げんちゃんの発達障害プロジェクト

学習時の姿勢保持 

 色んなことの改善は、じわじわ、じわじわっと、何年もかけておこってくるので、改善した時は、昔のことをすっかり忘れていたりします。
 最近ホームスクーをになってくれている近所の学研の先生、K先生と話していて、そうだったな~と改めて思ったことがありました。
K先生曰く

「げんちゃん、勉強する姿勢がとっても良くなりましたね。昔、3年生の始め頃までだったかな~、定かではないけど、机の前でくねってなってたじゃないですか・・・」

はあ・・・確かに、小学校に入った頃、頭が左に傾いて勉強してたような・・・それに加えて、10分も学習が続かなかったよな~。
頭傾けのステージがいつの頃からか、なくなっていたことを思い出すけど、引き続き、学習机に座ると、反対側の椅子に足を伸ばして、上げていました。(食卓で勉強しているので、)

いつも、げんちゃんにそれを注意していた私は、ある時、灰谷先生に、それは、原始反射が残っているのが原因だから、無理矢理やめさせない方がいいよ、とアドバイスされたものでした。

その後、4年の頃は、その原始反射をとるために、一時期、バランスボールを椅子がわりにしていたこともありました。


確かに、今、普通に、けっこう姿勢良く、長時間勉強しているけれど、これって、相当な努力の上に獲得してきたものなんだよな~と思います。今は、学習中の姿勢にぴりぴりすることはあまりなくなっています。この一点をとってしても、何段階の過程を経て、何年もの歳月をかけ、ここまできたんだな、と思います。

 学習の集中が続かない、机に向かう姿勢がうまくいかない・・・これは、よく相談されることですが、やはり、一気にはいかないんだね。

 体幹も鍛えなくてはならない。前後、上下、という感覚の統合をしていかなくてはならない。上半身と下半身のバランスがとれなくてはならない。腕、指先のコントロールがうまくいかなければならない・・・抗重力筋の働きが強くならなければならない・・・etc


たくさんの条件がそろわなければ、完成しないもののようです。

 私は、いっきによくしたくて、げんちゃんに横で姿勢をがみがみ言ったりしてたけど、三角形の図形でイメージするなら、学習時の姿勢保持なんて、三角の一番上、頂点にあたるわけで、すべてが満ちてこなきゃできるはずもなかったんだよね。

 何年もかけて、できることから埋めていって、少しずつ少しずつアップしていった能力、機能の上に、やっと君臨してきた事なんだと思います。

 そういうことは多々あります。だから、どうやったら姿勢がよくなるの?、と聞かれても、一言で答えられないという感じです。

気になる直接的なことには、とりあえず目をつぶり、とにかく、できるところからせめていく。すべてはそういうことなんでしょうね。

特に、幼児期、低学年時期は、その基礎作りばかり、何も、本質的に変わってないけど、各論は少しずつ進歩している。そういう地みち~なステージでした。少しの進歩をご褒美にしながら、小銭を少しずつ少しずつためていくような感じです。

 もちろん、5年生の今が、華々しく大進歩というわけではありませんが、こぜに貯金も、時々お札に両替することが出てくる。

地道な地道な時期に、投げ出してしまうことなく、継続こそは力なり・・な~んて、人生そのものですね。


by glow-gen | 2017-01-21 15:29 | 体幹を鍛える | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/23565124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ここあ at 2017-01-21 16:14 x
前々回の記事のげんちゃんの絵素晴らしいですね!!娘は未だに大きな顔に手足が出てる様な絵です(泣)工作も苦手なので私が試作品と手順を書いた紙を担任に持って行って『こんな風に作ってください。』と手伝ってもらう様にお願いしています。学習もこれという打開策のないままですし、、、何度も何度も具体物を使っても『本当に分かってるわけ??』と感じます。げんちゃんは中学はどうしますか?こちらの中学の支援学級は小学校よりひどくて。。。春から5年生なのでだんだん焦っています。私はいつもガミガミ怒ってますが、娘も本当に明るく元気です。最近おでこに吹き出物ができてきたので前髪をヘアバンドであげて洗顔石鹸で顔を洗う事を教えました。小さい頃から水が苦手でずっとガーゼで拭いてきたので一人で鏡をのぞきながら顔を洗う娘を見て『普通の女の子に見えるな。お姉さんになったな。』と泣きそうになりました。どうすれば娘が幸せになれるのか。。。『勉強を嫌いになって欲しくないので無理に勉強をさせないでほしい。』という保護者の方もいますが、学習ができるようになる事は子供の世界を広げ、生活のレベルを上げると私は思います。今のままでゆっくりで、、、医者もそう言うのでそう思っている方も多いのですが、今のままだとどんどん周りと差がついてしまい会話も分からず、未知の世界にいる感覚になってしまってどんどんつまらなくなってしまう思います。支援学級に預けているだけでは限界があります。だからやっぱり親が頑張るしかないのですけど打開策がないのですよね。。。公文の先生も算数の先生も熱意を持って頑張ってくださっているのですが、なんかこう娘の特性を分かって指導してくれる方がいないものかと。。。げんちゃんママのように私が賢くないので疲れます。福岡はまだまだ配慮の必要な子供たちのための学習指導の面で遅れていますよね。

Commented by glow-gen at 2017-01-22 23:36
ここあさん
 落胆したり、あせる気持ちよ~くわかります。
がんばっておられますからね。力入れたぶんだけ、伸びる、という感覚の子どもたちじゃないので、ほんとによく行き詰ります。
げんちゃんも、確かに、絵は、うまく描いたな~と思いました。でも、算数は、まだサポートありきだし、生活全般、2年生の子とくらべても、だめなところが多々あります。

げんちゃんの軸で見ると、のびていても、じゃあ、この子がこのままちゃんとした社会人になって、ちゃんと働けるか、という問いは疑問符です。

中学も、今のままじゃ、普通クラスにいれるのはライオンの群れにうさぎを入れるような感じだし。どうしましょうかね~・・・

げんちゃんママのように賢く・・・いえいえいここあさんは十分賢くやられてますよ。安曇野も教えてもらったし・・・

やってきて一つ思うことがあって、トレーニングだけではやはり伸び悩むなということです。頭蓋仙骨のシステム、脳幹から出る生命の波動、これは一体で、なんか鍵を握ってるような気がします。
ライオンあくび体操を書かれた先生の本を再読しているのですが、なんか、ヒントになりました。

運動はもちろん、そういうアプローチを今考察中です。げんちゃんも、伸びてるとはいえ、ほんとぜんぜん普通とはほど遠いので、まだまだ研究しなければいけません。

また、情報交換していきましょうね。大丈夫です。
Commented by glow-gen at 2017-01-23 00:57
ここあさん
工作は、げんちゃんも地道にやってますが、低学年なみ、いや、それ以下です。
お嬢さんが顔洗っている姿、なんか、想像してしまいました。かわいい~。女の子ですね~。げんちゃんも、なぜか、おでこに吹き出物、そういう年頃でしょうね。
<< 学校の宿題 提出物 説明する力 まだまだかわいいげんちゃん。ち... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧