げんちゃんの発達障害プロジェクト

算数の宿題

 げんちゃんは、昨日今日とさっぱりでした。
算数の授業からずっと疲れてるのか、夜もすぐに寝入ってしまって、宿題もできませんでした。いつもなら朝やるのですが、それも、かなり拒否されてしまいました。
なんだか、家族全員で、宿題コール。

わお~。これじゃあげんちゃんかわいそうだね。

 おばあちゃんは、ママの帰りが遅い日は四苦八苦して、宿題をやらせているようで、今日という今日はもう、耐えられない。といった感じです。

 げんちゃんは、とうとう叫びだし、
「僕はいやだ~~~!」

 とりあえず、先生への連絡帳に「宿題させられませんでした。」と書いて、ついでに、
「ちょっと無理してたリバウンドが来たのかもしれません。」

と書いておきました。

 少しブルーな気持ちで職場に向かいながら色々考えていると、ブルーな気持ちは消えて、だんだん、おもしろくなってしまいました。げんママが高校時代、物理と化学で赤点をとったことを思い出したのです。
 進学校に進級したものの、まったく勉強に対するやる気がなくなったげんママは、もともと嫌いな、物理と化学を、どんなに言われてもやりたくなくて、赤点をとって担任に呼び出されたのです。

 一応、追試となったのですが、まったくやりたくないし、興味もないので、さけて通ることしか、考えが及びません。カンニングしても何でも、とにかく避けて通りたい。
「僕はいやだ~~~!」
の状態でした。その時どうやって、そこを通り過ぎたのか、その後どうやって大学受験を果たしたのか、今ではあんまり覚えてませんけど、げんちゃんの朝の気持ちがとってもよくわかりました。

 そう、いやなものはいやなんだよね。

 あのときの苦痛をげんちゃんが味わっているとしたら同情できます。
でも、げんママも物理の数式は興味ないけど、雑誌ニュートンなんか読むのは好きです。概念を説明されたりするのは嫌いじゃないのです。根っから文系のげんママ。

げんちゃんも、足し算の式は興味ないけど、言葉は好きらしく、
「シャボン玉の液が1デシリットル・・」
「大きいね~。1.5倍だ。」

とか口走ります。彼は、数字のイメージを言語的イメージにかえて、入力して喜んでいるようです。じゃあ1.5倍ってどういう意味?と聞いても、単語だけ、テレビや本で知っているだけなので、それは、数字だけど、単に言語です。

でも、シャボン玉のヌルっとした液のイメージが、1デシリットル・・・・広い面積は、1.5倍・・・なんと愉快なのでしょう。

 げんちゃんは、朝ストライキしている間叫びながら、絵本を見つめて目を離しません。すごい鼻息で

「これ読むの!」

 だいたい、何で毎日宿題しなきゃいけないんでしょうね。昨日見学した授業ぐらいなら、時々はしょったって、ちょっと能力のある子ならすぐとりもどせるでしょう。
 そうそう毎日几帳面にやらせなくても、調子の良い日にどかっとさせたって別にかまわないんじゃない。

 そうだそうだ、毎日宿題をやらなきゃいけない、ということは、そもそも正しいのかしら?

 そう思うと、どうでも良くなってしまいました。げんちゃんは、普通の子と違うんだから、教育法もオリジナルでユニークでなければなりません。

「芸術的な才能は、まさに矯正をきらうのです。」

とある本に書いてありました。
「親が自分の子どもの才能を開花させるには、子どもの自主性を育てるに限る。それには、じっと子どもを見守るのが一番だ。」

 そういえば、先日、廃線になった線路をじっと見つめて、廃線の意味をたずねながら、げんちゃんは、ふと聞いてきます。
「あきらめたってこと~?」

なるほど、あきらめた。この場合、あきらめた、の意味が力強く伝わってきます。

げんちゃんいいセンスしてるよ。
宿題はやりたいときにしなさいね。
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-07-12 15:04 | 小学校生活 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/15748165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハナ at 2012-07-12 21:27 x
自主性を育て、子どもを見守るかぁ…(*^^*)
確かに嫌いな勉強って、我慢して頑張ってみたところで、能率が上がらなかったなぁ…
おまけに、何のためにやってるんだろう?と考えるほどやる気にならなかったりして…
普通の子は目の前の与えられたものを、疑問も感じずにやるんでしょうけど、
げんちゃんは、何のためにやるのか?そんなことも考えるのかもしれないですね☆
なんか、やる気になったらすごい力を発揮しそうな予感がします。
大きな心で子どもの姿を見守っていくこと…ついつい、出来ないことに目がいきますが、大事ですね。
私ももう少し落ち着かないとなぁ(^_^;)
Commented by nonmama at 2012-07-13 08:55 x
宿題はやりたいときにしなさい~はとても深いですね。

嫌なことを嫌だと言えるげんちゃん。息子もそうなのですが、はっきりと言えることも能力ですよね。困ることも多いのですが・・・(苦笑)

いま息子は5年生ですが、書くことが苦手で公文では国語を低学年のところから学習中です。個人で教えてくれている先生には主に算数を習っています。
そこでの算数の宿題を無理やりさせてしまったことがあり・・・いいことはなかったのですね~。先生からも「無理にさせなくていいよ」と言っていただいて、私がさせなければと思っていたんだと反省しました。

学ぶことが楽しくなったら嫌がらずに宿題をするようになってきました。自主性、大事ですよね。
Commented by glow-gen at 2012-07-13 11:39
ハナ様。ほんと・・このあたりのかねあい難しいね。
げんちゃんも、まったく自閉的な頃は、とにかくフラッシュを中心に働きかけ続け・・・少し、外に向かってきたら、少しステージがかわります。
 でも、どんな時も、基本的には、見守り、待つ・・・これは同じなのかもしれませんね。

 興味が出てきたことを一気に・・出ないことは、無理矢理でなく、さりげなく・・
 これも、三角を丸に・・という鈴木先生の教えに通じますね。

 げんちゃんが覚醒したらすごですよ~。とみんなに言ってます。笑えるでしょう。
Commented by glow-gen at 2012-07-13 11:43
non様、このあたりは、先輩ですね。
こっちの思惑通りに進まないことも多いですね。

本人の中で熟成中と信じるしかないかな~。

自分でさっさと宿題やって・・なんて、おねえちゃんでもだめだったし、今でも彼女は、やらないし。
ましてや、げんちゃんが、さっさとするはずないよね~。

 でも、げんちゃんは、学校にたずさえさせた10玉を使いたくないらしく、必死で指を出しているそうです。これって家では見せません。自分だけ特別扱いの教材がプライドにさわるのでしょうね。
 
Commented by manaママ at 2012-07-13 12:03 x
「芸術的な才能は、まさに矯正をきらうのです。」
そうなんだぁ。

もう、ひきざんにすすんでたんだね。学校
うちもハッピータイムは「かず」のワークブックは中断して、公文の三歳からのやさしいかずかぞえにかえました。それでも、ぱらぱらドリルのうしろのほうをみると10ごえしてて、これもできるのか怪しい。かんじです。
もう、数字の、記号と数としての意味とかいいや。ひとまず、数字を好きになってもらおうと思って。ほら、9ってすてきなフォルムでしょ。みたいな。そんなこと本人にいってないけど。
療育センターで歌ってたすうじの歌をおふろで歌ったり
「数字のいちはなぁに?」って10までつづくやつ。療育4歳のときうたってたからげんちゃんはやってないかも。
ゆっくりが通用するのは支援級だからだもんね。
今はそこまでもどっちゃいました。
Commented by ジャハン at 2012-07-13 14:14 x
日々進化しているげんママ、素晴らしい!
Commented by glow-gen at 2012-07-13 17:10
manaママ思いっきりもどっていいんじゃないかな~。最近そう思います。
 だって、基礎力ついたら先へいっきに行けたりするはずだから。

 芸術的な才能・・・何も絵を描くだけではない。色んな不思議な才能を見いだしてあげるのも、ママの仕事だもんね。

 9って素敵・・・あれいいね。
だいたい、母親が色んな素養をもたなくてはならなくなるのが、発達障害なんだろうね。自分の中に詩心を見つけていかなければ、彼らの芸術性にはついていけないのだ。

 支援級で学ぶ・・ということは、ある意味、日本の教育のひずみをうけなくてすむということかもしれないよ。

 オリジナルでユニークな教育法を日々探求しましょうね。
Commented by glow-gen at 2012-07-13 17:11
ジャハン様、ほんと進化してますね。
げんちゃんより、ママの方が進化してるような気がする。
Commented by manaママ at 2012-07-14 18:21 x
でも、支援級、あたりはずれがハンパないからね。
ほんとにっ!
Commented by げんママ at 2012-07-17 13:25 x
支援級にかぎらず、教師の能力は、それぞれ天と地ほど開いてるよね。

 そういう意味では、げんママもまだまだ修行がたりない・・
<< 塾の個人レッスン、先生の進化 算数の授業 >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧