げんちゃんの発達障害プロジェクト

普通クラス(交流クラス)でのげんちゃん。家庭訪問から・・

   げんちゃんの家庭訪問がありました。

 学校の様子をお聞きすると、やれやれ、まだそんな感じなのか~・・・と思います。

 普通クラスの先生がおっしゃるには、げんちゃんは、まだ板書などは写す気もないらしく、支援員さんがついているそうです。お話も、
「自分の興味のあることだけしゃべる。」

らしいです。それから、クラスの時間が終わると、逃げ出すように飛び出して、支援クラスに行ったりするようです。

まあ、すさまじい、努力のたまもので、ここまで来たげんちゃんも、絶対的物差しで判定すれば、あれができない、これができない、ということになります。

 そういう今までの経緯をいきなりの先生に、理解してしゃべって、と言っても無理な話ですが、発達障害の子どもの母親の心理というのは、ちょっとしたことで、うれしくもなったり、悲しくもなったりすることを、理解してほしくもありますね。

 支援の先生も、普通クラスの先生も、とても良い先生です。でも、お二人とも、客観的立ち位置でげんちゃんを評価する発言が多いです。昨年の先生は、良いとこをまず話す、という、母親にしてはうれしい話し方が上手だったかな~。

 まあ、これは、こっちが、それなりに、差し引きして聞いていれば良いことなので、問題ではありませんが、もし、教育者の立場の方が、ブログをお読みでしたら、ほめるとこなくても、良いとこを、母親に知らせることをすると良いですよ。


 その話し方1つで、あと、子どもさんに、母親が当たり散らしてしまうか、にっこり接するか、子どもの運命を決定づけたりします。(笑)

家庭訪問のあと、ご多分にもれず、少しいらっとしてしまった私に、ちょっとしたことで叱られたのは可愛そうなげんちゃんでしたからね・・・

 支援の先生は、長い時間滞在下さり、今までの私の取り組みやら、私の見立てやら、様々なことをお聞き下さいました。また、学校の様子もよくお話下さり、始めての支援と言われてましたが、なかなかたのもしい先生でした。
 ほんとに、感謝なことですね。
げんちゃんに今必要なことは何か・・・・ということを話し合いました。

 普通クラスで、まったくぱっとしないのも意外でした。なぜなら、家では、彼の変化は著名で、随分、進化したな、と感じているからです。一つ一つの能力も上がってます。何と言っても、会話のキャッチボールが、かなりアップして、一対一で会話する会話に、ストレスが減ってきています。
 指示が通らないことはありますが、実は、先日の自転車事件でも、結局は、自分が、自転車に乗ってきたかった、というずるっこい気持ちも大きくて、毎回まったくできないということでもなさそうなのです。

 でも、学校では、とくに、普通クラスでは、まったく周りにとけ込もうとせず、自らを異邦人のように感じるのか、友達も出来ない様子です。でも、家で、友達に接してる態度を見れば、思いやりもあるし、会話も違和感を感じません。なんか、逆に不思議にさえ思います。

私は、4年生では、できるだけ、普通クラスでの時間を増やして、周囲とのすりあわせなどを学んでほしい、と思っていましたが、現実は、普通クラスの時間が無駄に送られているようでした。

でも、考えてみれば、昔より、自我が芽生えているげんちゃんは、時々所属する普通クラスは、ほとんどアウェイの感覚でしかなく、同級生の視線も、彼曰く、「じろじろ見られていやだ。」
という、自意識過剰な感覚になるのかもしれないですね。

 私が同じ立場でも、たまに、所属する集団なんて、そうそう、楽しく入っていくのは難しいと思いますものね。

 支援クラスでは、4名の生徒が机を並べてそれぞれ勉強するので、げんちゃんだけのプログラムというわけにもいかないでしょうし、げんちゃんの学校生活は、フルに、時間を活用できているとは言い難いのかもしれません。


 まあ、逆に、それくらいのゆとりが、げんちゃんにとっては居心地がよいのか、
「ぼくは、支援で勉強するのが楽しいよ。」

と言います。

 今、げんちゃんに一番必要なことは、げんちゃんが自信をつけることかな、と思います。色んなことを、自分からやりたいという気持ちになることが必要だ、って感じてます。どんな学びにしても、常に、やらされてる感がつきまとうげんちゃん。どうせ自分は、バカだから・・・みたいな自信喪失なメンタリティーが色んなところで、吸収をさまたげているように思います。
 私も、もっと褒めて伸ばさねば・・・と思います。(それがなかなか難しいんだけどね・・・)


 げんママは、最近仕事で、たった一日しか平日はかかわれなくなってます。

それ以外は、学研の先生にお願いしたりもしますが、学校そのものが上学年になって、帰りが遅くなっているのもあって、ちょっとあせる気持ちがあります。

今やりたいことが、実はてんこもりなのです。


 なぜ、字が早く書けるようになって、小さなマスにもおさまってきたのに、バランスは破綻しているのか。
 なぜ、パズルの完成速度が、遅いのか。何回目かになっても、学習効果が低いのか。(同じとこで、突っかかったりします。)
 なぜ、引き算が異常にできないのか・・・
 もう少し、聞く力をあげれる、今、その時期にきてる・・・・
 などなど・・・

 仕事をやりくりして、もう少しかかわりたいな、と思います。
 

a0184225_15335467.jpg

3年の文集に載せたレポート。4月にクラスで、同じようなことをやらされましたが、まったくだめでした。
 慣れた状況で書くのと、まだ慣れていない、ワンポイントで入るクラスでやったのでは、明らかに、差があります。
a0184225_1449153.jpg

a0184225_14492815.jpg


上の漢字は、たぶん、彼のマックスの能力だと思います。一番上のマスはたどってますが。でも、下の写真の普通クラスでとったノートは、ひどい字です。
 今げんちゃんは、能力の出力の状況差が激しい気がします。決して能力を持ってないわけではない・・と思うのは、たんに親の欲目でしょうか。
 今、彼には、出力させるべく、心の力というか、そういうものがもっとも必要だと感じてます。そして、それだけではない、下支えしている体の力。うまく言えないけど、私は、そこをさぐっています。
 なんか、羽ばたいてほしいな~と願います。
 
by glow-gen | 2015-04-30 13:45 | 普通クラスでの様子 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/21176860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかんママ at 2015-04-30 14:14 x
こんにちは(^^)
とってもよくわかります。
うちの息子も先日家庭訪問があり、最近驚くほど音読がうまくなってきたので、期待しちゃいましたが、心配なところとして、音読がやはり気になりますね、と言われてしまいました。
1年生の先生が持ち上がりだったら、きっとほめてくれたんだろうと思うのですが、新しい先生なので、やはり、周りの子達との比較になってしまいますよね〜。

ただ、漢字は褒めてくれました。
学校でもよく漢字をかいているようです。

相変わらず大好きで、暇があれば6年までの漢字の辞書をみてるし、テレビ等でみた漢字とかどうやって書くの?としょっちゅう聞かれます。
この間は、『躊躇』って漢字の書き方教えてと言われ、書き順をスマホで数回見せただけでもう覚えて書けるようになってしまいました。
でも、躊躇って読み方を書いてみてといったら、『ちゅちゃ』って書かれましたorz
相変わらず小さい文字が苦手です。をもいまだによく間違えるし、カタカナもまだ怪しい。
なんでこんな簡単なものが覚えなられないのに、漢字はどんどん覚えられるのか不思議です。
【こだわり】ってすごいですよね。
興味あるものないものの差が大きすぎる??
Commented by glow-gen at 2015-04-30 15:54
みかんママさん
すごいな~。
漢字うらやましいな~。げんちゃんそういう、なんというか、天才的ピンポイントがないんだよな~。
 私が、何かストレスを与えて、出力をさまたげているのだろうか~、なんて、心配になっちゃうくらいないですよ。

 ピンポイントが学校の教科内容の子どもさんはすごく、ハッピーですよね。
 学校でも尊敬されます。
それにしても、げんちゃんは、書いても書いても漢字が覚えられません。たぶん、発達の子どもさんは、そっちの方が多数派だと思うんですよね。
 どうやったら、漢字が覚えられるのかな~。読みは前後からけっこう読んじゃうのですが、ほんと形が覚えられないようです。
 最近、また目の問題が(見る力を含めて)残っているのではないかな~。と思います。そこを強化するプログラムを考えたいなと模索中です。
Commented by ねこ母 at 2015-05-01 23:29 x
今日は連絡をありがとうございます。そして、リンクやらコメントやら、ありがとうございます。
「客観的立ち位置で評価する」って先生方がやりがちかもなぁ〜と自省の念も含めて、ドキッ!っとしました。客観的な立場で冷静に子どもを観察して、打つ手を考えなくてはいけないのだけど、打つ手はなくて客観的分析だけで終わられてしまうと、言われたほうは、特に取組みをしっかりされている保護者の方は空虚な気持ちになりますよねぇ。「客観的な貴重な情報をありがとうございます。で、先生はどういう手を打とうと思われていますか?策は?」と。私も気をつけます。
字のバランスですが、げんちゃんの頭で考えるスピードや目でとらえるスピードと手のスピードの関係はどうなんでしょう?
知り合いが、まだワープロもパソコンもないときに、すごく小さい字を書いていて「見にくい!」と非難したら「頭で考えるスピードに手が追いつかないから字を小さくして追いつかせている」といわれ、優れた人だったので、ほぉーっと思ったことがあります。バランス云々より、早く書きたい!でも手が追いつかないよぉ〜ってことはげんちゃんはないのかなぁ、と思ったことでした。
Commented at 2015-05-02 00:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2015-05-07 18:17
ねこ母さん
日曜日お会いするのが楽しみですね~。
頭で考えるスピードと書くスピードが違う・・・というのは、なるほどと思いました。
げんちゃんは、早く書きたいみたいです。国語の問題なんかも、わかると、さっさと書きたがる。自分を考えても、先生への連絡帳とかは、話すスピードで書きたいので、すごく汚い字になりますね。そこをきれいに書こうとすると、パソコン入力の方がストレスないよ~と思います。
早く美しく書ければ問題ないですが、書くスキルが、まだまだだめですよね。どういうトレーニングが有効なのでしょうかね・・・アドバイスあったら教えて下さい。
Commented by glow-gen at 2015-05-07 18:24
Gさん
スランプ・・・伸び悩み。ほんと、つきものですよね。
げんちゃんも、4月前半は、なんか、私も、うんざりの連続でした。
でも、連休、実家にもどって、思いっきりいとことからんで、楽しかったようで、良いとこがいっぱい出てきました。

たぶん、ストイックな方に思いっきりふってがんばらせたら、好きな友達とかと精一杯遊ばせたりして、まんぞく~^、っていう心に振ってあげると、成果が現れやすいのかもしれないですね。

 思いっきり、右脳で遊ばせてあげる、とでも言うのかな。
 そのさじ加減は、難しいですね。
でも、げんちゃんの場合は、友達遊びが、良いみたいです。
 ならば、普通クラスで、もっと友達作ってきたら、と思うのですが、なんかね、垣根があるみたいですね。
<< GW たまには右脳に振ってやる... 指示が通らない。時間軸で考えられない >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
未分類
以前の記事
最新のコメント
やっぱり、げんちゃんって..
by robo223 at 09:30
こんばんは。 検査は言..
by ななし at 21:01
gogokose55さん..
by glow-gen at 19:47
roboママさん なる..
by glow-gen at 19:42
ゆうママさん 報告待っ..
by glow-gen at 19:35
(途中で切れてしまいまし..
by gogokose55 at 12:58
はじめまして。 時々ブ..
by gogokose55 at 12:54
続きです。(長くてスミマ..
by robo223 at 12:33
げんちゃんは、騎馬を下か..
by robo223 at 12:21
続きです。 徒競走は高..
by ゆうママ at 08:57
あぁ〜運動会エピソード…..
by ゆうママ at 08:50
ななしさん 5年生なん..
by glow-gen at 00:33
ゆうママさん 感覚過敏..
by glow-gen at 00:28
こちらこそ、差し出がまし..
by ななし at 21:56
番組観ました。見え方、聞..
by ゆうママ at 20:03
Nさん感謝します。 M..
by glow-gen at 10:21
MTパパさん すみませ..
by glow-gen at 10:16
Gさん ほんと、発達障..
by glow-gen at 20:31
Gさん そうですか、N..
by glow-gen at 00:04
ここあさん ヘルパーさ..
by glow-gen at 23:51
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧