げんちゃんの発達障害プロジェクト

ブレインジム 1 総論 「ブレインジムってどういうもの?」

 ブレインジムの灰谷先生の2日セミナーは、3つの大きな流れを学びました。
1、ブレインジムの具体的なエクスサイズ。
2、心と身体をどのように調節するのか
3、発達、と脳。そして学習の理論

 開発者のポールデニッソン先生が、ブレインジムをあみだすきっかけになったことのひとつに、学習に困難を感じている学生を対象にした調査がありました。ある、エクスサイズをさせたところ、彼らは特異的に、そのモーションができませんでした。

それは、ブレインジムを代表する動きである、クロスクロールです。
右足をあげ、左手で、そのひざをぽんとたたく。次に左足をあげて、右手で、そのひざをぽんとたたく。

 単純なことのようですが、学習困難な彼らにはそれができませんでした。

ポール先生は、身体の動きと、いわゆる机でやる勉強とは何らかの関連性がある。ということに気づいたのです。人が学習する上で、理想的なのは、左右両方の脳がバランスよく働くとことなのです。これがうまくいってないと、先のクロスクロールはできないのです。

 学習をうまくするために、ただひたすら、忍耐して詰め込むという姿勢ではなく、エクスサイズを使って、左右の脳をなめらかに、うごかしていく。

 ま、簡単に言えば、ブレインジムとはそういうものです。

 人間の脳の90パーセントは姿勢を維持するために使われているそうです。バランスをうまくとれていなければ、神経の働きは、お勉強などにいく余裕はない。さらに、ストレスなど加わろうものなら、生命維持に関係する無意識の反応が、意識的な動きをしのぐ。身体は、ゆったり学習するどころではない状況に陥るのです。

 そういう無意識の脳の働きが、意識して学習する、といった、高度な働きを、押し殺してしまうのです。

 ブレインジムの大きな目的は、そういう反射的な脳の働きを、調整することにあります。、無意識的な支配から、その人自身を開放してあげることに意義があるのです。


 無意識下でおこることは、本人でも、気づかないものです。そして、それが、赤ちゃんのときにまでさかのぼる原始反射の残存・・・だとすると、まったくもって、驚愕してしまうとしか言いようがないと思いませんか。

 そうです。あらゆる、原始反射の多くが、多くの人に残っていました。それが、たとえば、片側の視野の狭さくをおこしていたり、片側の脳の働きを抑制したり・・ということがおこるらしいのです。

 ブレインジムでは、それらの、原始反射の支配を、エクスサイズによって少しずつとっていきます。

 

 ということで、げんママも、講義を受けて、新鮮な驚きを感じました。


なんて、抽象的な話はその辺にして・・・

 げんちゃんをはじめ、自閉症スペクトラムの子供たちが、異常に色んな刺激に敏感なのは、胎児だった頃にある、恐怖麻痺反射、というもののなごりだそうです。おなかのなかで、その反射を使いすぎると、(つまり、色んなストレスを多く受けたりすること)出産までに、統合されて、なくなっているはずの反射が残ってしまうのだそうです。
 あ、おなかの中で、子供が異常にストレスを感じていたのか?なんてことは、いまさら考えてもしょうがないことなので、さらっといきたいとこです。こだわるポイントではありません。

 いろんなことにやたらと敏感で、ディテールばかりにこだわったり・・・とげんちゃんにもけっこうある特徴ですが、こういう残存がおこるそうです。

 では、どういう風にして、本人を束縛する身体の反応をとったらいいのか・・・

 ブレインジムでは、
1 思考やコミュニケーションにかかわる、(読み、聞き、書く)、左右のモーション(動き、もしくはエクスサイズ)
2 感情にかかわる上下のモーション
3、感覚。五感にかかわる、前後のモーション

 この3つの動きを通して、脳のバランスをとっていくそうです。


 そして、このブレインジムで、エクスサイズに匹敵して、大切な位置にあるのは、水をとる行為です。脳が新しい回路を結ぶとき、脳に水をきちんと送ってやらなくてはならないそうです。

 とにかく、エクスサイズの前に、合間に、必ず水。お茶や、コーヒーは、利尿作用のあるものもあるわけで、水であれば、即効性があり、安心なのだそうです。


 水、については、なるほどです。水を取る、重要性は、わかっているようで、軽視していたかもしれません。のどが渇く状態は、もうすでに、脳は、脱水なんだそうです。


 本日はまず、イントロということで、このへんで。

 クロスクロールは、まず、子供さんができるどうか、やってみたらいいと思います。

 左右の脳のバランスがまだ不完全な、3-4歳は、できないことのほうが多いようです。

 この、ブレインジムの使いどころとして、げんママが感じるのは、まず、昔のげんちゃんのように、制御不能な子供の状態では使いづらいですから、サプリや、フラッシュカードによって、とりあえず、こちらの言うことに少しでも従えるようになってからが出番だな、と思います。
げんちゃんもやっと出番がきたのかな、と思っています。

 EEママパパが、とりあえず進歩したよ・・・と思ったところで、回りをみわたすと、あれー、まだまだなんだ!というあたりからが、すごく効果を発揮するのではないかと思います。
 そこまでいってなくても、バランス運動が脳の機能の調整に良い、ということでもありますよね。

 (続く)

ここから先は、げんちゃんの覚書です。
げんちゃん、体操教室で、他の子と同じに見えます。身体の軸のできたきたこと。・・でも、だるまさんがころんだ、という遊びの鬼がいまいちうまくできません。友達のとこに、10歩進んでタッチ、というのに、ぴんとのずれた方向に走ったり。

 図書館で、雨の日、車を待ってて、とんちんかんな所にわざと走って見たり。
周りから的確な行動を読み取るのがどうしてこうも下手なのかな~。

 なんか、どっかとんちんかんです。
ブレインジム効果もあってますが、算数地獄はあいかわらずです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-04-26 00:08 | ブレインジム | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/15139473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanariraa at 2012-04-26 02:55
本当にいつも参考になります。しかし下地のないイチローには、まだ無理なのかな~?なんせ!体の動きがぎこちない(笑)でも、ひざポン、クロール試して見ます。
Commented at 2012-04-26 03:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by manaまま at 2012-04-26 12:03 x
なあるほど
きっと今回ブログは何度も読み返すことになりそうです。
ブレインジムとわたしよりずっとわかりやすくなっている説明!!さすがです。
そうだよね。ブレインジムはある程度の理解と体力がそなわってないとできないよね。だから、学習障害児向けなんだよね。学習障害だけならひととおりのことはできるもんね。
そして、水、自分も前に書いてたのにすっかり忘れてた。ほんとに人は忘れるなぁ。と感心します。今、ブレインジムをやっていくのにあたって感じてるのは、楽しくできてない。という。本来、楽しくなったりわくわくしたり、心がやすらかになるものなんでしょうけど、Manaがあんまりやりたがらなくなってて。私がやっきになってるかなかなぁ。そういう子どもを導くには、どうしたらいいかな?ゆきさんにも相談してるのですが・・・
Commented by じゃはん at 2012-04-26 13:53 x
クロスクロール、なつかしい!
昔スリー・イン・ワンで習いました。
そうそう、これは必要だわ!
Commented at 2012-04-26 13:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かけママ at 2012-04-26 16:21 x
とてもわかりやすかったです。今日初めてクロス・クロール一人でできました。昨日、一人でやりたがって。でも右手右足、左手左足と平行に。違うよ!というと、本人もアレッという感じで、足踏みは続けながら下をみながらやり始めました。そこでまたアレッという感じでどんどん体がくの字になっていきましたが、そのまま見ていたら手がクロスしていました。そこで上体を起こしてあげるとそのままクロスクロールになってました。あと少しだなぁなんて昨日思っていたら今日できました。本人も自信満々でした。
ここ2、3日鉛筆の持ち方がしっかりしてきた気がします。字も小さく書いて!というとまともな字を書いています。まだまだ見張りは必要ですけど。
Commented by かいすみ at 2012-04-26 18:05 x
本当にげんママさんの理解力、表現力に感心します。
本当に分かりやすい!
このままコピーして、先生方へのプレゼン資料に加えてもいいですか?


春休み中に、クロス・クロールでちび跳び箱をマスターしてから、何かあると

跳び箱したい!

と言ってます。昨日は公園で、体育の跳び箱の奥行きの半分サイズのイスを見つけ、練習。
最初はその奥行きに尻込みし、イスの上にちょこんと座ってしまいました
で、クロス・クロールをして、手をつく位置をアドバイス。
勢いがつき、コツがつかめ、跳べました~~!
公園中を追いかけ回して、誉めまくりました
やはり子供がブレインジムを楽しく続けるには成功体験&誉める!につきると思います
Commented by ブレア at 2012-04-26 23:18 x
あきらめないで、お母さん と
いう本をご存知ですか?
Commented by まなママ at 2012-04-27 16:32 x
げんママへ
コメントありがとう。質問です
<ブレインジムでは、両手お絵かきをして、アームアクチベーションをします。そして、エナジャイザーをしました>
エナジャイザーってなんでしょう?
ぜひ教えてください!!
うちは体軸の問題もあるなぁと思ってるのでそこも平行してやります。
Commented by げんママ at 2012-04-27 16:53 x
kanariaa様。ありがとうございます。ブレインジムの動きは、げんちゃんでもなかなかです。言うこと聞いて、しっかりやってくれないときも多いです。
 でも、理論はとっても勉強になるので、ブレインジムの原則の動きを意識して、公園で遊ぶときや、体遊びなどにとりいれていったらいいと思います。

 小さい子は、まずは、体の軸を作ることが最も大切だと思っているのよ。

 サプリも、納得できるものを取り入れながら、やるのが効率が良いと思います。がんばろうね~。
Commented by げんママ at 2012-04-27 16:55 x
manaまま。そうなの。げんちゃんも、教育されてるって思うようで、いやがります。そもそも、気持ちよくなる、って感じてやる方がいいのにね。

そこが課題です。手と眼を協調させる、なんていうのは、野球なんかもいいのかな、と思って、最近、バットもたせてみてます。(100均の軽いやつから。)

 遊びの中に意識して、感覚をたくさん使う動きを取り入れるのもいいんじゃないか、と思います。
Commented by げんママ at 2012-04-27 16:56 x
じゃはん様ありがとうございます。
楽しみです。
Commented by げんママ at 2012-04-27 16:58 x
かけママすごいですね。本人が喜んでやるのがうらやましい。げんちゃんは、またやるの~・・ってふてくされます。

 でも確かに、げんちゃんの運筆も良くなってきてます。ありがたいことです。
Commented by げんママ at 2012-04-27 17:01 x
かいすみ様。ほ~すご~い。でも、できると、子供って心からうれしくなるみたい。
どんどん成功体験に導きたいですね。げんちゃんは、跳び箱だめです。まず、怖がる。ブレインジムためしてみますが、怖がるのがどうしてもネックになってます。

 あ、私のブログ、是非使ってください。私も、この原稿を、きちんとなおして、校長先生にもっていくつもりなのです。

 原稿まとめるの、はと気づくと1時間以上かかってました。頭が整理されるまで、数日かかってしまいました。

どうもありがとうございます。
Commented by げんママ at 2012-04-27 17:02 x
ブレア様、情報ありがとうございます。その本まったく知りませんでした。タイトルからして良さそうですね。
Commented by げんママ at 2012-04-27 17:12 x
まなママ、エナジャイザーって、コブラの動きみたいなかんじです。
 う~ん。アラーの神に礼拝しているあの感じ。机の上でも、地べたでアラーの神への礼拝でも、どっちでもいいみたい、手を、ひろげて、ひじをつきだして下について、頭を、さげて、背骨をそれに続けて、あたまを下げる。それから、反対の順序であげていく。

 というものです。

 う~ん。ブレインジムは、映像非公開なので、映像がネットで見られないのがつらいですね~。

肩、と首をしっかりのばすってことでいいんじゃないかと思います。
Commented by かけママ at 2012-04-27 18:51 x
次はレイジーエイトを何とか完成させねばと思考錯誤中。親ゆびにシールを貼ってみたり、カラフルなペンを握らせたりしてますが、なかなか最後まで目がついていなかいんですよねぇ。
エナジャイザーの動きの説明なんとなくわかります。簡単そうで、まっすぐという感覚が難しそうですね。
クロスクロール、うちはワンツー、ワンツー♪とマーチのリズムを勢いにして進めました(^^;;ジャンプの後にするとスムーズかもしれません。
Commented by げんママ at 2012-04-27 19:14 x
かけママ。ジャンプとセットはいいでしょうね。
げんちゃん、とりあえずできますが、けっこうつらそう。スムーズじゃないです。
ママが、目標を動かして眼を動かす、というところをまずやるようにしてます。
 眼をよせるのが難しいです。
 眼をよせるって、大事だそうですね。

げんちゃんは、絶対眼の機能が悪い、脳との協調も含めて、悪いとふんでるんですよ。
Commented by かいすみ at 2012-04-27 20:44 x
レイジーエイトの動きを目だけでするのは海斗にはまだむずかしので、ブレインボタンの時に目を左右に動かす…から初めています
カーテンレールの上に、チップとデールの人形を置き、まん中に掛け時計
というシチュエーションでやっています
顔は時計に向けて、うしろから私が顎をもち、顔を固定
目だけ「はい。チップ見てー。上手!はい、デール見てー。やるぅ!」
ってな感じで左右に動かす練習しています
あとはA4の4分の1サイズのレイジーエイトの運筆
どんどん大きくして、目の動きを広げて行こうと思ってます
でも本当に良いときばかりでないし…
結局ブレちゃいけないんだ!という原点にたちもどれましたが、こちらが参りそうです…
Commented by かけママ at 2012-04-27 21:53 x
かいすみさんのコメント参考になります。manaママもブログのコメントに書いてくれて助かります。

Commented by げんママ at 2012-04-28 00:29 x
こちらがまいりそう・・・っていうのよくわかります。

たまに、げんちゃんが、かえると寝てしまっていることがありますが、微妙に息が抜けます。

 ここまですればいいよー・・ってことがないので、たまに参ります。
 できるだけ、前向きに考えるようにしてるけど、ママも生身だもんね~。
Commented by かいすみ at 2012-04-28 23:21 x
今日、久々に海斗とブレインボタンをしました
「背後から顎をもち、顔を固定」
と書きましたが、背後から目線の動きを確認する感じで、ほほをぴったり合わせてやったほうが、楽しい雰囲気でできます。
今日はブレインボタンの後に海斗の正面に座り、目の左右の動かし方を確認したら、ちゃんとチップ、デール・・・で左右に動かせていて感動!
そして誉めました!
ブレインジムでは良い状態のキープ&強化のために、お祝いをします
エジソンの誉めると一緒ですよね
これ、忘れがちですけど、やっぱり大事ですね

ブレインジムの動き、灰谷先生のブログでユーチューブのお勧め紹介動画がいくつかでています
動きや楽しくやるの参考になりますよ
Commented by かいすみ at 2012-04-28 23:30 x
やっぱり参るってありますよね~
もう昨日はやばかったです・・・
結局、私が子供にこびてちゃいけないんだ!
に気付きました。
取組や家庭学習を楽しい雰囲気でやりたくて、海斗の様子をうかがう感じがよくなかった

ブレインジムはまず自分が楽しむこと
子供には必要な時期につたわります

と灰谷先生がアドバイスくれました
押しつけ感むんむんでしたので、見透かされてて恥ずかしいです

楽しむけど、こびない

これでしばらくやってみます
抑肝散4日目の海斗君
とうとう文句を言わず飲むようになりました(笑)

Commented by げんママ at 2012-04-30 01:26 x
かいすみ様。ありがとう。
げんちゃんも、無理にやらせようとすると、険悪になります。楽しむ・・・。う~ん。まだそこまで行ってない。なんか、げんちゃんのことばかりやってると、整理整頓ができなくて、冬服がまだまわりに散乱してます。とほほ。
 だけど、海斗君、進歩どんどんしてますね。うれしいです。
 実は、げんちゃんも、確実に字はうまくなりました。他の子に比べるとまだまだだけどね。
 最近ローラースケートを無理やりはじめました。野球のバットで、球うちみたいなこともできてきてます。野球の球うち、なんて、もろ、目と手の動きの協調でしょう。自分的には、特訓・・早くおいつきたい・・みたいな、せっかちモードになってまs。

 ブレインじむも、そうせっかちにやっちゃかえって、逃げちゃうかな・・・
やれやれ。ジレンマだね。

 抑肝散、飲めるようになってよかったですね。サプリも数が多くなってくると、けっこう与えるほうもストレスですよね。
EEの今月の会報に、与える量が少ないと、効果がわかりにくい、みたいな記事もあったし、やっぱり、フォアグラあひるの飼い主みたいになっちゃうね~。
<< ジル・ボルティー・テーラー 脳の神秘 灰谷先生のブレインジムセミナー... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧