げんちゃんの発達障害プロジェクト

普通クラスで、時間内にテストを仕上げる。

a0184225_18072935.jpg
朝、10分で、裏表一枚を仕上げます。今のげんちゃんには、ちょうどいい。

げんちゃんの意識を引き出して、出力の焦点に合わせたい。平たく言うと、げんちゃんのやる気が高められるにはどうしたらいいのか、と手探りで日々をすごしています。
そうこうしている間に、6月も終わりそうです。ちょっとブログに向かう時間がなく過ぎている間に、いろんな展開がありました。

 げんちゃんに、一つ始めたことは、自分用に「気づき、覚書ノート」を作ったことです。
何度も今まで説明したようなことを、毎回失敗するので、そのたびに、こちらが、辟易しながら説明をしてやって、当の本人は、当然のごとくふんぞり返っているので、頭にきて、かなりリピートした内容は、自分で、覚書ノートに書かせて、再度失敗したら、こっちが説明するんじゃなくて、自分で、ノート見て考えろ! ということにしました。

だいたい、いつも、ママやK先生が、一生懸命取り組んでいるのに、本人は、こっちのエネルギーの消耗など、どこふく風なので、ええかげんにせーよ、と思います。何度も何度も同じことを繰り返しても、
「あちゃー・・・そうだった。しっかり覚えておかなければ。」とか、「もっと、この問題、理解したい!」という心の動きがなければ、いつも同じことの繰り返しです。

もう、げんちゃんは、意識を入れれば、かなり覚えておけるステージに入っているとふんでいます。過去数年前とは、もう、ステージがかわっていると思っています。


できるだけ、ママが手取り足取りしてやるのをやめました。今までも、できるだけ、なんでも自力でやるように取り組んできましたが、そうすると、タイムロスがきわめて大きいので、つい手出しするようになりますが、手を出すにしても、自分でフィードバックするための手出しにするように気をつけています。

机も横に座らず、時には、ぜんぜん別のところに離れて、自力で問題を解かせて、持ってこさせるようにしたりしてます。

げんちゃんのトラブルは、なかなか手ごわいとはいっても、一月ごとに進歩しているのは間違いないようで、ここんとこ、学校で受けるテストは、普通クラスで、普通のお子さんと同じ時間内に仕上げて提出することも多くなってきています。
a0184225_18124331.jpg
a0184225_18132639.jpg

なんせ、5年の終りに、普通クラスでテストは受け始めたものの、得意な理科社会でも、倍の時間をもらってやっていました。ちょっと記述の多い国語の問題などは、半分以上白紙の時も多かったです。ところが、先日、国語のテストで(確認テストで、難しいものではないけれど。)100点を取ってきていたのでびっくりしました。 しかも、算数のテストは、時間の限り、でたらめでもなんでも、すべて穴埋めして、提出するなんて、今までありえません。算数は、とくに、何問か適当にうめるだけでも、すごいことでした。
 小さな一歩を積み重ねていくことが、大きな進歩につながるということでしょうね。

授業中の聴覚処理は、あいかわらず悪いようだし、みんなでやる教材なども、処理スピードが間に合わなくて、授業で書き込むプリントなどは、まだまだ書き込んでいない部分が多いげんちゃんですが、こういうものも、一歩ずつきっと改善してくんだろうな・・・と、思います。

聴覚処理や視覚処理についても、ちょっと気づいたことがあって、最近また取り出して訓練しています。またそれは書くとして、

ここ一週間取り組み始めたことがあります。4年生の10分間ドリルを、朝、しょっぱなに、必ずやらせる、というチャレンジです。げんちゃんに、一人でさせるプリントは、4年生くらいがちょうどよくて、とくに算数は、4年でも、まだまだすらすらとはいきませんから、4年の漢字を5分、4年の算数を5分(10分かかったり、普通にしますが。)朝、取り組むのは、とても良いです。

始めは、ほんとに、バトルでしたが、1週間たったこの頃では、あまりストレスなく取り組むようになっています。

時が良くても悪くても、とにかく、コツコツ積み上げること、たんたんとこなせること。人生において、もっとも成功することだと私は思っています。コツコツやれること。それこそが、天才の条件なんじゃないかな、とさえ思っています。

折り紙で、鶴もぼちぼちですが、一日1枚折ろう・・・と、がんばっています。先日のブログで、折り方を覚えた、と書きましたが、昔より、すごく覚えている、というだけで、げんちゃんときたら、何枚も折っているのに、毎回すらすらとはいきません。最後の方で、必ずやりかたがわからなくなるのです。もちろん、不器用に、仕上がりも汚いです。 普通の子なら、何枚か折れば、あとはすらすらだと思うのですけどね。

まあ、これも、まずは、コツコツ100枚折ってみようと思っています。


by glow-gen | 2017-06-21 18:15 | 普通クラスでの様子 | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/237111629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-06-22 06:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2017-06-22 10:04
Aさん
げんちゃん、テストがたまにできたからといって、まだまだ追いついたというわけではありません。汗
授業中のノートなんかは、まだまださんざんですからね~・・・でも、チャレンジタッチで予習したりしてますから、げた履かせてますよね。
さて、質問の件、普通クラスにシフトするのはどうやってお願いするか、ということを書いてみたいと思います。

 げんちゃんは、過去も、何度も、普通クラスにさらした方が、と思われた時期がありました。そのつど、先生に、たとえば、普通クラスにできるだけ入れてみてください、とか、お願いしました。
 でも、実際やってみると、周りに迷惑かけたり、ぼ~っとしてるだけだったりで、先生が、まだ、支援でこれこれはやった方がいいようです。という回答が帰ってきました。
 そう言うときは、先生の見方の方が正確だろうな、と思い、先生に従いました。そして、先生が指摘した問題点を意識してトレーニングするうちに、また時期が来て、普通クラスでこれはやった方がいい時期に来た、と思うと、先生に同じようなお願いをする。
 そういう感じで、少しずつ普通クラスにさらす時間をふやしていきました。
 4年の後半が、もっともハイプッシュした時期で、先生の目からは、そうは見えなかったようですが、いまだ~、という感触があり、普通クラスにできるだけおいておく、という要望を出して、先生の様子を聞きながら、少しずつシフトしていきました。
 5年になっても、テストなんかは、普通クラスでは無理みたい、と、先生は判断されたようで、支援クラスで受けることが多かったです。
 5年の後半になると、おや、普通クラスで、テスト受けた方がいいかも、と、感じて、またお願いしてみて、先生も、基本は私の意向にそって、やるけど、その都度先生の判断でやってもらいました。

 そうやりながら、ついに、6年は、算数の難しい時だけ、支援クラス、という流れができたようです。

 知能検査の結果などは提出してません。というか、支援に入る時にやったきり、知能検査をしてないからね~。
Commented by robo223 at 2017-06-22 10:37
国語のテスト100点おめでとうございます😆✨また、算数も全部うめられてすごいですね🎉

げんちゃん、じわじわ成果が出て来ていますね!まだ、自ら修正しよう、とか、改善しよう、という意識がないのは、前にも書きましたが、精神年齢が低い(幼い)せいもあると思います。発達障害の子は一般のお子さんの3分の2から半分なのだそうですね😵

roboもやっと最近、友達や私に言われたことをしっかり受け止めて、改善しようと思うようになったばかりです。やっと外圧によって、自己変革できる段階に来た気がしますが、それすらも、まだまだです。

まして、内発的動機で改善を図っていくなんて、当分できそうにありません😅半ばあきらめながら、一応はそれを促しつつ、気長に待つしかない感じです💧

でも、コツコツやっていれば、必ずげんちゃん開眼のチャンスはやってくると思います!意外なところから、げんちゃんをやる気にさせるきっかけがやって来ると思うので、そのチャンスを確実にものに出来るようにするために、毎日の日課が大切なのだと思います。

覚書ノートはとても効果的だと思います。口で伝えるだけでなく、大事なことが視覚的にも入ってくるからです。何度も同じことを言わなくても済みますしね。

げんちゃんのこれからが、ますます楽しみになって来ました❗
Commented by glow-gen at 2017-06-22 11:06
Aさん その2
 算数も、すべて普通クラスに、というのは、まだです。なんせ、このテストですからね~・・・根本的に理解するのが超遅いですから、なかなかね・・・

 私と先生の違いは、
先生:げんちゃんの集団での現状が、親の私より、しっかりわかっていること。
私:表面に出てくる能力だけでなく、これからそろそろ出てくるだろう能力が先生よりわかる。でも、集団での現状は、見てないのでいまいちわかっていない。

 まあ、結局のところ、この二つの要素を持ち合い、すりあわせしていくということだったのだ、と思っています。

 先生は、現状をまず見て、周りの子としっかり比べられるので、今のげんちゃんに良いことをやっていくことができますが、時に、今の能力の先のことをやる、というチャレンジは、できかねることがあります。
 
能力のちょっと上ちょっと上・・・とやっていかなくては、この子たちはのびません。でも、それが、かなり上、だと、それも伸びません。
その設定だけ、ママが判断してトライしていただく、ということを続けて、6年になって、普通クラスがベースという段階に入ったのです。

 こっちの見極めが早すぎると、先生に迷惑になったりもするので、先生の意見もよく吟味しながら、すすめてきました。
でも、ここだ~って、直感が働くときは、大胆に、理由も、家で取り組んでいる内容も、見込み、だめだったときの対処なども含めて、先生にお願いしてました。
 
参考になるかわかりませんが、がんばってくださいね。
Commented by とんまま at 2017-06-22 14:39 x
すごい、すごい、げんちゃん!
よかったですね。
頑張ってきた甲斐がありますね、嬉しいですね。

100点のテストなんて、うちでは目にする事はないだろうなぁ。

とんちゃんは最近、自分が何をやってもどうせダメだという事がわかってきました。
テストなんぞ、最初から取り組む気にもならないようです。
見て諦める感じ。

さっとできる問題を朝の時間に仕上げるというのは、良いですね。
できた感を持って、登校できますもんね。

覚書ノート、いいアイディアですね。
数年後、やってみようと思います。


あと、本人から引き出そうと思うと、物凄い時間がかかるので、つい手を出してしまう…
私もあります。
自分でフィードバックできるような手出しですか。
具体的にヒントを与えるということですか?


余談ですが、いつも0点の聞き取りテスト、先日返されたものは2問だけ正解していました。
一応、やろうとは思ったのかな?
Commented by ゆうママ at 2017-06-22 15:49 x
げんちゃん100点、嬉しいですね!

うちの子も同じテスト受けてましたね〜最後の記述のところが白紙でその他はできていたので80点でした。国語はほとんどクラスでの授業にはでていなくて(話し合いや、子どもたちの発言がよけいわかりにくくするので)通級でコミュニケーションやソーシャルの時間にあててるので、80点でも頑張ったと思います。

おっしゃるように、口出し手出しするよりも自分なりに考えて答えを出す時期にきてると思います。確かにタイムロスは多いでけどね(苦笑)
でもそのおかげか算数が安定してきました。今まで考える前に教えてしまってたんでしょうかね??自分で間違いに気づけるようになってきて、「算数苦手じゃなくなってきた」と言ってます。
歯がゆいですが、自分が主役になって勉強していけるように導きたいですよね。
Commented by glow-gen at 2017-06-23 11:44
ロボママさん
いつもながら、言葉にしていただいてありがとうございました。
>内発的動機で改善を図っていくなんて、
動機は、外からのものと、自発的なもの、ふたつありますね。確かに。
でも、自発的なものも、たどっていけば、外からの刺激によっておこってきて、熟成したりしているのかもしれないから、やはり、色んな経験をさせて、色んな人にふれさせるのがいいのだと思います。

ロボ君は、最近出力モードですね。中学になるとごぼう抜きするお子さんが発達障害の子にはいますよね。地道に入力しながら、きっかけは、子どもを信じて待つことで生まれるのでしょう。
先日さかな君の自伝を読んで感動しました。さかな君の天才ぶりもすごいけど、ママがすごい。ちょっとまねできないです。でも、子どもを信じている点では、みな同じです。
とってもおもしろかったので、図書館とか行かれたら、是非見てみて下さい。
Commented by glow-gen at 2017-06-23 11:54
とんままさん
そのうち100点ありますよ。げんちゃんも、予習させてたりしてるし、簡単なテストだし・・・

それに、げんちゃんは、テストそのものを受ける意味がわからなくて、テストなんてナンセンスでした。
それが去年の前半までですからね~・・・
4年の時なんて、テストっていうのは、自分の力を出し切ってトライする、みたいな、ごくあたりまえのこと、まったくわからず、つねに、普通の問題集をやるみたいに、隣で先生にサポートしながらとりあえずするだけでした。

今でも、書けないとこがあると、出さずに、そのまま持って帰ってきたりしてます。出すように、先生に目を光らせてもらっています。時間もハンデもらうのも、まだまだありますし・・・

やっと、ぴくっとした峰の100点ですね。
とんちゃん、6年になったころには、ぜんぜんかわってますよ。

気づけるようなサポート・・・前は、そんなことしても無駄でした。ダイレクトに教えてもだめだったから・・・
推理力ができてきたから、ちょっとずつできてきたことでしょうね。

 たとえば、持っていく物を覚えてなかったりしたときは、
「明日は?どんなことをするの?」
「そう、じゃあ、最初は何からはじめるかな・・・」
「じゃあ、そのためには何がいる?」

みたいに、何でもすぐに教えず、ヒントをやって考えさせると、けっこう、出てくることも多いです。昔は、とんちんかんな方向に走るだけだったけど・・・
 進化するんだな、と思います。
Commented by glow-gen at 2017-06-23 14:51
ゆうママさん
きっと似たようなステージにいるんでしょうね。
子どもの気づきを待っていると、ほんとにタイムパフォーマンスが悪いですよね。そこをぐっと忍耐する。
できるようでなかなかできません。
さかな君の自伝を読みました。彼のお母さんは、そこがすばらしかったですよ~。

ちょっとした事象から、物事を推理したりすることは、以前はお手上げだったけど、最近は少しずつできはじめています。やはり、忍耐してがんばっていると、ゴールデンエイジにステップアップするんですね。

5年後半からのげんちゃんは、その前より、レスポンスが良い気がします。まあ、他のお子さんも激変する時代ですけどね。
この良い波に、最高の乗り方で、進んでいきたいですね。
Commented by ふーみん at 2017-06-23 22:56 x
http://glowgen.exblog.jp
こんばんは、ふーみんです。
げんちゃん、時間内にテストの答えをとりあえず埋めることができるんですね!すごい!今、うちはそこを目指してます。そしてテストで100点、すごいです。
うちの息子は小5ですが、今、「時間内にテストの答えを埋める」、「時間内に数をこなす」というのが目下のところの目標です。
息子も視覚機能、聴覚機能の問題を抱えていて、学校の生活ノートのコメントから、
「説明しても見本を見せても縫い物が時間内に終わりません」や
「時間内にテストが終わらず時間延長しました」、「返事は分かりましたと言うが分かって出来てないです」
とあり、嫌というほど息子の出来ないところを知らされます。
小1からビジョントレーニングやきくきくドリルなどやって今はマシになってるのだけど、今年赴任された支援級の先生なので、出来ないところが目に付くんですね…。
先生は「◯◯出来ません」と言うだけでも、親はそれで済まないので、視覚機能、聴覚機能に働きかけるトレーニングをやってみようと思ってます。
Commented by glow-gen at 2017-06-24 09:53
ふーみんさん
げんちゃんより、先に行ってますよ~。だって、げんちゃんは、5年の時、時間内になってできるわけもないし、とにかく、テストの問題の意味を把握して、時間がかかってでも、テストというものに取り組めれば「すごい」だったですよ。

お裁縫も、げっそり~と言う状態でした。
6年になれば、きっとげんちゃんよりもっと行けること間違いなしです。ママの努力の成果が出てきますよ。
5年は、成長の質が少しずつかわっていくターニングポイントだと思います。
その場にいると、ぜんぜんわかりませんけどね。あとからふりかえって、やっぱり、あの頃から、ずいぶん改善の質がかわってきてたのかな~と、気付くことがあります。

きくきくドリル、先日久しぶりにやったら、やっぱり、昔出来なかったことができたりしてました。最近は、聴覚処理トレーニングを意識して、音読に力を入れてます。
視覚トレーニングは、ブログにアップしたいと思っています。アドバイスがあったら教えて下さい。
Commented at 2017-06-25 04:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りん at 2017-06-25 18:32 x
お伺いしたいのですが、
以前記載されていた頭蓋仙骨療法についてです。
療法を試みて、変化がありますか?
また持続性はどうなんですか?

ご回答のほどよろしくお願いたします
Commented by ito at 2017-06-25 21:33 x
げんちゃんママ様
先日のお返事ご丁寧にありがとうございました。今も続けていらっしゃることが多いのですね。
我が家はGPCを少しお休みしていましたので、再度続けることにしまいました。オイルは臭さがダメで魚は難しく、アマニオイルにしています。他にはビタミンとミネラルのサプリを2日に1回ずつです。偏食がなくなってからサプリも減らしてきましたが、最近遅発性のアレルギー検査をしました。結果を予想できたのでそれを知ることが怖くて避けていましたが思い切って!やはり卵、乳、小麦、大豆がNGでした。腸に関係があるのでしょうから、数値の高い食べ物もリーキーガット症と似ていますね。
家の食事は和食を中心にしていましたが、卵は食べていましたし、給食はそのままなんでもいただいていました。今後は牛乳は控えてもらい、パンの日はおにぎりを持たすなど気を付けていこうと思います。エジソン(入会していないのですが)の鈴木先生もこの考えは基本にありましたので一度トライしてみます。また話を聞いてくださいね。
それにしても100点、おめでとうございます。低学年ではなく6年生のテストですから本当にご立派です。たくさん褒めて褒めて褒めまくってあげてくださいね~
Commented by glow-gen at 2017-06-26 14:35
Aさん
げんちゃんの勉強時間ですか?
そうですね~・・・少ない日で90分くらい、ホームスクールの日は、6時間~7時間くらいでしょうか。
げんちゃんの、集中力は、ほんとにまばらで、机に座っている時間は長くても、ぜんぜんの時も多いですし、内容は、たいして出来ないときも多いです。
なんせ、少しの勉強もずいぶん時間を要します。時間だけは、他の子より多くなりがちです。

日曜は、朝30分くらいして、夜は、1~2時間しか出来ないときが多いです。日曜は、本人も、遊ぶ日ときめているようです。朝も昼もぜんぜんやりません。

低学年の時は、休憩や体遊びを細切れにはさんでいました。正味、ちょこっと、といったかんじでした。
Commented by glow-gen at 2017-06-26 14:35
りんさん
頭蓋仙骨療法は、げんちゃんにとっては、すごくボトムアップした治療法でした。
2年の時、何をしても、多動性が強く出て、ここは、脳を根本的に治さなければ、先に行けない、と行き詰まったときに捜してきた治療法です。
何十時間か受けたあたりから、あれ、少し落ち着いてきたかな、という感じがあって、今にいたります。
今、知り合いのお子さんで、自傷があったり、行動が抑制できないような激しかったお子さんに、おすすめして、いっしょに受けています。1年ほどたった今、かなり落ち着いて、夜の多動も落ち着き、ママも夜眠れるようになったと言われていました。

そういう、激しい多動などには、まずトライするべき療法かなと思っています。
げんちゃんは、もう頭蓋システムは治っていると言われて、2年くらいはたちました。
ただ、一度受けただけでは、なかなかのようで、40時間が目安とか、先生に言われました。

今も頭蓋システムは、正常をキープしていると言われました。
頭蓋仙骨システムについては、アブレジャー先生の、もう一人のわたし、だったかな・・・あの本がどういうものなのか、わかりやすいかもですね
Commented by glow-gen at 2017-06-26 14:58
itoさん
確かにそうですね。6年の100点・・・低学年も簡単なもので、そこそこできたことがあったけど、それから先は、どんどんついていけなくなって、いっしょにできなかったですよね。

ありがとうございます。
遅発性アレルギーは、ビンゴのお子さんで、その食品をやめるだけで、ぐっと改善する子もいますが、げんちゃんは、がいとうしなかったようで、除去しても、変化なかったので、今は、ナーバスになることはありません。

でも、パン食よりご飯を食べさせるようにしてます。
何がいいか、やってみないとわかりません。とにかく、色々試すことが大事かなと思います。がんばってください。お母さんが、小さな変化を見て、効果を判断するのが一番だと思います。
Commented by ayumin0309 at 2017-06-27 16:18
はじめまして
小学校一年生男子の発達障害の子を持つ母親です。
2歳の初めより、発達の遅れを感じて、その頃よりブログを読ませて頂いていました。とにかく、運動が大事であることがわかり公園通い、山登りなど、身体を動かすことを心がけました。
現在は通常級で勉強の遅れはありませんが、席に座っていられません。コミュニケーションが独特でお友達はいませんし、一部の子には避けられています。運動も鈍く、踊りの模倣もできませんが、体力だけはついてきました。
育児で落ち込みことも多いけれど、げんママさんのブログとげんちゃんの成長は励みになっています。
発達障害は必ず改善すると私も思っています。
いつも素敵なブログをありがとうございます。
Commented by glow-gen at 2017-06-29 14:05
ayumin0309 さん
書き込みありがとうございます。
2歳からもう、改善に向けてがんばられていたのですね~。勉強はちゃんとついていけるなんて、なんて素晴らしい。げんちゃんとは、大違いですよ~。
低学年は、ソーシャルは、まだまだ幼稚園レベルです。げんちゃんも、6年でやっと3~4年くらいですから・・・
うちも、ずっと、まわりからさけられてたし、問題児として、周りの子がサポートしてくれてました。
うちは、知的にもがっつり低かったので、そこを伸ばせば、自然とソーシャルも上がりました。
でも、アスペルガーのようなお子さんもいるので、私も、まだ全部わかったわけではなくて、お子さんに合わせて試行錯誤なのが発達障害だと認識してます。

お友達ができてほしいのに、なかなか、できない・・・これは、げんちゃんも同じでした。今は、周りに迷惑をかけることはないので、たんたんと孤高を保つ、のでもいいか・・・と思ってます。そのうちできるかな・・・と。

でも、1年生は、ほんと大変です。でも、大丈夫、毎月のように進化していきますからね。
運動は、6年の今でも、油断がならなくて、新たな体幹トレーニングをはじめました。
がんばりましょうね。
<< 視覚処理能力。スポーツビジョン... やさしい言葉で、はげまし、ゆっ... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧