げんちゃんの発達障害プロジェクト

こてっこての発達障害

 げんちゃんが、ボーっとシャボン玉の中にいた頃は、あまり目につかなかった攻撃性が、ここのところ本当に顕著に現れています。
はっきり言って、げんちゃんは、本当に立派な”広汎性発達障害 ”です。
 学習障害、全体を見る広角レンズをもたない狭い発想とこだわり。運動機能の進化不足、それらがすべてあいまって、社会不適応。

 う~ん。まるで教科書通りではないですか!

 しかたがないので、げんちゃんプロジェクトがスタートした頃に買い集めた発達障害の、わりと陳腐で常識的な本をぱらぱらめくってみました。
「その子を良く観察して、その子にあった治療法を選びましょう・・」と書いてありました。

 ふ~ん、治療法ねー・・・。げんちゃんは障害なのか~・・・へー、知らなかった・・と改めて思います。(笑)
ママにしてみれば、げんちゃんは、障害児ではなく、個性的な子、なんだけど、こうもソーシャルスキルのなさを見せ付けられると、障害だったのかー、とあらためて認識するわけです。

 今日は職場にお泊り。職場からげんちゃんに電話をします。
「今日はS君をたたいたりしなかった? 昨日おばあちゃんをたたいたんだってね。」
「・・・・」
がちゃ!(電話を切っちゃいました。このやろー!)
げんちゃんは、電話の向こうで脳の回路を閉鎖。

そうです。げんちゃん、昨日おばあちゃんを平手でたたいたようです。理由はというと、げんちゃんは、テレビで見たディーゼル電車を見て、
「僕、この電車に乗ったよ。」
と言ったそうです。でも、それはげんちゃんの勘違いで、実際は乗ったことがなかったそうです。それで、おばあちゃんが、
「げんちゃん、違うよ。これは乗ったことのない電車だよ。」
と言いました。すると、いきなり怒りくるって、おばあちゃんの頬を平手でバチンとたたいたのです。
あまりに、唐突で、しかも激しかったので、おばあちゃんはショックを受けました。

おばあちゃんは、いつもおだやかで、げんちゃんに優しく接してくれます。げんちゃんの神経を傷つけるような無神経なことも言いません。それなのに、いきなりパチンです。それも、すごい力だったそうです。

こういう被害は、ママ以外の家族は経験しています。ママは、かなり厳しく制しているし、ママにかかってくるなど、100年早いぜ!という迫力だからか、私にはそこまでの乱行は出てきませんが、普通はこんなもののようです。

 どうしたものでしょう。
診療所に来られる、アスペルガーの子供さんを持つお母さんとお話することがありますが、彼女も本当に悩んでいます。アスペルガーの子も、かなり社会性には悩むところが多いようです。お勉強ができない、ということより、これは深刻のようです。

 ま、陳腐で常識的な本によると、
「おこるのではなく、ロールプレー(なりきり練習)をやれとか、根気良く説明する、とか、だる~いことが書いてあります。

 げんママ、読みながら、やれやれ、だるいよね。なんか特効薬はないのかな?と思います。

 とにかく、叱るんではなく言って聞かせろ、だとか、表に書いて教えろだとか、面倒くさいことばかり書いています。野獣のようになるげんちゃんを、単に野放ししとくわけにもいかないし、こうもかったるいことばかり書いてある本も、いまいち見る気にならないし。あーもう!そんな腫れ物にさわるみたいに育てられません、って。
 普通の子だって、ソーシャルスキルってけっこう難しいでしょうに。どうするべー・・・

 わっかりましぇーん。

・・・おやすみ。明日考えます。
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-01-27 23:30 | ソーシャルスキル | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/14535753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TTmama at 2012-01-28 10:24 x
同じような幼少期を過ごしてきた息子(広汎性発達障害)がいる者として、わが子も保育園のころ(年中)を思い出してみると、周囲が心身の発達を遂げている中で、自分のできなさや周囲(親や保育者)からのプレッシャーで子ども自身もストレスを感じていたかも知れません。出来ないことには絶対拒否(プライドもあるからか)でしたね。「電車に乗った」というのも、「うそ」と決めつけてしまえばそうでしょうが、それはお子さんの脳の中で「乗りたい」という希望だったり、以前別な電車に乗ったという経験がその電車と結びついてイメージの中で「乗った」という想像と現実の区別のつきにくさであって、本人がうそを言っているのではないということ。逆にいえばそれだけ想像力豊かなお子さんなのです。そういう時に大人の方が子どもさんにどう言う言葉かけをしていくか、むすろこちら側が問われるのだと思います。障害、個性というよりも、その子どもの持つ脳の神経回路の「特性」なのだと思います。
Commented by げんママ at 2012-01-28 11:36 x
TTmama様、本当に素晴らしいコメントありがとうございました。脳の中で「乗りたい」という希望、イメージがあるのでしょうね。でも、他の人の意見も何もまったくうけつけないというのは、どういう扱いをしたらいいんでしょう。
 すみません。良い方法を教えてください。神経回路の特性・・・この言葉は、すごいです。ほんと、そうやって言葉にすると、問題点が明らかになりますね。

 そうなんだ。私は彼の神経回路の特性を変えたいと思っているんだ・・・

 それができない、ということを前提に書いてある本ばかり。それに寄り添いましょうみたいな・・・
 私は変えたいよー!

 素晴らしいアドバイスありがとうございます。
Commented by かいすみ at 2012-01-28 15:21 x
私もTTmamaさん同様で、げんちゃんは想像の中でその電車に乗ったんだと思います。
もしかしたらそのシートの感触もリアルに頭の中で体感?してるのかもしれないくらい。
会話力が上がってきたとはいえ、まだ言葉が足りないのかもしれません。
うちの息子によくあります。
私もよく言葉どおりうけとってカチンときたり情けなくなったり…
そんな時は
「頭の中で電車に乗ったんだね」
「電車にのったお話を考えたんだね」
と、その状況を言葉にしてあげると、次回からそう表現できるかもしれません。

あと手がでてしまった時は

そのときの気持ちを代弁してあげる


叩かない!というより解決するのが早いと思います。
Commented at 2012-01-29 01:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-29 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-30 00:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2012-01-31 16:14
かいすみ様。うーん。納得です。
げんママ人間ができてないんです。げんちゃんなみに、むっとしてしまいます。
療育の先生が、げんちゃんをおこらせる場面を作って、うまくのんびり対処してました。
ママだけではなく、まわりもまきこんでやらなきゃ身がもたない、と最近思います。

気持ちを代弁・・・なるほどだね。ほんと言われてみれば納得。やってみます。
Commented by glow-gen at 2012-01-31 16:18
R様、そうですね。ほんと言われることうなづきっぱなし。
鈴木先生も技術でもいいからほめろ、って言われてましたね。
ゆっくり、というのは大切です。げんママは、ゆっくりと、というのが人生もっとも苦手。せっかちおばさんです。かったるいのが、なんでも苦手なので、忍耐をまなべ、という神様のお達しなのかもしれませんね。

 お風呂の中で、は鈴木先生の原点、やっているようで、やっていなかったかも。
 
 ありがとうございます。ま他がんばるぞ、って元気が出てきました。
Commented by glow-gen at 2012-02-02 00:55
双子ママ様。すみません。コメント反映されてませんでした。毎日いやになります。
って、わかります。
なんだか、お近くにいたら、みんなで励ましあいたいです。

なんか私も穴を掘ってます。
<< 発達障害いろいろあるけど ソーシャルスキル失敗。 >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
げんちゃんママ様 先日..
by ito at 21:33
お伺いしたいのですが、 ..
by りん at 18:32
ふーみんさん げんちゃ..
by glow-gen at 09:53
http://glowg..
by ふーみん at 22:56
ゆうママさん きっと似..
by glow-gen at 14:51
とんままさん そのうち..
by glow-gen at 11:54
ロボママさん いつもな..
by glow-gen at 11:44
げんちゃん100点、嬉し..
by ゆうママ at 15:49
すごい、すごい、げんちゃ..
by とんまま at 14:39
Aさん その2  算数..
by glow-gen at 11:06
国語のテスト100点おめ..
by robo223 at 10:37
Aさん げんちゃん、テ..
by glow-gen at 10:04
itoさん サプリメン..
by glow-gen at 23:21
とんままさん ありがと..
by glow-gen at 17:12
itoさん すごいペー..
by glow-gen at 17:08
ロボママさん すっかり..
by glow-gen at 17:02
げんちゃんママ様 何度..
by ito at 17:31
そうですね、まさに受け身..
by とんまま at 10:10
げんちゃんママ お返事..
by ito at 22:06
roboの場合はADHD..
by robo223 at 16:33
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧