げんちゃんの発達障害プロジェクト

まだまだ足りないお絵描き能力 

 2学期 初日、げんちゃんを始業式に行かせて、翌日はホームスクールです。朝は、K先生にやってもらいました。始業式から戻ってきて、げんちゃんは、どうも故意に宿題を学校に忘れたようで、いっしょに取りに行きました。
 宿題は、図工の下絵描きです。薄い木のプレートに絵を描き、それを、電動糸ノコでカットして、着色してパズルに仕立てるというものでした。
 なぜ、故意に学校においてきたのでしょう。かさばったからかもしれないし、やりたくなかったのかもしれませんね。

 げんちゃんは、ホームスクールで週に2日学校を休みますが、学校でのプログラムも、たくさん受けさせたいことがあります。図工もその一つです。絵を描いたり、工作したり、いつもそこがテーマのげんちゃんは、一人で取り組ませるにはちょっと不安な内容もあるけれど、前よりはましになっていると思います。

 でも、休みが多いので、なかなかさせるのは大変です。今回も、下絵描きは学校でする内容ですが、学校に行ってなかったので宿題になったというわけです。

 久しぶりに、がっつり3時間くらいを絵を描くことにあてました。今回のテーマは、糸ノコで切る前提の絵柄なので、それを考慮した図案です。さすがに、そこまで配慮した図案を考えるのは、げんちゃん無理だと判断して、本の挿絵からいっしょに選んでアレンジすることにしました。

 やっていきながら感じたことを、ちょっとしたためてみたいと思います。

 まず、げんちゃんの絵画力は、絵が描けなかった昔を考えれば、とりあえず描けるようになっているので、もちろん進歩だと思います。でも、模写に近い今回の作業をさせてみると、バランスと、比率、というか、画用紙のどこから始まって、どのあたりに線を描けばいいか、とか、すごく破たんを感じます。例えば細い丸を模写するのに、太い丸を描いたり、なんというか、一番大切な特徴をはずしてしまう感じです。

 え~~、この絵のどこをどう見れば、そういう絵になるわけ??

と、声を荒げたくなります。いちいち修正していると、エンドレスなので、途中からあきらめて、ワンポイント指導に切り替えて、好きに描かせることにしました。

 でも、夜遅くまでかかって、自由に出力させるというより、手本に従って描かせるという枠の中で、ある程度自由にやらせる。でも、げんちゃんの絵は、それなりに絵にはなってます。おまけに、そういう描かせ方はげんちゃんには、あまり負担がないようです。

 つまり、自由に描きなさいと、出力を待つのではなく、ある程度、構図とか、描き方とか、手本を見せて、その通りにパターン化してあげる描き方です。絵というと、どうしても、出力を要求したくなるのですが、体に持っている絵のパターンが少ない子供たちは、やみくもに描けと言われるのは苦痛そのものだったりします。ましてや、もともと絵がゼロベースだったげんちゃんには、なおさらです。

 げんちゃんは、私ががみがみ言うのをやめて、それでも、ある程度道を示してやる、というやり方に切り替えてしばらくすると、けっこう楽しんで、型が決まった枠の中で、自分のアイデアも出したりして完成させました。原画とは、比率や印象がずいぶん違いますが、まあ、それなりに、似たような絵になり、完成しました。


 げんちゃんが、3年生くらいになって、やっと絵らしい絵を描けるかな、というステージに入りました。少しくらい絵が描けるようになっても、げんちゃんのお絵かきの歴史はやっと3~4年といったところか・・・まだまだ、安心せず、絵を描くトレーニングをする方がいいな、と感じてます。どこにそのスケジュールを入れていくのか・・・げんちゃんにやってあげたい能力開発トレーニング、学習・・・様々ありすぎて当惑してしまいますね。

 さて、私が絵のトレーニングをする上で、とても参考になったのは、あのカリスマ絵画教師 酒井臣吾先生の考え方とやりかたです。彼は、まず、子供に型を入れます。教え方DVDのついた本もあって圧巻です。教師で酒井式を知らなかったらもぐり、と言われるほどすごい先生だと思います。子供さんが、やっと、えっちら絵を描きだして、まあまあのところに行ったら、ぜひ酒井式でひとつひとつトレーニングするのがいいかも・・・彼のやりかたは、まず、教師が描く、だもんね~。描き方の手本を教えつくすのです・・・

 絵が描けるかどうか、は、その後のいろんな能力がつくかどうか、大きく運命を分けるんじゃないか・・・それくらい重要だと私は考えます。

酒井式で教える教師マニュアルがありました。こういう絵画教室があるといいですよね~。ま、げんちゃんは、もう日にちも予算もいっぱいいっぱいですが・・・・

by glow-gen | 2016-09-01 19:02 | お絵描き工作 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/23183170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とんまま at 2016-09-10 00:03 x
2学期、始まってしまいましたね。
げんママさんが最大公約数などに恐怖を感じる一方、こちらは繰り上がり、繰り下がりが始まるとビビっています。
早速、漢字が始まり、書けると思ったのに、意外に書けない。。。
読みは得意です。
お先真っ暗です。

息子も絵が描けません。
本当に、恐ろしいぐらい。
何か描いてというと、昔のげんちゃんのように、迷路のようなものを描く段階ですね。
げんちゃんの昔のブログを遡り、同じように取り組んでいます。
点つなぎはかなり出来るようになり、本人も得意だと思うようになってきました。
次はミラクルアイだと思っていた頃、教材が終了したようで、手に入らず困っていたところでした。

酒井先生ですか。
知らなかったです。
有益な情報をありがとうございます。
記事を拝見すると、息子にはまだ酒井先生は早いような気がしますがね。
今後のために。


文字のように、答えがあるものを書くのは出来ても、絵のように正解のないものを描くのが出来ないのです。
だから、ある程度のパターンを入れなくちゃいけないんですよね。
話が逸れますが、正解のない自分の意見、感想を言うのも難しい。
訓練ですかね〜〜

それと、同じように、「どうして紙のそんな位置から描くかな?」ということは常にあります。
「そこから描いたら、全体が描けないでしょう、先の事を考えてみなさい」と言っても、全く心に響いていません。
どうしたらわかってくれるのかな?とずっと思っていました。

絵の改善、私も取り組まなくちゃと思いながらも、流されています。
げんママさんのお陰で、目が覚めましたよ。
こちらも頑張ります‼︎
Commented by glow-gen at 2016-09-10 12:04
とんママさん
お~~。コメント見て、びっくり
七田のミラクルアイトレーニングは、製造中止ですか~。
げげげ~・・・びっくりです。
七田に掛け合って、在庫をぜひと、嘆願してみてはどうですか。私も、電話かけてみます。そういう声がたくさん集まったら、また再販してくれるかも~。ショックですね。

ミラクルアイのような、毎日絵のパターンを練習していくようなプログラムは、ほかに探しましたが、まったく見つけられませんでした。
 とにかく、毎日簡単なものから描いていくことが大切です。
 鉛筆が持てるようになってきたら、まず、点つなぎ、そこそこいけるようになったら、つぎは、簡単な図形とか、絵の模写を何百枚もします。
げんちゃんは、それをやったら、出力してきました。

酒井式は、その後のプログラムだと思います。
もし、ミラクルアイがなかったら、
スケッチブックに描かせたい図形を張って、プログラムを作っておくのがいいです。毎日、それをとにかく、もくもくと写させます。
簡単なスプーン1本とか、バナナとか、そういう単純な絵柄から、ステップアップします。
げんちゃんは、400枚は描いてることになります。
ミラクルアイを2回、2箱やりました。点つなぎは、300問です。私はさせきらなかったので、学研の先生にお願いして、行ったら、まず、それを取り組む、という、感じです。週に3回ペースでした。

 どうして、紙のそんなとこから描くの?は、いまだに、げんちゃんも同じです。
 あれって、なんなんでしょうね。昔よりましになってきてるし、注意してやると、訂正できたりしますが、なんでかな~というのは、ぬぐえませんね。
Commented by glow-gen at 2016-09-10 12:10
とんママさん
自分の意見を言ったり、感想を言う、というのも、やはり、文章のパターンが体に入ってから次の段階でしょうね。
げんちゃんは、やっと、ぼちぼち出力の時を迎えています。
数年先、必ず出力してきます。
がんばって、ひたすら、入力していきましょうね~。げんちゃんも、入力をおこたらず頑張ろうと思います。
今は、作文練習に入りました。出力法を教えています。

 それまでは、文を写させるのをたくさんやりました。

入力がはじまってくると、この子たちは、独特の素敵なものが出てきますよ。そこから先は、凡人とは違うような気がします。
 地道にがんばりましょうね。
Commented by とんママ at 2016-09-15 12:30 x
アドバイス心に染みます。ありがとうございます。
おかげで私のモチベーションも上がります。

遅ればせながら、昨日、しちだに電話をしてみました。
やはり、廃盤。在庫なし。
今後リニューアルで再販の予定もなし。
ということでした。。。トホホ。

簡単な形(図形)を描く事は、ぼちぼちやっていました。
(←ぼちぼちじゃダメですね)
アドバイスを頂いた後、ふと、枠の中に見本を書き、同じ大きさの枠に描かせてみました。
はい、想像通りの結果に(当然位置がずれています)

空間認識(お受験のこの手の問題はできます)というより、全体を見通せないというか、そんな感じです。

とにかく形や絵の模写でパターンを入れるのをガンガンやることにします。
げんちゃんの400枚、凄いです。
うちも目標にします。

後は、完成の絵があり、もう片方にはわざと一部欠損した絵があり、書き足しをさせるというドリルを見つけたので、やっています。

視写の重要性をげんママさんの記事で知り、取り組んできましたが、取り組みが甘く、進歩していないです…
情けないのですが。
文章を単語や文節で捉えて書き写すことすら、おぼつきませんね。
口では単語を言っているのですが、目が一文字ごとに本を見ています。
これは慣れなのか?視写させる段階ではないのか?判断しかねています。

文章のほうも、まだまだ下積み段階。
入力を怠らずにいきます。

素敵なものを出力する日を心待ちにして。


酒井先生の本を2冊購入しました。
一つはDVD付きの物(多分話に出ていた本だと思います)
もう一つは、特別支援の子に酒井式を行う本です。

見てびっくり、特別支援の子供たち、物凄く絵がうまい!!
うちなら、これだけ描ければ、絵はできているって思い、別途指導しようとは思わないですよ(笑)
Commented by glow-gen at 2016-09-16 14:52
とんママさん
書写を始めた去年のちょうど今頃、一字ずつ見て、写すので、ばかばかしいような感じでした。でも、とにかく継続です。だんだん単語で写すようになり、今は、文節くらいになっているようです。
ノートをとるのも、人並みとは言えないけど、まあまあできてきました。1年経ってますからね。
 K先生にお願いしました。彼女は、特別な勉強法とかを提案してくれる、とかはないのですが、とにかく、私がこういう風にやってください、と準備していくと、毎回根気よく取り組んでくれます。なかなか、親は、子供も甘えるし、やらせるのむつかしいですよね。次から次に、やりたいことがでてくるし。

でも、最初から、これを仕上げる、とか、言う風に、カリキュラムを作っておいて、たんたんと取り組むと、ある日、いろんなことが次のステージに行ってます。

知的障害のお子さんで、絵はとても上手というのはよくありますよね。げんちゃんたちのような子では、描くことがままならないので、酒井式までいきつきませんね。
 でも、たぶん、酒井先生なら、丸を描くとかいうところから、教えられると思います。線をゆっくりひく練習をさせたり、初歩的な子にはそうするようですね。

 でも、出力ができるまでになると、間違いなく非凡な絵が出てきます。そこまでいくには、くらくらするような道のりありますね。
<< 5年算数 おつりがわかる  夏休みの終わり (その2) 体... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
未分類
以前の記事
最新のコメント
やっぱり、げんちゃんって..
by robo223 at 09:30
こんばんは。 検査は言..
by ななし at 21:01
gogokose55さん..
by glow-gen at 19:47
roboママさん なる..
by glow-gen at 19:42
ゆうママさん 報告待っ..
by glow-gen at 19:35
(途中で切れてしまいまし..
by gogokose55 at 12:58
はじめまして。 時々ブ..
by gogokose55 at 12:54
続きです。(長くてスミマ..
by robo223 at 12:33
げんちゃんは、騎馬を下か..
by robo223 at 12:21
続きです。 徒競走は高..
by ゆうママ at 08:57
あぁ〜運動会エピソード…..
by ゆうママ at 08:50
ななしさん 5年生なん..
by glow-gen at 00:33
ゆうママさん 感覚過敏..
by glow-gen at 00:28
こちらこそ、差し出がまし..
by ななし at 21:56
番組観ました。見え方、聞..
by ゆうママ at 20:03
Nさん感謝します。 M..
by glow-gen at 10:21
MTパパさん すみませ..
by glow-gen at 10:16
Gさん ほんと、発達障..
by glow-gen at 20:31
Gさん そうですか、N..
by glow-gen at 00:04
ここあさん ヘルパーさ..
by glow-gen at 23:51
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧