げんちゃんの発達障害プロジェクト

やっぱり算数の学習障害に格闘してます。 その1

ここんとこ、2週間、久しぶりに、げんちゃんの取り組みについて、頭の中でまとまらなくて、私はもんもんとしてました。

 もんもんとしている理由は、自分でもわからなくなるほど、多岐にわたっているのだと思う。

 たとえば、げんちゃんの書字がマッサージで良くなったと思ったけれど、ぴくっと出た書字の峰に、すべてがいっきに収束していかなくて、あいかわらず、汚い字しか書けないこと。
それも、1つの理由だと思います。

 そして、あいかわらず苦しんでいる算数地獄も、私の気分をふさがせてしまう大きな理由でしょう。

 最近、自分の中で、算数の取り組みが、なんとなく見えてきたような気がしていました。げんちゃんのために、算数の取り組み方を、新たにアレンジしていました。

 そろそろ、その成果が出る頃だとふんでもいました。でも、結果は落胆することに、まったくそうではありませんでした。まるで、一匹もつれない漁のように、すくい上げた網はすかすかです。
 しかけを考え、漁場もしぼってやっているのに、まったく釣れない・・・・なんだか、最近の私の感覚です。

 もんもんとしながら、毎日毎日自問自答して、矢ヶ崎先生に聞いたり、学研の先生と長々と考察してみたり、もう一度、何が原因なのか、ずっと考え続けていました。

 書字は、まだもんもんとしているのですが、算数地獄については、また、気を取り直して、取り組みなおす気になったので、ちょっとまとめてみようと思います。

 げんちゃんが、ひとけたの足し算ができるようになったのは、2年生になってからです。引き算は、未だに不確実かもしれない。それでも、3年の夏休みから、20までの足し算引き算を反復しています。

 もう、どれだけしたでしょうか。・・・・とにかく、なんとかできるようになったのだから、反復して行けば、定着して次に行けると思った私は、今考えれば、ほんとに素人でした。

筆算、かけ算、かける1桁ならなんとかできて、4年になったら、割り算も、一桁で割るのなら、なんとかできるようになりました。

普通そこまできたら、やっぱり、げんちゃんの数の理解はちゃんと進行していると考えますよね~。だれでも。


だけど、げんちゃんは、そこまで来ても、まったく、数の文盲のようです。
なぜかというと、たとえば、9-6=3 なんていう、初歩の計算も、どうかすると間違えます。指を使わなければ何もできません。筆算も、割り算も、ちょっとしないと、まったくやり方がちんぷんかんになります。

 だから、1ヶ月前から、私は、思い切って、一桁の計算までもどって、毎日タイムトライアルをさせるようにしました。20までの計算も、もちろん不確実。しかも、何回100マスをやってもやっても、少しやらなければ、またすぐに間違います。タイムトライアルというのは、日々、早く、正確になっていく物ですが、げんちゃんは、20までの計算も、九九をひっくりがえした割り算も(4÷2=2、81÷9=9、49÷7=7 みたいな問題です。40問くらい)ですが、最初とまったくかわりません。何回やっても、1からあてはめて考えていくので、大きな数になると、すこぶる時間がかかります。何度トレーニングしても、81を見て、九九八十一・・・と思い描けるようにならないのです。そういうたぐいのことは、山ほどあります。

 算数のノウハウ本なら、次は、ここを反復させましょう。なんていう当たり前のことが、げんちゃんには通用しない。

 つまり、一見できるようになった、と思えることも、つまるところ、本当の意味で、まったくわかっていないのでしょう。反復するから、なんとなく、やり方だけ暗記する。感覚的に、数そのものの構造がわかっていないから、少しやらないと、また1から教えるようになってしまいます。

 そういう、吐き気をもよおすような、取り組みを日々くりかえし、私も、すっかり、げんなりして、(いつもげんなりしてます)毎回毎回、戦略をたてなおし、カリキュラムを組み替えて、落ち込んでは立ち上がり、を繰り返しているのです。


 でも、ここんとこ、わかってきたことがありました。げんちゃんの数は、10進法ではなく、ひたすら数珠玉が延々つながったもののような認識ではないのか、ということです。
割り算までしようか、というだんになって、
25ひく10は? と聞くと、すぐに答えられないげんちゃん。真顔で、指を出して、10を数えて引こうとしているので口がぽかんとなりました。もちろん、そういう時は、逆唱もしどろもどろだから、最後はフリーズしました。ほんと、この子の頭はなんて悪いんだろう! 行き場のない怒りさえ感じてしまいます。


 筆算で書いてあげたらすぐわかりました。また、落ち着いて考えさせたら、ちゃんとわかりもしました。でも、今頃そういうことを即答できないあんたの頭って、やっぱり、一生だめなんじゃないの!
 と、ほんとに腹立たしくなります。

 まあ、こういうどうどうめぐりをしながら、また、10月になって、考察し、分析し、戦略をねりなおすことにしました。

やれやれ、げんちゃんの算数が、ちゃんと人並みにすらすらいくようになった暁あかつきには、算数の学習障害について、私は、いっぱしの学者になっているだろうよ! ほんとにまじにそう思います。


でも、学校の担任も、少しずつ伸びてます。と算数についても書いてくださるし、よくよく考えれば、2年の時に、年長さん向けの、七田のプリントがろくにできなかったことを思い出せば、らせん状に旋回しながらも、少しずつは上がっていっていることは確かです。ただ、1リットル注いだ水の、ほんの何CCかしか、たまっていかないような、このママの感覚、発達に取り組んでいるママなら、わかると思います。ほんと、つらいですね!


日々一進一退を繰り返しながら、ママもげんちゃんも、たぶん、何かが、確実にたまっていると思いたい今日この頃。
時間があったら、算数のげんママ流理解と取り組みを書きたいです。何しろ、現場やってると、ゆっくりまとめる暇がありません。








 
by glow-gen | 2015-10-15 08:06 | 算数の学習障害 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/21740827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-10-15 10:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-15 19:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-15 23:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2015-10-16 14:39
Eさん
コメントすご~く感謝します。そうなんですね。普通の頭の良い人たちでも、計算が苦手、特に、いわゆる暗算が苦手な人の場合、げんちゃんに見られる特徴のほんのごくわずか、片鱗があることもあるんですね。

 実は、私は、算数は得意、数学は全く苦手、のタイプでした。小学校時代のみ、理解が早かったので、みんなそんなもんだろう、と思ってしまい、げんちゃんの出来ないのが、ことさら意味不明になりました。普通わかるでしょ。で終わりたくなる・・・笑
 誰でも、自分の認知を基準に考えてしまう傾向があるように思います。

 でも、確かに、一流大学出てる友達とこんな会話をしたことあります。
「げんちゃんって、変なのよ。ほら、こんな風に、クッキーが目の前に、6個あるとするじゃない。普通は、ぱっと見て6個とわかるでしょ。なのに、彼は数えるのよ。」
と、私が言うと、彼女が言いました。
「え、そうなの?私、数えるかも・・・」
「・・・」
「私、1年浪人したのは、計算が苦手だったからだと思ってるの。今でも、買い物の時は、携帯で電卓出したりするよね。すぐに、計算できないよ。」
「え?そうなの???」
 私は、思わずへ~・・・と思いました。
考えてみると、私は、数字とともに、ぱっと図形が出てくるような認知をしてます。でも、パパは、図形なんて出てこない、音で入ってる、と言います。
 視覚優位、聴覚優位・・・それだけでも解せない認知は複雑ですよね。
 なんか救われますよ。ありがとうございました。
Commented by glow-gen at 2015-10-16 15:04
Kさん
コメントありがとうございます。我が家も、ホームスクールの日は、すごい、声がまわりの道に漏れ聞こえているんでしょうね。虐待の通報は受けませんが・・・家族からのバッシングも、一生懸命やってると必ずきますよね。
 でも、考えようによっては、子どもの逃げ場を作ってくれる人たちかもしれないと思います。結果が出ないと感じるときほど、発達育児がつらいときはありませんね。でも、マイナスが大きいときほど、そのあとプラスがどんと来ます。きっとKさんもそうだと信じます。
 げんちゃんも、昨日やっと、すごく仕上がりの良い日が訪れました。昨日だけかもしれないけど、大丈夫、信じて突き進みましょう。

 国語ですか・・・げんちゃんも、国語が峰といっても、難儀してました。作文書けない。字が汚い。漢字覚えない。なかなか、一筋縄じゃいかないですね。
 しかし、どれもこれもだめだ~と感じるときは、、やっぱり、体にもどる・・・のかもしれないです。根本の脳をおしあげてやる方が早いですもんね。BBA益永先生のレクチャーはほんとによかったです。もし、家を空けられないようでも、先生来て下さるかもですよ。体のアプローチを見直し、マッサージ中心に、原始反射をとってきたのですが、ここ2~3ヶ月の効果は確実に出てるような気がします。こんなブログ書いてるのですが、やっぱり、客観的に見ると、そうなんですよね。
 
Commented by glow-gen at 2015-10-16 16:54
Kさん
げんちゃんは、国語は算数がひどくて、考える暇がないのですが、私には、1つ、考えていることがあって、外国人に日本語を教える方法を学んでみたらと思っています。一度、外人向け日本語の教科書を見てみたいと思ってます。
 また、逆に、英語を学ばせてみるのもよいのでは、と思ったりします。これは、私の思いつきなのですが、・・・・日本語を日本人が教えることこそ難しい事ってないですもんね~。言葉の溝の子ども達の場合、算数にも増して、ママは大変ですよね。でも、きっと突破口はあるはず、と信じてます。
Commented by glow-gen at 2015-10-16 19:19
Pさん
げんちゃんとはでこぼこがまるで違うので、できるところは、ため息ものですが、やはり、言葉は、いっきにはいかないんですね。げんちゃんは、言葉はましとは言え、何が言いたいかさっぱりわからない時期が長かったです。
4年になったら、ぐっと良くなって、かなり、理論的にしゃべっています。たぶん、4年くらいになると、今度は、理論的な脳がやっとつながりだすようなそんな感触があります。今は、ひたすら入力、各論をどんどんのばす。そういう年齢なんでしょうね。
 げんちゃんの年になってきたら、たぶん、ぐんと、手応えが出てくるのではと思います。

他の点で、天才的なPちゃんだけに、そこが改善すれば、ほんとに高みに上れるはずだし・・・でも、とにかく、今は、一歩一歩です。がんばりましょうね。
Commented at 2015-10-16 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2015-10-17 16:53
Kさん
学習の要領は、まずは、大量にその子がこなせるものをやる段階がなくてはいけないそうです。運動と同じで、まずは、量的勉強・・・たとえば、かけ算なら、1つの段を1分以内で言える。次は、逆から1分以内で言える。ぼ~っとしていても、口からすらすら出てくる状態にする。そして、そのあと、4÷2=2,6÷2=3、なんて言う、かけ算の逆の割り算をはじめてどんどんさせる・・・・そういう手順がちゃんと必要なんですよね。
 その量的なもの、それも、その子が、ストレスなく取り組めるそこそこのレベルのもの、それがある程度たまってきたら、ある時、質的なものにぽんと上がるのだそうです。
 量的なものがたまること、それも、ちゃんと簡単なものから手順を追って、段階踏んでたまること。そういうのが大事だそうです。
 学校の先生の教え方は、そういう手順の段階が、大まかなんだろうな、と思います。第一、学校だけじゃ無理という面もあるしね。
 国語も、簡単なものを大量に・・・ある程度たまったら、自然と上に行くんだと思います。英語も、げんちゃんは、習ってきましたが、最近、やっと、理論的に入力しなおしていくポイントに、なってきました。まあ、やっと、普通の子のスタートに来た、感じかな。考えれば、ほんと、日本語もままならないのに、あきもせず、行かせてきたな~と、あきれます。
Commented by ばたばた at 2015-10-17 23:32 x
以前コメントさせていただいた、ばたばたです。レス頂いたのにそのままになっていてすみませんでした。
うちの子は以前書いたように高学年のグレーゾーンですが、25-10はすぐには無理です。数の大小さえ時々あやふやなので、びっくりする時があります。でも、最近習ってきた公約数なんかは考えて宿題の答えを書いてます。
算数をさせていて思うのは、やはり論理的思考力の展開に伴って見えてきかたが変わるのだな、ということです。ドングリクラブ、ってご存じですか。子どもの算数が弱いと分かったときに、早めにソロバンを習わせて少しでも楽に計算できるようにしようか、じっくりやろうか大分迷ったのですが、一応ドングリクラブの方法で、文章の読解中心の算数でいくことにし、計算時間は最低限にすることにしました。で、結局計算が出来ないままなのですが、文章読解のほうは少しましになってきたので、それで補ってる感じです。途中でいっぱい計算はまちがえますが、解き方の道筋がついてきたかな、と思うことがあります。陰山は時々しますが、すぐに嫌になるので100問はめったにできません。
言いたかったのは、理解していくのもなだらかでなく、あっちを少し理解しこっちが少しマシになり、一旦後退し、気がつくと少しできている、というような感じで進むのかなー、ということです。だからげんちゃんも大丈夫。

ただ、今私が凝っているのは、睡眠を10時間とらせることです。げんちゃんは朝元気なようでいいですが、うちの子は朝グタグタなので、寝かせるのにこちらが必死にならないとなかなか無理ですが目覚めが良くなり登校前の手間が大分と減ります。頭も気持ちもちょっとクリアになってる気がします。
Commented by ばたばた at 2015-10-17 23:44 x
すみません、「だからげんちゃんも大丈夫」は余分でしたね。人それぞれ、進み方も感じ方も異なるのに。
少なくともうちの場合は、ゆっくり考えても、指使ってもあまり気にしてません。本を読むことで文章の意味を捉えられるようになるほうが大事ではないかと思ってます。

Commented by あき at 2015-10-18 00:38 x
お疲れさまです(*^▽^)/★*☆♪

そうなんですよね…最近、量をこなしてもなんか効率が悪いんじゃないかと私もモヤモヤしてます

うちは指を使わない!こだわりがあってさらに出来ないですよ…

げんママさん 間違いなく余裕で学者ってキャッチフレーズでいけますよ??

なんかスパっとこの悩みが解決出来るとモチベーションも高く持ち易いんですけどね

Commented by glow-gen at 2015-10-18 02:40
ばたばたさん
コメントありがとうございます。
>言いたかったのは、理解していくのもなだらかでなく、あっちを少し理解しこっちが少しマシになり、一旦後退し、気がつくと少しできている、というような感じで進むのかなー、ということです。だからげんちゃんも大丈夫。
まさに、これ。やっと私は、言葉にできるようになった気がします。今書いたブログ、よかったら読んでください。そして、ご意見をくださいませんか。私は、いつも、ここでノックアウトをくらっていたんだって、思います。もしかしたら、もっと良い理解があるかもしれないです。でも、やっぱりそうですよね。みな、ばたばたさんと同じような感じをもちますよね。

私は、むしろなかなか文章題まで時間なく、暗算ばかりでとまっているところがあって・・・・でも、今回のブログの内容に気づいて、迷うことなく、ぐんとステップバックして、そこを無心に反復させることをさせていっておりますが、一筋の光明が見えるような、そんな気になりかけてます。(まだ、確定的には言えないのだけどね)

この子たち流の進歩のしかた、そこを把握すれば、もっとうまく駒を進められる、ちょっと私は、開眼した気分になってます。笑

成果のうらうちがほしいところです。
Commented by glow-gen at 2015-10-18 02:43
ばたばたさん
げんちゃんも大丈夫。
私もそう思います。笑 うれしい言葉です。ありがとうございます。どんなに、失望しても、発達育児の面白さには勝てない・・・なにがなんでも、きわめてみたいですね~。愛情のモチベーションをフルに使ってね・・
Commented by glow-gen at 2015-10-18 02:52
あきさん
反復がどうなのか、っていう問題。私は、やっと開眼しました!(笑)今度のブログ読んでみてください。
結局、割り算の反復がぜんぜんのびない感じなのも、反復するステージにまだないということだったのだと、今はわかります。
それゆえに、10までの反復にもどったら、少し、停滞したけど、ある時から、3分くらいいっきに短縮して、普通の子のような雰囲気になってきました。反復させる時期というのは、問題の難易度が、彼らのこなさるところに来た時なのだと思います。
20までの反復もなかなか短縮していかなかったのも、今ならわかる。一けたがまだまだだったわけなんですね。

20までをしたら10までもいっきにカバーできる、と思ったのは、間違いで、そこをやってる時も、10までをもっとやるべきだったし、げんちゃんの場合、具体物での反復を、どんどん並行するべきだった。そして、真の反復期は、じつは、その時は、1もう一つ二つ前の段階だった、いや、4つくらい前かも。(笑)
いまやってるとこはうっすら進めながら、反復は、もっと前の段階、という言い方が適当かな、と思います。ためしてみてもらえませんか?もし、私が感じることが正解であれば、きっと反復の効果は出てくるのではと思います。

学者・・・ははは・・・ありがとうございます。でも、先日ある人に聞かれて、「私は、げんちゃんのため、と思って、発達育児をやったことはないよ~。なんか、自分が研究してしかけたことが、うまくげんちゃんに花開くと、すごく楽しいからやってる。研究者ってこんな感じだろうね。まあ、そのモチベーションは、愛情なんだけどね・・・」

と知り合いに言ったら、受けてましたけどね。学者的体質で、発達育児やってる気がします。笑
<< 学習の進め方の原則 スランプとは 学校の宿題の不満。先生へのお願い >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
ayuminさん いつ..
by glow-gen at 11:56
げんママ様 コメン..
by ayumin0309 at 23:58
ゆうママさん 鉛筆は、..
by glow-gen at 13:25
ゆうママさん おつかれ..
by glow-gen at 13:22
ロボママさん >>これ..
by glow-gen at 13:10
itoさん ひらがなは..
by glow-gen at 12:56
「公文の先生相手になんぼ..
by ゆうママ at 12:51
ayuminさん この..
by glow-gen at 11:57
げんママ様 またS先生..
by ayumin0309 at 10:57
「たかが勉強、されど勉強..
by robo223 at 10:00
げんちゃんママ おはよう..
by ito at 08:50
ゆうママさん 拾いすぎ..
by glow-gen at 21:02
情報の抽出、苦手ですよね..
by ゆうママ at 15:39
ロボママさん さらに解..
by glow-gen at 14:51
げんちゃんの現状をここま..
by robo223 at 10:19
Mさん  高校生になっ..
by glow-gen at 15:56
?さん アドバイスあり..
by glow-gen at 15:43
ゆうママさん このテス..
by glow-gen at 15:37
げんちゃん、頑張ってます..
by ゆうママ at 11:06
ロボママさん いつもあ..
by glow-gen at 22:44
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧