げんちゃんの発達障害プロジェクト

字を書く前のブレインジム ブレインジムその2

 ゴールデンウィークは、あっという間に終わってしまいました。家でのんびり、せんぜい、数キロメーターの輪の中で過ごして終わりました。1年のうちで、もっとも美しい5月。毎年、仕事をせずに、のんびり、子どもたちと過ごせたら、どんなに幸せなのだろう・・・と淡い幻想をいだきます。

 さて、げんちゃんは、毎日、ママとどっぷり一緒で、幸せそうでした。ママとしては、とにかく、発達プロジェクトのために与えられた時間です。ばたばた計画をこなそうと一

生懸命です。実際ふりかえってみると、げんちゃんのお友達と遊んだり、入院しているおじいちゃんのお見舞いに行ったり、買い物に行ったり、と、トレーニングとしてさいた時間は、

けっこうわずかだったようです。とほほ・・

 でも、げんちゃんが、小学校にあがって、優先的にさせなきゃと思っていることは、書く、ということです。学習とは、読む、と書くが基本にあります。一般的には、6歳くらいで、その二つの機能が完成してくるので、小学校に入学となるわけです。げんちゃんは、「読む」、ことは、まあまあできるようになりましたが、「書く」、ことがきわめて落ち込んでいます。もともとえんぴつが、きちんと握れるようになったのも、つい最近のことです。去年の夏、げんちゃんは、お習字書きのようになって、手のひらの脇をつけて書くことがなかなか難しかったのです。今でも、親指と人差し指をぎゅっと曲げて鉛筆が握れません。ともすると、そのふたつの指はまっすぐのびきって、変な形で鉛筆をにぎっています。
 字は、四角のマスのどこかに、かたよったり、飛び出したり、あるいは、まとへの違いが、よく認識されていなかったり・・・と、出来ないことが、逆に不思議なくらい、へんてこな

字を書きます。
 それに、げんちゃんは、字を書くと、異常に疲れるようで、体がくねくねしだして、そのうち拒否してきます。

 こういう「書く」ことに対する問題を克服しなければ、学校での学習は、そもそも難しいのは明らかです。

 この休みに、げんちゃんは、ブレインジムの動きも取り入れて、書くことを練習させました。そして、げんちゃんの問題点が、どうも、目の機能にあるのではないか、ということ

をふまえて、ママは、あらゆる目の訓練もしてみました。

 毎日の小さな積み重ねですが、げんちゃんを教えていきながら、日々わずかずつでも進歩しているのを感じました。こういう手応え、というのは、発達育児の上で、もっとも大切なこ

とです。進歩がなければ、発達育児はされる方もする方も、とてもつらいものだからです。

 さて、ブレインジムを取り入れた取り組み。
ブレインジムでは、何事も取り組む前に「ペース」というモーションをします。
4つのモーションで成り立ちます。

1、水を飲む
2、ブレインボタン(片方の手をおへその上、もう一つを鎖骨の下あたりにおいて、鎖骨の下を上下にさすります。これを、手を代えて何度がやります。)
3、クロスクロール (右手、左足ひざタッチ。次に反対側・・・何度もやります。)
4、フックアップ (A  リラックスして立って、足首を交差させる。上になっている足と同じ側の手を上に重ねて、手を前に出し、手のひらを逆手に組んで、くるっとまわす。)
         (B 次に、足はまっすぐ、手は、両手指先を接触させて、ボールの形をつくる。)A、Bともベロを上あごにつけて、息を吸う、ベロをリラックスさせて、息を吐く。この呼吸をする。A、Bとも1分ずつ)これは、座ってやっても良いです。

ペースは、取り組みに対する、準備の心を作ります。学習に入りやすくなるようです。

 鉛筆を持たせる前に、次のモーションをします。
1,両手お絵かき・・げんちゃんのために、、両手お絵かき帳なる比較的大きめのノートを作りました。
2,アクチべーション
3,エナジャイザー

 ブレインジムでは、1,2,3を習ったのですが、ちょっと、文字では紹介しにくいです。2,3がどういうものかというと、腕の筋肉の調整、肩の筋肉の調整をするということのようです。ストレッチと関節の調整だと思います。2は、ひじの関節を反対の手でおさえて、左右上下、押さえた手のおさえに対して、反発するように力を加える。3は、机にの端に、手を開いて、肘をたてて、手をつく、その姿勢で、頭と上半身をムチのようにしならせて、お辞儀をしたりおこしたり、を繰り返す・・・

 実際に、げんちゃんにやってるのは、両手お絵かきとレイジーエイトです。2,3は、余裕のないときはやれてません。そのかわりレイジーエイトをします。これは、目の前に親指を出させて、それを、横八文字に動かして、目で、その動きを追う、追視です。。お母さんが的を動かして、目を追視させるだけでも、やらないよりいいと感じてます。

 げんちゃんの両手お絵かきの時、ついでに、ちょっとしたお絵かきの練習もさせてみました。なんせ、絵が描けない、ことがげんちゃんの、様々な障害の元になっていると思うからです。

 なんだか、げんちゃんの、この頃の変化は、お勉強しようよ・・・と言って、机に誘うとき、げんちゃんは、さっとやってくることが多くなりました。字がましになっていることにもまして、その変化に、来し方を思うげんママです。
やっぱり、とりくめば、必ず、良くなる。げんちゃんプロジェクトをやってて、今更ながら思うのです。


私の解説がよくわからなかったら、この映像をただ真似するだけでも、ずいぶんいいですよ~。エレファントも、左右上下の感覚を養います。ユーチューブでも、結構理解を助ける映像があります。見てみてください。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-05-07 20:33 | ブレインジム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/15240530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゃはん at 2012-05-08 01:16 x
素晴らしいですね、日々これ気づき1
今日灰谷先生とお会いしたところ、井上ワールドに灰谷先生は、はまってしまい、「明日の始発で帰ります」とのことで、午後八時から11時まで、たっぷり語り合いました。
大変人柄の良いひとですね。
素晴らしい方をご紹介頂き、本当にありがとうございます、
エジソンの活動のよき理解者を得られそうです。
そして灰谷先生の魂に大分放火してしまいました(笑)。
楽しい時間でした。
一緒にお会いした方が、やはり発達障害のお子様をお持ちで、「日本の教育ではこの子は駄目になる」との思いから、カナダの学校に行かせ、現在は普通の大学で立派に学んでおられるそうです!
Commented by glow-gen at 2012-05-08 03:43
J様、よかったです。気になっておりました。すばらしいコラボですね。これから、楽しみです。
Jワールド、強烈ですもんね。陽のオーラですね。伝染します。
<< 発達障害は親の愛情不足、という... ジル・ボルティー・テーラー 脳の神秘 >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧