げんちゃんの発達障害プロジェクト

くもんデビュー

a0184225_02313606.jpg
夏休みは、毎年、とくに何も予定がない日は、朝、3時間、昼からまた3時間、学習に取り組んでいます。

今年は、極力、私がげんちゃんを教えない方がいい、と思い、経済的にはかなり大変ですが、K先生にお願いするようにしています。でも、私がしないといけない時は、できるだけ、工作したり、本の音読させたり、学校の学習的メニューをさけています。

けっこう、伸びてきた、と思っているのに、学習させると、は~? まだ君は、そんなレベルなの? となって、私のメンタルにも悪いし、つい罵倒してしまったりして、今最も大切な、彼のメンタルの成長にマイナスになるな、と思われるからです。

K先生の報告にしても、たまにやる私のレッスンにしても、過去一番、時間内の効率は良くなっていますが、まあ、普通のお子さんに比べれば、まだまだ低いレベルです。

さて、夏休みから、また新しい試みが加わりました。くもんデビューをしました。
実は、K先生が予定が入って、一日何もできない日がけっこうあるので、どなたか、穴を埋めてくださる方はないか、家庭教師の業界とか、知り合いとか探してみたのですが、やたらに高かったり、ワンポイントリリーフではだめだったり、素人の学生アルバイトだったりして、どうもしっくりこないので、家から200メートルほどのところにあるくもん教室に電話してみました。

公文は、週に二日しかやってないので、あいた時間にアルバイトしてくれればいいや、と思って交渉してみました。昔より、少しは普通に学習に取り組めるステージになったので、普通に教えられるスキルと熱心さがあったら、誰でも問題ないかな、と思いました。

さて、アポをとってお話に行きました。中年のベテランの先生でした。ちょうど夏季の子供集めにビラとか配っておられたらしく、あいた時間のアルバイトは願ったりだったようです。
今までのげんちゃんの経緯をお話すると、
「こんなお母さん初めてお会いしました。私も、今まで、発達障害のお子さんは何人も教えています。座っておれなくて、時々、教室中ぐるぐる回りながらやるようなお子さんもいました。でも、お母さんが、ほんとによくやっておられるので、この私で満足がいくかどうか?」

謙遜されてました。でも、最終的に、やる気まんまんで引き受けてくださいました。

ついでに、公文の学習内容などもレクチャーされました。公文など考えてみたこともなかったのですが、自立学習システム、ってかんじで、その子にあったレベルの小さなプリントをどんどんやって行くそうです。おためしにやってみたら、げんちゃんのレベルいっぱいに落としたところから始めるので、げんちゃんは、ちょっとはまっていました。
なんたって、いつも、四苦八苦して学年のとこなどをやるので、できる喜びを味わっていたのでしょう。

げんちゃんには、今、自立、ということを最大のテーマに試行錯誤してます。あら、いいかも!

時間をどうするか・・・という問題も、公文は、3次から9時まであいていて、どの時間に行ってもいいらしく、K先生が終わってから、直行することになりました。夏休みは、昼からの部を公文教室ですりかえたり・・・なんせ、6年のことを教えたり、てんこもりやることがあるので、ひたすら、簡単な計算をたくさんやる、とか、簡単な文章題を、反復して解く、とか、普段は時間が取れないのが現実です。ちょうどいいかもしれません。

げんちゃんも、何かがびびっときたらしく、やりたい、と言いました。先生も、ベテランのくもん教師。げんちゃんという素材の扱いをけっこう心得ているようです。また、今までにはなかったアプローチでもあります。とにかく、自分でやる。K先生が休みの時、2度ほど、そのT先生にお願いしました。T先生は、普通に、自分で取り組むことを、げんちゃんに課したらしく、ほとんど夏休み帳がすすんでいなかったりしました。でも、新たなエッセンスになっていることは確かで、げんちゃんは、くもんをきっかけに、手ごたえがちょっとかわりました。

くもんの宿題も、簡単な問題の反復練習のような感じなので、もう私はノータッチで自分で時間を決めてやらせるようにしました。まあ、この時間を使ってやれば、とその時その時、声掛けはしないとだめですが。まるで、ピアノレッスンと同じように、レベルを落として、すべて自分でやる。ということにトライすることになったのです。期せずしてた。

少し進化したと言っても、まわりが下駄をはかせて持ち上げているだけで、彼一人で、生活全般段取りして、先を読んで、行動決定しているわけではないので、くもんに入れただけでも、進化と考えるべきなのでしょう。
自立のきっかけになってほしいです。

ここから先は、私はやれることをすべてやりつくし、なにもできない無力感で一杯です。何かがきっかけで、時限装置に火がつくのを、ただ祈るばかり。

化学変化をおこしてほしいです。



by glow-gen | 2017-08-02 02:21 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/237416400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by robo223 at 2017-08-02 09:09
げんちゃん、くもんに自分で行きたい!と言って通っているなんて、すごいですね。ますます、頼もしくなって来ましたね!

くもんは、初め学年を下げてスタートしてくれるので、自学自習の習慣も無理なくついて、いいですよね。しかも、簡単な計算に取り組むことは、ワーキングメモリを向上させるのに、大変有効なのだそうです。ワーキングメモリは、一斉指示を聞き取る能力に関係しているので、まさに一石二鳥ですね。(前回のブログで一斉指示の聞き取りに課題があるとありましたので。)

また、げんちゃんには、今、承認要求があるようなので、否定的なことを言わなければならない場面を減らすのは、とてもいいですね。どうしても親だと力が入ってしまいますものね。

ちなみに、自己肯定感の高い低いは、能力の高い低いとは関係ないのだそうです。客観的に見ると、勉強もスポーツもできているのに、自己肯定感の低い人がいます。その人達は、幼い頃、ありのままの自分で良いということを実感できなかったことが原因の場合があるようです。

長男長女で両親の期待が大きかったり、また、両親の社会的地位が高いと自ら自分にプレッシャーを掛けていたりするのだそうです。こういった人達の自己肯定感を上げる手っ取り早い方法は、やはり「ほめる」ことなのだそうです。

すでに、げんちゃんママさんはげんちゃんのことをほめてらっしゃると思いますが、夏休みに、改めて意識されるといいかな、と余計なお世話ながら思いました。

特に効果的なのは、本人が自ら好んで取り組んでいることをほめられることのように私は思っています。例えば、roboなら、作ったガンプラを私が「すごいカッコいいねー!」と言ってやると、自分の好きなことも含めて認めてもらっているので、自分の存在そのものを肯定してもらっているように感じるようです。


自己肯定感が低いと、少しでも批判されると傷ついてしまうので、一般級で友達に話し掛けることを躊躇してしまうことにつながる場合もあると思います。また、自己肯定感の強い人は意欲も高く、失敗を乗り越える強い精神力があります。

能力開発も大切なことですが、同時に精神的成長を促すことも大切なことですよね。本人が自分のままでいることに自信を持てれば、心に余裕が生まれますよね。最終的に1番大事なことは、人間性、人柄ですものね。
Commented by glow-gen at 2017-08-03 12:41
ロボママさん
そうなんですか~。くもんのシステムって、よく知らなくて、テレビで、くもんの宣伝に、すごく賢い子が紹介されるので、ここは、頭のいい子が行くとこなのね、と思ってました。

それと、安曇野的な具体物で教えるようなとこがまったくないので、大人のやり方を子どもに下ろしてきていて、右脳系の子にはまったくあわない、という意見も聞いたことがあったので、げんちゃんには、一生関係ないとこかな、と思っていました。

でも、算数に関しては、今のげんちゃんだからこそ使えるけれど、一桁足し算さえできずに泣きかぶっていた時代だったら、こういうことをさせたら悲惨だったかも、と思います。
今でも、算数は、常に具体物を念頭において、時にはやらなきゃ、と脅迫じみて感じてます。プリントが解けても、まったくわかってないことが多く、油断も隙もないのです。

セルフイメージですが、げんちゃん低いだろうな、と思います。その気持ちが、努力する気持ちにつながっている・・・努力することはなれっこになっていますが、戦略を考えたるすることはなく、ただ、猪突猛進的にがんばっているような感じでもあります。その証拠に、先生のとこに”行く” ということが、彼のがんばりの表現で、それ以上のことは、彼の中で組み立てられないようです。

でも、公文は楽しいらしいので、先生がなんとか、新しい面を引き出してくださるかな、と、ちょっと丸投げです。
「○○が苦手なようです。そこをなおしていきます・・・」
的なことをおっしゃるので、救われます・・・

「褒める。」って、できるようでできないですよ。私は、できてないです~。泣
悪いと子ばかり目につきます。ロボママさん偉いな~と思います。
Commented by ゆうママ at 2017-08-03 20:13 x
げんちゃん、公文デビューしたんですね!いいスタートを切れたようで、よかったですね。

うちは1年生から行き始めて、5年生の終わりにやめてしまいました。ちょっと惰性になっていたのと、やはりあの分量。。ひたすら同じような問題の繰り返しに、ちょっと変化がほしかったからです。

また、自学自習が基本なので、ほとんど教えてもらえないので、だんだん効率が悪くなっていって、もう少し教えてほしいなと思ったからです。この辺りは教室の先生によると思います。いい先生のようなので、きっといいタイミングでヒントを出したりしてくれるといいですね。

でも通ってよかったと思っています。あの小さなプリントは終わりがわかりやすくて、息子にとって、とりかかりやすかったのだなぁと、今更ながらに思います。学年を下げた課題はどんどん進めるのが楽しいんですよね。勉強がおもしろくなるといいですよね。
うちも自己肯定感低いな〜。失敗を恐れる。できないこと、わからないことを恐れる。だから最初から逃げ越しな感じです。
そしてうちはげんちゃんほどは全然頑張れてないのですが、その小さな頑張りも戦略を考えた頑張りではないです。勉強は言われるからやってるだけな感じです。歯がゆいです。
あぁ〜でもそれも私が勝手に認めた勉強に関してだけで、広く「学び」を捉えると、いろいろやってる気がします。工作や理科の実験は喜んでやってますから…。本当に化学変化おこしてほしいですよね。
生きてる実感をもった人生を送ってほしいです。
Commented by glow-gen at 2017-08-04 00:49
ゆうママさん
くもんやってたんですね~。
低学年で通えているなんてすごいですよ。げんちゃん、隣に人がいるだけで、ふら~っと意識とんで、プリントなんて一人でまったくできなかったと思います。6年の今でこそのくもんです。

基本的に、くもんは、体験の裏付けの必要な発達障害児には、向かない子多いと思います。K先生のレッスンあってのしろものだと、まあ、補助的なものとしてのくもんかな~。

確かに、プリント小さいのがグッドですね。プリントサイズはもっと昔に取り入れていたら、げんちゃん教育はもっとうまくいってたかも。笑

ほんと、教えてもらえないから、ここだけでやるには、無理があります。くもんの先生は、昔のげんちゃんを知らないので、くもんがとてもいい、とセールストーク、っていうか、そう信じておられる、わけですが、まあ、取り入れるタイミングや、組み合わせあってのものだな、と思います。

自分で取り組む、勉強の習慣をつける、ということではいいでしょうね。
まあ、くもんの先生に個人レッスンたのんだら、夏休み帳まったく進んでなくて、K先生があきれてました。ははは・・・自分でやらせるだけでできる子じゃないんだけどね・・と。
しかし、そういうだめだと思うやり方から、駒が出たりするステージに入った、と思ってるので、K先生も私も、ま、いいか~と言ってます。

工作好きなんですね。素晴らしいです。げんちゃんは、あいかわらず、工作だめだめですよ。なんとか、やり方見て簡単なもの作れるようになったけど、自分から何かを作ることは皆無。美術、音楽・・・まったくだめです。

Commented by glow-gen at 2017-08-04 00:50
ゆうママさん
自己肯定官低いですかあ、やっぱりそうなるのかな。うちも、やる前から負け犬根性入っていて、たとえば、先日日曜学校で、聖書みことば百人一首みたいなものを10枚ならべて、上の区を読んで、下の聖句当ててとって、というゲームしたら、年下の子に負けまいと、考えるんじゃなくて、いきなり、インチキして、何が何でも自分が負けるのを回避しようとしました。ちゃんと正攻法でも勝てる力あると思うのに、負けることを前提として、防御しようとするんですよ。

なんか、いじけてんな~こいつ、って思いました。とにかく、自分が負けたり、できない、と思って、それがばれることをさける行動選択をするんですよ。
トライしませんよ。いつも、後ろからどついて、行け~ってやらないと、すぐに逃げ帰ってくる、というか・・・長年培われた習性なんでしょうね。

<< こどもの”できない”に親がパニック 普通クラスで友達がいない。 >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧