げんちゃんの発達障害プロジェクト

学校の宿題がわからない


忍耐強く、毎日見ていますが、来る日も来る日も、宿題が何か、まったくメモして帰ってきません。
支援の先生にお願いしても、自分ができる範囲見ます、的な回答してくださいましたが、さっそく今日もまったくメモって帰らないげんちゃんです。。

先日、支援のママ友としゃべることがあって、愚痴ったら、
「うちも、今週は、日課表を持って帰ってなくて、翌日、全教科持たせました。ほんといやになるわ」
とため息ついていました。

もちろん、昨年学校で、もう一人のママからも、まったく同じ話が出ました。全教科持たせる・・・と。

たぶん、先生がたは、こういう母親のせつない気持ちに気づいてないのだと思います。学校の友達とできるだけ、いっしょにがんばらせたい、とか、学校のカリキュラムをスムーズにこなしてほしい、と、母は願っているのですが、学校の日課表も宿題もわからないのでは、まったくスタートラインに立つこともできません。

ほんのちょっと、システムを作ることで、こんな問題は解決するはずなのに、まったく毎年毎年、同じ問題で苦しむのはなんてばかげているのでしょう。

何らかのシステムを作れば済む話だと思います。

この件は、やはりきちんと伝えるべきですね。気づいておられないのでしょう。少なくとも、支援クラスもしくは、こういう注意欠陥の子供たちに対するサポートの第一として、日課、宿題を含め家庭への連絡事項の徹底と、やがて本人が、できることを目指して、習慣づけしていくこと。普通の人が考えている以上に大切なことなのです。

今日はさすがに業を煮やして、クラスのお友達に電話しました。

日課表は、昼休み食事がすんで書くのだそうです。そのあと、あるタイミングで、その板書は消されるのだそうです。

げんちゃんに聞くと、
「え~、そんなの知らないよ~。」
やれやれ、たぶん聞いても、体にのこっていないのでしょう。

でも、そういうシステムが決まっているのなら、ちょっと黒板消すときに、げんちゃんが書いたか、確認してほしいな~。

電話で、お友達は、けっこうな内容の宿題を教えてくれました。自主学習ノートに書く、というところも、そんなノートのノの字もげんちゃんは意識してませんでした。

げんちゃんが、どれだけ、聴覚処理が未熟なのかわかります。これじゃあ、普通クラスの指示、学習、到底ついていけるはずもありません。

色んな所が伸びていますが、この決定的な情報処理の稚拙さ。・・・致命的です。


それにくらべて、電話口で教えてくれた、Aちゃんは、なんて利口なのでしょう。げんちゃんにやさしく、電話口でわかりやすく説明していました。

「大丈夫?わからないとこない?」
「うん、大丈夫、ありがとう。」

電話応対はましになってますが、電話を切って、宿題を始めたら、すぐに眠たくなって寝てしまいました。しかも、電話で言われてメモしたにもかかわらず、一つ終わったところで、目の前にあった、たまたまおいてあるプリントにとびつきました。
いやいや、メモしたんでしょ。それじゃないよ! メモ見ろよ。

注意欠陥的行動が目につきます。目の前にあるものに、鯉が投げられた餌にぱくっとくいつくように、視界に飛び込んできたものに、ぱっと意識がすべて奪われます。

ずいぶん、いろんなことが改善し、こういうことさえも、たぶん、少しはましになっているんでしょうが、願っているレベルのははるか遠いです。

わが子ながら、なんとかならないものかな~。


こういう母親のつらさは、げんちゃんが連絡帳を書いてこないことで、ますます増幅します。最初から、そういうのをカバーするシステムがあれば、ずいぶん心が軽くなるのにね。
 やっぱり、例年のように、ストレスフルな4月になっちゃってるね。

 そして、げんちゃんは、自分から宿題をすることもなく、私が遅く帰宅してからさせてたら、すぐに眠たくなって・・・普通の子なら、私が帰る前に、とりかかるだろうに、(ま、書いて帰ってないから無理なんだけど。)何も考えてないんだろうな、と思います

「あんたさ~。それでいいの?どうせ支援の子だから、宿題なんてしなくても別に関係ない。って先生思ってるんでしょ。そういうの悔しくないの? やんなくても、別におこられないでしょ。ともだちは怒られるでしょ。あんたは、できなくて当たり前、って思われてんのよ。 あたしだったら、そいういうの悔しいけどね。絶対がんばってやる~って、思うけど。」

かなりいらっときて、ぶちまけました。そういうの悔しと思わないで、ずっと行くんだったら、げんちゃんってやっぱり、そこまでだな、と思います。

by glow-gen | 2017-04-18 00:20 | 聞く力 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/23821842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかんまま at 2017-04-18 08:45 x
連絡帳もれ、息子もたまにあります。
先日、宿題の場所の書き漏れがあって、サッカーの練習の終わりの挨拶後、同じクラスのお友達に私が聞いたら、みんな口ぐちに、「ちゃんと連絡帳書けよ!」「ちゃんと書けよ」とむすこに言ってくれ、それからは漏れがなくなりました。

私もそれまで、ママ友に聞いていたんですが子供たちの前で聞き、注意してもらったほうが、息子には、よかったみたい。

今年四年生になり、クラスも先生も持ち上がりで、先日担任と話していたら、三年の時、宿題忘れて、宿題忘れるならサッカーやめろって怒ったら大泣きしちゃって、という話しを聞きました。
息子、そんなこと教えてくれず…

そのおかげで、文句言ったり、暴れたりしても、宿題は、やりきっているので、息子には、体育会系?で怒ってもらうほうがききめがあるみたいです。

忘れてもいいよっていう先生だと、息子は宿題しょっちゅうやらないでいきそう。

Commented by robo223 at 2017-04-18 09:02
またまた、余計なコメントばかり書いて申し訳ありません💦年度初め、お仕事もお忙しい中、お疲れさまです。

決してげんちゃんをかばうわけではありませんが、roboも全面交流するまでは、交流級の宿題なんて、全くの人事でした。

やっぱり一日中一般級にいてこそ、一般級での課題が自分のことと感じられるのだと思います。一般級の一日の流れに乗ってこそ、当事者意識もわくようです。特にroboやげんちゃんのように注意欠陥のある子に限ってはそうだと思います。

そして、一般級の子も同じよな意識を持って見ているようです。以前、私のブログにも書きましたが、一般級のお友達もroboが全面交流するようになったら、突然遊びに誘ってくれるようになりました。同じ教室に朝から帰りまでいて、初めて本人もそのクラスへの所属意識を感じるし、友達も自分達の本当の仲間なんだ、と感じるようです。(例外もあるかもしれませんが。)

つまり、現段階ではげんちゃんはとても不利な状態にあるのだと思います。だからこそ、先生方がしっかりフォローするシステムが必要ですよね!

げんちゃんにしてみれば、軸足が支援級にあるのですから、所詮一般級のことは他人ごとなのは当然なんですが、中学からは一般級でやっていく方向なのは先生方もご存知のはずなので、一声掛けるくらいはできそうな気がするんですが😅

roboも4年生の最後、全面交流になってから、宿題をするようになったので、6年生の最後の方はげんちゃんも中学からの準備として、全面交流をさせていただくのもいいかもしれません。

面白いことに、転籍もしていないのに、全面交流すると担任の先生まで、自分のクラスの子、自分が何とかしなければ、と他人ごとではなく、当事者意識が生まれて、濃く関わってくれるようになる気がします。

でも、今からそうしていただきたいですよね。と言っても先生方にも一目置かれているげんちゃんママさんのことなので、うまく先生方と交渉してスムーズにいくようにマネジメントされるのだと思います。

4月は本当にヤキモキすることばかりですよね。私も四苦八苦の毎日です💨
Commented by robo223 at 2017-04-18 09:22
続きです。スミマセン💦

それから、まだまだ伸び代はたっぷりあり、伸ばして上げたい部分はたくさんあるとは思いますが、げんちゃんは、げんちゃんママさんが何かと頑張ってらしたおかげで、知的理解力の方はかなりの伸びを見せているのだと思います。

そうなると、どうやら最近課題になっていることは、興味の偏りや注意力の問題など、自閉やADHDの問題がクローズアップされている気がします。

これらの問題もやっかいですよね。潰しても潰しても次から次へと発生してくるので。

野球の打席が分かってない、とか守備の時どこにボールを投げていいかわからない、とかも、注意力の持続や眼球運動、シングルフォーカスの問題にも関わっていると思います。

roboもこの春休みにしてやっと、人生ゲームの順番が回ってきたことに自分で気付けるようになりましたから😅

知的理解力がだんだんついて来ても、まだまだ課題は山積していますが、げんちゃんママさんなら、まだまだ行けると思います!

だって、描画など、無から有を生み出した不屈の精神があるのですから!

私もげんちゃんママさんのパワーにあやかって頑張りたいと思います。

Commented by ゆうママ at 2017-04-18 17:12 x
学校の先生はね〜支援が必要な子に対して、期待どころか、身構える…というか面倒だなぁって気持ちが少なからずあると思うんです。(まれに本当に親身になってくれる先生がいても、ほんの数年のお付き合いしかできませんしね)支援の必要な子供たちの成長をあまり期待してない(少なくとも我が地域は)

ピグマリオン効果の反対、ゴーレム効果ってご存知ですか?教師が期待しないことによって、学習者の成績が下がるらしいです。いろんた芽を摘んでますよね。今の支援教育って、なんだか支援の必要な子には「無理させない」が浸透してることが本当に頑張る親の足をひっぱってますよね。

宿題は書きやすいようにワークシートを作ってみてはいかがでしょう?うちの子は、漢字ドリル、計算ドリル、音読…などの項目を書いたプリントにページだけを書かせるようにしています。

家→学校への提出クリアファイル、学校→家への提出クリアファイルを作って、必ずプリント類はそこに入れるようにしています。
随分すっきりしましたよ。
Commented by ゆうママ at 2017-04-18 17:22 x
今日は全国学力、学習状況調査のテストがありました。なんとか受けてきたようですが…本当のところはわかりません。とにかくわかる問題がしるはずだから、そこを丁寧にやってくるように伝えました。中学生になると定期テストがあるので、その練習と思っています。

げんちゃんの「悔しい」気持ち、支援クラスではなかなか芽生える環境ではなかったのだと思います。その気持ち、大切だけど大き過ぎてもまた大変です。ほんとさじ加減が難しいの子育てですよね。
Commented by glow-gen at 2017-04-19 00:28
みかんママさんのお子さんは、ほんと、げんちゃんに比べると、賢いですね。
げんちゃんは、たぶん、能力がそこまでいってないので、まわりからプレッシャーかけられても、適当に、その場をつくろうだけかなーと、思います。

その場では、たぶん、本当に、改善を思ったりするのでしょうが、別の場面になると、また、目の前のやりたいことだけがクローズアップしたり、忘れたりしそうです。

やる気も結局、脳が改善しないと、ついていかないと思います。ほんと、もっと頭をよくしてあげないと、と思います。
Commented by glow-gen at 2017-04-19 10:32
robo223さん
いつもありがとうございます。すご~く参考になりました。
げんちゃんの今の立場は、ほんと中途半端です。支援クラスに所属するのに、おとんど普通クラスで過ごす、そのため、普通クラスの先生はいまいち責任ない・・・
私の気持ちとしては、普通クラスに所属している。さらにホームスクールで学校には週に3日しか行かない。

 これで、普通クラスに足並みをそろえるというのは、かなり無理がありますね。月曜に出された宿題も、出すのは、木曜日だし・・

でも、roboさんのコメントを見て、また戦略と勇気がわいてきました。
 げんちゃんは、確かに伸び期に来ています。前より、入力することが入りやすいです。でも、ぼこぼこ穴があいていることだらけ、もう一度そこをつぶす必要があります。

 さらにげんちゃんを追い込んでやらせているようなありさまですが、結果をだしてやると、たぶん、げんちゃんは、何もしないで、障碍者わくであつかわれるのより、うれしいみたいです。
 チャレンジをつづけているげんちゃんの、そのタフさは、私も一目おいています。
Commented by glow-gen at 2017-04-19 10:44
ゆうママさん
 hんとにそうですね。支援の子は、ずっとそのまま遅れが一生、というんが一般的な考えだし認識です。私さえ、げんちゃんの母にならなければそう思っていました。知らないんですよね。第一前例を見たことないし。知的障碍者が、優秀な子になったり、ごく普通の感触になったり、ほんと聞いたことないですもんね。

 でも、げんちゃんは、やっぱり、がっつり知的障害だったのが、今や学習障害児的なニュアンスになってます。ただ、げんちゃんのひどかった時を知っておられる先生が3人とも、もう学校にはおられません。最初から、げんちゃんが、これだったように思われます。ただ、1年間を通して4月と3月でぐんとかわるので、それはわかってもらえますね。

ほかの支援クラスのお子さんは、そこまでの変化がないのかもしれません。
げんちゃんは、ホームスクールだったので、テストを来週受けることになっています。点数云々するまえに、げんちゃんは、テストを受けられなかったです。昨年までは・・・問題の意味を読み取れず、自分が何をすべきかわからない。ただ、4択問題みたいなものだけ、なんとなく○つける、そんな感じでした。それから、やっと5年の後半テストを普通クラスで受けるようになったばかり。来週もどうなることやら。悪い点をとった、とかいう会話が成立するとこまでいっててほしいです。
 プリント類はなんとか袋でうまくいってるのですが、宿題ですよね。
でも考えてみれば、言語処理と行動がスピーディーになれば、いきなり普通クラスにはいってもいきなりできちゃう、そういものかな~と思いました。
普通クラスでいまいち枠外になっていても、かまわないのかも、と、ふと思いました。
 取り出して、頭そのものをよくしていく方に全力を傾けるのも一つの手ですよね~。
Commented by とんまま at 2017-04-24 13:57 x
連絡帳の件、やっぱり6年生なんですね。
そんなに甘くはないよな。

とんちゃんたちは(2年)朝支度を終え、次に連絡帳を書きます。
その後、先生の机の上へ出します。
そこで先生のチェックが入るのです。
書きもれ、読めない字があれば、先生が加筆。
そして、先生の押印があります。

とんちゃんが空白提出をしていた入学直後は、毎日先生の字で書かれていました。
入学直後は、連絡帳を書く練習もしていましたよ。
(カレンダーの裏に板書されそうな内容を書いて、遠くに貼り、ノートに写す)
そのうち、一行だけ書いてみたりという風になりました。
それが二学期に入ると、全部書いてくるようになりました。
やっと、書かねばならないものなんだとか、書く要領が掴めて来たのだと思います。

げんちゃんのレレベルですもの、「食後は書く」ということが習慣付けられたら、出来るのではないか?と思いますよ。
Commented by glow-gen at 2017-04-24 18:47
とんままさん
ほんとに、連絡帳は、少しずつ少しずつ書けるようになりますね。
でも、げんちゃんは、ほんとだめでした。先生があの頃どうしてたっけ・・・私は、過ぎてしまうと、ほんと忘れてしまう・・・
今でも書けないのだから、過去は、押して想像できますね。
 そのことを、トレーニングするのも、書字能力など、総合的に伸びないとできないですね。今は、なんか、やっとそれを指導していい時期になったんだな・・・と。とんままさんのお子さんは、げんちゃんより、ずっと早いんだと思いますよ。
<< 算数に言語を 発達障害児の4月は、ほんとに難... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
未分類
以前の記事
最新のコメント
ひでママさん 詳細に教..
by glow-gen at 19:20
ロボママさん 確かに、..
by glow-gen at 19:15
ロボママさん >「なぜ..
by glow-gen at 19:10
花と蜂蜜さん コメント..
by glow-gen at 17:56
みかんママさん なるほ..
by glow-gen at 17:52
げんママさん お忙しい..
by ひでママ at 09:44
続きです。 一方で..
by robo223 at 09:08
げんちゃんもげんちゃんマ..
by robo223 at 08:56
こんにちは! コメント..
by 花と蜂蜜 at 08:38
自分の意思でタイヤを取り..
by みかんママ at 06:32
ひでママさん コメント..
by glow-gen at 23:09
itoさん ありがとう..
by glow-gen at 23:09
ロボママさん たくさん..
by glow-gen at 23:07
げんママさん、こんにちは..
by ひでママ at 14:17
げんちゃんママ様 いつも..
by ito at 00:56
WISC3だったんですね..
by robo223 at 00:15
ゆうママさん いつも、..
by glow-gen at 23:12
ロボママさん いつもあ..
by glow-gen at 22:38
そしてもうひとつ。 わ..
by ゆうママ at 18:10
うちの子も100ないです..
by ゆうママ at 17:50
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧