げんちゃんの発達障害プロジェクト

算数の基礎力のつまづきをあぶりだしてくれる”ぷりんときっず”のサイト

  
a0184225_1414866.jpg

ぷりんときっずのサイトのフリー問題集のすごいのは、ものすごくかみくだいた段階から、7~8段階のグレードに分けて、問題が作ってあって、一枚のプリントに、すごくいい量感で印刷されている点です。レイアウトが素晴らしい。本当に頭の切れる方が作られてるんだろうな~と思います。問題集フリークのげんママ、脱帽というかんじです。シリーズになっているので上の写真だけでは、すごさが伝わらないと思いますが・・・3年生までのものしかありませんが、学習障害のお子さんなら、絶対に必要な足場になるとこだと思います。

げんちゃんの生活でのお困りごとが、ずいぶん減ってきたので、私のげんちゃんへの期待度はどうしても上がってしまいます。
「K先生のとこから帰ったら、家は誰もいないから、鍵を持って行ってね。お昼は、カレーのレトルトをチンして、炊飯器のご飯にかけて食べておいてね。1時には、お母さん帰ってくるから、それからボルダリングに行こう。」

こういう指示くらいなら、別段なんということもなくなったし、学校の提出物なんかも、言っておいたら、だいたいのところ提出してきます。まあ、1~2年前なら考えられないことだよね。
会話のかみかたもけっこうまともで、会話が楽しくなってきてると、げんちゃんにたずさわっている先生方もおっしゃいます。私も、確かにそれは思う。

ところが、げんちゃんが、まあまあできてきたな~、なんて思っていると、どか~んと奈落に突き落とされてしまいます。

前回のブログで書いた、ルートの理解もそうですが、もっと唖然とすることがおこります。

先日、教会の日曜学校の出席シールを貼るときに、
「げんちゃんは、先週だけのぞいて、あとの10月の日曜は、全部シールはっていいよ。」
と私がいいました。げんちゃんは、なんか、固まっています。
「だから、先週の日曜日は、お休みしたでしょ。そこはシールはれないけど、その前の日曜日は来たでしょ。10月は、先週以外シールはっていいのよ。」

私はたたみかけます。げんちゃんは、シールを指につけて、11月の欄にはろうとしたり、先週のところに貼ろうとしたり、まったくできません。そのうち、3年生のお友達が、
「ここでしょ。・・・」
と、げんちゃんに指さして教えていました。なんか、それ見て、凍り付くような思いです。
「ちょっと、わかんないの?あんた~。」
「何がわかんないの?」
げんママこういうシーンになると、げんちゃんのパニック以上にパニクリます。それで、そうしたいわけじゃないけど、結果的にヒステリックにげんちゃんを追い込みます。げんちゃんにしてみれば、理由があるんだろうけど、当然わかってると思っていることが、すっこぬけているこっちのショックもわかってよね。という感じです。

げんちゃんは固まっています。その後、互いのパニックがとけて、
「あんたなんで、わかんなかったの?」
と聞いていくと、先週という言葉の意味がわからなかったと言うではありませんか!
「はあ、はあ?」
ですよね。発達障害児の特徴として、自分の状況をうまく説明できない、というのがあります。ただ固まるだけですから、相手も、ますますいらいらして、怒り心頭になるのですが・・・
やや最近では、少しは状況説明ができるようになっているのですが、それも、負荷をかけてしまうと、ぜんぜんだめです。
”先週”がわからない。もう意味わかりません。それに、状況説明ができない、というのに加え、何かにつけてしかられ続けているので、もつれた状況を少しずつほどいていく作業を考えるのではなく、隠蔽する思考のみ暴走するので、シールをあてずっぽうで、とにかく貼ってでっちあげようとしているのです。
「ごめん、先週ってどこ?」
とか、そういう言葉が出ない。叱られそう、どっかに貼って、なんとかしよう・・・いつもそのパターンです。

それにしても、びっくりしました。
「え?じゃあ1週間は何日?」
「え~っと。9日?10?」
私のただならない口調に、げんちゃんは、さらにしどろもどろになっています。私もそれがわかっていても、こっちの事情が、きりきりと顔をひきつらせてしまいます。
「ぎゃー!わかってないんかい!」

「月曜からいってごらんよ!」
「月、火、水・・・。あ7日」

「んなもん、あったりまえでしょ!」


それから、こんなこともありました。社会のプリントをやっていて、グラフを読んでいました。100と200の真ん中で、棒グラフが終わっています。げんちゃんの回答を見ると、105
はあ? 150と読めないようです。指摘すると、
「あ~あ~・・まちがえただけ!」
と言って、消しゴムであわてて消しますが、結局自力では修正できません。ここもまた、消して隠蔽することだけに行動が集中されます。

私がそうしてしまったと指摘されればそれまでですが、ほんとに、典型的な発達障害の行動様式です。叱られることをさけたい。わからないと固まって、次に隠蔽行動のみ華やかになります。

一度、けっこうげんちゃん、いいせんいってるな~、と感じたばっかりに、私の頭が勘違いする。ただそれだけのことなのでしょう。ドミノたおしみたいに、すべてが、いっきに改善へと変化するわけではなく、少しずつ少しずつ部分的にかわっていくのでしょう。

 寝込みそうだったけど(笑)・・・深く考察することにします。


 結局、げんちゃんに、いろいろ教え込んできたけど、算数は、1年と2年、そこまでさかのぼって、やるべきなんだろうな~・・・数直線、20以上の数、10進法のしくみ。そういうのって、2年のその時は、げんちゃん、年長さんのプリントをえっちらやるようなことしてたわけだから、今、なんとか、5年生をやってはいるけれど、実は、彼の脳は、いまこそ、1~2年の教え時にきてるんだろうな~・・・国語の方がずっとましなげんちゃんで、難しい語彙を理解したりすることもあるけれど、抽象的な言葉、特に、数の感覚に関するようなところは、私が考えているよりは、ずっとずっと理解が悪いのだろうと思いました。

 やれやれ・・・私は、いろいろやっていたけど、さかのぼるところが、まだまだ手前すぎてる。もっともっとさかのぼったとこを、するべきだな、と理解しました。具体的にいえば、1年2年のところです。

 さて、それならば戦略です。問題集・・・・? 何か良い素材はないかな~と物色していたらありました。もう、すごいやつを見つけてしまいました。たぶん、知ってる人は知ってるんでしょうけど、私にしてみれば、ついに、見つけた~という感じです。

 ぷりんときっず、というサイトのフリー問題集です。もう見つけたときは泣いてしまいそうでした。これはすごい!

 5年生のげんちゃんにとって、ここまで初歩的に段階を追って学べますか、というくらい、算数のすべてが、こと細かく、誘導してくれます。どこかのパパのサイトだそうですが、たぶん、こんなにすごいサイトだから、すでに活用されている方も多いのかもしれません。

 とにかく、渡りに船。5年生の単元もさらっとやりつつ、今までの加減乗除の計算問題も、とりあえず、続けながら、げんちゃんの盲点となっているすかすかの足場を、徹底的にこのプリントであぶりだすことにしました。数の土台の弱いお子さんの、ここのプリントの使い方、今度続編書きたいです・・・

 限りない”唖然”が出てくるでしょうが、げんちゃんは、たぶん、そこを埋めてやっていけば、きっとまた飛躍するのではないか、と思います。

ぷりんときっずの製作者様、心からお礼申し上げます。感謝~。すごいサイトです。ただ、3年生の教材までしかありません。






by glow-gen | 2016-11-08 01:51 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/23348504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のの at 2016-11-08 11:11 x
こんにちは。しばらく色々見失って、深い穴の底におりました。学校での算数の単元が図形に移ったので、ちょっと気が楽になってのっそりと這い出て来た感じです。笑。

げんちゃんとげんママのやりとり、本当に眼に浮かぶようです。まさにうちも現在同じステージにいるように感じます。親子でいると「普通」に思えるようになってきたという感じ。前は息子の中の「普通」を探すことにやりがいを感じていたのに、今は まだ「普通」じゃない所はどこだろう?と見つけ出そうとしている自分がいる。それくらい「普通」な感じに思えるのに、ある時急に(しかも、家の外で起こることがほとんど)、やっぱりまだまだ「普通」ではない!と思い知らされることが起こるのです。そして、「普通」に見えるのに、どれだけがんばってもやっぱり「普通」にはなれないのかな・・・。と徒らに落ち込んでしまうのです。ダメですね〜。
Commented by のの at 2016-11-08 11:11 x
「普通」「普通」とやたら並べましたが、この「普通」こそがしばらく穴の底でもがいていた原因。学校でも一見「普通」に見えるようになってきた息子。担任の先生にとにかく「普通」でいることを求め続けられることへ、私自身が疲れてしまったのです。まさに親子二人三脚で、出された宿題をこなし、テスト勉強をこなし、出される予習や居残り、追試、言葉にするとカッコ悪いほど、必死で走り続けているのに、できた結果だけを見て、その隠れた努力は全くどがえしで、さらに上のことを当たり前のように要求されると、あぁ、このままでは母子で潰されてしまう・・・。と危機に感じて。

連日23時までかかって必死でやっていったすごい量の宿題も、「他の子は1時間でやってますけど。」と半ば怒った感じで言われてしまうと、これで良いのかな?と思ったり。

「普通」になりたい、「普通」でいたい、と願って走り続けて来たけれど、ここになってやっと「普通」でいることに魅力を感じなくなってきました。どれだけやってもやっぱり「スペシャル」な息子のような子にとって、ゴールに向かってたどり着く方法ももっと「スペシャル」であって良いのかな。って。

でも、その道を選択するには、普通級の中にいて、テストや宿題で友達とは違う道を歩む覚悟を、母子ともにできるのかな・・・って、ちょっと自信がないのも本音です。
Commented by のの at 2016-11-08 11:15 x
「ぷりんときっず」我が家も相当お世話になりました。本当に有り難かったです。週一で通っているリハビリでも、最初の頃は「ぷりんときっず」からの学習素材を使ってやっていた感じでした。我が家はこの他にも「ちびむすドリル」をよく利用させてもらっていました。
Commented by ゆうママ at 2016-11-09 14:02 x
単元テストがまあまあだったとしても、その土台学校ぐらぐらという感覚がぬぐえないです。わかってるようでわかってない。わかってないようでわかってる…というのが我が子含めて発達障がい児の特徴なのだと思います。

ののさん!うちの息子は、普通級であって違う道を歩んでます〜。
「今を大切に」したということでしょうか。最近ガミガミ言うのをやめました。決して諦めとは違います。彼のペースで学んで行くことを止めるつもりはないので…。やりかたが皆とちがう。時間がかかるということなのだと思います。

学校の国語の時間は別室でさせてもらってます。算数&理科は皆と一緒。社会は興味ある単元(工業製品はツボです)は皆と一緒に学んでます。

そして、放課後や休日はデイサービスを(両行く手帳なくても利用できます)利用して、同世代の子と遊んだり、料理、社会見学、工作、農園…いろんな体験してます。

いいのか悪いのか…普通の子らしい反抗をするようになりました。ただ、出方は発達障がい児らしく、なかなか大変なのですが…





Commented by ゆうママ at 2016-11-09 14:25 x
誤字だらけでスミマセン💦

その土台学校ぐらぐら→その土台がぐらぐら
両行く手帳→療育手帳
です。

遊びからは多くを学びます。同時にズルさも学びます。最近とてもやりにくくなった我が子です😢
Commented by ここあ at 2016-11-09 20:26 x
まさにうちの事かと思いました。げんちゃんの反応もママの反応も。。。公文の国語で『月の半分を。。』みたいな文があったので『15日だよ。1ヶ月の半分だから。。。』みたいな説明をしていて『1週間は何日だっけ?』ときいたところ『????』でした。『はあああ??』ですよ。『月曜から数えてみなさいよおおおお!!』「げ、げつ、か。。7日』というやりとりが夏休み前にありました(泣)本当にこれくらい分ってる。いや分ってて欲しい事が分ってないんです。どこまで教えないといけないのか。。普通の子どもならば一つの事を覚えれば色んな事に応用していくのにそおいう事ができないのでしょうね。『ぷりんときっず』ずっとやってます。が、できない事の多さにまさに唖然としてしまってやる気がなくなってきます。埋めれば飛躍すると思いますが、全部を埋めるには時間と私には手段が浮かびません。『ぷりんときっず』で解けても他のところで使えなかったりもします(泣)娘にとってこのプリントでできた事はこのプリントだけの事なのかもしれません。『ああ!!あれを使ったらできる!!』みたいな考えが浮かばないのだと思います。だから計算や漢字オリンピックという様な決まった問題は繰り返し学習して覚える事ができても特に漢字は日常で使えなかったり忘れてしまうのかと。。以前娘に勉強を教えるのは訓練だと言われたのですが、まさにそんな気がします。
Commented by デコママ at 2016-11-09 22:47 x
こんにちは。いつも参考にさせていただいています。
もしご存知でしたら申し訳ないのですが、幼児教室の「こぐま会」の教材はご覧になったことがありますか?かけ算やわり算の、本当に基礎的な概念のところ、このあいだげんママさんが具体物の操作でやっていたようなこととか、そういうのが非常にわかりやすくまとまっています。
一対多対応、とか、単位の考え方、などの薄〜い本です。扱う数は多くなく、計算練習にはなりませんが、全部絵なので頭の中に絵が浮かべば理解の一助になるかもしれません。うちの子には向いてましたよ。
Commented by のの at 2016-11-09 23:03 x
この場をお借りして、ゆうママさんありがとうございます。その覚悟、腹をくくるまでの葛藤、すごい勇気がいるし、それを続けるのも心と体のパワーのいること。素晴らしいです。私もガミガミ言いたくない・・・。今、息子がやっていることは、発病当時のことを考えると文字通り奇跡以上のこと。何かを変えなくてはいけない時がきたんだと思っています。また参考にさせて下さい。
Commented by モケット at 2016-11-10 09:46 x
初めてコメントします。うちはげんちゃんのひとつ下ですが、本当にそっくりで、いつも参考にさせていただいています。げんままのようにはできませんが、親にできることはないのな、常に模索しております。今朝、試しに「一週間は何日?」と聞いてみたら、やっぱり「?」でした。少しよくなってきたかなというところで、まさかと思うようなことが抜けていますね。でも、まさにこれが特性なのだとわかりました。中学、高校はどうするか、悩ましいです。
Commented by glow-gen at 2016-11-11 10:14
ののさん
レス遅くなってすみません。
ののさんの言われること、まさに、うちも同じです。
なんか、ほんと普通っぽくなってきたけど、いたるところで、え~っ、みたいなことがありますよね。はやり、脳が、まだまだおいついてないんじゃないかな。
でも、逆に、あれ、この子すごい感性持ってるな、と感じることもありませんか。たぶん、みんなこういう子は神様に、もらえないことのかわりに、もらってきてる部分もあって、そこをつぶさないように、と思います。

ホームスクールでも、一生懸命宿題をさせようとしたりしてたのですが、最近は、宿題は、優先順位の最優先にもってこなくなりました。まあ、算数などは、無理、と思うこともあるし、タイムパフォーマンスががっくり落ちたりして、げんちゃんにあったことをやった方がいいと思うのです。

なまじ、グレーゾーンになってくると、普通に足並をそろえようとして、罠に陥る時がありますね。最終的には、どんな社会人になるか、ということなので、オリジナルデザインでいくんなら、今も、オリジナルでよいかな、と思います。
 時々、そのあたりを見失ってしまいますね。私も。
でも、ほんと、我が子たちは、努力家だと思います。そこはほめてやりたいですね。
Commented by glow-gen at 2016-11-11 10:30
ゆうママさん
子どものペースに合わせるって、大事なことですよね。
つい、自分のペース、周りのペースになってしまいがちですものね~。
母親の心の余裕、子どもにもそういうのが反映しますし。
そろそろ、小さな子どもから思春期に入ってきて、難局が来るでしょうね。普通の子だって、一筋縄じゃいきませんからね。
げんちゃんは、いまのとこ、まだ3年生くらいなので、そこまでありませんが、きざしは見え始めてます。
どうなることやら。
Commented by glow-gen at 2016-11-11 12:24
ここあさん
ぷりんときっずのサイトは、有名なサイトだったのですね。
たくさん研究されてますね~。
でも、げんちゃんと同じ路線歩んでますか~。発狂しそうになるときがありますよね。お互い・・・
 確かに、教え込んだことが、芸のように、それだけで終わる側面あります。でも、5年になってから、それらが、少しずつ応用できてくる感触あります。少しずつですが、・・・だんだん、出てくると思いますよ。
もう少しだと思います。

 頭のマッサージは続けた方がいいような気がします。脳そのものが治っていくことをやると、効率がいいと思い、また、勉強しているそばで、テルミーという温灸を、頭にやっております。つい、さぼってしまいますが、また始めました。
Commented by glow-gen at 2016-11-11 17:15
デコママさん
ありがとうございました。こぐま社の教材もいくつか以前使いました。点つなぎをよく使いました。

小学校お受験の問題もいいですね。
そこから、今、げんちゃんは、抽象的なものにつながっていくところになっているかな、と思います。ちょうどぷりんときっずが今旬かな~とか思います。
こぐま社も、そういう次のステップのがあるんですか?
Commented by glow-gen at 2016-11-11 18:14
モケットさん
コメントありがとうございます。
>親にできることはないのかな・・・
このスタンス持てる方のお子さんは、やはり、伸びていきますね。
大切なことですね。
うちのげんちゃんと、けっこうみんなエピソード同じなんですね~。一人で孤軍奮闘していただけではわからないですね。ブログのおかげで色んなことがわかります。ありがたいことです。
がんばっていきましょう。できることを見つけて、とにかくやっていく、その積み重ねですね。
Commented by はっぱどん at 2016-11-14 09:36 x
こんにちは。初めまして。
昨日からこちらのブログを拝見させてもらってます。
自分と似たような事やってる人がいたいた〜って
嬉しくなりました。
娘も似たような感じで、毎日頑張ってやってます。
今二年生です。
コメントされてる方もきっと、色々努力されてる親なのですね。仲間がいて嬉しいです。
これからも参考にさせて頂きます。
よろしくお願いします^_^
Commented by りっちゃんのママ at 2016-11-14 09:49 x
おはようございます。次女は先日学校公開があり、久しぶりに学校に行きました。去年までは国語と算数に誰かが加配に入っていたので一人で座って授業を受けている娘に成長を感じましたが、声には出さず身体を揺らし、口パクで歌ったり、勝手に答えを言って周りの子に怒られたりしてました。でも止める事ができない。最近昔と比べれば落ち着き少し安心していましたが、娘の姿を見てドーンと落ち込みました。でもまた頑張るしかないですね。
話は代わり九九ですが暗記も大事だと思い4ヶ月間くらい、朝と寝る前に10分くらいづつトランポリンに乗って片足立ちでお手玉しながら九九を言わせましたね。できるようになったら逆から言わせてました。今もたまにやりますが最近はその時間をブレインジムとお相撲やタオル綱引きをやってます。たくさん時間ほしいです〜

Commented by glow-gen at 2016-11-16 01:17
はっぱどんさん
コメントありがとうございます。そうですか~。同じような取り組されてますか~。2年生の手ごたえどうですか?げんちゃんは、2年の頃は、ほとんど、動物園の動物みたいでした~。苦笑
 できることを探す方がむつかしかったです。
今の5年は伸びてますが、要求される内容が、ぐんと高くなっているので、伸びが相殺されてるかんじです。
なかなか前途多難ですが、がんばっていきましょうね。これからもよろしくお願いします。
Commented by glow-gen at 2016-11-16 01:22
りっちゃんのママさん
そうですよね。学校行くと、がっくりすることが多いですね。
5年になって、落ち着いて授業を受けてますが、ついていってないときもまだまだ多いです。いつになったら、こう、普通の子のペースについていけるのかしら、と思います。
いや、一生このまま?と思わないところが、親ばかです。だからやってられますよね~。
 お相撲や、タオル綱引き、いいですね。体と脳、ほんとに関係が濃いですね。時間がほかの子の、少なくても、2倍はほしいですね。ほんとに。ほかのお子さんは、なんてのんびりしてるのかな~と思います。
Commented by のの at 2016-11-17 10:36 x
我が家も授業参観があり、ドーンと落ち込んで帰ってきました。毎回の漢字のテストも、山のような宿題も、なんとかこなしてやっていっているし、最近はお友達ともおしゃべりしながら帰ってきたり、家での私のサポートはあれど、学校でもそこそこやっているんじゃないかと思っていて、多少授業のノートがとれなかろうが、グループワークの振り返りプリントなんかが真っ白のまま持って帰ってきても、言葉もまだまだだし・・・これからこれから、なんて思っていたのですが、授業の様子を見たら他の子との差が歴然で、改めてパンチをくらってかえってきたのでした。

「考える」ことを必要とされる内容になると、途端に思考停止です。死んだ目をして全然関係のない方向をジー。完全に「「考える」ことをやめています。他の子たちはというと、目をキラキラと輝かせて、「こうだよね?」「ああだよ〜!」「え?そうなの?」と、「考える」ことを楽しんでいるのが、眩しくて眩しくて。

言葉がまだまだだから・・・という問題ではなく、考えることをしていないのが理由なのかもしれません。なんだか虚しくて虚しくて。必死にやってる漢字や宿題も、結局私がやっていることは、自分の大切な子供に対して言葉はとても悪いのですが、猿に必死に芸を覚えこませているだけなんじゃないか・・・?だから教えられた芸以外のことは、全く反応しない。自分で考えない。

これは今やっていることを積み重ねていけば今後ちゃんと伸びていく部分なのか、それとも私のやっていることが間違っているのか、なんだかもう分からなくなってしまって、匙を投げてしまいそうです。健常なお子さんを見て、一喜一憂するのはやめなくてはいけないのはわかっていても、やっぱり動じてしまいます。
Commented by glow-gen at 2016-11-17 20:25
ののさん
よくわかります。ほんと、その通りですね。
イルカに芸を仕込む・・・そんなかんじです。たしかに、教え込んだらそのことはやりはします。
でも、そこからルールを読み取って、次に応用したり、発展していくことができませんよね。そこの部分こそ、人間のおもしろいとこなのに~・・・と、母親としてはがっくりですよね。
 げんちゃんも、まだまだ、そう言う部分がなくて、ため息です。でも、昔よりは、出てきていることも事実ですよね。オセロゲームをチェックがわりに、たま~にやるんですが、やっぱり、数ヶ月前より進化してますもんね~。
1年生といい勝負くらいかな・・・進化してないことはない。というのは、やっぱりうれしいですよね。
時間はかかるけど、永遠に時間がかかり続けるものでもないかもしれない。いつか、すっと高みにいく・・・そんな夢を追い続けている私なのかもです。

昔お姉ちゃんが、UVクリームのパッケージに、「紫外線で紫にかわる。」と書いてあったのをみて、すぐに、UVクリームのふたをあけて、パッケージに塗ってました。それを日にあてて、色が変わらないのをみて、「あ、このUVクリーム効いてるんだ!」
と言いました。我が娘ながら賢いな~、と思った物です。それが、5~6年の時でした。
 げんちゃんが、そういう行動をとらないか、とずっと待ってます。いつかきっとできる。信じてがんばりましょう。大丈夫!
Commented by のの at 2016-11-18 23:38 x
げんママさんの「大丈夫!」は、いつもどんなに落ちている時でも力強くて、心に力が湧きます。有難うございます。

娘さん、本当に賢いですね!恥ずかしながら、最初はよく分からなくて、読み返してやっとわかりました。自分にはそんな柔軟なアイデアがないからでしょうね。素晴らしいです!一つの事柄を知ったら、それを裏返しても同じ、みたいなそういうことがまさに人間の一番の醍醐味ですよね。こういう「気づき」みたいなものが、息子にはやはり足りないよなぁ〜とつくづく思います。

そういえばちょうど今朝、うちの下の子(5歳)が幼稚園に行く前に新しく買っておいたヘアピンのパッケージを見て、「へぇ〜これって30本入っているんだ〜、数えてみよっと。」と言って、ヘアピンを全部出して一本一本数え30本実際にあったことを確認した後、そのヘアピンの山から左右の手で同時に一個ずつ取り出して2つのチームに分けて並べて数え、「どっちも15本ずつある。っていうことは、15+15は30なんだ!へぇ〜知らなかった。30って2つに分けると15ずつになるんだね。へぇ〜。そうなんだ〜。」と独り言を言っているのを聞いて、耳を疑いました。5年生のお兄ちゃんがまだ習得していないこと(筆算にすればわかるけれど←イルカ芸、イメージはできていないので暗算はいつまでたってもできません)を、5歳児が気がつくのかー!!と。

きっといつかできる。待ちましょう、待ちわびましょう。きっとこの先にたどり着きたいところがきっとあると信じて。
Commented by glow-gen at 2016-11-19 18:34
ののさん
お~~5歳で割り算楽しんでるんですか。すごすぎます~。
げんちゃんも、そういうことを楽しめるようになると、いっきにいくかもしれないな、と思います。
楽しむこと・・そうなんだよね。ここに持っていくにはどうしたら、って考えています。内容をぐっと落としても、消しゴムを使っても、なかなか目をかがやかせて、というのが難しいです。溝の能力は。
好きなマイクラゲームは、取り上げるのに四苦八苦するけれど、このおかげで、リアルマイクラと称して、方眼紙でキャラを作ることをはじめました。サポートしてですが。おかげで、工作能力も少し上がりました。こういうことなんでしょうね。
 ちょうどいいレベルの教材・・・色んなカリキュラムがはまる教材になれ~。
Commented by みかんまま(小3息子) at 2016-11-19 21:20 x
溝の国語ですが、前回いきなり100点をとったと報告したんですが、次の国語のテスト、85点をとってきましたー。
しかもほとんど書く問題。
それまでは、0点、20点、40点、よくて60点代って感じだったのに、ここにきて、いきなりです!
国語でこんな点数が見れるなんて、思いもしませんでした。
すっと高みにいった感じかしら?
でも、喜んでまた落とされるのがこの子達ですよね(^^;
Commented by glow-gen at 2016-11-21 14:43
みかんままさん
すご~い。それはうれしかったですね。お子さんは、もともと考える力もある方だと思います。少しずつ、苦手な分野の方にも、その力が波及してきたのではないでしょうか。
峰がどんとあがると、やっぱり、溝も伸びてます。
国語ができてくると、また他にも反映しそうですね。地道に子どもさんを信じてやってこられたことの結果ですよ。
2回続けてるってことは、まぐれではなく、実力です。すばらしい!

Commented at 2016-11-25 09:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とんまま at 2016-11-25 14:27 x
こんにちは。

プリントキッズさんの問題、通級で使ってくれています。
それまで私も知りませんでした。

自分の状況を説明できない…
適当に処置(まだ隠蔽までは出来ませんが)してやり過ごすところ…
一週間の件…(ちょうど4日ほど前の話)
まさに、同じです。
そして、同様に「はあ?こんなこともわかっていなかったのか」と落胆。

ちょうど昨日、療育手帳の更新でした。
何と、IQが10下がっているではないですか。
敗因は、耳で聞いて、頭で考え、言葉で発することができなかった所のようです。
そう、現物(視覚情報)なしで、頭でイメージし、言葉にして伝えられないんですよね。
(興味のある電車の話はベラベラ伝えますよ 汗)
視覚補助があれば、回答できる率が高くなったそうです。

算数は計算問題はこなせるようになりましたが、いざ、「5より1小さい数は?」と聞くと、それが「5-1」のことだと理解できず、「6」とか、酷いともっととんちんかんな答えを言います。
この概念だけは、何度やってもガタガタです。

我が家も、ののさんと同じような状況です。
(一年生ですので、ののさん程の量ではないですが)
学校で課題、ドリル等をやってこない→自宅持ち帰り
それに宿題も合わさり、消化しきれない量になってしまいます。
多分クラスの誰よりも勉強しているのに(時間にして)、この出来栄えというか、到達度。
かわいそうにもなってきます。

授業中も着席はしているものの、気が授業へ向いていないのは、ありありとわかります。

通級は意欲的にやっているそうです。
つまり、一対一でやると、いいのです。
毎日通級ってわけにもいかないので。


これじゃまずいと思いながら、毎日が過ぎていきます。
今のののさんのお気持ち、私のそのまんまだなと。
本当に、何もかも投げ出してしまいたくなります。

ののさん、勝手にお名前出して、すみません。


Commented by glow-gen at 2016-11-25 15:40
Hさん
ほんとですね。ホークスクールしてる子少ないので、いっしょに情報交換できたらいいですね。
しかし、ちょっと前までは、げんちゃん他の人といっしょだと、すぐに気が散って、だめでしたね~。
今は仲間がいるのがよさそうです。
ホームスクールは、やりかたによっては、ほんとにいいんじゃないか、と思います。
煮詰まる時もあるので、注意がいるけど。汗
とろる塾、以前どなたかに教えていただいたことありますよ。たくさん使ってる人がいるんだと思います。
私は、以前見て、その時は、もう、どのやりかたもぜんぜんだめでした。たぶん、算数を教える時期にきてなかったのでしょう。
また改めてみてみますね。ありがとうございます。
Commented by glow-gen at 2016-11-25 17:41
とんままさん
ほんと、逐一よくわかります。
あれだけやったのに、まだわからないの?え~~?
こっちがパニックになりそうなことだらけです。確かに、進化はしてますが、10やって、0.5くらい・・・そんな感じなのです。
 それも、想定外のことをやってくれたりするし。
頭がやっぱり、普通じゃないんだな、って思うことだらけです。時々しんからがっかりしますね。しかも、5年生ともなると、失望感も大きいです。

 こんな頭で、社会に出て行けば、あらゆるところで壁に激突するでしょうしね。困った物です。
でも、結果を考えず、まあ趣味と思って、こつこつやっていきましょう。最近使い始めたサプリの効果を2週間後に評価していく予定なのですが、著効しないかしら・・・と思ってます。特急列車に乗せたいですね。効果がしっかり出たらまたご報告しますね~・・
<< お絵かき能力の欠落 理解して出力するまでの、気の遠... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
未分類
以前の記事
最新のコメント
Nさん感謝します。 M..
by glow-gen at 10:21
MTパパさん すみませ..
by glow-gen at 10:16
Gさん ほんと、発達障..
by glow-gen at 20:31
Gさん そうですか、N..
by glow-gen at 00:04
ここあさん ヘルパーさ..
by glow-gen at 23:51
明日熊本へ行ってきます。..
by ここあ at 19:43
roboママさん あり..
by glow-gen at 17:16
アドバイス下さいさん ..
by glow-gen at 17:05
穴埋めって大事ですよね。..
by robo223 at 16:56
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 16:56
会社の同僚の息子さんが ..
by アドバイス下さい at 15:31
情報ありがとうございます..
by ゆうママ at 13:22
発達育児ママさん ほん..
by glow-gen at 14:06
こんにちは。 いつも、..
by 発達育児ママ at 10:29
アドバイスくださいさん ..
by glow-gen at 00:14
roboママさん そう..
by glow-gen at 23:53
ゆうママさん やっぱり..
by glow-gen at 23:45
げんままさん、こんにちは..
by アドバイス下さい at 18:29
たった1つの療法で万能と..
by robo223 at 16:16
算数の文章題は手こずりま..
by ゆうママ at 15:11
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧