げんちゃんの発達障害プロジェクト

発音障害に使えるペコぱんだ。言葉の障害には使えそう。

a0184225_13211421.jpg

 新しい学年がスタートしました。たぶん、色んなことがどの家庭でも展開されているんじゃないかと想像されます。
げんちゃんも同様です。そのこともしたためたいのですが、少し、言葉のトレーニングに良いものが手に入ったのでご紹介します。

ペコぱんだ・・・

 げんちゃんは、言葉が出たのは遅かったけれど、とりあえず、しゃべることができました。たぶん、3歳近くになってまともにしゃべれたのではないかな?
それでも、一言
”ダッティー”なんていう、変な言葉が、2歳のうちに出て、何か言うと、”ダッティー”と声を出したので、発達のトラブルを疑うのが遅れてしまいました。

 しかし、言葉をしゃべったものの、会話にはならず、とにかく、げんちゃんのしゃべったことに対して、こっちがリアクションをする。それで、傍目には、会話が成立するように見えていました。考えてみれば、こっちの話しに乗ってくるようなことは、小学生になるまで、ほとんどできませんでした。

 なんせ、6歳になるかならないか、の頃に、
「ママお誕生日なんだよ。」
と、私が言って、
「いくつになった?」
と、誰に言うともなく、げんちゃんの口をついて言葉が出たとき、家族上げて喜んだのを覚えています。

つまり、今ではあたりまえになっている、げんちゃんとの会話も、決して最初からのものではなく、少しずつ少しずつ獲得してきたものだといえます。

 もちろん、さいしょに喜んだリアクションも、ちょっとした峰で、そこから先も、ほんとに、会話がかまないのは、悩みの種でした。

 では、現在は、というと、ゲンちゃんとの会話は普通です。だけど、お姉ちゃんとかわす、楽しい会話のキャッチボールに比べれば、げんちゃんとの会話は、エラーの多いキャッチボールでもあります。

げんちゃんが、自分の世界に突入したり、こっちによりそう言葉がほしいときに、まったく疲れることを言い出したり・・・と・・・
まあ、お姉ちゃんとの会話の方が、ストレスが少ないのは否めません。

げんちゃんの会話力は、まだまだ課題があります。

そして、げんちゃんの大きな課題の1つは、早口になると、発音がとても聞き取りにくく、何を言ってるかわからないときがあります。
それは、ラ行がうまく言えず、ヤ行になってしまったり、サ行が明確に発音できなかったりすることに起因します。

彼の舌を見ると、上に引き上げる力が弱く、普段、安静時の舌も、下唇の後ろにあって、舌が少し見えています。

 究極の微細運動である発音は、やはり、この子たちは、最後まで苦手なのだと思います。

 ここで、舌のことを詳しく書くことにしましょう。

舌は、赤ちゃんの時、下あごの方にいつもおかれています。おっぱいを吸うために、舌で、乳頭をしごくためにそうなっているのですが、やがて、離乳食になると、舌は、上あごにすりつけられるようになって、食べ物を、舌と上あごですりつぶします。そのアクションを通じて、舌を持ち上げる筋肉が強くなっていきます。

そして、離乳食も終り、普通の食事が、こなれていくと、歯でしっかり物を咬むようになるため、舌は、上にも横にもしっかり動かせるようになり、歯の上に、食べ物を運びます。
 その頃になると、舌の普段のポジションは、上あごの中ということになるのです。

しかし、この発育がうまくできてない子ども達は、赤ちゃんの時のまま、舌は、いつも下にあり、ときに、口はぽかんとあき、舌がそこから見え隠れします。加えて、口呼吸もおこってくるという始末です。

もっともわかるのは、あっかんべーと、舌を出させると、舌は、水平に出るのが正常ですが、このような子ども達の場合、舌は、思いっきり下の方に下がります。

げんちゃんも、同様です。舌を上に上げる力が弱いので、上あごに舌先をつけるラ行の発音は、意識しないと、きれいにできないのです。

まあ、からくりはわかっていたのですが、なかなか、それをトレーニングすることがうまくいかない私でした。しかし、このたび、良いトレーニングアイテムを見つけたのです。


それが、「ペコぱんだ」です。口に入れて、べろを上に上げると、ゴムがぺこっとひっこみますから、一日に何度も練習させればよいというわけです。


きれいに発音することを強いても、舌の筋肉が弱くてできないのですから、まずは、そこを強化するのです。
器具を使わないトレーニング方法もやってみてましたが、なかなか続かないし、うまくいきませんでした。

げんちゃんは、さっそく手に入れてトレーニングをぼちぼち開始しました。。なんだかよさそうです。


このペコぱんだは、歯医者さんでも買えるし、ネットでも買えます。864円定価です。(消費税こみ)

また、私は思うに、自閉症でまだ言葉が出にくいお子さんの舌の刺激にもなるのではと思います。

けっこう、発音に悩んでいるお子さんに、ためしてみてはどうか、と思います。 


ps
やややわらかめ、を買いましたが、たぶん、やわらかめ、あたりからの方が、ストレスないかもしれないと思います。始める前に、舌の動画や、写真とっていた方がいいかも・・・子どもに以前の状態を見せて、良くなったら、モチベーション上がって、しっかり取り組んでくれるかもですね~。 

 

 

by glow-gen | 2016-04-07 13:21 | 発音障害、言葉が出ない | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/22692244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆたん at 2016-04-07 22:10 x
こんにちは。気がつけば新年度ですね。
ペコぱんだ!名前はかわいいお菓子のようですが、なんか良さそうですね。舌の動きや発音って…、と思っていたらなんてタイムリーなんでしょう!私も買って、まずは自分で試してみようと思います。良い情報をいつもいつも、ありがとうございます。新年度も楽しみにしていますね!
Commented by glow-gen at 2016-04-08 18:07
まゆたんさん
タイムリーでよかったです。
普通のお子さんでも、舌の位置が悪い子は多いのですが、発音は、それなりにできてます。
ま、そういう子が多いです。でも、発達障害児は、だんとつ、発音が悪い。これはなんなんだろうな~と思います。
もちろん、普通の子でも、舌が下にあって発音も悪い子もいることはいるけれど・・・・

 高齢者が柔食になったり、歯がなくなったりして、しかも、体力衰えたりしてくると、舌の力がなくなり、誤嚥性肺炎とかなるので、そのために開発されたアイテムのようですが、広く、子どもから大人まで使えますね。
自閉症のお子さんで言葉が出ないのは、色々な理由があるでしょうが、しゃべらない年月が、どうしても、声帯や、舌の動き、口のまわりの筋肉、弱いままでいってしまうと思います。色んな形で、使えないかな~、と思います。
また、指導なさるお子さんに使って、気付いたことがあったら教えて下さい。

Commented by トラまま at 2016-05-03 19:31 x
はじめまして。げんちゃんママのブログに出会い救われた気持ちでいます。去年、5歳で息子が発達障害であると診断されました。春から支援クラスの1年生です。
うちの息子も、発音が弱く早口になるとなんといっているのか聞きとれません。早速試してみようと思います!
診断されたときは、これからどうやって息子と付き合っていくのか不安しかありませんでしたが、げんちゃんままのブログを読んでいるとパワーしかないとういうか!!元気を頂き考え方が変わりました。
発達支援コーチのセミナーにも出てみようと思います。
本当に、今のわたしを救ってくださってありがとうございます。
息子も、算数の学習障害があるようです。色々と参考にさせていただきます。
これからも更新楽しみにしています!!
Commented by glow-gen at 2016-05-06 14:58
トラままさん
コメントありがとうございました。
5歳で発達障害に気づいたなんて、げんちゃんと同じですね。私も、もちろんショックでしたよ~。え~、なんでこんな子が生まれたのお~?こんな子いらないわ~とか、思っちゃいました。なんか、かわいいけど、トラブルメーカーになっていってたし。親としては、ほんとに苦労の多い子ですよね。
 今でも、ブログでは伝わらないかもしれないけど、毎日壮絶ともいえる戦いです。げんちゃんもよくこれについてきてるな~と思います。
 しょうしょうのことではへこたれないガッツがいりますよね~。でも、オリンピックめざしてがんばってる選手と同じと思えば、こんなもんかもしれません。
何かの目標に向けてがんばるのは、みな同じなのかもしれないですね。でも、人間の脳は、ほんとにミラクルです。日々の積み重ねで、遠くまできてしまいます。
いっしょにがんばりましょうね。私の試行錯誤お役にたてることがあったら、ぜひ役立ててくださいね。うれしいです。
算数は、今でも悲壮なくらいがんばっております。少し光明が見えてきています。成果が出ると、本人も、こっちも楽しいです。がんばってくださいね。
また、取り組みをコメしてくださいね。
<< 5年の始業式。支援の先生、普通... 発達障害は、改善するのだ! >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧