げんちゃんの発達障害プロジェクト

サッカー教室2ヶ月目の考察、その2

   サッカー教室の先生に電話しました。
 「先生、すみません。げんちゃん、どうですか? 入る時に、ちょっと遅れがあるくらいしか伝えてなかったんですが、げんちゃん、やっぱり、試合練習投げてるでしょう。」

 先生に切り出します。

 まず、げんちゃんの遅れについて。5歳で遅れに気づいた時の様子。そこから、色々がんばって今があること。

 そして、サッカークラブに入部してこの2ヶ月近くの奇跡のような、進歩があったことも伝え、御礼を言いました。具体的には、サッカーボールを触るのも嫌がるような状態から、基本的にサッカーを好きになってるみたいだということです。
 しかし、げんちゃんには、自分ができないことを、すぐにシャットアウトがしてしまう発達障害特有の障害が、かなり根深く存在し、サッカー練習を阻んでいるようだということもお伝えしました。運動能力も低く、試合自体が、彼には高度であることも伺われます。
 
 そして、げんママの今考えていること。

 とにかく、げんちゃんの進歩にとって、運動プログラムは不可欠で、算数をのばしたのも、会話をのばしたのも、運動能力ののびが大きく関係しています。もともと障害を言われたげんちゃんに、他の子と同じプログラムをしてたって勝ち目はありません。運動も学習も、様々に研究して、やる必要があります。
 今、この子には、サッカーをさせたい。彼もサッカーが好きになっている。サッカーを通して、げんちゃんが最も不得意とする、全体を把握していく力をゲームで養い、俊敏性、心拍数が上がってのみ鍛えられる身体能力も養う・・・
 サッカーは極端に言えば、学校を休んででもやらせたい項目なのだ。と力説しました。(サッカーなんてだめだろうと思っていたわりには、過剰な期待ですね。笑)

 それで、げんちゃんを、学校の時間に重なる幼稚園クラスに連れて行くので、そちらでまず、もっとボールになじむことを練習させていただくのはどうでしょうか・・・と提案しました。

 
 初めて、げんちゃんについて、じっくり先生と語る時間が与えられたわけですが、なんと、先生の目を通して語られるげんちゃんの話、げんママの考えがおよばないことで驚きました。

 「げんちゃんは、始めの2回くらいは、集団の決まりがわからず、たくさん注意を与えましたが、3回目からは、すべてちゃんと従えるようになりました。
 試合中動かないのも、げんちゃんに限ったことではなく、1年生の始めは、げんちゃんみたいな子はけっこういますよ。げんちゃんが、特別遅れているとは思いません。

 冬に合宿があるのですが、是非げんちゃんはそれに参加してほしいです。合宿で、子供たちは、ぐっと成長します。げんちゃんも、参加させたいと強く思っています。

 そして、げんちゃんは、足が速いですよね。(クラブの最後に先日、リレーをやったのです。)ちょっとびっくりしました。(へ~、げんちゃんって、足早いかな?ジョギングのだらだらを見たら到底思いませんけど。)
 それから、先日の練習の時、げんちゃんは、5年生のT君ととても仲良くなって、いっしょに走っていたのです。(いじめられてるのかと思ったのは、大きな誤解だったようです。)
 あと、お母さんに伝えなくては、と思っていたのは、お母さんが、げんちゃんの練習中に。げんちゃん走れーと声かけしてますよね。あれがいやだったみたいです。」

「ほう・・・
 つまり、げんちゃんの試合練習は、心拍数をあげたり、筋力アップにこそなっていないけど、ソーシャルを進化させる上では、何らかの益になっているということだったわけですね。

 私の応援(?)も、普通の子のように、羞恥心あるいは、自主性をさかなでしていたんだ・・それは、進歩かもしれません。 ならば、このクラスで練習することも、間接的に、かなりの益があるわけですね。」
 げんママは答えます。
 そして、意外だったのは(というのも何だけど)先生が、げんちゃんを、一人の子供として、なんら、特別な先入観なしに見てくれて、可能性を感じているらしいことです。げんママに限らず、親のほうが、能力をみくびっていることがありますが、少なくとも先生は、げんママより肯定的にげんちゃんを見ているようでした。 この件において、先生は指導者として、すぐれていると感じました。

 が、しかし、まず、げんちゃんには、サッカーを通して、かなりの運動量をこなしてもらいたい。という最大の目的があります。それには、やはり、幼稚園児のクラスに入れるのがいいかもしれない。ということになりました。そのクラスは7名ほどで、それぞれが、1時間中動き回っているようです。目的は、まず、ボールに慣れさせること。げんちゃんには、うってつけかもしれません。

 とにかく1度、そちらでやってみることになりました。

 しかし、先生と話したことで、げんちゃんのサッカー教室での今後の可能性をとても感じました。おちこぼれ・・・ではなく、先生の目には、ちゃんと、指導してのばしてやりたい存在として写っている、というのがわかって、とてもはげみになりました。おにいちゃんクラスの中で学ばせることがたくさんあって、げんちゃんなりに、学んでいってたこともわかりました。そっちのクラスもすべて捨てるにはもったいないかな、と思われました。

 ほんと、最初は入門できるとも思わず、冷やかしで見学に来たサッカーですが、ユニークな展開になりそうです。

 お兄ちゃんたちに混じって、合宿で自立していくげんちゃんを今から想像してうれしくなってるげんママ・・・またまた小説みたいだ~・・・と感じています。

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-10-04 12:39 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/16506756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonmama at 2012-10-05 11:49 x
サッカーの先生、すばらしい方ですね。子どもを見るってそういうことなんでしょうね。げんちゃんは感じていたのかもしれませんね~この人はわかってくれているって(笑)合宿とはどんな感じなんでしょうね。こういうサッカークラブ、あちこちにあればいいのにな~と思います。息子も先生を慕って参加できそうな気がします。。
Commented by かけママ at 2012-10-05 13:21 x
先生の考えに、ウルウルきてしまいました( ; ; )素敵な先生ですね(*^◯^*)
合宿楽しみになってきましたね。
Commented by げんママ at 2012-10-05 16:47 x
nonmama様。そうですね話してみて、いいやつじゃん!と思ったんですが、言葉も多くないし、最初はまったくそうは見えなかったです。
 でも、とりあえず、おまかせしてみます。
 もJリーガーの方がやってらっしゃる大き組織です。昔は、そういう有料のってなかったですよね。町内会とか、学校とかだったような・・・

 そういうとこは、スパルタ式のきびしいとこもあるようですが、げんちゃんはラッキーかもしれませんね。といってもやっぱり、ハードル高いです。
Commented by げんママ at 2012-10-05 16:49 x
 かけママ。最初はそういう風にぜんぜん見えなかったんだけど。だって、げんちゃん、ママがこんなに心配してるのに、何にも言ってくれないし・・・ものたりな~い・・・って感じでした。
 でも、上手がない人は、けっこう良い人も多いものですよね。

 どうなることやら・・・ママが教えられることも、大きくなるにつれ、どんどん少なくなるだろうから、良い出会いを本当に望みますね。
Commented at 2012-10-05 18:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2012-10-05 19:15
b様。そうですか~。良かった。やっぱり実績があるから早道だと思います。鈴木先生のノウハウは、基本ですね。値段も半分はサプリ代だからね。サプリ今まで使ってなかったら、成果は現れやすいんじゃないでしょうか

 とにかく、やれることはどんどんやりたいですね。しかし、確かに発達育児は手間とお金がいっぱいいりますね。
フラッシュは、脳の開発にとっても良い、ってまたまた最近思い直しました。
Commented at 2016-06-03 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-03 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2016-06-03 23:50
renママさん
こめんとありがとうございます。集団のスポーツクラブというのは、なかなかハードル高いですよね。げんちゃんが、今、いろいろなスポーツがやれているのは、幼稚園の時の体操教室の先生が、入り口を作ってくれたおかげだと思います。善意の愛情のある、スキルももった指導者でなければ、なかなか理解してもらえないし、迷惑かけっぱなしの子供だから、こちらも、安心しておいておけないですね。
今でこそ、なんということもなく行ってくる合宿も、もう10回以上になっています。

 野球も、1年になりますが、最初とは別人です。サッカーも、試合形式になると、まったくボールにはさわれませんが、まあ、なんとかやっています。
二つとも、私よりはうまいですからね~・・・
とにかく、時がよくても悪くても、とにかく、たんたんと取り組むだけです。もっと、出来の良いお子さんのように、劇的なことはないと思いますが、ひたすら、たんたんと続けることで、ミラクルもおこりますよね~。
<< お勧め!自然の中での運動プログラム サッカー教室、2ヶ月目の考察 >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧