げんちゃんの発達障害プロジェクト

野球合宿のミラクル。会話のずれをなおす

げんちゃんが野球の合宿から帰ってきました。そして、びっくりしたことがありました。
なんと、げんちゃんは、「最優秀打撃賞」というのをとったというのです。賞状を無造作に私にくれました。びっくりして、先生に聞いたところ、試合中ではなく、バッティング練習の際に、もっともたくさんヒットしたのだそうです。いつもの先生ではなく、別の先生がバスの引率に来られていて、彼は、げんちゃんのトラブルは把握していないようでした。

先生「とても上手でしたよ。体幹がしっかりしてないと、バッティングはむつかしいです。」

え~~。それはないでしょ~・・・目が点です。なんせ、100人くらい参加してます。もちろん、小さい子の初心者のクラスにいるので、6年生は、少ないかもですが、たとえ、1~2年生だけの中にいたとしても、げんちゃんが、1番なんてありえないでしょう・・・

 試合中のバッティングではないので、まあ、そうだよな・・・とは思うけど、それにしても、すごいじゃん!

先生に、かいつまんでげんちゃんのことを話し、最近すごく伸びていて、集中力が出てきた・・とお伝えすると。

「野球は集中力です。集中力が出てきたので、ぽんとよくなったのかもですね。」
と言っておられました。

まあ、よくわかりませんが、卒業前に、げんちゃんの自信につながるできごとが起こってよかったよかった、という感じです。でも、体幹できたとは、到底思えないんですけど・・・こんど検証しに練習見に行ってみよ。

 最近、あれっ?、という出来事が一つ二つおこってました。

げんちゃんは、学校で卒業に向けて、演奏会があるのか、リコーダーを学校にもっていってます。ある日、げんちゃんは、おもむろに、音楽の教科書を出して、指と音符の相関表のところを見て、自ら練習してました。え~? 私はびっくりしました。だって、げんちゃんは、リコーダーが苦手で、今までやる気なんてぜんぜんなかったです。ピアノをやっていても、ピアノは、横に進むけど、リコーダーはたて。そうなると、もう、応用がきかないらしく、クラスの底でした。
 支援クラスで特別に特訓されていた時代もありますが、嫌がって、怒っていたようです。

 ある日をさかいに、彼は、ちょくちょく練習するようになって、(まあ、練習のしかたは難あれど・・・)音楽のない日も、ちゃんと、リコーダーを持参するのを忘れず、(リコーダーに意識が入っている!)さらにある日、使い方を教えたこともないコピー機と格闘して、指のページをコピーしました。そして次の日は、何を考えたのか、またコピーして、さらに、いる部分を切り取りました。そして、使ってない新しいノートを取り出して、貼り付けました。(ちょっと難ありでしたけど・・・)

 お~・・・何がおこった? びっくりびっくり・・・・


 またある日、げんちゃんは、昼間に洗面所で、髪を洗ってました。風呂場から、シャンプーリンスを持ってきて・・・しかも、ブローなんてめったにしてやったこともないのに、自分から、ドライヤーを出してきて、ブローしてました。

 なんせ、これまでの人生、彼は、自分から自主的に髪を洗うなんて行為は出てきません。風呂に入るとき、髪洗いなさいよ、と言って、しぶしぶやってました。

 
 これって、自分が不快だから、髪が洗いたい・・と思って、自ら行動したようです。自分が何をしたいのか、ということを明確につかんできた、ということなのでしょう。

 まさに、意識の方向性が出てきたのでしょうね。

 
 しかし、そういうことの裏腹で、前回の記事と同様に、げんちゃんとずれた会話もしましたよ~。
くもんで女の子とよくある会話をしたみたいです。

げんちゃん「俺って天才!」(英語のプリントしながら)

さくらちゃん「はいはい、あんた英語得意なんでしょ・・(こばかにしながら)」

げんちゃん「さくらちゃんは、ちょっとかわいくないな~。」
さくらちゃん「別に可愛くなくていいもん。ちゃんじゃなくて、さんと言ってよ!」

くもんの先生が、普通によくある男の子と女の子の軽口をいいかんじでかわしてました。と伝えてくれたので、げんちゃんに聞いたら、

げんちゃん「もう、さくらちゃん、性格がかわいくないんだよな~・・(うれしそうに)さんと呼べとか言うしさ。」
ママ「 さくらちゃんじゃなくて、さくらさんと呼べって言ったの?」
げんちゃん「違うよ。さんと呼べ、って言ったんだよ。」
ママ「ニックネームが”さん”なの?」

げんちゃん「違うよ、さくらちゃんだよ!(偉そうに)」

ママ 「さくらちゃんって名前で、さんと呼べ、っていうのは、さくらさんと呼べって意味だと思うよ。」

げんちゃん「違うよ。さんと呼べって言ったんだ。」

前回同様の押し問答・・・

げんちゃんは、友達デビューもいまいち、足りないし、相手のセリフの広がりがつけられないし、しばらく、こういうことの修正をしまくりながら暮らしていくのでしょうね。でも、彼の意識世界が広がりつつあるので、言葉の世界も広げられる足がかりができたのでしょう。良い傾向です。


# by glow-gen | 2018-01-22 01:16 | 意識のこと | Trackback | Comments(8)

穴だらけでも、どんどん進歩しているげんちゃんのようです。自主性が出てきてる

 
a0184225_01260207.jpg
イントロだけ、気まぐれにとっているようなときも多かったけど、けっこうノートはとってくるようになりました。数年前に、げんちゃんがしっかりノートとってくるなんて、考えられないことでした。

今週は、いつも勉強を教えて下さるK先生一家が、インフルエンザにかかってしまい、げんちゃんは、ホームスクール返上で学校に行ったり、家に帰ってきてから、くもんの先生に一日見てもらったり、かなりスケジュール変更された一週間でした。

おまけに、今日明日と野球の合宿だったので、金曜、遅いママの帰りを待たず、くもんに行ったあとは、一人でおばあちゃんのところから、家に帰って、合宿の準備をしておく・・・なんてメニューも盛り込まれていて、あわただしかったと思います。

 まるで、むつかしい中学受験を控えた学友みたいに、げんちゃんは忙しいです。忙しさだけなら、中学受験する同級生より、まさっているかも、と思うくらいです。少なくとも、浪人生のお姉ちゃんより、なんか、緊張感があるような・・・

 (あ、お姉ちゃんのセンター終わりました。結果は、やれやれ、どうなることやらです・・・)

 さて、この一週間を振り返ると、げんちゃんは、変化しはじめたところから、その変化に一区切りつけた、という感じです。英語で言うなら、現在完了形で、変化しました。と書くべきところのようです。
学校から、おばあちゃんの所に帰ってから、くもんに行ったあとは、一人で、自宅に帰り、私が帰るまで一、留守番するのが、当たり前になりました。電話で、ピアノ弾いときなさいよ~。なんて、私が言うと、少しはやっています。合宿の用意も、私が帰るまでに、多少はしていました。半年前から、おばあちゃんにお膳立てしてもらいながら、一日のスケジュールをこなす、ということを、少しずつ卒業しようとがんばってましたが、やっと、まあまあ軌道にのってきました。

 ふと気づけば、学校のノートもけっこうぎっちり書いてくるようになってます。あの苦手な算数さえ、きっちり写しているではありませんか。とはいえ、先生によると、”一生懸命ノートはとっていますが、指示は、まだまだ抜けている”ようで、聴覚処理は、一気にはいかないようです。・・・ノートの字もそれなりに、きれいになってます。

 また、くもん教室でも、だいぶ浮かなくなったようで、熱心に周りと同化してるときも多くなってきたようです。一回15枚というプリント学習は、なかなかすらっとこなせないようで、先生の手を煩わせることも多いみたいですが、少なくとも、7月入門した時とは別人だそうです。

 くもんの先生は、K先生のかわりにたまに個人レッスンを請け負ってくれるのですが、くもんしかやったことないから、とやんわり、一線をひかれてしまうので、K先生のようなわけにはいきません。くもんのプリントと宿題をやってくだされば御の字くらいの気持ちであずけています。前回ワンポイントリリーフをお願いしたときは、げんちゃんの意識レベルがどんと落ちて困ったのですが、今回は、そういうこともなく、げんちゃんの意識は、安定して年末より一段階上に行ったと感じます。

 今日は合宿でげんちゃんはいません。げんちゃんに、少し自主性が生まれてきたので、合宿が、どう作用してくるか、少し期待します。s先生の言う、意識をつかんだら、次は、その方向性をつかんでいく、という、その段階が現れ始めたのだと思います。あまりがみがみ言わず、少し自分で伸びあがるのを見守っているのがいい時期だな、と感じます。

 しかし、彼のすべては、抜けだらけで、決して安心できないところも、多いのも事実です。合宿の準備をさせていると、げんちゃんの判断力や認識力に、え? と思うことが出現します。たとえば、練習用のくつに関して、バスの中で、はく履物をカバンに入れて持ってくる、ということになってました。つまり、スペアの靴が1足いるわけです。

「バスを汚さないように、移動中のバス内ではく靴と、グランド用の靴がいるよ。」
と、私。すると、げんちゃんは、くつを二足持ってきました。そして、なんと、その二足をカバンに入れようとするのです。
「え?じゃあ、げんちゃんは、何履いて合宿に行くの?」
私が言うと、

「お母さん、グランド用と、バス用がいるんだよ。」
げんちゃんは、言い張ります。
「いや、だからさー。この二つをカバンに入れたら、あなたは、何の靴をはいて合宿に行くの?って聞いてるでしょ。」
押し問答のように続きます。

さいごまでぴんとこないようで、とうとう、わかるように説明するはめになりました。説明すると、あー・・・と納得しますが、ちょっと、あんたおかしいんじゃないの?
と言いたくなります。言葉を文字通りとってしまう、発達障害ならではのずれでしょう。 こういうのは、なかなかすぐには改善しないのでしょう。
つまり、こういうささいなことでも、大きく食い違うわけですから、日ごろの会話で、げんちゃんが、こっちの思うところを、しっかりとらえてないことが、容易に想像されます。

そうはいっても、5年生の時点で、宿泊研修の用意が、まったくできなかったことを考えると、確実に進歩しているわけで、そのうち、できるだろうと楽観視しているけれど。


合宿の出発式ではげんちゃんのまだまだのところを発見しました。小さい子のクラスに入っているげんちゃんは、最年長だから、ということで、出発の挨拶をさせられました。その時、げんちゃんのたたずまいは、なんか、上半身が少しふらふらしてました。下半身の安定はあるものの、腹筋に力が入ってないというか、腕をぶらぶらさせたり、なんか、安定感がないのです。しかも、何を言おうか考えると、目がきょろきょろ動きます。低学年の子でも、皆に向かってひとこと挨拶するときは、目は見据えているし、もっとかりっとします。

見るからに変とかじゃないけど、6年生の子を隣においたら、明らかに、しまりがない、というかなんというか・・・
まあ、しゃべるとき、どうしても、視線がうろうろするのは、まだまだ治っていないとは思っていましたが、こうやって改めて見てみると、ほんと、まだまだ体も課題が山積です。

げんちゃんの挨拶は
「試合で勝つぞ! いってきま~す。」
でした。とくに変な感じではなかったかもしれませんが、3~4年生の雰囲気でした。
・・それにしても、打順はちゃんとわかるのかしら・・捕ったらどこに投げるのか、判断できるのだろうか・・・不安の残る野球ですが、いやともいわず、せっせと、なんでもとりあえず、こなしてくるところは、げんちゃんのタフさで、普通の子でも、かなわないとこかもな~・・・と思います。


まあでも、明日までのママのパラダイス、充実させましょ~・・・にこにこ・・

# by glow-gen | 2018-01-21 01:16 | 思春期自主性 | Trackback | Comments(3)

親が勉強を教えるむつかしさ。頭が悪い

げんちゃんに勉強を教えるのは、ほんとにストレスフルです。

あ、今日の記事は愚痴です・・・すんません。

 とくに週末は、少しむつかしめの問題が宿題に出るので、私のストレスはほんとにひどいものになります。わが子の頭の悪さを、うんざりするほど目のあたりにするので、つい声を荒げてしまう場面が多いです。なんで、こんなにげんちゃんは、頭が悪いのかな~・・・IQの高いお子さんがほんとうらやましいです~・・・。 

 算数ももちろんひどいですが、国語もひどいものです。簡単な選択問題は、けっこう答えられていますが、いざ記述になるとすごいです。

 まあ、よくある言い回しがまったくできないので、すさまじく、聞いてていらいらする文章になります。というか、文章にならない。たとえば、”何と何の関係はどういうものだ”、なんていうのは、”何の関係”と一つになってしまうし、(関係なんだから、一つじゃありえないでしょ)・・・、”何が多いほど、何はどうなる”・・・”なんていうのは、”何の多いから・・”とか、””ここからわかることは、何々だということです。”なんて言い回しは、そもそも無理。誘導しながら文をつづらせようとしても、言葉は言ってるけど、まったく意味不明で、聞いてる方はいらいらがピークになるようなしまつです。結局、今日は、何した。どうなった。ということの羅列のような稚拙な文章しか書けません。

 ほんと、算数地獄は、時間の多くをなめつくし、国語までも被害甚大になっている、と私はぞっとします。頭が悪いと、ほんとに、すべてにおいて、空回りです。やれやれ。

 意識障害と頭が悪いのは、別ものなんだな、とやっとわかってきた感じです。発達障害って、頭が良いと、アスペルガーみたいになって、頭が悪いとげんちゃんみたいになるのね・・・と、私は最近思うのだけど、中学の学習になったら、どうなるのでしょうね。算数は、ある程度のところで、切り捨てたほうが、彼にとってはいいのかもですね。少なくとも、こんなむつかしめの宿題なんて、やるのは、どうなのかな~と思います。タイムロスがはなはだしいです。

 とにかく、土日は、私がしかたなく教えてますが、ほんとによくないな~と思います。私は、もう、いっさい学習にはかかわらない方がいいように思います。

 頭の悪い子を教えるのは、昔から苦手だったよな~。大学時代、打ってもまったくひびかない中学生の家庭教師をしていたことがあるのですが、ほんとに、熱心さだけが空回りしてました。そのあと、頭の良い子の家庭教師にかわったとたん、すごく楽しかったのを覚えてます。打てば響く、っていいな~、と。今は、たぶんかなり上手になってますが、自分の子は別ですよ。ほんと苦手です。ましてや、最近げんちゃんは伸びたと思っているだけに、ショックが大きいです。ほんとかわいそうになるくらい頭が悪い。やれやれ。とにかく、

 互いに、よくないので、高い英語スクールをやめて、その予算で、土日も誰かにたのみたいな、と思います。中学に向けて、土日をどうにかしなければ・・・

ほんと、ママが教えるのって、限界があるよ。
私は、読書に付き合ったり、お料理させたり、オセロの相手したり、そういうことに特化してやった方がいいと思う。ほんと。
互いのトラウマになりますね~・・・もう絶対私はやらない! 彼が寝た後、ほんと決心しました。やめたやめた・・
でも、K先生のように、彼のメンタルから、甘やかせず、しっかり負荷をかけてくれる先生は、一朝一夕にはできませんよね~。くもんの先生は、いきなり、げんちゃん落ちてしまったし・・・今、彼に必要なレベルとやりかたで、教えて下さるようになるまでは、ほんとに、相当ミーティングを繰り返す必要があります。私が、いらっとせずに、根気よく、げんちゃんを教えられたら、一番いいのかもですが・・・他人は教えられても、息子は無理・・・困ったものです。

ママが主体で、勉強を見てやっている発達ママって、ほんとにすごいと思います。まさに修行です。

ちなみに、Sさんに、聞いてみましえた。
「こういう言い回しのパターンを教え込んだ方がいいのかな~?」

Sさんは、言い回しのパターンを教えていくことより、一つ一つの関係性をわからせていけば、だんだん言い回しもバリエーションが出てきます。と言ってました。やはり、こういうのも、紙の上だけで教えてもだめだということなのかな、・・・でも、彼は、時々は、こういう問題からもやる方がいいよ、と言って、中学受験の問題集を一冊くれました。たくさんの広がりをもたせる、という意味で、今日の宿題のようなものも、いいということのようです。
 ま、しかし、私は無理や~・・・吐きそう・・・

それに、ほんと、もっと読書や作文、時間をとらねば、とあせります。

愚痴記事でした~

# by glow-gen | 2018-01-13 22:41 | 障害児の親 | Trackback | Comments(31)



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて7年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧