げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害3年生をふりかえって。

 4月になりました。桜も福岡は全開です。げんママは、しばらく超多忙な仕事ライフに追われてました。

 さて、 げんちゃんの3年生生活を振り返って、色んなことがありましたが、学校からもらってきた ”あゆみ”の普通クラスの先生のコメントを読むと、げんちゃんの1年間の成長がわかります。
 
 ”クラスの窓や壁を飾る絵を描く時間に、妖怪ウオッチの絵を上手に描いて、「すごいね~。」って、友達にほめられていました。”
 そういうコメントがありました。考えれば、彼は、三角さえ描けない、絵の文盲(もんもう)だったわけで、妖怪ウオッチの絵をさらっと描くようになるなんて、誰が想像できたでしょうか。しかも、ほめられる絵なんて・・・・確かにげんちゃんの絵は、うまい!と思ったら、何かを見て描いただけ、というのもありますが、けっこう魅力的です。(欲目です)ただ左脳的な絵ではないです。(同級生は、構図や、バランスがずっと大人じみてます。)・・・
 
 げんママが、三角さえ描けないげんちゃんに、悲壮な思いでトレーニングしてきたことは、もう昔のこととなってます。先生は、げんちゃんが、普通に絵が描ける子だと疑わないけど、ここに来るまで、すさまじい努力を要しているのです。(ご興味のある方は、是非、昔のブログを見ていただけるとびっくりかもしれません。)

 ”2学期の後半からは、支援員さんがいなくても、クラスで落ち着いて課題に取り組めるようになり、成長に驚いています。”
それまでは、支援員さんが必要だったわけだね。と、ひいき目に見てしまう母としては、思うわけでありますが、まあ、成長ですよね~。
 先生の言うことを、メモしたり、課題をこなしながら、次の先生の指示を聞いてスタンバイする、などという芸当は、まだ高値の花ですが、この延長にできてくるような気持ちがしてます。

 でも、支援クラスの子どもたちを見ていると、低学年のありようと、高学年のありようが、そんなに変わっていない子も多いような気がします。ゼロから1に進めないこの子達にとっては、1になっていない項目が、ずっとそのままということもあり得るのです。

 一月ごとに、変化して進んでいってるげんちゃんに関しては、”成長に驚いています”という先生の感想を、素直に受け取ってもいいと思うげんママです。

 それでも、いつまでたってもなかなか手触りはかわりません。なぜ、そういう逆噴射をするの? と感じることも多々あります。マウンティングもよくしてます。本能的な行動原理が支配してるげんちゃんは、相手の強弱を読み取り、軽く見る相手と、そうでない相手を決めているようです。
 普通の子のように、周りの空気を読んで態度を決める、というのも、まだまだです。
彼は、何がやりたくなくて、何がやりたいのか、ということで、行動を決めています。しかし、普通の3年生なら、何をすべきか、何をすべきではないか、という行動原理で動いています。
 その行動規範を根本的に書き換えることは、本当に難しいです。けっこうできてきた、と思っても、ある時、自分の世界のスイッチが入った瞬間に、すべてのモードが、瞬時に変わってしまったりするのです。
  

 だから、きっと、何も知らないげんちゃんの学友のお母さんが
「親のしつけがなってない・・」
と、げんママを評価するようなことも多々あるに違いない。そういう、げんちゃんなのです。

 最近、げんちゃんは、妖怪ウオッチにはまりまくり、コロコロという漫画にはまってます。
げんママとしては、あまり良くないな、と感じてます。人気があるからといって、それが、子どもに良い影響を与えるとは思いません。どちらも、勝手なげんママの判断だけど、スピリチュアルなものに、そう良い影響は与えてないと感じます。
ただ、取り上げるというのではなく、良いもので置き換えたい、今は、色々と様子を見ながら思索を考えてるところです。ゲームも買って買ってとうるさいですが、与えてません。

 この子達は、スピリチュアルなものの影響を普通の人より強く受けます。良い物も悪い物も、より強く受ける。私はそう感じてます。ドラえもんははいいけど、コロコロ漫画の中にあるかなりの漫画はいやだな・・・みたいな、私の個人的見解は、賛同を求める気はさらさらないけど、げんママの直感で、もっと良いもので置き換えたい、そんな気がしてます。


 とりあえず、子どもに良い物も悪い物も、大量におしよせる現代。我が家はクリスチャンホームなので、彼の頭に手をおいて、日々、神様の祝福を祈る。

これも、大事な日々の習慣です。すべてを取捨選択できるわけではないので、悪いものから守られるように、祈りで防御・・・まじめにやってます。(笑)


by glow-gen | 2015-04-02 20:58 | まわりを読む | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/21077313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-04-02 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちずぼん at 2015-04-03 15:55 x
良い物も悪い物も強く影響を受けるというのは賛同します。悪い物だとしても、さらっとスルーできる定型の子に比べて、この子達はそれができない。私も娘がグレーだと判明してからは、本やテレビ番組やDVDはあらかじめチェックして与えてきました。一般的に人気があるからといって安全というわけではないからです。でも成長するにつれ(8歳)、いろんな情報がいろんな所から入ってくるので、全てをチェックするのは段々難しくなってきましたね。と同時に、親とはいえ、そこまで一個人の人生をコントロールしてもいいものか常に迷いを感じます。とはいえ、やはり非定型。娘の成長を常に観察しながら、今彼女が受け取るには少し早すぎるもの、受け取ってもそこから何かを学べるもの、微調整を常に加えながら進むしかないのかな。
Commented by glow-gen at 2015-04-04 09:06
Rママさん
 よかったら、お電話番号いただけたら電話します。
Commented by glow-gen at 2015-04-04 09:08
ちずぽんさん
本当にその通りですよね。
具体的には、彼らは、文脈を全体的に把握するのではなく、文脈から、自分がひっかかる単語のみ拾って、それをふくらませて勝手に解釈するようなところがあって、どんな情報も、バランスよく入りません。
 短期記憶の問題なんだろうと、最近思います。ここを改善するのは、ソフトだけではだめなのかな~、とちょっとため息なんですよね。

善意の中で育てないと、ろくなことがない、というのは感じます。新しい学年になって、環境もかわるので、おちつくまでは、どきどきです。毎年・・・この時期は
Commented at 2015-04-05 15:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 注意欠陥、手強いワーキングメモ... 矢ヶ崎響先生の「発達障害児の算... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧