げんちゃんの発達障害プロジェクト

支援クラスの担任の先生へ書いた手紙


夏休み明けてからのげんちゃんは、やっぱり、一歩進んでいる。1年生から3年生までの夏休み明けを考えれば、いつも、何かしら伸びはありました。
でも、4年の夏の違うところは、げんちゃんの脳が、初めて、理論的に考える脳に進化しはじめていると感じられるところです。一気に伸びた~なんて感触はありません。いつも、少しずつ少しずつ、止まらず進んでいる・・・そんな感じですけどね。
 この子たちをやってて、いつも思う進化のしかた。たくさんの丸を少しずつ塗っていく感覚です。うすく、少し塗って、先に行って、また塗る。しばらく行くと、またもどってうすいところを塗り重ねる。行ったり来たりの絵柄は、なかなかはっきりしてこないのだけど、やがてはぼんやりと浮き出てくる。そんな感じです。

 夏休み、やるだけのことはやった。今回は、手ごたえを感じてる。そんなげんママの気持ちとはうらはらに、支援クラスの担任は、あいかわらずの連絡帳のコメントです。

「割り算に四苦八苦してます。がんばっているんですが・・・」

げんママは、連絡帳を見るのがうんざりしてきます。これ以上のことはもうできないし、げんちゃんの算数がいっきにいかないこともわかります。でも、私の中では、1学期よりぐんと進んでいます。連絡帳は、プラスマイナスゼロではなく、完全にマイナス。私のモチベーションを引っ張り下げるので、私もとうとう業を煮やして書きました。

以下私のコメント

○○先生

 「算数の学習障害がある子にとっては、計算はつらいし、頭の疲れはふつうの人の比ではありません。そこを投げずに取り組もうとしている所こそ成長です。先生すみませんがもっと視点を変えてください。本当に、げんちゃんも私も、夏休みどれほど努力していることか・・・がんばっているんですが、だめです。的なレポートって、しょっぱなから、真っ暗な気持ちになります。
 それより、2学期の初登校の様子や、友達とのからみ、小さなエピソードや気づきを書いてくださるとうれしいです。
 学習ができたかできないかだけだと、学校で様子や、家とは違う様子がわかりません。
 すみません。きついことを書いてしまって。 でも、げんちゃんにとって、むつかしい夏休み帳をすべて仕上げたことや、ほかの提出物など、もっと評価して書いてくださると、親の方も励まされます。
 この子たちにとって、ふつうの子と同じことをすることは、相当な努力を要しているのです。H先生(去年の担任)のレポートは、落ち込みそうなところを助けられていましたが、先生のレポートは落ち込みます。ごめんなさい。何気に書かれていると思いますが、立ち上がるのにしばらくエネルギーを要します。

 ”割り算は、苦戦してます。でもがんばっています。ねばり強さが出ましたね。”
とかなんとか・・・同じことでも、こういう風に書いてくださると、頑張ろう、という気になります。
先生の書き方ひとつで、親はその子をしかりたくなるか、ほめたくなるか決まります。(笑)

先生は良くしてくださっているので、安心しておまかせしてますので、気安くこのようなことを書いている次第です。どうもすみません。


やれやれ、先生に苦言なんて、なんて言いにくいことでしょうね。まあ、春の段階だったら、絶対言えないのですが、おりにつけて、先生とコミュニケーションをとってきた上で、まあ、こういうこと言っても、あと、復旧できるな・・と踏んでのことです。

ちょっとどきどきで、その日のノートを見たら、驚くことに、私のコメントに対するレスポンスはまったくなし~。普通なら、「そうですか、すみませんでしたね。」
なんていう冒頭の文章を期待しますよね。彼は、たぶん、そういう流儀のコミュニケーションスキルなんでしょうね。

が、しかし、文面は、明らかに改善してます。
面白いことに、がらりとかわっておりました。私は、ちょっと微笑ましくて、笑ってしまいました。彼なりに、ちゃんと把握してくださったのでしょう。

その日以来、彼の連絡帳はまったくかわりました。思うに、かつて、私が、発達障害をはじめ、知的障害を持つ子、そしてその母にたいしての理解がまったくゼロだったのと同じで、彼も、精いっぱいやってはいるものの、よくわかっていなかったのかもしれません。

 理解してもらう、努力は大事なんでしょうね。

そういうわけで、連絡帳ストレスはなくなりました。

ついでに言うと、担任が休んだ日に、たまたま去年の先生が見てくださって、その日にコメントした内容は、やっぱり、すごいな~と思いました。

「夏休み、今年もがんばったんですね。机の上においてあった提出物を見たらわかりますもの!」

 もううるっとなりますね。まあ、しかし、担任の先生が逆風ではなく、2学期からは追い風となったような気がするこの頃です。

なんか、先生にどう伝えるのか考えてみると、上から言うのではなくて、私つらいんです~。先生助けてね。みたいなニュアンスがいいかな、と思いました。

今回は、私落ち込みます・・・と書いて訴えてみました。ほんとのことなので・・たぶん、同じような思いしてるママ、いますよね~。




by glow-gen | 2015-09-21 01:30 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/21663981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかんママ at 2015-09-22 21:26 x
こんばんは^ ^
先生へのお手紙、とても共感しました。
先生にも伝わったようで良かったですね(^^)

シルバーウィーク、頑張っているんでしょうね。
うちは相変わらず毎日3〜4時間サッカーチームの練習や試合が入り、さらに生まれて初めて折り紙に興味を持ち、隙あれば折り紙に熱中してます??
今まで全くやろうともしなかったのに仲良しの子がやっているのを見て興味を持ったようです。
娘が小さい頃使ってた折り紙の本を出してきて見てたけど、それではわからず、私もできず(泣)、YouTubeで折り方を見せ、すっかりはまってしまってしまい、勉強時間がなかなか取れません??
折り紙もいいとは思うのですが、うちの子の場合、相変わらず熱中しすぎてしまうので??
このブームがいつまで続くのか⤵️
Commented by fukan at 2015-09-23 06:43 x
わかるわかる!!
私にも似た様な事がありました!
すごくわかる!
時間無くて、わかるだけの内容ですが、笑
今度私のエピソードも聞いて下さい!(涙)
担任に、理解してもらえて良かったですね??✨
またメールさせて下さい☺️
Commented at 2015-09-23 17:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by との at 2015-09-24 20:53 x
こんばんは。いつも読ませて頂きありがとうございます。勉強になります。
先生に書いた手紙、思いをわかってもらうことってすごく大事ですよね。先生も書きながら自分の考えや担任する子のことを頭の中でまとめてるようなところがあると思います。前向きな見方、努力や成長を見つめる姿勢を、書きながら自分に定着していく。もちろん先生には「いいことばかり書いたら…」っていう恐れはあると思います。あと、「前の担任と比べられるんだ」という痛みも。それでもどんな言葉が子どもの成長に、家庭とのつながりによりふさわしいのか、探して変わり続けることが必要なんだと思います。
乱文失礼いたしました。
Commented by Rママ at 2015-09-25 09:48 x
お久しぶりです^^
先生や指導者によって、子供は本当に変わります。
同じことやってて、同じ子供なのに、こんなに生き生きするの?とびっくりするくらいです。
ということは、多分それは親の対応にも言えるんだろうなあ、と自分を反省する次第なんですけど。。

連絡帳の先生からのコメント、そんな調子じゃへこむのすごく分かります!うちは一年生の時がそんな感じでした。
今の担任の先生はすごくよくて、いい所ばかりを教えてくださるので、家でも叱ることが減ってきました^^
まあ普通級なので、何か書かれること自体がほとんどありませんが。

最近は「できた結果」ではなくて、「がんばっていること」を褒めるようにしています。
「すごいね!頭いいね!天才!」とか、前はそんな風に褒めたりもしてたんですけど、頑張っている過程を褒めることはいつでもできる!と思って^^
すると不思議と、もっと頑張ろうとしてくれるんですよね。発達障害の子って素直な子がすごく多いな〜という感じもします。

またちょくちょく拝見させてください^^
Commented by glow-gen at 2015-09-25 11:28
みかんママさん
サッカーの次は折り紙ですか?それを、ちゃんとさせてあげているのが素晴らしいなと思います。
私は、もしかしたら、そういうとこが足りないかも、と思います。色々させたいがため、好きなことを、好きなだけ、という時間が足りてませんものね~。
 やっと、工作のレッスンの続きがしたいと言ってるのに、ちょっと待って、先に計算やろうよ・・・なんてことも多いです。どれもこれもやらせるには時間がなさすぎですよね。でも、折り紙にサッカー・・たぶん、算数数学、得意なんだろうな~。

 げんちゃんのお休みは、従兄弟と遊びましたよ。彼らとのからみは、げんちゃんにすごい影響をもたらす感じです。ママが与えてやれない部分です。
 
 ところで、げんちゃんのサッカー、いっしょに公園でやってみたら、それなりにはなってました。私の方が上手というステージは、こえてますね。ははは・・・継続は力ですね。げんちゃんのはまりものは、科学漫画とか、名探偵コナンとか、漫画かな。げんちゃんは文系です。
Commented by glow-gen at 2015-09-25 11:32
fukanさん
やっぱりありますよね~。私でさえ、げんちゃんが伸びたら、そこをほめるより、できないとこ捜して、次いこか・・・みたいなところありますから、先生にあってもしょうがないのかな、と思います。

 とにかく、こういう子どもって、与えられないかぎり、本質はなかなか理解できないですよね~。それ考えると、ちゃんとできる教育者って、すごく、イマジネーション豊かなんでしょうね。げんちゃんの男の先生も、普通クラスにんもどったら、たぶん、けっこうかわっているかもしれないですね。
Commented by glow-gen at 2015-09-25 11:35
Kさん
う~ん、わかります。ここができません!って報告なら、なんの意味もなさないですよね。
だって、プロと称している以上はそこに対して、今後どのようなアプローチをして、どういう見込みを立てます。くらいのことがなければ、書くな、って感じですよね。

 まあ、気づけないだけなんでしょうけどね。ママは、よくやってますよ。ほんと。
 ところで、肩のストレッチ、少し痛いほどに、続けてみて下さい。字がきれいになります。
Commented by 発達証が生かす at 2015-09-25 11:56 x
私も発達障害です。
両親からの理解はほとんどありません。
うちの親があなたのような人だったら、
私は今とは違う人生を歩んでいるかもしれません。
Commented by glow-gen at 2015-09-25 12:27
とのさん
なるほど、先生はいいことばっかり書いたら、伝わらない・・・と心配するのかもしれないですね。げんちゃんの先生も、書き方はかわりましたが、しっかりマイナスもがんがん報告してきます。
 じゃあ、どういう風にマイナスを書くか。それを書いたあとに、分析できると、親にとっては役立ちますよね。

 たとえば、うちだったら、下の学年の支援の子に厳しい。という点。
家でのママの対応が厳しいですか?とか・・・だって、思い当たるもんね。(笑)もしそうだったら、ちょっとゆるめてみてください。
とか・・・いやいや、それも、きずつくかな~。

 前の先生との比較って、どうかな~と思ったのですが、まあ、これくらい強烈に言ったら、むっとするけど、がんばってくださるだろうな~・・・と思ったのですが。こういうのも、今までのおつきあいの中で、この先生は、ストレートの方が伝わりやすい、と判断したんですよね。
Commented by glow-gen at 2015-09-25 12:33
Rママさん
努力してるとこをほめる。だいじですよね。私も、頭ではわかっているのだけど、結果出してよ!と叫んじゃうときあります。

親も、本音でぶつかってるし、なかなか、他人に対するようにはいかないですよね。私も、もし、将来、よその子の指導をする機会があったら、すごく良い先生になれると自信もっているんですが、我が子には、けっこう最低だな・・・と思われる日も多いです。

 そのうち、げんちゃん、ひきこもりとか、うつとかなっちゃうかな~と思いますが、まあ、それも、受け止めるしかないよな~。こんだけがんばってんだから、反動が来る日も覚悟してます。その日がきても、で~んと受け止めようと思います。
 あんたみたいな子、ここまでしたんだから、不満言われたって、うるせ~ぞ。母は、いつも、岩のように、動かず、がモットーです。
Commented by glow-gen at 2015-09-25 12:57
発達障害を生かすさん
コメありがとうございます。ブログ拝見しました。うるっとなりました。まるで、げんちゃんが、私に向かって言ってるみたいです。

我が家でも、おねえちゃんは、げんちゃんに、ばかやね!とすぐ言うし、私も言っちゃう。軽蔑してたりはしないんだけど、やっぱり、ついいらっとくると言っちゃう。
 
途方もなく、数がわからない日とか、友達にしつこくするのが治らない時とか、もうわめいちゃうし。

 でも、げんちゃんのコンプレックスも半端ないんだろうな~と思います。だけど、そういういびつな日もあるけど、やっぱり、げんちゃん教育は才能教育と信じてます。ミラクルおこると信じてるんですよね。

 でも、彼には、伝わってない日もあるでしょうね。それでも、私は、時々言うの
「ママが、たとえ、あなたにひどいことを言って、いじけてしまっても、あなたを創った方は、げんちゃんを、すばらしいと言って愛しているから大丈夫。人間の言うことより、神様が言うことの方が正しいんだからね。」

なんてね。聖書の読み聞かせしてるんですけど・・伝わってくれてるかな~。
 
発達障害を生かすさんは、素敵な会社に働くことができてよかったですね。げんちゃんもそうですが、善意の中にいると、良い面をたくさん出せます。今から、色んな能力が発揮されてくるといいですね。

 そのうち、お兄さんが、人生に挫折したりして、あなたをたよってきたりするかもですよ。実際、50代の発達障害の教会のお友達は、冷たくされた弟さんが、離婚してひとりぼっちになって、今は、精神的に頼られてる見たいです。
 
 げんちゃんも、努力努力でここまできてますから、そのうち、姉に教訓を垂れる日が来ると思います。姉は、要領で来れてますからね。人生は意外と、どんでん返しがありますよ。
Commented by fukan at 2015-09-25 13:15 x
今回のブログはぜひ教育関係者に見て欲しいと思います。保育園の時ですが、息子は目立つタイプで集団行動ができなく、否定されても仕方無いと受け入れてましたが、園からの報告が毎日できない事のリストでした。運動会行事などで皆と同じ事ができて、ホッと安心しても、練習は出来なかったのに本番は強いんですね〜とチクっと言われたり。
多分私にできない事リストを書き続けて担任も否定的な気持ちが強まったんだと思います。私は息子の事を恥ずかしいとも思っていました。
ところが、小学校に入学したら担任に恵まれずっと息子の良い所を教えて下さったんです。不思議と息子を叱るときの気持ちにも余裕がでてきて。入学して半年たった頃に、多分本当は言ってはいけないのでしょうけど、担任が思わず言ってしまったんですよね。保育園からの引き継ぎ聞いたらどんなお子さん来るのかとドキドキしたけど、とても頑張り屋で真面目な息子さんですね、と。見る人の視点で随分違うんだな、と思いました。まだまだ課題点はあるものの保育園から比べたらかなり成長した息子。去年一緒に下の子のお迎え行った時に、当時の担任から息子の成長ぶりにかなり驚かれました。
言霊てあると思います。
今回げんちゃんママが気持ちを伝えた事によって、今の担任の先生にプラスになると思います。
Commented by りゅうママ at 2015-09-27 16:36 x
お久しぶりです。しばらくバタバタしていた間にげんちゃん物凄く成長しましたね!げんちゃんは独歩の目標と勝手に目指させていただいてますが距離は遠退くばかりです。
担任によって子供の成長が変わるのはわかります。長女の小学校時代の担任がそうでした。
子供のモチベーションを下げるような人間に教師なんてしてほしくないのですがね。なんか毒舌になってしまいすみません。げんちゃんの成長これからも学ばせて下さい。
Commented by glow-gen at 2015-09-28 13:04
fukanさん
ほんと、何気に言われる先生からの言葉、書かれる言葉、先生方は、それがどれほどのことか、というのをまったくわかってなくておっしゃってるんでしょうね。
 だって、普通の人にとってはできるのがあたりまえなのだから、しかたないと言えばしかたないですよね。

 やはり、初期の幼児教育の専門課程の中で、しっかり知識をいれていてもらったらいいですよね。認知の違い、1つ1つができるということが、何の発達に由来するのか。そういうことは、定形発達のお子さんにも、ずいぶん役立つ知識だと思うんです。

 そして、その領域は、脳の疾患とか、老化とか、そういうのにも知識が役立ちます。人生、発達障害に生まれなくても、老化をはじめ、自分の能力が、行き詰まったときに、色々知識が役立つと感じます。
発達育児の知識は、宝に満ちてますよ。ほんと。・・・

 まずは、教育学部の教授あたりの頭からかえられるといいかもですね~。私は、おせっかいなことをよくしてますが、レスのよい先生は、やっぱりとても評判が良い先生ですね。柔軟なんでしょうね。そういう先生に今後もあたりたいですね。お互い
Commented by glow-gen at 2015-09-28 13:07
りゅうママさん
書き込みありがとうございます。独歩くんも、がんばってますね。
げんちゃんが目標なんて、うれしいことをおっしゃってくださいます。
 独歩君のような、天才性はあんまりないですが、地道にやってます。
書字のこと、いつかアップしたいです。なんか、やっとわかってきたような気がします。独歩君の今のトレーニングにやくだつといいな~。
<< 学校の宿題の不満。先生へのお願い 発達障害児の運動プログラムの考... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧