますが、今まで半年以上やってきているにもかかわらず、初めて取り組んでいるようなあり様です。洋服もいつもでたらめに着るし、コートなんかは、うまく羽織れません。靴だってしょっちゅう反対。幼稚園に行くと、かなり改善しているとは言われても、賢い子供たちには水をあけられています。

 知的障害は改善するけど、やはり普通にはならないの? 他の先輩はもっとのびてるのに、話が違うじゃない!と、一人穴をほってしまうのです。

 超楽天家の変なげんママだってそういう風なのだから、常識的な人だったらもっとプレッシャーになりますよね~。わかると思いました。

 うまくいった~、というメッセージばかり表に出ているのでしょうね。鈴木先生は、発達検査表で、空欄に三角がつき、やがて〇になる、という地道な作業をひたすらやっていくんです、と言われますが、その言葉より、改善した~、という華やかな方が、どうしても表立ってしまいます。

 最近、げんちゃんも、2段階、山を登った感があるので、げんママのブログも、ちょっと、うまくいった~、みたいな感じが強くなっているかもしれません。
でも、やっぱり、日々日々、地道なものですよね。人生の法則でしょうね。人生は、目標を立てて、一つ一つ地道にクリアしていく。小さな目標が少しずつ少しずつクリアされると、やがて、大きな目標も手中のものとなっていく、そんな感じでしょうか。

 ここ1年近く、ママは、げんちゃん関連のことばかり勉強していたので、社会のこともちょっとうとくなってしまって、小説や雑誌もとんとお留守。そう、他のことしてる場合じゃない。という徹底主義も良し悪しですよね。かろうじて、仕事をしているので、頭を冷やし冷やしやっていけてますが、もし、げんちゃんのことだけやれる状況だと、かえってまずかったかもと思います。

 とにかく、たんたんと、やることをやる。それがきっちりできる人はきっと大丈夫なんでしょうね。
これも、人生の法則です。とにかく、未来を信じてたんたんと(たんたんとが、もっとも苦手な私です。)やっていきましょう。

 げんちゃんは、というと、彼の世界をたんたんと生きています。自閉症スペクトラムのげんちゃんは、自分の世界をたんたんと生きれるようです。ある意味、ママはすごいと思っています。

by glow-gen | 2011-11-27 01:24 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(7)

エジソンアインシュタイン、鈴木昭平先生のレッスン

  鈴木昭平先生の個人レッスンを受けました。げんちゃんは、とっても進歩してるな~、と感じてるこのごろ。先生のレッスンは、以前とどう変わったかな、とちょっと期待します。

 結果は、げんちゃんの暦齢の8割程度に近づいているといわれました。つまり、グレーゾーンだそうです。ママが、知的障害児から、立派な落ちこぼれ君に昇格したのでは、と感じたのは、まんざら間違いでもなかったようです。げんちゃん、1時間先生の楽しいレッスンをおとなしく座って楽しんでいるようでした。絵が描けなくても、算数がまだまだでも、鈴木先生にほめていただくと、ママもすっかりその気になってしまいます。

 そういえば、前回のレッスンも、舞い上がらせていただいて、げんちゃん進歩したな~、と思いました。それなのに、IQ検査が、その直後にあって、以前より悪い結果だったことを思い出します。鈴木先生の見つめて下さるげんちゃんの秘めた能力が、さっと社会で発揮されるまでは、ちょっとタイムラグがあるようです。早く鈴木先生の評価通りの表現系になれ~。

 げんちゃんが、お靴の左右がいまだにわからない、と相談しました。鈴木先生はすごいことをアドバイスしてくださいました。片方だけ教えてください。右にシールをはるとか、右だよと教えこめば、そうじゃないほうが左とわかるそうです。両方教えたらいつまでたっても、わかりません。だそうです。
 何事にもノウハウがあるんですね。へ~~。でした。色々アドバイスしていただいて、とても貴重な時間をいただきました。

 さて、げんちゃんは、あいかわらず、数字がよくわからないくせに、すごく面白いことを言います。一指し指を1本出して、いくつだ、と言うと、
「かっこいい1だよ。」
では、親指は、
「かっこ悪い1!」
私たちにとっては、どちらも1ですが、げんちゃんには違うようです。面白いですね。~なんか、わくわくします。

鈴木先生が、
「1時間これだけ集中できるんだから、もう普通クラスだって大丈夫ですよ。」
と言われました。「授業は40分だからね。」

 小児科の先生に支援クラスを進められて、一応申し込んでいます。ふ~ん。普通クラスでもいいの?でも、そんなことはどうでもいい感じのへんなママですです。げんちゃんが、人とと違ったユニークなオンリーワンになってくれれば、どういうクラスだろうが、とるに足らないことだと思っています。

 せっかく発達障害に生まれたんだもの、人と同じでは面白くないよね。げんちゃんならではの、素敵な才能を発揮してもらいたいものです。

 ちょっと、鈴木先生にはげましていただいたし、また、エネルギーを補充してがんばります。。
 トンネルもありますが、ママは、げんちゃんの障害のおかげで、毎日がとっても楽しくなっています。(すみません。不謹慎かな~。こういうこと言ったら・・・でも、トンネルのあとに、少し光が見えてくると、みなおなじ気分になると思われます。今トンネルにいるママ、絶対大丈夫だからね。)

  しかし、幼稚園を休んで鈴木先生のレッスンを受けさせたので、お姑さんはちょっと不機嫌です。
「子供の脳には、時々イレギュラーなスケジュールの方がいいんだよ。皆勤賞が豊かな人生を作るとは限らないって。(笑)」
とママ。まじめでスタンダードなおばあちゃんと、破天荒な母親と、げんちゃんは、どんな風に育つのかな?

 それにしても、何を言われても、馬耳東風。行け行けどんどんの嫁をお許しくださいませ~。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-20 01:39 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(9)

エジソンアインシュタイン、会員交流会行ってきました。

 先日、福岡であった、エジソンアインシュタインスクールの会員交流会に行ってまいりました。
福岡だけでなく、まわりの県のお母さんも参加されてました。おばあちゃまもお二人。合計7名でテーブルを囲ませていただきました。
 エジソンからは男性のスタッフの方と荒木愛深先生が来られていました。
 荒木先生専門の5感タッチングのアドバイスを受けることができました。
100円均一で色んなアイテムを買ってきて、さまざまなトレーニングに利用される荒木先生のアイデアを、参加者みんな、固唾をのんで見つめました。
 硬くなった手足の指をマッサージでほぐしていく方法など、すべて参考になることばかり。
 
 でも、何より、先生が、参加者の皆さんも涙してしまうほど大変な人生を歩んでこられたことに驚きました。お子さんの障害も、かなり大変な部類だったし、先生がその大変な状況を、母子家庭で乗り越えた、というのも驚きでした。
 その歩みの中で、先生は、ひたむきに人生を楽しんでいらっしゃいました。もちろん20代の息子さんも、障害にめげることなく、日々を豊かに過ごしながら、色んな夢をかなえておられました。
 参加者は、ハンカチで目頭を覆いながら、すっかり先生の話にひきこまれました。先生のページはこちら

 終わって帰るときは、みんなとっても元気になってました。
終わってから、参加した皆さんとおしゃべりをしました。げんママの体験談や、最近わかってきたトレーニングの味噌なんかも、皆さんにお話しました。また会いましょうね・・・

 ところで、参加していた人の中には、まだ、障害が子供にあることを、友達や親しい人にカミングアウトできない、と話された人もいました。
 げんママは、頭の中に、テーマがうずまくと、人に話さずにいられない性質なので、げんちゃんの障害がわかったあとは、発達障害がもっぱらの興味の対象になってしまって、だれかれとなくしゃべっていました。何せ、中身がパンクするくらい取り組んでいることは、隠そうにもまったく隠せない!(単純な性格です。とほほ・・)
 つまり、まわりがどう思うかとか、考えるメモリーが残ってないというか、自分がどう見られるかなんて、考えるキャパシティーがないわけです。
 そういえば、荒木先生も、どんどんカミングアウトしていくと、思わぬ収穫があるよ、と言われていました。

 げんママは、悩んだりしてるくせに、どこか楽しんでいるというか、新しいテーマに夢中なのです。われながら、へんな性質だと思います。

 ま、そういうへんなげんママのところに、へんなげんちゃんがやってきたわけですね。

 なんか、楽しいですね~。 げんちゃんが、とんちんかんすると、つらいのですが、どこかおもしろい。
 そんなお話を皆さんにしたら、すごく受けて大笑いされました。
 
 福岡に”エジソンアインシュタイン、天才卵クラブ”作りましょう・・われらの子は、その辺の普通の子じゃありません。すごいんです。まだ、今のところ兆しが見えませんが・・・・(笑)

 ま、そのうちです。
エジソンのスタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました。
 
 
 でも、家に帰って、げんちゃんトレーニングをしたら、いきなりどしんと高みから落ちてしまいました。
 先日すらすらできるようになったと思った、簡単なパズルが、またまたできなくなっているのです。は~。これが、小児科の先生の言っていた、「ちょっとやらないと、またできなくなっちゃう。」
というやつか~。

 うちの天才卵はなかなかのつわものです。  ふ~


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-09-24 21:03 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(5)

知的障害は天才卵?

 げんちゃんの、最近のお気に入りの遊びは、トミーの線路遊びです。線路のパーツは、トミーがねらったように、楕円に組むには、直線と曲線のものをうまく組み合わせる必要があります。こっちもそのつもりで、パーツを買っています。でも、直線の入れ方を間違うと、電車はサークルの中を走れず、ぐるぐると何周も走ることができません。
 げんちゃんは、直線をどこに入れるのか、いまいち、正確にわからないようです。図形が苦手なげんちゃん。ママは、それを教えるために、なんどもお手本を示します。
 でも、数日前にママは教えるのをやめてしまいました。
 だって、げんちゃんの作る線路の方が、おもしろそうだったからです。
 げんちゃんがこだわっているのは、三次元。端っこを、本棚の低いたなに据えて、三次元空間を飛び越えて、前にあるチェアーに着地、分岐パーツを使って、今度は床に片方を流します。もう片方は、イスの上にぐにゃぐにゃ走らせます。

 さすがに空間を飛び越えるのは、パーツがばらばらになりやすく、下にクッションをひいたりしています。

 できあがった線路にママも感嘆符。だって、私が見ても、げんちゃんの線路の方が楽しそうです。本箱の終点は、車両庫なのだとか。線路のパーツがばらばらになって不機嫌になったげんちゃんに、ママがすかさず教えます。
「セロテープで留めちゃえば。」
げんちゃんにセロテープを渡すと、あまり器用とはいえない指先で、一生懸命セロテープをもぎ取ります。げんちゃん、セロテープがかろうじて使えるようになったのは、ごく最近。手の訓練になります。

 彼は、私が考えるような、いわゆる正解の線路なんて、まったく相手にしていないようです。
 独創的でおもしろい線路がわくわくするのでしょう。

 夕べ寝る前に、フラッシュをしようとすると、
「ぼくは、こっちの遊びの方がたのしいんだ!」
と線路作りに夢中でママに、反抗してきます。ほう。そういう自己主張をしてくるなんて、左脳が活躍し始めたかな?良いです。良いです。

 もう、他の友達は、とっくに戦隊物に興味がいってるみたいですが、げんちゃんは、トーマスを極めようとしているようです。電車が大好き。なぜか、貨物が大好き。
まったく、凡人のママには、おもしろすぎて・・・

 どんな線路をつくるのか、もっとパーツをご褒美して作らせよう。
「げんちゃん、フラッシュしよう。げんちゃん、ママのお勉強も楽しくできたら、線路のパーツふやしてあげる。買ってあげるよ。どう?」
「オーケー。パンキュー、プリーズ!」(thの発音ができないので、パンキューになっちゃうげんちゃん。)
去年の末、まともに、やりとりができなかった、自閉症スペクトラムと言われたげんちゃんを、すっかり忘れてしまいそうです。

 知的障害児は、絶対に改善します。改善どころか、特別な能力があります。
「子どもの脳に良いこと」に書いてあることは本当だな、と思います。げんちゃんで証明できれば、まわりの人たちにも教えてあげられるので、わくわくしています。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-08-26 18:56 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(8)

三角を丸にするとは

げんちゃんのIQショックから、また、自分を立て直し、あれこれ、ずっとげんちゃんのことが頭をめぐっています。コロンボ刑事が、あれこれ、一日中そのことを考えてごそごそしているイメージで、我ながらおかしいです。

今年初めのことを思い起こしてみました。
げんちゃんは、しりとりがいまいちできませんでした。たった2文字もほとんど撃沈です。車でドライブするときは、家族でしりとりをしよう!、とげんちゃんにふるのですが、げんちゃんは
「無理!しない!」
と拒否しました。トレーニングはそこで終わりになりました。ママは、ため息と、徒労感でどっと疲れました。

 鉛筆を持たせるのも同じく。彼の好きな迷路なら、いいかもと思い、公文の迷路を買ってやらせようとしましたが、いまいち乗りませんでした。

 でも、よく考えると、げんちゃんは、ある時から、それらができるようになり、そうすると、自分からやりたい、という姿勢にかわりました。
 療育の先生が言われたように、自閉症スペクトラムの特徴として、勝ち負けにこだわる、ということがあります。できないことは、つまらない、というのもありますが、できない自分がいやなのではないかと思いました。ある程度、勝てる見込みがないと勝負しない、ということなのかも・・・
 ある時からできる見込みをたてると、表現しだす、という感じでしょうか。

 そのことは、発達に詳しい体操教室の先生が、げんちゃんの特徴として、前に言われたことがありました。私は、その時は、しっかり理解することができませんでした。でも、今なるほど、と思います。
 
 エジソンアインシュタインメソッドでは、できないことを、できるようにするのではなく、少しできだしたことを、のばしていく、というのが、トレーニングの一つの特徴です。

 始めに教えられたときは、そういうものか、となんとなく思っていましたが、つまり、それって、げんちゃんで考えると、こういうことなのかもしれません。

 ならば、あまり、やりたがらないことを無理示威するのではなく、本人が、そこそこ取り組みだしたことを、のばせばいいのかもしれませんね。

 書き取りがだめなら、しっかり、お絵かきや、迷路など、鉛筆運びをひたすらやらせてもいいかもしれません。

×を、○に、ではなく、△を○に、ということは、そういうことかもしれませんね。


 ママは、エジソンのやりかたの神髄ともいうべき理論がちょっと見えたような気がしました。△を○にすれば、やがて、×が△にかわってくる、鈴木先生がおっしゃるのは、きっと正しいと信じましょう。あせらず、やっていきましょう。



ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-08-19 11:13 | エジソンアインシュタイン | Trackback | Comments(2)



小学校5年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
お気に入りブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
robo223さん あ..
by glow-gen at 22:31
もしかしてですが、「何本..
by robo223 at 17:04
ゆうママさん ドクター..
by glow-gen at 20:51
ゆうママさん そうでし..
by glow-gen at 20:49
とんままさん 私の記事..
by glow-gen at 20:40
記事に関係ないことですみ..
by とんまま at 13:56
ほんと、そうですよね。順..
by ゆうママ at 17:49
わかります、わかります。..
by とんまま at 14:55
sさん ショックですよ..
by glow-gen at 02:00
ゆうままさん なんで、..
by glow-gen at 01:34
ゆうままさん いやあ、..
by glow-gen at 01:30
お返事ありがとうございま..
by ゆうママ at 18:02
sさんその2 なんか、..
by glow-gen at 16:56
Sさん そうですか・・..
by glow-gen at 16:51
ゆうままさんその2  ..
by glow-gen at 12:52
ゆうままさん 言われて..
by glow-gen at 12:47
こんにちは。このノートを..
by ゆうママ at 11:11
とんままさん ありがと..
by glow-gen at 15:23
前回記事のお返事のことで..
by とんまま at 12:27
あのメモ、凄いですね。 ..
by とんまま at 10:21
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧