げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害とお漏らしの関係

 毎日でもブログにしたためたいほど、気づきや発見がある日々ですが、なんせ、時間がありません。
先週エジソンアインシュタイン協会の鈴木昭平先生の面談を受けて色々アドバイスしていただきました。やはり、鈴木先生はすごいです。いつも、何らかのものをいただいて帰ります。
 げんちゃんののびもほめていただきました。げんママ、ちょっとスランプだったのでうれしいです。ここ何度かの面談で、やっと学習法というか、先生の言わんとするとこが少しわかってきたような気がしてます。まだうまくまとめられないので、消化して少しずつしたためたいと思います。
 
 さて、げんちゃんのおもらしについて、ユニークなことがありました。
 先週末、げんちゃんは、珍しく、風邪をひき、二日間寝込み、高熱が出て、痙攣までおこしてしまいました。これは初めてのできごとでした。まあ、彼は、けっこう肉体は強いので、病院にも行かず、二日、家で寝たり起きたりしてるうちに、なおってしまいましたけど。
 その間、ほんとに驚くことに、あれだけ激しかったお漏らしがほぼゼロだったのです。
 おもらしが、少なかった、とかではなく、ほぼゼロなんですよ。・・・・はあ?です。
 げんママ大喜びで、万歳しました。
 ところが、翌日、新学期を迎えたとたん、またまたびっくり、お漏らしは、まったくもとにもどってしまったのです。

 げんママは、喜んだりがっかりしたり・・・・。
 でも、このできごとで、発達障害の子供たちのおしっこの問題について、かなり明確に確信するにいたりました。

 やはり、これは、脳の問題ですよ。俗に言うストレス、と言ってもいいと思います。ストレス、というと、なんだか周りが悪いように聞こえるので、ちょっと言い換えると、彼らは、起きて思考している間、おしっこに行くための回路を、とりあげてしまうほど、偏った神経回路の使い方をしている、ということです。意識下で行うあらゆる行為が、おしっこ回路を奪うほど、脳を独占しているということでしょうか。 普通の子供たちが、もっとバランス良く、どこもかしこも、使っているとしたら、げんちゃんは、一点豪華主義的な脳の使い方をしてるとでも言ったらいいでしょうか。イメージとしてはそんな感じです。

 全体が見れない・・という行動様式そのものと言ってもいいほど、脳の使い方も偏っているわけです。

 なるほど、と思いました。

 そう考えると、逆にこういう言い方もできると思ったげんママです。泌尿器については、そう心配することもない。脳のバランスがうまくいったら、十分に治っていく可能性が高いということだと思います。

 今回の発見というか、実験結果のような今回の現象で、げんママは、なんだかすごく気が楽になりました。尿もれについても、今までの能力開発とは、切り離して考えるのではなく、今取り組んでいることの延長に、収束してくる可能性がある、と思われるからです。脳の改善そのものを、今までどおりやって、段階をあがっていけば、治ってくるだろう。と信じることができました。発達の過程で出てきた、脳の副産物という言い方をしても、まったくはずれているわけでもなさそうです。治ってなくても、なんかちょっと安心しました。

 さて、話かわり、新学期です。
 学年は持ち上がったのですが、担任の先生は、変わってしまいました。聞かされてなかったので、びっくり。てっきり先生も同じと安心していたのです。初日、何も連絡がなかったので、不安になり、先生にこちらの気持ちを失礼にならないように連絡ノートに書いたら、先生が電話をくださいました。とっても感じの良い方でした。うまくコミュニケーションがとれそうだったので、とりあえずほっとしました。まずまずの滑り出し、といったとこです。

 それにしても、先生が、
「すみませ~ん。何しろ、前日まで担任が決まらなかったので。」
と言われたのには驚きました。そういうシステムなんだ。学校って。びしっとしたシステムはどうもないのかもしれません。先生個々人ががんばってなんとかなってるのが学校なのかも。
 みなさんご苦労様です。考えようによっては、そんな中で、先生方よくがんばってくださっている、というべきなのかもね。
 やってもらうのを待たず、
「先生方手も足りないだろうし、システムもなかなかだろうから、私が、ちょっと手をさしのべて、おせっかいですが、こんなことしてみました~。こんなこと考えてみたんですけど~。」

 というスタンスで望んだ方が、いいようです。ここ1年の経験から言うとですね。

 今日は体操教室でした。新1年生が加わり、げんちゃんたちは、お兄ちゃんに見えます。こうやって見れば、げんちゃん、進化したな、と思います。

 終わって、外に出ると、いきなり、げんちゃんは、ジョギングをはじめました。やりたくなったらしい。付き合って走り出したお友達より、長く疲れることなく走ってました。時々負けん気を出して挑発してきた友達も気にせず、たんたんと・・・・。
 以前ならまちがいなく、「ひどいよ~」とパニックになるところです。

 げんちゃんは、幼稚園の頃ふらふら歩き、改善した頃でも、靴をわずかに、ずって歩いていました。今では、引きする音がまったくなくなっています。いつのまにか、ママもげんちゃんの走りに負けるようになりました。いつの頃からでしょうか。
 やはり、夏に始めたサッカーと、通学路をのばし、(おばあちゃん宅まで車で送っていたのをやめた。)お稽古事に車で送らず、歩いて行かせ出した、1月からの負荷が、春になって花咲いたようですね。勝ち負けにこだわるパニック現象がベターになって、体力も明らかについてきてる。そう思いました。サッカーを見学する限りにおいては、ぜんぜん空気読んでないし、そうめちゃくちゃ走ってるとも思えないけど、それでも、わずかずつ、体が変化しているのでしょう。

 色々あるけど、げんちゃん、ちょっと前とはまた別人になっています。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 
by glow-gen | 2013-04-12 00:23 | お漏らし尿漏れ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/17606681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by manaママ at 2013-04-12 11:22 x
げんちゃんも足をずって歩いてたんだ。うち、いまだにそうです。
でも、改善してくるとなくなるんだね。期待しよう。
いっぱい歩かせるようにしてるから、靴のかかとのほうが、スレまくってます。
でも、気にせずにいこう。
なかなかよさそうな新年度スタートでよかったです
Commented by glow-gen at 2013-04-12 18:42
manaママ、そうなんですか。やっぱりずってますか。歩き方。
私、ずいぶん治そうと思って、歩き方指導してみたんです。でも、治ってみると、結局それをなおそうとしてもだめで、筋力、体幹が良くなったら自然と治ってるんですね。

発達の問題って、すべてそんな感じですよね。脳は、色んなところにリンクしあっている。
 manaちゃんも、マンションの階段上り下りしてたら、いつのまにか、という風なんだろうね。
 そっちの新年度はどうですか?manaちゃんのここんとこの伸びはいいかんじだもんね。
Commented by プチトマト at 2013-04-12 23:44 x
本当に読んでいて納得です。
私もここんとこ同じようなことを感じていて、ブログにも書きました。
普通では考えられないけど本当に頭の使い方がかなり偏っていますよね。
私もかならず成長と共に改善すると思います。
Commented by げんママ at 2013-04-12 23:56 x
プチトマトさん。ほんとそうですね。ブログはいけんしました。なんか気づきが同じようなことでびっくりしました。

 その一点豪華主義な頭の使い方が、良いほうに出ると、確かにおおばけするかもしれないんでしょうね
 でも、日常生活はバランスが大切。そして、私もよくしていける、って思ってます。ありがとうございます。
Commented by gurifuro at 2013-04-13 09:56 x
おしっこ問題。。。。ほんと回路がうまく回ってないって思います。お久しぶりです^^v最近やっと誘えばオマルで出来るようになってきてます。以前の全拒否に比べると格段の進歩です。でも彼の中で進んでおしっこしようという回路はまだ無いようです。 我慢する回路は十分備わってるんですけどね。ほっとくと我慢が効かなくなってちょっとづつダダ漏れしちゃってますわ。数量感にしてもそう。3まではぜったいに理解しているはずなのに質問を変えたりするともうわからないし、脳がそれに反応しなければ完全無視です。 ホントに理解度や知識がぶつ切り状態で繋がってない感じ。これをどうすればと頭を擡げる毎日です(苦笑)
Commented by nonmama at 2013-04-13 15:23 x
息子は夜のオムツ取れたのが4年生のときです。周りにもゆっくりなが子多いですし、きっと脳と関係あるのでしょうね。
げんちゃん、ジョギングたくましいですね!先日、公園でサッカー少年らしい子たちと鬼ごっこをして、息子は鬼ばかりさせられたので声をかけたのですが「来るな」と言われてしまいました。あまりよい状況ではないですけど、以前だったらすぐにイジケていたと思うので負けん気出てきたのかな?と思いました。そういうのも大事ですね。
Commented by げんママ at 2013-04-13 23:49 x
gurifuroママ、私も、どうやったら・・・と悩んでいました。ま、今もですが。
先日鈴木先生に、この子たちは、ぱっと入ります。ぱっとたくさん入って、加工して出力、というのはしません。なんで~、と思うけど、そこも、だんだんできてきますよ。と言っておられました。ぱっと入ったぶつ切りの情報を加工していくことができるようになるためには、とにかくたくさん入れて、スピーディーに脳を回転させる。何でこうなのよ。わかるでしょう・・みたいなのをゆっくりやってもだめなようです。
わかったようなわからないような気がしましたが、前よりなんとなくわかる。とにかくさ~ゆっくり考えて~、みたいなのはだめみたいですね。
いろんな回路から刺激与えてたら、だんだん知性がおしあげられていく。のかな?
Commented by げんママ at 2013-04-13 23:52 x
4年生までおねしょあったんですね。げんちゃんは、もっともおもらしがないのは、寝てるとき。不思議です。
 お友達に対しての意識がかわってきたんですね。おやが教えられないことを友は、教えてくれますよね。はらはらどきどきしながら見てるしかないです。
Commented by チンジン at 2013-04-14 08:35 x
そうなんです。オネショやお漏らしは泌尿器の問題ではなく、脳神経の発達の問題なんです。もちろんトイレトレーニングも大切ですが、やっぱり脳神経を発達させないことには難しいですね~。また、極度のストレス(精神的なもの、感覚過敏など)でお漏らしをすることもあります。
歩行の改善は、たくさん歩いたことで改善されたということではなく、たくさん歩いたことで脳神経が発達して、結果、歩行も改善されているんだと思います。たくさん歩いたことで、歩行だけではない改善がきっと起こっていると思いますよ~♪♪♪
鈴木先生のレッスン良いな~。今度、いろいろ聞かせて下さいね!もうすぐ、げんママさん達にお会いできるのが楽しみです!賢治も楽しみにしています♪
Commented by げんママ at 2013-04-15 11:06 x
チンジンさん。そうなんですね。
げんちゃん、おむつがとれたあとも、いつも少しパンツを濡らしていました。それって、発達障害特有のものとは知らずずっと本人に注意していました。
ひどくなって始めてしらべて、どうも、この子たちには多い、と知りました。発達の教科書的な本にも、なかったですね~。

どうやったら治るのか、と悩んでましたが、結局、脳・・・おしっこにだけ何かトレーニング法があるわけでもないんですね。とにかく、進化していけばいいだけですね。

歩き方も、へ~、と思います。筋肉の問題だと思ってたけど、脳だったのか。歩くのって基本ですね。
日々早いですね。もうGW近づきました。楽しみです。
<< ピアノの発表会。指動くようにな... スパルタはいけませんが・・・ >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧