げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:コウ君とカナちゃん( 2 )

リズム変? 一斉指示がわからない?

a0184225_23151173.jpg


小さい子のクラスに入ってるげんちゃんは、一番でかい左から3番目。
 今日はげんちゃんは野球の合宿へ出かけました。げんちゃんの合宿の日に、休日が重なると、私の唯一の休暇となります。ふ~・・・幸せ~・・朝から、静かに本を読んだり長椅子に横になったり、と過ごします。昼からは、スイミングで汗を流して、ご飯を食べたら、やれやれ、もう終わりか~・・・

 げんちゃんは、今週久しぶりに帰った実家で、いとこと遊びました。同級生のKちゃんは5年生でも、たぶん、相当能力の高い女の子なのですが、げんちゃんは、少し、しきられながらもけっこう対等に会話し遊んでいます。う~ん、相手が一人だとけっこういけるんだけどな~・・・と思う私でした。

 プールに二人を連れていきました。スイミングクラブに入って、ばりばり泳いでいるKちゃんですが、げんちゃんも、息継ぎのフォームが我流とはいえ、けっこういいせんいってます。彼は足が強いようで、ビートが早く、Kちゃんにそんなに遅れず泳いでいました。中学から、今行ってる野球やサッカーが終了になったら、水泳をさせるかな~。なんて思いながら二人が遊んでいるのを見てました。

 すると、Kちゃんが私を呼びに来ました。
「この人、変なんだよ。ちょっと来て。」
と、強い女子らしい言葉遣いで言うので、よくよく聞いてみると、水中じゃんけんをげんちゃんがうまくやれないという話のようです。手拍子を5回打って、その5回目にじゃんけんを出す、というルールをKちゃんが、げんちゃんに指示したようでした。リード役はかわりばんこ。

「もう、できないんだよね~。おばちゃん、教えてやってよ。」

だそうです。やれやれ。Kちゃんといい、お姉といい、猛烈女に囲まれてるげんちゃんです。でも、できないかもな~と思い当たります。私も入ってトライ。げんちゃんにリズムを教えてやらせてみました。なんかな~。微妙にずれる。リード役がかわりばんこ、と言ってるのに、ぼ~っとして、自分のリードを忘れてみたり・・・・しばらく何度もやって成功はしたものの、あんた、まじめにしなさいよ。とKちゃんに思われるのもしかたないありさまでした。

ただ、Kちゃんに暴言ははかれても、お姉で慣れているのか、
「わかったって・・・5回目だろ!」
と、強気で言い切ってしれ~っと、たんたんとしてます。委縮しないとこは、この子のいいとこなのか、単にあほなのか・・・それとも、いつものわかったふりなのか・・・(発達障害児は、成長すると、自衛手段から、けっこうわかったふり、をしてきますね。げんちゃんも、最近ごまかし方がパターン化されてます。)

それから、まだへんなとこがあります。
私が泳いでいるレーンは25メートルコースで、途中で止まらず泳ぐレーンだったのに、入ってきて、遊泳コースのように平気で泳いで、監視員さんに叱られたりしました。Kちゃんは、一度しかられたら、すぐ、そのレーンの意味を理解していたのに、げんちゃんときたら、またやらかしたりしてました。

 一見何事もないように、Kちゃんとも遊ぶし、普通っぽいけど、こういうちょっとしたところに、まだまだ脳がアベレッジいってないな~と感じます。

 また、兄の中一のY君と、はまっているマインクラフトというゲームを楽しそうにやっていました。ゲームなんかする暇あったら、読書させたい! と、日ごろは極力とりあげてる私ですが、今日は無礼講とばかり、観察してたら、けっこうお兄ちゃんもまんざらじゃない様子です。おにいちゃんがひたすらしてあげるモードでもなさそうでした。
 考えてみれば、低学年の時は、ゲームなんてスルーでしたよね。なんせ理解できないんだからね~。人並みに、ゲームゲームと言い出したのは、進化と思うべきなのでしょうね。

 5年生になって、いとこのKちゃんも、今年は、塾の夏特別授業に行ってました。やれやれ、普通の子でも5年になると、スパート.かけるんだね。それほど、学習内容も本格的になるということなのでしょう。げんちゃん、やばいな~と思ってしまいました。

 さて、ひきつづき、合宿の集合場所で感じたことがありました。

「さあ、大きい荷物は、バスのトランクに入れますよ~。」
と先生が声をかけました。普通の子は、さっと理解して行動に出ます。げんちゃんは、なんというか、ワンテンポあります。なんか、指示が自分に関係あることと、把握するのに、ちょっとタイムラグがあるような気がしました。ちょっと間をおいて、はっとしたようにして、
「あ、大きい荷物だよね~。」
と、わかりきったことを口走りました。さっと動けたまわりの子が、低学年の小さい子ばかりだったので、やっぱり、聴覚処理がうまくできてない、と感じました。とりたてて浮くというわけではないけれど、げんちゃんのことをわかってみていると、やっぱり変。・・・という点が目白押しですね~。 (ため息)

 夏休み、こういうところが、どんどん改善してほしいのだけどね~。あ~あ  いっこうに、普通には手が届かない・・・という感じです。

何につけ、いっきにはいかないな~・・・

でも、進歩してるとこがあるのもやはり否めません。
今回、初めて、合宿の手帳を書きました。 進化をやめなければ、いつかキャッチアップする日も来よう・・・


a0184225_23175593.jpg

by glow-gen | 2016-08-11 22:44 | コウ君とカナちゃん | Trackback | Comments(4)

発達障害、できないことはやりたくない!

実家に帰っていました。
実家には、げんちゃんと同じ年のいとこのKちゃんがいます。Kちゃんと再会して、げんママはびっくり。何ヶ月かぶりだったので、彼女が、いっきにお姉ちゃんになっていました。

 まず、口元がひきしまり、顔の筋肉から幼児っぽいところが消えています。2才からスイミングに週2回通っているというKちゃんは、体の筋肉もカリっとして、動きがきびきびしています。年長さんの夏休みに、Kちゃんは、おもちゃを、「2,4,6,8、10・・・」と20までさっさと数え、ふたけた計算もこなしていたのを、げんママはあらためて思い出して、なんだかめまいがしそうです。

 げんちゃんは、ママの気持ちはつゆ知らず、Kちゃんとの再会に興奮して、はしゃぎ回っています。

 その姿には、あまりにも差がありすぎて、げんママが、夏休みのげんちゃんの進化に喜んだことが、ぬか喜びのように思えてきました。

 しかし、Kちゃんとげんちゃんが遊んでいる姿を観察すると、げんちゃんのまだまだなところがよく分かりますね。

 体の軸も、Kちゃんに比べてみれば、げんちゃん、まだぽよ~んとしています。上半身から口元にいたる軸は、さらに、ぽよ~ん、ぽよ~ん。目力は、獲物を狙う肉食獣と山羊ほど違いますね・・やれやれ。

 実家のトイレに、Kちゃんの書いた書き取りが貼ってましたが、字も格段にうまい。う~ん。いわゆる発達の早い、”かしこい子”というのは、車にたとえたらポルシェのようじゃ~!!
 げんちゃんは、さしずめ、初期のカローラみたい。まあ、去年は、駆動力のない乳母車くらいだったから、それなりに進化してるんだけどね。とりあえず、走るか。という感じだけど、ポルシェの横に並ぶと、オールドファッションドで、動きが鈍重・・・・時々クラッシュしちゃうしね。

 もうひとり、ポルシェを見かけました。近くのスーパーの、プレーゾーンでその子は光を放ってました。巨大なトランポリンで、その子は、トランポリンに、離れたところから飛び移り、その勢いで、空中回転してました。
 それを何回も繰り返し、大喜びです。飽きると、太い、柱によじのぼり、高い梁にうつって、下にジャンプ。
 またまたそれに飽きると、中空の大きなバルーンのてっぺんに飛び乗り、バルーンの回転にあわせて、地上に飛び降ります。本来、それは、中抜きの穴の中にいるものなのです。てっぺんに乗るなんて、なんてアドベンチャー!

 げんママは、その女の子に目が釘付けになってしまって、話しかけました。
「いくつ?」
げんちゃんと同級生だと思ったのですが、意に反して、年長さんと答えました。うわ~。すごいな~。その場にいたげんちゃんに、その子のまねをさせようとしましたが、鼻っから拒否されました。その子の横にも行きません。
 反対に、女の子の、受け答えときたら、てきぱき、要領を得た会話です。頭の回転も、ポルシェだということがすぐにわかりました。

  げんちゃんのいとこのKちゃんといい、体操選手みたいな年長さんの女の子といい、進化してる子どもたち、ま、いわゆる賢くて、体も切れる子どもたちは、まるでスポーツカーみたいですね。

 スーパーで見た女の子にインタビューしました。
「あなた、すごいね~。どうしてそんなにすごいことできちゃうの? 幼稚園でも毎日そんなことやってるの?」
女の子は、いかにも得意げに
「あたし、毎日、保育園の遊びもので、こんなことやってるのよ。毎日やってきたえてるの。」

 子どもの会話とは思えない・・・もともと能力がある上に、好きだから、どんどんそこに磨きがかかっていくわけだね。

 いとこのKちゃんも、昔ながらのこま遊びを上手にやってました。するするひもをまいて、器用に転がします。げんママ、昔を思い出してやってみたけど、うまくひもも巻けなかったし、うまく回転させられませんでした。ちょっとした練習がいります。
 げんママでさえそうなのだから、げんちゃんがくいつくわけもなく、ここでもすごい能力の差を感じました。

 さて、げんちゃんの本質的な問題は、器用じゃないことも、運動能力が劣ることもさることながら、スポーツカーみたいな女の子たちがやることを見て、やってみよう、と思わないことです。
 自分はできない。無理。と思うのか。自分が、負ける構図がいやなのか、最初からさけてしまうのです。

 自分には関係ないというレッテルを自分で貼ってしまうと、絶対その遊びには参加しません。他の子が楽しく集団で遊んでいても、自分だけ、からにこもって遊んでいます。

だから、ますますできるようにならないという悪循環です。

 他の子どもを見ていると、友達がやっることが、自分にはどうかな?となった時、逃げるのではなく、とりあえず、やってみよう、となります。やってみて、それでも、だめなら、飽きて投げ出す、ということもあるのですが、とりあえず興味津々になります。

 そこが、決定的に違うところです。
 スポーツカーの女の子たちは、”楽しい、得意、またやりたい。”げんちゃんは、”楽しくない、やらない、ずっとできない。”行動のモチベーション自体がまるっきり違います。

このマイナスと、プラスの方向性は、すさまじい差を作ってしまうようです。
 いつものことですが、ここをプラスの循環にもっていく、最初のきっかけ作りに、ママはいつもくたくたになるのですよね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-16 17:27 | コウ君とカナちゃん | Trackback | Comments(16)



小学校5年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
お気に入りブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
ゆうママさん 問題行動..
by glow-gen at 20:22
yさん は~~。ひ..
by glow-gen at 20:20
春休み、たんたんと4、5..
by ゆうママ at 19:19
robo223さん ほ..
by glow-gen at 14:12
またまたコメントで申し訳..
by robo223 at 20:38
ゆうママさん ほんとお..
by glow-gen at 10:20
げんちゃんの絵、生き生き..
by ゆうママ at 15:38
とんままさん 絵は、ほ..
by glow-gen at 13:34
junママさん お久し..
by glow-gen at 13:29
iさん 私たちのめざす..
by glow-gen at 13:23
sさん 卒園おめでとう..
by glow-gen at 13:07
mさん すごいですね~..
by glow-gen at 13:02
絵の出来栄え、凄いですよ..
by とんまま at 12:47
大変ご無沙汰しております..
by junママ at 19:05
robo223さん 詳..
by glow-gen at 17:10
続きです。(長くてすみま..
by robo223 at 14:07
げんちゃんの模写が素晴ら..
by robo223 at 13:56
Yさん よ~くわかりま..
by glow-gen at 20:23
Hさん ほんと戦友です..
by glow-gen at 18:33
mさん げんちゃんの算..
by glow-gen at 15:28
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧