げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:体遊び( 4 )

漢字の書き取りとボール投げ

   げんちゃんの発達育児に取り組んでいると、いろんなことがわかってきました。
先日、1年生の子供さんのお母さんに、相談されました。その子は、いつも口元がぽかんとしていて、発音も微妙なんだとか・・・確かに口元に力がありません。
その子に、

「8たす8はな~んだ・・」なんて、質問をすると、さっと答えます。とくに、知的な遅れはないようです。でも、なんとなく、弱弱しい。お母さんに尋ねました。
「ぼうやは、1週間にどれくらい運動してますか?」

 すると、お母さんは、ちょっと困ったように、
「うちの子は運動が嫌いで、ほとんど運動はしないんです。サッカーとかも、自分の運動能力が友達についていけないことがわかっているので、習うのいやがるんです。
学校でのお外遊びだって、ついてけないので、友達の中に入れないみたいです。家で本を読んだりするのが好きです。」
ということでした。げんママちょっとぴんときて、

「あのう、最近学校で漢字とか始まってるけど、もしかしたら書き取り苦戦したりしてませんか?」

 お母さんはびっくりしたように、げんママの顔を見ます。
図星だったようです。
「はい、そうです。なかなかうまく書けないんですよ。・・・・」
やっぱり・・・とげんママは内心思います。

「うんていとか、どうですか?ぶら下がるやつ。」
「全然だめです。できません。」
やっぱり・・・

「お母さん、腕の力がないのに、上手に漢字が書けるわけないよ。腕がしっかりできて、指先にコントロールができるんですよ。腕を鍛えなきゃだめだよ・・」

 そうです。げんちゃんと同じです。げんちゃんは、1年前、字なんてまったく書けませんでした。(年長さんです)はさみさえ難しかった。ついこの間まで、棒にぶら下がることもできなかった。小学校にあがった時、鉛筆をとりあえずにぎれるというだけで、(すごい持ち方です。)、もう字なんて、てんでだめだった。

 指先の能力は、腕という粗大運動のあとにできてきます。
 口の周りの筋肉を、総動員して、きれいに発音するというのも、たぶん、指先と同じ細かい動きですから、やはり、体全体の筋肉がしっかりついてこないと、効率よくいかないはずです。

 お母さんにそうアドバイスするとびっくりされていました。
でも、心配そうに、お母さんが言います。
「でも、あの子は、運動が嫌いです。無理にさせてストレスにならないでしょうか?」

 ちょっとびっくりしました。そんな質問が出るなんて。・・・げんママ
「たぶん最初はストレスになりますよ。でも、将来、他の子よりできない、って自分に自身がないことこそ、ストレスだと思うよ。ちょっとずつでいいから、やっていかないと、色んな力を子供からうばってしまいます。それに、運動した後は、気分がすっきりするから、楽しいよ。おまけに、できるようになったら、本人うれしくなります。色んなことも伸びてきますよ。」

 げんママは、自信をもってそうアドバイスさせていただきました。

 別にこの子供さんは、発達障害でもなんでもないのですが、子供たちの、運動しないことは、なんと学習に影響するのです。
 そして、よく聞いてみると、お母さんも、まったく運動が嫌いだそうでした。自分が運動をするのが苦痛なので、子供にその苦痛を味わわせるのが、不安だったようです。
 どれくらい、どんな感じで運動に取り組ませたらいいのか、皆目わからないのだと思います。

 なるほど・・と思いました。げんママが一番げんちゃんに重おきをおいているのは、運動ですが、実は、げんママ、学生時代奮起して運動部に入るまで、このお母さんのようなタイプだったので、彼女の気持ちがよくわかるのです。
 学生時代、奮起して運動部に所属して、運動の仕方がわかって、自分に自信もついたし、きつかったけど、運動した後の爽快感を知って、人生に、体を動かす楽しみをいただきました。
 だから、げんちゃんに、少しくらいスパルタして運動させても、別に心配にもならないのです。でも、自分が運動一切きらいで、やったことがなかったら、運動させて、と言っても、どうやっていいかわからないかもしれない、と思いました。う~ん、今までそんな風に考えたことなく、ひたすら運動大事。させましょう・・・と単純に思ってたので、なるほど、と思いました。

 でも、そのお母さん、げんママの話を聞いて、子供さんに運動をはじめさせる気になられたようで、ちょっとほっとしました。げんママが、自分は、ウンチだったけど、運動無理やり取り組んで、ストレスになるどころか、自信もついて、まったく問題なかった、と言ったので、安心されたみたいでした。 そう、運動って、少しずつ取り組んでいけば、楽しいものです。

 さて、げんちゃんも、文字はなかなかうまく書けません。先日学校でやった運動能力テストは、ボール投げが最低レベルでした。一生懸命鍛えているのですが、サッカーボールくらいの大きなボール投げはしてませんでした。
 させてみました。やれやれ、げんちゃん、片手でボールを投げられません。投げようとすると肩でささえて、砲丸投げみたいになって、ボールが下に落ちてしまいます。あー・・そうかー。まだまだ腕だめなんだな。と思いました。

 それで、ボール投げ30回というメニューをここんとこ始めて見ました。あっという間に最初より上手になりました。まだまだ鉄棒、うんていはだめですが、この調子でボールも鍛えていけば、効率よく、運筆がうまくなると思います。
考えてみれば、ボール投げって、肩、腕、手先・・・すべて使いますね。


でも、まさか、多くの人は、字の書き取りと、ボール投げや、うんていを結びつけませんよね。先生さえ・・・でも、絶対に、ボール投げられない子に、上手な書き取りは無理なんじゃないかと思います。
字書くなら、まず腕から・・・

100均で見つけた、トレーニング用ゴムリボンを、書き取りの前に、何度も伸ばすようにさせてみました。ま、すぐに効果が出なくても、確実に出てくるはずだとふんでいます。少なくとも、今まで、げんちゃんの腕ができてくるのと書き取りが少しずつましになってきてるのと、やはりリンクしています。

 発達育児って、普通の子供さんにもたくさん役立つことありますね。みんなの役にたてるとうれしいね。


 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-10-18 23:14 | 体遊び | Trackback | Comments(8)

手先の訓練と腕の訓練

 げんちゃんの体の軸は、本当にしっかりしてきたようです。
日曜日は、げんちゃんと何キロもサイクリングをしました。げんちゃんは、自転車で、本当にうれしそうに走ります。

 げんちゃんは、5歳の誕生日になっても、三輪車に乗れませんでした。
 なんせ、5歳になるのに、ずっと体をローリングしながら歩いていました。
 その後ろ姿で、すぐにげんちゃんとわかります。

しかし、6歳に限りなく近づいた頃、色んな取り組みの成果があって、補助付き自転車に乗るようになりました。

 補助付き自転車に乗るようになると、キックボードにもはまりました。本当に、どんくさいな~、と思う乗り方が相当続きました。でも、彼は、はまりました。暇さえあれば、補助付き自転車、キックボードに乗っていました。

 いつもは、本当に恐がりなのに、それだけは、こけても、またトライしてました。


 それから半年もたったでしょうか。げんママは、ある時、いやがるげんちゃんの自転車の補助を取りました。昨年の10月、げんちゃんは、特訓して、なんとか2輪の自転車に乗れるようになりました。

 そして、それから、また7ヶ月が過ぎ、げんちゃんは、自転車をすいすい立ちこぎします。下り坂では、おもしろがって、ペダルに立って、しかも、片足を横にあげ、片足立ちします。グライダーのように、爽快な気分なのでしょう。

 平坦な道では、片手を離してみます。うまくいったようです。一度、曲乗り練習に高じて、壁に激突してしまいました。たいしたことはありませんでしたが、びっくりです。げんちゃんは、もろともせず、また体制を立て直します。

 少しずつ、少しずつ、彼の脳は、自分のペースで、自分の思った所に道をつけていくようです。

 その様子はまるで、宇宙人ピグモンには、彼のパターンがあるかのようです。宇宙流儀でやるときは、げんちゃんは、すこぶる進化する、賢い子のようにさえ見えます。

 ところが、途中立ち寄った、公園で、うんてい(渡り棒というのかな?)をさせようとすると、まったくだめです。まったくやろうとしない。下からいくらささえてやっても、彼の興味が奮い立つことはありません。せいぜい、最初の棒にぶら下がって、5秒ほど、じっとしているのが精一杯です。

 鉄棒もあったので、やらせようとします。逆上がり、と思ったけれど、やらせようとして、すぐに、それが早すぎることに気づきます。前回りをさせようとしました。彼は、本当にいやがります。鉄棒の上にジャンプして登ることもできません。抱きかかえて、上に登らせて、無理にさせます。とりあえず、前に回って降りました。

 鉄棒に関しては、ピグモンは、”地球の流儀がわからない”、まるでそんな感じです。鉄棒を握る手つきも、気をつけていないと、親指と他の指が、同じ側になります。(これは、赤ちゃんパターンなのだそうです。)

 げんちゃんは、あれだけ、自転車に興味を示しているのに、鉄棒はまだ、脳に、その道をつけるきざしがないようです。

 ママは、げんちゃんの腕が、指先と同じように、まだまだなのを感じます。
指先も大切だけど、腕、・・・もっと上の幹の部分ができてないのです。まず体幹、だとしたら、げんちゃんは、指先のトレーニングとともに、腕と手の両方を鍛える必要があるのです。
 ママは、自転車の訓練をしたときのように、明確な目標が見えてきました。
 今度は、腕だ!

 机の上でするレッスンではないことが、実は、机でのお勉強の基礎になる。これは、今まで、いやと言うほど、感じたことです。

うんていと、鉄棒と、ジャングルジムがそろった、家から少し離れた、この公園は、げんちゃんの今週からのトレーニング場になるでしょう。


 そして、ピグモンが、宇宙ペースで生きているときと、地球に慣れるため、無理してるとき・・・げんちゃんに感じる進歩が、二つのモードによって、、天国と地獄ほどに感じるということもわかってきました。
 それは、この自転車と鉄棒のようです。自転車は、彼のテリトリーだけど、鉄棒はまだ、あっちの領域といった感じです。

 げんちゃん、すごく進歩した、と感じたあと、生活全般で、あるいは、勉強中、あるいは、塾で、あるいは、学校で、ママが見せつけられる、情けないげんちゃん。そういう現象があるのは、つまり、こういう二つの世界があるからでしょう。

 それでも、彼のテリトリーは、少しずつ広がる。でも、彼のペースでしか広がらない。地球人は、こっちの流儀でそれをうながしたいのだけれど、ピグモンには通用しない。

 しかし、それでも、確実にそのテリトリーは広がり、地球の生活に慣れていく。



 宇宙人ピグモンの進化は、少しずつですが、確実におこっています。地球人の中では、なかなか進歩が見えないかもしれませんが、宇宙次元では、本当に確実な進歩をとげています。地球になじませるのをあせってはいけません。彼は進歩しているのだから。

 そしてママもまた、進化したようです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-05-22 13:08 | 体遊び | Trackback | Comments(22)

運動~他の回路からの刺激~

 げんちゃんプロジェクトをはじめて、ママは色んなことを学びました。げんちゃんの脳の状態を普通の子のように、きびきび働くようにしたい。げんちゃんの感性は伸ばしてあげたい。まあ、目標は簡単に言えばこんなところです。

 支援クラスや、特別学級の先生方とまったく違っているのは、ママは、げんちゃんが何の遜色もない、優れた子になる、と信じていることです。それに対して、普通は無理でも、できるだけ、社会適応させたい、というのが、支援級の先生方の目標です。ママの目標ははるかに高いところにあります。だから、そのための探求なら、ママは労を惜しまないのです。

 色んな、脳のプロフェッショナルの書物を読みながら、かつ、げんちゃんの発育を見ながら、ママには一つの確信が生まれています。
それは、げんちゃんの脳をうまく発達させるためには、運動プログラムがかかせないということです。

 今日仕事場に来院した3年生のF君。彼を見て、ますます思いを強くしました。彼は小学校3年生なのに、すばらしく体の軸がしっかりしていました。すらっとして、体の安定感があります。普通この安定感は、小学生では上学年になってついてくるものですが、F君は3年生にして、すでにすばらしいバランスです。
 ママは、すぐにお母さんに話しかけ、F君の体つきのすばらしさについて質問しました。
F君のお母さんはうれしそうに、
「Fは幼稚園の時かから、空手をしています。今は、週に5日行ってるんですよ。足なんか、まっすぐ上にあがります。」

 げんママはうなずきました。やっぱり・・・。
 F君は、体つきだけではなく、目線もしっかりしていて、かつ目力があります。運動で鍛えられた子どもさんの身体のすばらしさは、そのまま、脳にも影響が及んでいると、げんママは直感しました。

 そして、日曜日のことを思い出しました。日曜は、いつもの1キロ強のジョギングをしました。げんちゃんが、たまたま近所の1年生と遊んでいたので、その子もいっしょに走らせてみました。げんちゃんだけを見ていたら、そこそこいいフォームになってきていると思っていたのですが、彼と比べると、明らかに身体能力の差がわかりました。走る時の、げんちゃんの体の軸は、まだまだぶれぶれです。
 1年生のK君は明らかに、走りがげんちゃんよりしっかりしてるし、スタミナも続きます。
 1年の違いは大きいですが、それを差し引いても、げんちゃんは劣っていました。

 げんちゃんの学習能力の遅れは、まさに運動能力の遅れでもあるんだ、と思いました。

 赤ちゃんの色んな行動を思い出してみれば、脳が単に机の上の学習だけで発達するものではないとわかります。彼らは、いつも学習を体で体得していました。成長する上で、彼らは様々な、不要とも思える非効率な動きをします。それも、お母さんがくたびれるほど、休む暇がありません。その中で頭を調節していたに違いありません。そして、小学校の上学年に近づくと、動きは非効率なものから、確実な動きへと成長していきます。学習とは、体ができていくことと表裏一体なのだ、とげんママは確信します。
 
 そして、F君に見ることができるのは、スキルを学ぶ運動に加えて、運動部でやるような、心臓や筋肉にちょっと負荷をかけるような運動が必要だということです。きつくても、走る、とか、泳ぐ、とか、心拍数をあげて、筋肉細胞を少し破壊して、新しい筋肉を作るような運動が必要なのだ、ということです。もちろん、常識的な限度を超えてではありませんが・・

 きっと頭の機能は、体から刺激を受けて、調節されるのではないか。いやきっとそうだ。と思いました。

 げんちゃんは、随分、体の機能も発達しました。なんと、「夏も近づく八十八夜・・・」あの歌いながらの手遊びができるようになっています。これは、すごいこと。右手を出して、同時に左足を出す。こんなこともできます。(確実性はもう一つですが。)半年前はまったくお手上げでした。なんたって、歌に手拍子をつけることさえできなかったのですから・・・

 たとえば、苦手な計算、パズル、お絵かき。これらの能力は、体の調整なしに発達しないような気がします。運動することで、脳のさまざまな機能が調節されるのではないか、と思います。げんちゃんのプログラムに、もっともっと、運動を取り入れていくべきだ、と思いました。

 ママが仕事をしていなかったら、園から帰ったら、サッカークラブに入れたいな~(こういう子をちゃんと指導してくれる先生がいるかどうかちょっと疑問だけど)・・・ま、実際には無理だから、どうやってすぐれた運動プログラムをこなさせていくか。今、ママのテーマです。運動は、計算やパズルより、げんちゃんには好ましいトレーニングでもあるようです。彼が楽しんでやれる体のプログラムをどんどん取り入れるようにするのはどうすればよいか、ママは考えています。先日からひっかかっていた、「忍耐して、ひたすら、苦手なことをやらせるのではない、他の回路からの刺激」とは、まさにこれなのではないか、と思うにいたりました。
 
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-07 19:30 | 体遊び | Trackback | Comments(5)

親ばか力

 久しぶりに、幼稚園見学に行きました。
げんちゃんは、体操教室に参加していました。以前見たときより、回転したり、足踏みしたり、進歩していましたが、やっぱり、相当周りとテンポが違いました。

 「はい、あつまりまーーす。」と先生が声をかけると、他の子は、さっと集まるのですが、げんちゃんの目は、なんだか他のものを追っているようで、一人はぐれ雲のようになってしまいます。

 それでも、ふと気づいて、群れにはいっていったりするし、時には、優しい園友が、ひっぱってくれたりします。

 中でも、絵里ちゃんは、おしゃまなちいままで、げんちゃんのおせわをさっさかしてしまいます。はい座りましょう、と言われても、つったっていたげんちゃんを、うしろから抱きかかえて、絵里ちゃんがお膝に座らせて、じっとしていたのには、びっくりしました。

 げんちゃんもされるがまま、どうも、絵里ちゃんの母性本能に何か訴えかかえるげんちゃんなのかもしれません。そういえば、保育園の時も、だれか特別にくっついてきてくれる仲良しができていたげんちゃんでした。
 げんちゃんは、だれかれにも、あまり壁がないようで、お世話されると、気持ちよくされるがままになります。

 これは、げんちゃんの面白い特性だと思います。
マイペースでこまりものだけど、周りを侵害するわけでもなく、ただ一人、自分の世界を楽しんでいるようです。

 もちろん、のけものにされたりするときもあるのですが、あまり気にしている風でもなく、自分が興味のいくところに夢中になっていることが多いようです。

 脳のシナプスがまだまだ滞ってちょっと情けなくもなるのですが、げんちゃんのユニークな特性こそ、とっても素敵だと思う親ばかママです。集団の中で見ると、まぎれもない発達障害!そのずれかたは、もう笑うしかない。涙!やれやれ。

 体育の先生も、げんちゃんの様子を見極めてから、お月謝はいただきます、なんて恐縮なことをおっしゃいます。発達障害にも取り組む熱意むんむんの先生です。今は、まだ、げんちゃんにあったプログラムをやってないから、まだトライアルということでいいですよ、なんて、げんちゃんは、恵まれているよね。

 げんちゃん、げんちゃんの世界を大切にしながら、脳の開発をしていこうね。
ママは、げんちゃんが、きっと天才になると思いこんでいるよ。

これを親ばか力というらしい。親ばか力は、時にミラクルをおこすそうです。

 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-11 02:26 | 体遊び | Trackback | Comments(0)



小学校5年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

こども整体 頭蓋仙骨療法

げんちゃんママの紹介 小学校5年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。  「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと髙3の娘と、医療関係に働くワーキングママ。 1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増えました。  今年5年生は、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
お気に入りブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
ゆうママさん 問題行動..
by glow-gen at 20:22
yさん は~~。ひ..
by glow-gen at 20:20
春休み、たんたんと4、5..
by ゆうママ at 19:19
robo223さん ほ..
by glow-gen at 14:12
またまたコメントで申し訳..
by robo223 at 20:38
ゆうママさん ほんとお..
by glow-gen at 10:20
げんちゃんの絵、生き生き..
by ゆうママ at 15:38
とんままさん 絵は、ほ..
by glow-gen at 13:34
junママさん お久し..
by glow-gen at 13:29
iさん 私たちのめざす..
by glow-gen at 13:23
sさん 卒園おめでとう..
by glow-gen at 13:07
mさん すごいですね~..
by glow-gen at 13:02
絵の出来栄え、凄いですよ..
by とんまま at 12:47
大変ご無沙汰しております..
by junママ at 19:05
robo223さん 詳..
by glow-gen at 17:10
続きです。(長くてすみま..
by robo223 at 14:07
げんちゃんの模写が素晴ら..
by robo223 at 13:56
Yさん よ~くわかりま..
by glow-gen at 20:23
Hさん ほんと戦友です..
by glow-gen at 18:33
mさん げんちゃんの算..
by glow-gen at 15:28
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧