げんちゃんの発達障害プロジェクト

夏休みの終わり (その2) 体の伸びしろ

  夏休みに感じた変化は生活面もありますが、体の変化も感じます。

 私の”どへたなキャッチボール”の相手では、二人とも、玉ひろいばっかりしています。私の運動音痴は昔からだけど、やれやれ、ここへきて、子供のキャッチボールの相手をするとは、人生とは思いがけないものだよね。パパは、別に悪いやつではないけど、イクメンからは、程遠く、キャッチボールなんて期待できません。彼はいないとめちゃくちゃ困るけど、育児では、はてしなく、黒子といった感じです。

 げんちゃんは、上半身の使い方がだめだし、力を物体につたえる、つまり、ボール投げができないので、ゆる~い野球教室に入ったわけですが、入って1年とちょっとたって、ごく普通に球投げをし、きちんと来たボールなら、まあまあ取ったりしてます。もちろん、どんくさいグループに入りますが、極端な遅れを感じるようなことはなくなりました。少しずつ少しずつ、継続すれば上がっていく、地味ですが、進化を続けているようです。

  経験的に、体への運動アプローチは、私を裏切ることはありません。体の伸びしろは、やるほどに伸びていく。・・・・だから体へのアプローチはほんとに信頼感というものがある。
 新しい体操の先生は、私の友人ですが、結婚前はあるプロの体操集団(まあ、サーカスみたいなもの)で働いていたというだけあって、そのレッスンの的確さといい、げんちゃんの体の見立てといい、素晴らしいです。私が、言葉にできないけど、異常を感じている部分を的確に判断している・・・
 週一ですが、先生曰く、
「確実に伸びてるよ。体の使い方、まだまだだけど、私が始めたころと比べたらよくなってきてる。」

先日、それを確かに感じたのは、公園での一コマでした。

 げんちゃんは、ブランコで立ち漕ぎをみずからマスターしました。立ち漕ぎ? 今までできなかったの?と言われそうですが、げんちゃんの立ち漕ぎは、私の期待するものではなかったのです。ブランコで、立ち漕ぎをマスターしているお子さんのやりかたというのは、こうです。
 足と手と、胴体のしなりをムチのように使って、膝もよいタイミングで曲げ伸ばし、その推進力でぐんぐん漕いでいきます。はたで見ていて、こわいくらいに、ふりこになったブランコはダイナミックに動いていきます。
 これは、まさに、上半身と下半身の連携プレーであり、手と足の協調でもあり、体幹の安定でもあるのです。

 げんちゃんの今までのそれは、体を棒立ちして、なんとなくぶらぶらさせるような、そんな感じでした。たぶん、幼児はそうだと思います。ダイナミックな乗り方にはなっていない。げんちゃんの上半身と下半身は、まったくうまく連動できていなかったのです。

 それが、ある日、公園で、何気に、マスターしました。マスターすると、どの子も一度はするように、ブランコびゅんびゅん漕いで、楽しそうに風を切ります。「楽しい」と連発して、次の日も、次の日もやりたがりました。

 体が欲しているのでしょう。パズルがうまく合わさったみたいに、脳がどこかでひとつつながった。これも、夏休みにクリアした体の機能です。
 げんちゃんは、低位の脳が支配するステージから、上位脳の支配に移ってきたのだと思いたいです。体の使い方は、右手だけ、とか、左手だけとかいうステージがあって、両手に移行します。また、ボディーの方も、上下半身がばらばらで動く段階から、なめらかに連動する段階に入ると思います。左右がなめらか、上下がなめらか・・・こういうステージに入ってくると、脳は、上位の方がずいぶん動いてきた、と考えてよいのではないか、と思います。そのことが、日常生活のボトムアップにつながり、学習の理解力も上げていく。

 

 「上半身と下半身うまく連動しだしたよね。」
と、体操の先生に言うと、彼女は、
「そうね。でも、まだまだ、だめよ。」
と言って、クロスクロールをげんちゃんにさせました。ボディーが動いて肩がぶれてしまいます。確かにね・・・・

 彼女は的確だな、と思います。

 でも、そうはいっても、進化はとどまっていません。スイミングは25メートルクロールを手中におさめたけれど、息継ぎで、体が立ちます。本人も、なんか感じるらしく、見てると、自分で工夫しています。さらに、よく見ると、違うレーンで、バックにトライしてました。できると楽しい。だから、またさらに上をめざす・・・・水泳では、こういう良いサイクルが生まれてるんだな、と思います。良いサイクルを生むには、あるところまでは、やはり、苦しくてもがんがん取り組んで、できるようにならなければならない。

 人生の教訓のようだ、と思います。

by glow-gen | 2016-08-29 20:44 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/23165537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-31 14:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2016-09-01 10:47
Sさん
運動は本当に大切です。普通の子でも、運動がそんなに好きな子ばかりではなくて、ほっとくと、じっとしていてうち遊びばかりの子もたくさんいます。
 昔は、それでも、生活自体体を動かさないといけないことが多かったので、カバーできたのでしょうけど、現代は、楽な生活様式になっているので、それものぞめません。
 しかも、われらの子は、ほんとに、自分からゼロから1を踏み出さないのが特徴です。
 もう、死に物狂いで運動させるべし・・・これは私の持論です。ママは体力勝負ですよね。ママが無理なら、とにかくそういう教室でもなんでも参加させる。とにかく、子供はいやがるかもしれませんが、おいたててでも運動がんばってくださいね。
運動の伸びしろは即効性がある気がします。
 お絵かきですが、くいつかなかったら、くいつくものからいってみたらどうかな。とにかく、原則は、三角を丸に、でかすりもしないものを取り組もうとすると効率が悪いです。お絵かきも、そこそこやるなら、時間をとってさせていいと思います。塗り絵とか・・・点つなぎもいいです。げんちゃんはお絵か不能でしたから、そこそこ鉛筆もてるようになったら、点つなぎからやりました。300問はやったかな~。地道に少しずつ日々取り組むのがいいです。
テレビを見たい時は、もしかしたら、テレビで語彙を増やそうとしているのかも、気にいった良質のテレビ番組だけ、チョイスしてみせるのは悪くないです。げんちゃんの語彙が増えたのは、テレビも影響してます。でも、1時間くらいだと思います。決まったものを見たらぱっと消す。習慣にすると、わりと、苦にせず、消しますよ。
 低学年はほんとにどれもこれも、穴だらけの時期でつらかったです。がんばってくださいね~。
<< まだまだ足りないお絵描き能力  夏休みの終わり (その1) ピ... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
未分類
以前の記事
最新のコメント
ひでママさん 詳細に教..
by glow-gen at 19:20
ロボママさん 確かに、..
by glow-gen at 19:15
ロボママさん >「なぜ..
by glow-gen at 19:10
花と蜂蜜さん コメント..
by glow-gen at 17:56
みかんママさん なるほ..
by glow-gen at 17:52
げんママさん お忙しい..
by ひでママ at 09:44
続きです。 一方で..
by robo223 at 09:08
げんちゃんもげんちゃんマ..
by robo223 at 08:56
こんにちは! コメント..
by 花と蜂蜜 at 08:38
自分の意思でタイヤを取り..
by みかんママ at 06:32
ひでママさん コメント..
by glow-gen at 23:09
itoさん ありがとう..
by glow-gen at 23:09
ロボママさん たくさん..
by glow-gen at 23:07
げんママさん、こんにちは..
by ひでママ at 14:17
げんちゃんママ様 いつも..
by ito at 00:56
WISC3だったんですね..
by robo223 at 00:15
ゆうママさん いつも、..
by glow-gen at 23:12
ロボママさん いつもあ..
by glow-gen at 22:38
そしてもうひとつ。 わ..
by ゆうママ at 18:10
うちの子も100ないです..
by ゆうママ at 17:50
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧